柴犬の寿命と病気まとめ?平均寿命はどの位?下痢や皮膚病は危険サイン!

柴犬の平均寿命はどれぐらいなのでしょうか。またかかりやすい病気はあるのでしょうか。柴犬についての正しい飼育方法や知識を深めて下痢や皮膚病などの病気の危険信号を見落とさず、最後まで正しい飼育と後悔のないお世話をして少しでも柴犬の寿命を長くしてあげましょう。

柴犬の寿命と病気まとめ?平均寿命はどの位?下痢や皮膚病は危険サイン!

目次

  1. 柴犬の寿命はどれくらいでしょうか
  2. 動物の中でも比較的短命な犬の寿命
  3. 柴犬がかかりやすい病気はどのようなものがあるのでしょうか
  4. 柴犬の具体的な皮膚病とは
  5. 柴犬の皮膚病やアトピー性皮膚炎
  6. 柴犬が下痢をしたら病気のサインだと思いましょう
  7. 柴犬も大切な家族の一員です

柴犬の寿命はどれくらいでしょうか

柴犬の平均寿命はおよそ12から15歳と言われています。これは犬全体の中では比較的長い方に当たります。一般的に小型犬よりも大型犬の方が寿命が短いと言われています。

犬の年齢を人間に置き換えた場合、犬が一歳になる時におよそ人間では17〜18歳と言われています。犬が一歳六カ月を過ぎた頃から1年につき人間で言うと4歳ほど歳を取る計算です。このことを目安に柴犬の年齢や寿命を知り健康状態や食事の面で参考にしてください。 柴犬のおおよその年齢を知る事は病気に気づくきっかけにもなります。

動物の中でも比較的短命な犬の寿命

世界中には様々な生物がいますが、哺乳類の中で犬は比較的短命な方に当たります。人間の平均寿命が現在は75〜80歳と言われていますので、柴犬を飼育するときには犬が先に寿命を迎えることになります。

小さなハムスターですと平均寿命は2〜3年と言われており、哺乳類最大の鯨は約100年〜200年の寿命と言われています。もちろん生活環境や食事でも変わっていきますので日ごろから柴犬の食事や病気には気をつけたいものです。

柴犬がかかりやすい病気はどのようなものがあるのでしょうか

犬には犬種毎にかかりやすい病気がいくつかあります。柴犬は比較的丈夫な犬種だと言われていますが、アレルギーや皮膚疾患が非常に多く見られます。アレルギーの原因は様々ですので原因を付き止めるとともに対処療法が必要になります。

また食物アレルギーが原因のこともありますので食べ物への配慮も必要です。その他心臓の疾患や股関節形成不全など比較的現れやすい病気の1つです。日ごろから犬の状態をよく観察して早めに病気に気づくようにしましょう。それが柴犬の寿命を長くすることにつながるのです。

柴犬の具体的な皮膚病とは

柴犬は性格的に非常に清潔を求める犬です。本来犬は自分の寝床はきれいに整えますが柴犬は特にその傾向が強く出ることがあります。そのため皮膚病の原因は傷や汚れが原因よりも体の内側からの原因が多いことがあります。皮膚の病気の中で多いのがアトピー性皮膚炎でしょう。

アトピー肌のため非常にかゆみを伴い掻きむしったり上壊してしまうためどんどん症状が悪化してしまう悪循環になってしまう病気の1つです。こまめにシャンプーを行うなどして少しでもかゆみを抑えてあげるようにしてください。

柴犬の皮膚病やアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は多くの場合は若いうちに発症します。目の周りや首元、ワキや足先が比較的発生しやすい箇所ですが、犬は毛に追われているため気づきにくく、気づいたときには症状が悪化していることが多々あります。梅雨の時期など湿度が多い時に症状が現れますが、ひどくなると年中症状が現れて酷いかゆみを伴います。

アトピー性皮膚炎は放置しておいても自然治癒は厳しい皮膚疾患ですから柴犬がかゆそうにしていたら皮膚病が疑われます。早めに動物病院に連れて行くことをお勧めします。

柴犬が下痢をしたら病気のサインだと思いましょう

柴犬に限らず犬は比較的腸が短いため食物の消化があまり良くありません。また食べ慣れないものを食べると下痢をすることがあります。一時的な下痢は問題ありませんが、時には大きな病気が隠れていることもあります。

危険信号を見逃すと寿命を短くすることにもなりかねませんから、柴犬がいつもと違う下痢をしたり普段と様子が違うと感じた時には早めに病院に連れて行きましょう。それが犬の寿命を長くすることにつながります。

柴犬も大切な家族の一員です

平均寿命が12〜15歳の柴犬ですから私たち人間よりも早く寿命を迎えます。柴犬は飼い主に非常に忠実ですから、ずっと一緒に暮らしていれば愛着もわきますしお別れも辛くなります。

動物を飼うと言う事は命を育てると言うこと。動物それぞれの性質をよく知り、正しい飼育方法でお世話をすることで早めに病気に気づいてあげられ、その結果寿命を延ばす事は可能なのです。柴犬の場合も同じです。皮膚の状態を確認したり病気のサインを見逃すことのないように、日ごろから柴犬の正しいお世話をしてあげましょう。

もっと柴犬を知りたいあなたへ

Thumb柴犬の飼い方・しつけ方!室内飼いはできる?上手な育て方のコツまとめ!
Thumb柴犬の海外の反応が絶好調!海外でも人気の理由は?飼いたい人が続出!
Thumb柴犬まるのブログ・インスタが大人気!かわいい画像まとめ!飼い主は誰?
Thumb柴犬のおもしろ&かわいい画像・動画まとめ!愛らしい姿に癒される!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-26 時点

新着一覧