授かり婚は今どき珍しくない?授かり婚のメリット・デメリットは?

今、”授かり婚”が増えて四人に一人がマタニティウェディングの時代になっているのをご存知?今回は、授かり婚のメリット・デメリット、結婚前にプロポーズが無い授かり婚、挙式中にプロポーズを紹介

https://www.mwed.jp/articles/1000/”

授かり婚は今どき珍しくない?授かり婚のメリット・デメリットは?

目次

  1. 授かり婚で結婚した夫婦が多い?授かり婚のメリット・デメリット
  2. 今、授かり婚はマイナスなイメージじゃない!
  3. 授かり婚のメリット①妊娠中に目標があると頑張れる
  4. 授かり婚のメリット②タイミング
  5. 授かり婚のメリット③不妊に悩まなくていい
  6. 授かり婚のメリット④新しい命への喜びで夫婦の絆が深まる
  7. 授かり婚にはデメリットもある!
  8. 授かり婚が急増し、結婚前にプロポーズが無いまま結婚式を迎える...
  9. 授かり婚で結婚前にプロポーズが無かったら、挙式中にプロポーズ!
  10. 授かり婚で結婚した夫婦のメリット・デメリットのまとめ

授かり婚で結婚した夫婦が多い?授かり婚のメリット・デメリット

昨今、結婚前に恋愛中に妊娠して”授かり婚”で結婚する女性が増えたため、マタニティウェディングや夫婦になってから子連れウェディングを挙げる結婚式のスタイルが急増しているそうです。

厚生労働省の調査によると、2015年は出生数(100万5677人)が5年ぶりに前年を上回り、合計特殊出生率(1.45)も1994年の1.50以来21年ぶりに高水準となったことが発表された。また近年では、約4人に1人が「授かり婚」とされている。そこで全国でウェディングプロデュースを手がけるテイクアンドギヴ・ニーズは、マタニティウェディングの最新事情について、T&Gおよびグループ会社であるブライズワードに在籍する全国の約500名のウェディングプランナーを対象にアンケート調査を実施した。  まずT&G/BWにおいて、2015年9月から2016年8月までの過去1年間にマタニティウェディングを担当したウェディングプランナーの割合を調査したところ、その割合は7割に上ったことが明らかになった。

上の文章のように厚生労働省の調査で”授かり婚”の諸事情が明らかにされているそうですが、一昔前の”授かり婚”に対しての世間一般からの冷ややか対応や陰口を叩かれるなどのマイナスな印象と大きく変化していて、日本の結婚事情が全く異なってしまっているようで、”授かり婚”に対する対応や周囲の反応は好意的で、年配の方々からも”授かり婚”は歓迎される時代になっているそうです。

今は、”授かり婚”が当たり前の時代になり、”授かり婚”故にマタニティウェディングや子連れウェディングも恥ずかしくない時代が到来しているみたいです。そこで、今回は、”授かり婚”のメリットやデメリット、授かり婚が急増している状況で結婚前にプロポーズが無いまま結婚式を迎える”授かり婚カップル”や、”授かり婚”で結婚前にプロポーズが無かったらカップルが挙式中にプロポーズをするなど、現在の”授かり婚”事情についていろいろとご紹介したいと思います。

今、授かり婚はマイナスなイメージじゃない!

今の時代、授かり婚はマイナスなイメージじゃないようですね。何故なら、一時期、家計が苦しくなることを嫌がったり、夫婦の自由時間が子供に奪われるのが嫌だと言って子供を産まないことを選択する夫婦が増えてしまったことで、深刻な少子化問題に発展したり、孫の顔を見たいのに叶わない可哀想な老人が増えていました。

今の授かり婚は、孫の顔が見たい両親には願ったり叶ったりの出来事なのです。今では、授かり婚は20代前半では約6割で、20代後半で約2割で、30代で約1割で、平均して3割ほどの夫婦が”授かり婚”という授かり婚ブームが到来しているのです。

授かり婚のメリット①妊娠中に目標があると頑張れる

女性は妊娠中、体調の変化が激しいものです。初めての妊娠出産ともなると体調管理がとても難しいものですね。しかし、”授かり婚”で結婚式をすることになった女性たちは、お腹に赤ちゃんがいるけれどウエディングドレスを綺麗な状態で着たいし、みんなに祝ってもらいたいという大きな目標があるので、体形の変化に非常に敏感になるのです。

故に、しっかり妊娠期の体調管理ができる女性が多いのです。お腹の赤ちゃんのために、栄養を考えながら、太らないように食生活をしっかり見直す方も多いのです。

例えば、基本的なことのようですが塩分を控えることとか、朝食にはフルーツなどでビタミンしっかりと摂取することや、ストレスなどをためてお腹の赤ちゃんやお肌に悪影響を及ぼさないように、健康的な毎日を過ごすことを心がけ、お腹の赤ちゃんの体を労わる女性が多いのだそうです。

また、出産後に元の体形に戻すのはかなり難しいことなのですが、授かり婚の女性たちのように、最初から目標がしっかり決まっている方の場合、より元の体形に戻す努力も前向きになって頑張れますね♡

授かり婚のメリット②タイミング

結婚はどうしても勢いが必要ですよね。またタイミングがとても重要なのですが、恋愛期間が長引いてしまって結婚のタイミングを逃してしまったカップルは、恋愛に終止符を打たなければならない日が遅かれ早かれくるのです。

やはり結婚前に、”今が結婚のタイミング”と決定的に彼氏に分かってもらえるのは彼女が妊娠した時しかないでしょう。やはり、結婚前に結婚のタイミングを実感できるのが授かり婚のメリットと言えるでしょう。

結婚前の男性は自由が奪われることを嫌い、恋愛を継続したがり結婚に対し消極的だったり、結婚前は理由のない先延ばしをするものです。そんな優柔不断な彼氏からのプロポーズを黙って待っていたら、結婚のタイミングを逃してしまうのです。

彼氏と結婚をしたいと思ったら、その気持ちに素直に彼氏に伝えたいですがなかなか彼女から言い出すのは難しいものですよね。その点、授かり婚なら、恋愛から結婚へタイミングとしては申し分ないでしょう。

授かり婚のメリット③不妊に悩まなくていい

現在、晩婚化が急増し、高齢出産での生まれてくる赤ちゃんの健康面や障害を持って生まれてくるリスクが高くなる事への懸念や、晩婚化故に子供が授からないことに悩み長期の不妊治療で多額の治療費がかさみ家計が困窮する件数が年々増えているそうです。

マスメディアでも頻繁に晩婚化は話題にもなっていますが、不妊治療は女性に負担が大きく精神的にも肉体的にも辛いものですが、授かり婚なら不妊治療はしなくていいので余分なお金と時間を浪費する事がないワケです。

授かり婚のメリット④新しい命への喜びで夫婦の絆が深まる

授かり婚で、彼氏と彼女がいたから、生まれてくる命があるのです。二人の子どもが生まれるとなれば、お互いの愛情も深まり、恋愛期間とはまた別の感情も生まれて気ます。

また、出産までの期間にやることが山積みですから今まで以上に話し合う時間が必要になるし、一緒に何かを決めたり、一緒に物を買ったり、お互いの気持ちを深く知るチャンスにもなり絆が深まるチャンスなのです。

授かり婚は、彼氏は、妊娠した彼女の体調の変化などを話したいでしょうし、新しい命への喜びを夫婦で分かち合えるのです。これからの生活や目的は、夫婦で同じ方向を向いていき、益々絆が深まっていくものです。

授かり婚にはデメリットもある!

授かり婚にはメリットばかりではなく、デメリットもあります。無計画の妊娠の場合、結婚式の費用や出産の準備に必要な費用などがないケースも多いようです。両親などから援助が望めるなら問題ないでしょうが、親子三人で暮らす為の生活費や今後の人生に重くのしかかってくる夫婦もあるでしょう。

お互いがまだ若すぎる年齢で彼女が妊娠してしまい、お互いの両親が強引に”授かり婚”をさせてしまった場合、離婚する可能性が高いようです。また、責任感のない男性の場合、若いうちは遊びたいなどのわがままで心が離れてしまうケースもあるようです。

赤ちゃんを授かったことは喜ばしいことですが、地域によっては周囲の理解が得られなかったり、理解してもらうことが厳しい両親もいるでしょう。両親に授かり婚が理解されないのに、妊娠した岡ちゃんは日ごとに大きくなります。出産する日が来ても両親の理解が得られない場合、出産後の両親からの金銭的な援助もなしという気の毒な夫婦も意外と多いものなのです。

授かり婚が急増し、結婚前にプロポーズが無いまま結婚式を迎える...

厚生労働省の調査によりますと、第1子を出産する人の4人に1人が授かり婚で出産していることでもお分かりになるように、授かり婚の場合は彼氏が彼女と恋愛期間中にプロポーズをする間もなく、彼女の妊娠が発覚した途端に両親への挨拶をしたり、大急ぎで入籍をしたり、仲人を決めたり、結婚式の日取りを決めたりで大忙しになってしまうのです。

そんなワケですから結婚前の恋愛期間はそこで終了してしまい、お互いの両親が介入する事で、あれよあれよと言う間に月日が過ぎてしまいます。その後、授かり婚なので、時を待たずして出産を迎えるということも珍しいケースではないワケですから当事者同士も冷静ではいられない状況でしょう。

授かり婚の夫婦の場合は、彼氏はプロポーズをしていないし、彼女はプロポーズをされていないままで夫婦になってしまい、子供が生まれてしまえば環境の変化などで慌ただしくなり、彼氏はいつの間にかプロポーズするタイミングを逃してしまうのだそうです。

彼氏はプロポーズするタイミングを逃してしまっても、恋愛期間から突然、授かり婚をする事になり彼女と結婚に至った事を後悔していなければそれで幸せなのでしょう。しかし、彼女の場合は急に授かり婚という展開になってしまって結婚前に彼氏からプロポーズが無いまま結婚式を迎えた事を後悔したり、後々にプロポーズのことで寂しい思いをする方もいるようです。

授かり婚で結婚前にプロポーズが無かったら、挙式中にプロポーズ!

驚く事実が明らかになりました。実は今、3組に1組のカップルが挙式中にプロポーズしているのだそうです。中には、彼氏はプロポーズしたつもりだったのだけど、彼女にきちんと彼氏のプロポーズが伝わっていなかったといったケースもありますが、割合は授かり婚カップルが多いようですね。

晩婚が加速していることや、内気な男性が増えていることも挙式中にプロポーズする理由の一つになっているそうなので、この方達の全てが”授かり婚”ではないそうですが、やはり授かり婚の夫婦が非常に多いことは事実なのです。

授かり婚で結婚した夫婦のメリット・デメリットのまとめ

世間の目を気にして”授かり婚”をひた隠しに隠す時代はもう終わっています。”授かり婚”にはデメリットもありますが、デメリットよりもメリットの方が何倍も大きいですよね。赤ちゃんを授かったことに感謝して、新しい命をお互いの両親とともに喜び、心から赤ちゃんを歓迎してあげてくださいね♡

◉もっと授かり婚やでき婚のことを知りたいあなたはこちらをどうぞ!↓

Thumbできちゃった結婚マニュアル!子供が出来たらまずどうする?結婚の段取りを紹介
Thumbでき婚(できちゃった結婚)挨拶マニュアル!両親への挨拶のコツや対処法
Thumbでき婚を後悔する瞬間や理由!できちゃった結婚は後悔の連続?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-09-27 時点

新着一覧