結婚指輪と婚約指輪の違いって?兼用OK?それぞれの役割と特徴を紹介

結婚指輪と婚約指輪の役割や特徴をご存知ですか?最近では2つの指輪を兼用するカップルもいるそうです。結婚指輪と婚約指輪の違いを知っていれば、これから指輪を買うカップルも、両方買うか兼用するか考えて、後悔しない選び方ができるのではないでしょうか。

結婚指輪と婚約指輪の違いって?兼用OK?それぞれの役割と特徴を紹介

目次

  1. 結婚指輪と婚約指輪の違いは何か?
  2. 結婚指輪の役割
  3. 結婚指輪の特徴
  4. 日本で結婚指輪を贈る習慣ができたのはいつ?
  5. 婚約指輪の役割
  6. 婚約指輪の特徴
  7. 日本で婚約指輪を贈る習慣ができたのはいつ?
  8. 結婚指輪と婚約指輪の兼用はあり?なし?
  9. 結婚指輪と婚約指輪の兼用と、結婚の『記念』という考え方
  10. 結婚指輪と婚約指輪の違いと、兼用についてのまとめ

結婚指輪と婚約指輪の違いは何か?

プロポーズをしようと思っている男性や、これから結婚の準備に入るカップルの方は、結婚指輪や婚約指輪の購入を考えると思いますが、ふたつの指輪の違いをご存知でしょうか?

最近では婚約指輪は不要だという女性や、ふたりで相談して婚約指輪や結婚指輪は買わないというカップルも増えてきているようです。実際、結婚式では指輪の交換が行われるので、結婚指輪と婚約指輪の両方を兼ねる指輪を作るか、婚約指輪のみで、式の時の交換にはペアのファッションリングで代用するという方法もあるそうです。

結婚指輪・婚約指輪、両方の指輪を用意するという人も、片方で良いという人も、それぞれの指輪の違いを知っておくと、指輪購入の際に参考になるのではないでしょうか?

結婚指輪の役割

結婚指輪の役割は、結婚の誓いを立てる指輪です。男性と女性が、お互いの指にはめることで、ふたりが夫婦になることを誓い合うという意味合いがあります。結婚式のお決まりの儀式ですが、教会で永遠の愛を誓い指輪を交換する瞬間は、多くの女性達の憧れではないでしょうか。

そして、結婚指輪はお互いが左手の薬指にはめることで、既婚者の証しとして存在しているのです。つまり結婚指輪の役割とは、『結婚を誓い合った夫婦の証し』であり、『既婚者であることの証し』ということになります。

結婚指輪の特徴

結婚指輪の特徴は、男女ペアの指輪であることです。また、左手の薬指にいつもはめているので、日常的に使いやすいシンプルなデザインであることも、結婚指輪の特徴ではないでしょうか。派手な装飾の少ない、ストレートタイプの結婚指輪が人気のデザインですが、最近ではウエーブのついたデザインのものや、小さな宝石等のちょっとしたアクセントのついたものもあります。

そして、他の指輪と違い、はめる指が左手の薬指と決まっていることも特徴です。それは、古代ギリシャでは、左手の薬指は心臓と繋がっている指で、心臓は人間の心を司る場所と考えられていて、お互いの心と心を繋ぐという意味で、左手の薬指に指輪をはめるようになったと言われています。

Thumb結婚指輪をなくした時の対処法まとめ!探し方と相手に許してもらう方法

日本で結婚指輪を贈る習慣ができたのはいつ?

結婚指輪の歴史

結婚指輪の起源はキリスト教時代になってからで、もっとも古い結婚指輪に関する歴史は、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世によるもので、現在のような結婚指輪を初めて身に着けたとされています。指輪交換のもっとも古いものは1027年で、当時は花嫁に金の指輪を贈り、花婿には鉄の指輪を贈るとなっていました。

ヨーロッパではこのように定着してきた結婚指輪の習慣ですが、日本ではいつ頃から始まったのでしょうか?日本は鎖国の影響もあって、指輪という宝飾品は中々入ってきませんでしたから、指輪自体の歴史も浅く、開国後の明治時代だったと言われています。

結婚指輪が日本に登場したのは戦後

戦後になって、本格的に西洋の文化が日本に入ってくるようになって、生活様式がどんどん西洋に近づいてきました。そこでようやく、結婚式の内容も西洋に近くなり、結婚指輪が日本に広まってきました。

結婚指輪の意義が段々と日本人に受け入れられるようになったのは、昭和40年頃なのだそうです。日本では結婚指輪の歴史はまだまだ浅いようです。

Thumb結婚指輪の刻印!おしゃれな言葉例をご紹介・あなたは入れる?入れない?

婚約指輪の役割

婚約指輪の役割は、結婚の約束をした証しとして、男性から女性に贈る指輪です。結婚指輪が結婚の誓いとすると、婚約指輪は、男性の女性に対する愛の誓いだと言えます。そして、婚約指輪を身に着けた女性は、婚約中であることを示します。

結婚後は、既婚女性の正式なジュエリーとして、親族や友人の結婚式などの正式な場に参列するときに身に着けます。

Thumbプロポーズで指輪なしだったらガッカリ?指輪以外のおすすめプレゼントは?

婚約指輪の特徴

婚約指輪の特徴としては、やはり結婚指輪と違い、身に着けるのは女性だけという点ですが、結婚指輪と比較して、大きく違うのが婚約指輪の豪華さだと思われます。結婚指輪は日常的に身に着ける指輪であるため、その見た目はとてもシンプルなデザインになっています。男性とペアであることもあり、あまり目立つ装飾は施されていません。

それと違い、婚約指輪には宝石を使い、デザインも凝ったものが多くなっています。婚約指輪で最も人気が高い宝石は、やはりダイヤモンドです。

その意味は、もっとも硬い石(宝石)であること=固い絆で結ばれることを意味していると言われています。そして、無色透明であること=純真無垢な花嫁にふさわしい宝石という意味も込められているからです。

Thumb指輪をはめる位置で意味が違う?中指や薬指の他、運が上がる指など調査

日本で婚約指輪を贈る習慣ができたのはいつ?

婚約指輪の歴史

婚約指輪の歴史を紐解いてみると、実は結婚指輪よりも古く、その指輪の役割は最初は愛の誓いではなかったようです。

昔の結婚とは、当人同士の意志ではなく、家同士の結びつきとされてきました。そのため、婚約指輪は家長が相手方の新婦を迎え入れる約束として、相手の家に贈った指輪で、最初は鉄でできていたとあります。

しかし、当時は貴族社会だったので、貴族同士の権力や富の証しとして段々と高価な婚約指輪になったようです。金を使ったり、ルビーやサファイヤなどをふんだんに使い、必ずしもダイヤモンドを使う決まりはなかったようです。

日本で婚約指輪を贈る習慣ができたのは高度経済成長期

婚約指輪の中でも、ダイヤモンドを使った婚約指輪が日本で普及し始めたのは、高度経済成長期です。この頃にダイヤモンドの輸入が解禁されたからです。『給料3か月分』という言葉は、ダイヤモンドを販売する会社が使ったキャッチコピーで、この言葉とともに普及したと言われています。

Thumb指輪のおすすめブランドランキング!男女別やペアリングで人気は?

結婚指輪と婚約指輪の兼用はあり?なし?

最近では結婚指輪と婚約指輪を兼用するカップルも増えているようです。それぞれの指輪の役割や特徴を知ったうえで、指輪の兼用はありかなしかを考えてみたいと思います。

結婚指輪も婚約指輪も、恋愛が成就して結ばれた証しとして、カップルや女性の憧れでもあります。特に婚約指輪を目の前で渡されるプロポーズに、憧れる女性は多いのではないでしょうか?

恋愛中のカップルは、男性がサプライズのプロポーズの演出を一生懸命考えることもあり、女性の憧れだけではなく、婚約指輪を贈りたいと思う男性も多いようです。その一方で、婚約指輪は不要と考えるカップルや女性も、以前より増えてきているようで、恋愛観や結婚観が以前とは変わってきているからだと考えられます。

婚約指輪は本当に必要?不要と考える理由

『結婚後に身に着ける機会が少ない』婚約指輪は結婚指輪と違い、普段使いをするには不向きな指輪が多いためです。結婚指輪と婚約指輪を重ねつけしている女性もいますが、職場につけて行けない場合もあり、つけたり外したりして、失くしてしまう危険性もあるので、身に着ける頻度が少ないことが理由です。

『費用を抑えたいという理由で』婚約指輪は高価なこともあり、カップルでお互いに相談した結果で、婚約指輪にかかる費用を他の事に回すということも最近は増えているようです。

結婚指輪は本当に必要?不要と考える理由

『結婚式を挙げないから』最近では、様々な理由で結婚式を挙げないカップルも多く、結婚式の儀式の中で必要とされる指輪は必要ないからという理由もあるようです。

結婚指輪と婚約指輪を兼用するメリットとデメリット

指輪を兼用するメリットは、やはり『費用を大幅に抑えることができる』点だと言えます。恋愛とは違い、結婚となると今後の生活の事も考えて行かなければいけませんし、二人で考えた結果、婚約指輪や、結婚指輪を購入しないとなるのでしょう。

指輪を兼用するデメリットは、『購入しなかったことを後悔する』です。最初は良くても、後々やっぱり買っておけばよかったと思うケースがあるからです。特に女性は、友人がつけている指輪を見て、後悔することが多いのではないでしょうか?

Thumb指輪を上手に重ね付けする方法!おしゃれにはめるコツやリングの選び方

結婚指輪と婚約指輪の兼用と、結婚の『記念』という考え方

結婚指輪と婚約指輪の兼用について、ありかなしかと言えば、現代の恋愛観や結婚観の変化により、結婚に関する様々な考え方が生まれてきているため、ありと言えるのではないでしょうか。それぞれ役割や特徴があった結婚指輪と婚約指輪ですが、その意味を広く捉え『結婚の記念の指輪』として、男性から女性に贈るか、もしくはペアで購入するという兼用の仕方があるようです。

恋愛が成就し結婚となったのですから、やはり形としてその記念になるものは欲しいものです。婚約指輪は用意しない代わりに、結婚指輪の女性の方を少し豪華にして兼用することもあるようですが、結婚指輪を兼ねて、婚約指輪を贈り、挙式の時の指輪交換もその指輪でするケースもあります。

男性用はシンプルなファッションリングで代用したり、婚約指輪の他に、リーズナブルなファッションリングをペアで用意し、挙式の時用に使用するというカップルもいるそうです。また、男性から記念の指輪を贈られた女性も、普段指輪をあまりしない男性に、別の贈り物をしてお返しするとの事です。お互いに記念の品を贈り合うということになります。

女性から結婚の記念に贈るもので人気なのが『腕時計』です。男性が普段から身に着けるものですし、仕事でもつけて行けるので人気が高いのです。女性が結婚指輪と婚約指輪の兼用でつける指輪では、最近は『エタニティリング』の人気が高いようです。

Thumb抜けない指輪の外し方テクニック!糸を使う方法など裏ワザ・対処法まとめ

結婚指輪と婚約指輪の違いと、兼用についてのまとめ

結婚指輪と婚約指輪の、それぞれの指輪の違いがどんなものか、役割や特徴を知れば、兼用を考えているカップルにとっては、後々後悔しない指輪の選び方ができるかも知れません。お互いに良く相談をして、納得のいく指輪選びをするお手伝いになればと思います。

もっと結婚についての情報を知りたいあなたへ!

Thumb指輪のサイズ直しにかかる値段は?大きく・小さくする方法まとめ
Thumb婚約指輪のお返しまとめ!お返し額相場やおすすめな贈り物など紹介
Thumb結婚指輪と婚約指輪の重ね付け基礎知識!ルールや選び方を紹介
Thumb婚約指輪はいらない・不要という女性が増えている?その理由を調査

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-19 時点

新着一覧