お見合いでの女性の服装まとめ!好印象を与える服装やマナーも紹介

婚活中のお見合いでは好印象を残せるような服装を心がけることが大切。恋愛結婚につなげられるようなお見合いにするために素敵な女性の服装で出かけませんか?好印象を与えられる女性の服装に加えて、お見合いや婚活のマナーについてもご紹介します。

お見合いでの女性の服装まとめ!好印象を与える服装やマナーも紹介

目次

  1. お見合いや婚活で好印象を残せる女性の服装とは?
  2. お見合いでおすすめしたい女性の服装
  3. お見合いで選びたい服装の色
  4. お見合いの服装に最適なアクセサリー
  5. お見合いの服装にフィットしたナチュラルメイク
  6. 服装の邪魔にならないネイルでお見合いへ行こう
  7. 服装以外でお見合い相手に好印象を与えるポイント
  8. おさえておきたいお見合い&婚活のマナー
  9. お見合いで避けておきたいタブー
  10. 好印象を与える素敵な女性の服装でお見合いに出かけよう

お見合いや婚活で好印象を残せる女性の服装とは?

第一印象を決める服装はお見合い&婚活でとても大切

婚活中の女性にとってお見合いは大切な出会いの機会。相手に「素敵だな」と思ってもらえるような服装でお見合いに出かけて、好印象を残したいですよね。そんなときに参考になるお見合いにおすすめしたい女性の服装をご紹介します。

服装だけでなくお見合いのマナーも要チェック

好印象を残してお見合いを恋愛や結婚につなげるためには、服装だけでなくマナーにも気を配ることが大切。服装もマナーもしっかりチェックしてお見合いや婚活を成功させましょう。

素敵な服装で出かけて、お見合いを結婚や恋愛につなげよう

マナーも服装も素敵な女性になって、お見合いを成功させませんか?せっかくお見合いをするのであれば、相手に好印象を持ってもらい結婚や恋愛につなげたいですよね。お見合いや婚活で女性が気をつけておきたいポイントをご紹介します。

お見合いでおすすめしたい女性の服装

お見合いの服装は清楚なワンピースがぴったり

お見合いにおすすめの服装は、ワンピース。ひらひらと揺れる裾や女性らしい雰囲気を引き出せるデザインのものが男性ウケが良いとされています

きっちり感を出して清楚な雰囲気を出すことも大切。ワンピースであればいろいろなコーディネートを考えなくても1枚でしっかりと決められるのも嬉しいポイントです。お見合いの服装に悩んだら、まずはワンピースをチェックしましょう。

スカートの服装もお見合いに最適

ワンピースコーデ以外ならスカートもお見合いにおすすめの服装。ミニ丈になりすぎず、膝より少し上か下くらいの丈が清楚感を出すことができます。セクシーすぎる服装はお見合い相手にひかれるかもしれないので、気をつけましょう。

デザインはふんわりとした雰囲気に仕上げられるフレアスカートがお見合いにぴったりな服装。タイトスカートはキツい女性に見られることもあるので、やさしい女性に見えるフレアスカートがおすすめです。

お見合いで選びたい服装の色

20代のお見合いの服装はパステルカラーでかわいらしく

20代の女性のお見合いであれば、若々しさと清楚な雰囲気を出せるパステルカラーのワンピースやスカートを取り入れるのがおすすめ。パステルピンクのワンピースは可愛らしさもプラスできます。

爽やかなパステルブルーのワンピースも素敵ですね。上品で清潔感のある服装に仕上げたいときにぴったり。バッグは白系を選ぶと、全体がきれいにまとまります。ボウタイブラウスとパステルピンクのスカートの組み合わせも清楚な雰囲気が出るおすすめの服装。お見合いでは、カジュアルすぎないきちんと感を出すことも大切です。

30代〜40代のお見合いの服装は紺やベージュでシックに

30代〜40代になったらベージュや紺といった落ち着いた色合いの服装が好まれます。いつまでも若者のような服装をしていると、相手の人にひかれる可能性も。年相応の色を使った服装を心がけましょう。シックな紺色のワンピースは相手に好印象を与えやすい服装。落ち着いた大人の女性を演出することができます。何色を着るか迷ったら、まずはベージュや紺をチェックしておきましょう。

ホワイトのブラウスに紺系のスカートを合わせれば甘くなりすぎず大人の女性らしい服装にまとめられます。白は顔周りを明るくする効果もあるので、スカートと上手に組み合わせて活用してみてくださいね。

ジャケットやカーディガンは白が無難

上に羽織るものに悩んだ時は、白のジャケットやカーディガンを選ぶのが無難。どんな色にも合わせやすく、清潔感も出るのでお見合いに向いています。ジャケットだとカッチリし過ぎてしまうときは白のカーディガンで上品にカジュアルダウン。女性らしいやわらかな雰囲気も出ます。フォーマルかカジュアルか、お見合い場所に合わせて羽織るものを選びましょう。

お見合いの服装に最適なアクセサリー

ゴテゴテしたアクセサリーはNG

ゴテゴテとしたアクセサリーや明らかにブランドものとわかるアクセサリーは避けましょう。「夜の仕事をしているのかな」「お金がかかりそうだな」という印象を与えてしまいます。

服装のワンポイントになるネックレス

服装のワンポイントになるようなシンプルなネックレスがおすすめ。キラッと光るような素材を取り入れると華やかな雰囲気も演出することができます。華奢なデザインのネックレスであれば二連付けもあり。肌馴染みの良いピンクゴールド系のネックレスもお見合いにぴったりです。派手になりすぎないようにバランスを考えながらネックレスを選ぶようにしましょう。

手首を華奢に見せてくれるブレスレット

手首を華奢に見せてくれる繊細なブレスレットもお見合い向き。ゴテゴテとした印象にならないよう、一連付けにとどめておきましょう。ブレスレット感覚でつけられる華奢な腕時計を身につけるのもおすすめ。大人の女性らしい上品な雰囲気が加わります。好みの方を選んでみてくださいね。

お見合いの服装にフィットしたナチュラルメイク

ナチュラルメイクで自然体に

お見合いの服装にフィットしたメイクに仕上げることも大切です。メイクはナチュラルに仕上げるのがポイント。厚化粧は男性ウケが悪く、相手にひかれる可能性があります。

ふんわりアイブロウ

眉メイクはふんわりと印象に仕上げられるアイブロウがぴったり。キリッとし過ぎている眉毛はキツイ印象を与えてしまうので、なめらかな山形にするようにしましょう。

ナチュラルなのに魅力的に見えるアイメイク

アイメイクではナチュラルに仕上げつつも立体的な目元になれるブラウンのアイシャドウを使うのがおすすめ。ブラウン系アイシャドウのパレットを使ってグラデーションを作るようにします。アイライナーはブラウン系を選びましょう。目立ちすぎないように細く描くのがポイント。目尻で1〜2mmほど跳ね上げると大人っぽい雰囲気に仕上がります。

リップはコーラルピンクで明るく

リップは女性らしいコーラルピンクがぴったりです。肌の色を明るく見せてくれる優秀なアイテム。リップをブラシに取り、唇の輪郭に沿いながら塗るときっちり感が出ます。婚活リップとして人気を集めているのがルージュ・ヴォリュプテ・シャインのミルキーコーラル(サンローラン)。なめらかなテクスチャーで潤いのある唇へと導いてくれます。

チークはリップの色に合わせて

チークはリップの色と合わせてコーラルピンクをチョイス。チークを入れすぎるとケバい印象になってしまうので、ブラシにとってふんわりと頬にのせる程度にしましょう。

服装の邪魔にならないネイルでお見合いへ行こう

派手なネイルは嫌煙される

アクセサリー同様、ゴテゴテとした派手なネイルは男性に嫌煙されます。お見合いの服装に合った清楚なネイルに仕上げることも大切。手元は意外と見られる箇所なので、きれいに整えましょう。

メイク同様にナチュラルなネイルで服装に合わせる

爪先に何も気を使っていないのも印象が落ちてしまうので、ネイルケアは怠らないようにしましょう。色をつけるときはナチュラルなピンク系がぴったり。お見合いの服装に合います。

服装以外でお見合い相手に好印象を与えるポイント

相手の顔を見て挨拶をする

服装以外でも好印象を残せるポイントがあります。まずは相手の顔を見てしっかりと挨拶をすること。「こんにちは、◯◯です。今日はお時間いただきありがとうございます」といったように簡単に名乗るとスムーズに会話に入れます。

笑顔を忘れず自然体に

お見合いだと緊張してしまいがちですが、仏頂面はNG。笑顔を忘れず、自然体で振舞うと相手の緊張もとることができます。「笑顔が素敵な人だな」と思ってもらえるような爽やかな笑顔を見せましょう。

おさえておきたいお見合い&婚活のマナー

マナー1:遅刻は厳禁

社会人としてのマナーを守ることもお見合いでは大切になります。まず、遅刻は厳禁。ルーズな人間であるというイメージを持たれてしまいます。もし遅刻してしまったときは電話などで連絡をし、到着したときは言い訳せずに素直に謝りましょう。

マナー2:どんな話題でも良いので会話を続ける

沈黙が長く続くと気まずい雰囲気になってしまいますよね。話し下手だからといって相手が会話を切り出すのを待っているのはNG。事前に会話の内容を考えておき、自分からもコミュニケーションをとる努力をしてくださいね。

マナー3:お見合い時間は1時間程度で

初めてのお見合いの時間は1時間程度が目安。あまり長すぎると相手が疲れてしまう可能性があるので、気をつけましょう。好みのタイプでないからと早めに切り上げるのは失礼にあたるので避けてください。

マナー4:お見合いの翌日には仲人や世話人に連絡をする

お見合いをした男性と今後も会うか否かは翌日までに仲人や世話人に連絡をしましょう。今後も会いたいと感じたら早めに連絡するのがベスト。

お見合いで避けておきたいタブー

お見合いは何回めなのか聞く

お見合いで避けておきたいタブーの1つ目は、今回が何回目のお見合いであるかどうかを聞くこと。相手にとって聞かれたくないことの1つなので気をつけましょう。

今までの交際相手の話をする

過去の交際相手の話をしても相手の気分を害するだけ。恋愛トークをしたい場合は、相手のタイプの人を聞くなどまでに止めましょう。

その気がないのに期待させる態度をとる

その気がないのに気があるような態度をとるのも失礼。もしタイプではないな、と感じたら適度に愛想良くして終えるようにするのがベストです。

会話のキャッチボールをしない

自分のことばかり話して会話のキャッチボールができないと相手の男性もうんざりしてしまいます。しっかり受け答えができるようなコミュニケーションをとるようにしましょう。

好印象を与える素敵な女性の服装でお見合いに出かけよう

素敵だなと思ったお見合い相手に好印象を残して恋愛や結婚につなげるためには、服装やマナーに気を使うことが大切。出かける前に服装やマナーのポイントをチェックして、結婚や恋愛につながるお見合いにできるよう努力しましょう!

結婚関連記事

Thumb恋愛と結婚は別もの?決定的な違いまとめ!離婚率がお見合いより高い!
Thumb結婚のタイミングのベストは?社会人何年目?結婚時期に迷ってる人必見!
Thumb恋愛はタイミングが重要?恋愛の勝敗を分けるタイミングを紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-15 時点

新着一覧