スティーブ・ジョブズのスピーチまとめ!動画/和訳・英語版有【スタンフォード】

スティーブ・ジョブズの有名なスピーチを原文と日本語でまとめてみた。膨大なスティーブ・ジョブズのスピーチ動画の中から日本語の字幕付きのものを厳選してご紹介。スタンフォード大の有名スピーチ。生い立ちエピソードや死生観が印象的なスティーブ・ジョブズのスピーチの世界。

スティーブ・ジョブズのスピーチまとめ!動画/和訳・英語版有【スタンフォード】

目次

  1. 名言だらけのスティーブ・ジョブズのスピーチ
  2. スタンフォード大での有名なスティーブ・ジョブズのスピーチ
  3. スティーブ・ジョブズのプロフィール
  4. スタンフォード大のスピーチでは生い立ちについても言及
  5. スティーブ・ジョブズのスピーチを英語・日本語でご紹介
  6. スティーブ・ジョブズのスピーチをまとめてみた

名言だらけのスティーブ・ジョブズのスピーチ

スティーブ・ジョブズのスピーチの魅力

力強いシンプルなメッセージが続々と出てくるスティーブ・ジョブズのスピーチ。たくさんの名スピーチといわれる動画が現在でも動画サイトで楽しめます。スティーブ・ジョブズのスピーチでは英語で伝えられるメッセージが味わい深いものがありますが、日本語翻訳がされ、日本語の字幕を付けてまとめたスピーチ動画を中心に、スティーブ・ジョブズのスピーチの魅力をまとめていきたいと思います。

スタンフォード大での有名なスティーブ・ジョブズのスピーチ

スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ

繰り返し語られることの多い2005年にスティーブ・ジョブズが行ったスタンフォード大学でのスピーチ。最も有名なフレーズとして、スピーチの最後に繰り返された言葉はよく知られていることでしょう。若者はハングリーであるべき、愚かであるべきというのは、70年代に学生時代を過ごしたスティーブ・ジョブズからの若い世代へのメッセージ。後世まで語り継がれる名スピーチになりました。

It was the mid-1970s, and I was your age. On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous. Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish.” It was their farewell message as they signed off. Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you. 70年代半ばで、私はちょうどあなた方と同じ年頃でした。背表紙には早朝の田舎道の写真が。あなたが冒険好きなら、ヒッチハイクをする時に目にするような風景です。その写真の下には「ハングリーなままであれ。愚かなままであれ」と書いてありました。筆者の別れの挨拶でした。ハングリーであれ。愚か者であれ。私自身、いつもそうありたいと思っています。そして今、卒業して新たな人生を踏み出すあなた方にもそうあってほしい。

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業スピーチ

生い立ちから闘病まで、スティーブ・ジョブズのスピーチが伝えたかったメッセージ

スタンフォード大のスピーチでは、自身の生い立ちからがんの発病、闘病を通した死生観までが盛り込まれた内容で、最後のフレーズだけを切り取って名言とするのはいささか内容が伝わらないもの。スティーブ・ジョブズの名言としては、海外ではこの死生観の部分を上げる人も多いものです。

いわゆるエリート層であるスタンフォード大の新卒の学生に向かって放つ自身の複雑な生い立ちや、闘病を受けての人生観のフレーズが、実はスティーブ・ジョブズのスタンフォード大でのスピーチのコアな部分ではないかということで、英語文、日本語文を併せてご紹介します。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma - which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of other’s opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary. Steve Jobs

 あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。

スティーブ・ジョブズのプロフィール

スティーブ・ジョブズ (Steven Paul "Steve" Jobs) 1955年2月24日-2011年10月5日(満56歳没) 膵臓がんで亡くなった カリフォルニア州サンフランシスコ出身

スタンフォード大のスピーチでは生い立ちについても言及

養子だったことをスピーチで告白した

スティーブ・ジョブズの両親は父がシリアからの留学生、母はアメリカ人。二人はウィスコンシン大学院で政治学を専攻しているときに出会いスティーブ・ジョブズを授かっています。しかしムスリムとの結婚を母方の家族が認めず、妊娠中から養子縁組を行うことが決まっていたといいます。母はサンフランシスコに数か月滞在し、スティーブ・ジョブズを養子に出す手続きを行っています。

養父母のジョブズ夫妻が大学卒でないことを気にした母は、スティーブ・ジョブズを大学へ進学させることを条件に、養子縁組に踏み切ったということです。スティーブ・ジョブズは自身の生い立ちのエピソードをスタンフォード大学の卒業講演のスピーチで語っています。生母がどれほど大学卒という学歴にこだわったのかということを語ったあと、自身が大学を中退するというエピソードにつなげています。

シリア人の実父との関係

スティーブ・ジョブズが没後は、スティーブ・ジョブズの本当の父親がシリア人であったことに再び注目が集まっていました。スティーブ・ジョブズを養子に出した後、母方の父親が亡くなります。そこで両親は結婚。二人でシリアへ戻りますが、結婚生活はうまくいきませんでした。

母はアメリカに戻り女児を出産。父もその後アメリカで戻ってきますが、離婚することになります。養母が亡くなり30歳を過ぎてからスティーブ・ジョブズは実母に会いに行き妹とも交流を持ちます。スティーブ・ジョブズの妹はモナ・シンプソンという作家で「The Lost Father(失った父親)」というタイトルの小説を発表しています。父は娘の幼少期にもやはりほとんど関わりをもたなかったということです。

スティーブ・ジョブズを囲む人々

1984年、歴史的なスティーブ・ジョブズによるマッキントッシュのリリースをアップル本社近くのデアンザ大学フリント・センターで行った直後のチームの写真です。ジョアンナ・ホフマンの姿も見えます。

スティーブ・ジョブズとダニエル・コトキー

ポートランドのリード大学で出会ったダニエル・コトキとスティーブ・ジョブズ。一緒にインドへ海外旅行をするなど親しい友人同士でした。ダニエル・コトキもまたアップル社がガレージ会社だったころからの創業社員です。のちにスティーブ・ジョブズはコトキとは仲たがいします。1984年コトキはストックオプションももらえないままアップルを去りました。

スティーブ・ウォズニアックによるスティーブ・ジョブズ哀悼のスピーチ

スティーブ・ジョブズ没後、ウォズことスティーブ・ウォズニアックがスティーブ・ジョブズへの思いを語ったスピーチです。

スティーブ・ジョブズのスピーチを英語・日本語でご紹介

有名なスティーブ・ジョブズのスピーチ、話題になった動画などの中から、日本語翻訳済みで日本語字幕がついたものを厳選。海外発のスピーチ動画がメインですが、来日時の動画などもあります。日本語でもっと意味が知りたいという人が楽しめるスティーブ・ジョブズの名スピーチをまとめていこうと思います。

スティーブ・ジョブズの生涯

スティーブ・ジョブズ没後にはさまざまなドキュメンタリーが放映され、映画も複数制作されています。天才スティーブ・ジョブズをポジティブにとらえたものがある一方で、スティーブ・ジョブズの素顔に迫っていく作品の存在も興味深いものです。日本語字幕のついたドキュメンタリーも動画サイトで見つけることができます。スティーブ・ジョブズの人生に迫った動画です。

スティーブ・ジョブズのスピーチ‐ソニーの失敗

2007年「All Things Digital」というウォール・ストリート・ジャーナル紙主催のイベントで顔合わせをしたスティーブ・ジョブズとビル・ゲイツ。ソニーの時代が終わり、アップルが台頭した理由をスティーブ・ジョブズが語ります。ビル・ゲイツと並んでインタビューを受ける動画です。

伝説のiPhone発表時のスティーブ・ジョブズのスピーチ

何度見ても引き込まれるiPhoneの最初のリリースの際のプレゼンスピーチ動画。このとき、iPhoneの完成度はまだまだ最終製品には耐えられなかったといいます。スティーブ・ジョブズの天才的なスピーチで、すっかり夢を見てワクワクしてしまうというマジックぶりです。

筑紫哲也との対談にみるスティーブ・ジョブズのスピーチ

「電脳社会の新世紀」いささか古さを感じさせるタイトルです。スティーブ・ジョブズは実は日本が大好きで、海外からお忍びで来日しては京都の苔寺やホテルオークラ東京で家族との時間を過ごしていたとはよく言われています。Macworld EXPO Tokyo 1999で来日したスティーブ・ジョブズが筑紫哲也と対談した動画もありました。

若いころのスティーブ・ジョブズのしゃべり方を見るとエネルギッシュでメッセージが明確です。このときのスティーブ・ジョブズは「ソニーを尊敬している」と答えていますね。ピクサー社のCEOであることにも触れています。

「コンピュータ界のソニー」を目指したというスティーブ・ジョブズ

1983年初期のスティーブ・ジョブズのスピーチ

スティーブ・ジョブズのスピーチのうまさは1983年の初期の動画にも顕著です。スティーブ・ジョブズのスピーチの間の取り方、比較例を挙げて説明する手法、数字を具体的に重ねてリアリティを出すテクニックなどのすべてが詰まったスピーチ。スライドが効果的に使われています。

スティーブ・ジョブズの素顔に迫るスピーチ動画

なぜかお蔵入りをしていたスティーブ・ジョブズのインタビュー動画。1995年ごろのものだということです。スティーブ・ジョブズの素顔に迫るスピーチとして話題を集めてました。

スティーブ・ジョブズのスピーチをまとめてみた

スティーブ・ジョブズの有名スピーチから秘蔵インタビューでの語りまで、日本語と英語でスティーブ・ジョブズの名言を味わう企画。今後もスティーブ・ジョブズの残した功績をご紹介するチャンスがあったらまとめていきたいと思います。

スティーブ・ジョブズのことをもっと知りたいアナタへ

Thumbスティーブ・ジョブズの名言集!スタンフォード大学での名台詞も!【英語有】
Thumbスティーブ・ジョブズの病気・死因は膵臓がん?生い立ちや学歴まとめ
Thumbスティーブ・ジョブズの最後の言葉、Facebookは嘘だった?真実に迫る

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-08-04 時点

新着一覧