VIXXのメンバープロフィールを紹介!担当カラーは?【エン/レオ/ケン】

韓国出身6人組アイドルグループVIXX(ヴィックス)。メンバーそれぞれの個性やプロフィール・応援カラーにTwitterなど気になることをひとまとめにしてご紹介!VIXXメンバーの顔と名前を覚えたい人向けのプロフィールや注目曲を集めました。

VIXXのメンバープロフィールを紹介!担当カラーは?【エン/レオ/ケン】

目次

  1. VIXXとは?
  2. VIXXってどんなグループ?ご紹介します!
  3. VIXXのメンバー人気順ランキング
  4. VIXXの人気メンバーランキング1:エン
  5. VIXXの人気メンバーランキング2:レオ
  6. VIXXの人気メンバーランキング3:ホンビン
  7. VIXXの人気メンバーランキング4:ケン
  8. VIXXの人気メンバーランキング5:ヒョギ
  9. VIXXの人気メンバーランキング6:ラヴィ
  10. VIXXには第7のメンバーが存在する!?
  11. VIXXメンバーのイメージカラーは?
  12. VIXXは他の歌手と違う!通称「コンセプトドル」
  13. メンバーのTwitterをまとめてご紹介!
  14. これからのVIXXにも注目!

VIXXとは?

VIXX(ヴィックス)というのは韓国出身の6人組男性アイドルグループことを指し、「Voice」,「Visual」,「Value In Excelsis」 = 最高のVoice(声)、最高のVisual(ヴィジュアル)、最高の Value(価値)をそれぞれのメンバーによって用意されるという意味があります。韓国のアイドルグループの場合も日本のグループ名と同じく、それぞれのグループ名にはきちんと特定の意味が付けられていることが多く、このVIXXにしても、それぞれのカラー(個性)をウリにした上での魅力が兼ね備えられています。

2012年デビューの韓国の6人組歌手VIXX

2012年デビューの軌跡を持ち、韓国では非常に人気が高いアイドルグループとして知られるVIXXですが、その人気は日本でも徐々に浸透してきています。アイドルグループとして活動する場合、その多くは「歴史の長さ(活動記録の長さ)に関係なく人気が出ればその後も安泰する」と言われるように、VIXXも持ち前の魅力とルックスの良さをまず看板に掲げ、今後の活躍が非常に大きく期待されています。それぞれのメンバーの歌手としての実力も非常に高い上、さらにダンスやファッションにも定評があるため、その点での人気も見ものです。

オーディション番組からデビューを勝ち取ったVIXXのメンバー

VIXXは2012年に開催されたMnetのオーディション番組「My DOL」を勝ち抜いた6人から結成されたアイドルグループであり、それぞれメンバーには客を魅了する一芸的な魅力・実力がきちんと備わっています。そのオーディションによるデビュー直後の2012年5月24日には、初のシングルアルバムとなる『SUPER HERO』をリリースして本格的なデビューを果たしました。このデビュー直後から人気は沸騰するようにうなぎ上りになり、やはり女性ファンを多く獲得する上で、そのファンの中には熱狂的ファンもちらほら見られます。

日本デビュー曲「Error」

2012年のオーディションデビュー以降、その翌年の2013年12月6日には正規アルバムとなる『VOODOO DOLL』(呪いの人形)でデビュー後初のランキング1位を獲得し、その後も順風満帆な活動を展開していきます。その経過において日本では2014年に『Error』というシングルをリリースしており、その後も2015年に『Can't say』、さらに2016年に『花風』と、それぞれ人気となる後続シングルを次々リリースしていきます。アルバムも『DARKEST ANGELS』を2014年にリリースして以降、主に3枚のリリースで本格的に知名度を勝ち取っていきます。

VIXXってどんなグループ?ご紹介します!

「VIXXってどんなグループなのか」ということをメインに、ここからはVIXXというアイドルグループを徹底的にご紹介していきます。まずVIXXは2012年に開催されたMnetのオーディション番組「My DOL」にてそれぞれのパフォーマンス性が評価され、それぞれの実力が確実に認められたことでデビューを果たします。それぞれのメンバーが個性としてのカラーを持っており、そのカラーに応じた活躍を(グループ内で)することで、多くのファンの期待に応えるという形になります。デビュー直後はなかなか人気が出ませんでしたが、デビューから1年後の2013年にはランキング1位を獲得するなど、その出だしは確実にアイドルの王道を行きます。

VIXXのメンバー人気順ランキング

さて、ここでは「VIXXのメンバー人気順ランキング」と題して、VIXXの中のメンバー6人のそれぞれを人気度の高い順にご紹介していきましょう。やはりアイドルグループとなれば男性・女性グループを問わず、そのグループ内での人気・順位が気になるところですね。VIXXの場合はこのようになります。第6位はラヴィ第5位はヒョギ第4位はケン第3位はホンビン第2位はレオ第1位はエンこの人気投票は毎年恒例で行なわれるファンからの投票結果に基づくもので、今後も順位の変動が大きく期待されることでしょう。

VIXXの人気メンバーランキング1:エン

先述の人気投票ランキング1位を獲得したことでご紹介しましたエンですが、まずはこのエンについてのプロフィールを徹底的にご紹介していきましょう。まずエンが人気が出始めたのはグループ結成間もなくの頃で、言ってしまえば初めから人気があった、とも言えるイケメンです。多少、無口な性格がありますがそれがまたオシャレ感を漂わせ、そのおしとやかな性格や180センチという高身長のスタイルからも、多くの女性ファンを捕らえて離さない魅力が漂っています。

エンのプロフィール

それではエンのプロフィールについてご紹介していきましょう。エンは1990年6月30日生まれで(現在29歳)、ニックネームは「えねねん、チャハギョン、ヨニ」などと呼ばれて親しまれています。血液型は期待を裏切らないA型で、割と几帳面かつ神経質そうな一面も持ち合わせています。メンバーの中ではかなり気遣いが見られ、1人1人の健康面や気分の浮沈などに対しても敏感にケアするなど、メンバーの空気づくりにも積極的です。気立てが優しく鷹揚な性格も持ち合わせており、その点の細やかな神経の持ち主としても非常に人気が高いです。

VIXXの溺愛リーダー

先でもご紹介しましたように、彼はメンバーの中でも特に周りのメンバーに気遣う性格の持ち主で、そのために多少神経質的な部分も兼ね備えている、などと評されることがあります。しかし、内面からもにじみ出るほどの優しさにはいつもメンバーの皆が感謝しており、彼が居るからアイドルグループとしての活動を続けることができるなど、その人物評価は並みならぬ高さにあるとされます。VIXXのメンバー皆から溺愛されるリーダーでもあり、何かメンバーとして活動を企画する場合でも、必ず初めに彼に相談するという程の信頼の持ち主でもあります。

ダンスがすごい!振り付けも担当

彼の特技の1つに「ダンスの感性が半端なく高い」というものがあり、それは先述でご紹介しましたオーディション時にも十分評価され、そのパフォーマンス力が買われてアイドルグループとして活動できるようになった・デビューできた、とされる程の特典です。この魅力は他のアイドルグループの中でも随一高いと評価されており、歌って踊れる、おまけにイケメン、といった三拍子そろったインパクトは、やはりアイドルグループの生き道としての王道を築き上げられる程の強力な武器となるでしょう。

日本語が得意なエン

VIXXは何度か来日して日本との交流も非常に親しみを持っているため、そのメンバーのリーダーとしても「日本が得意」というのは当たり前と言えば当たり前のことになるでしょう。しかし、日本人が逆に韓国語をペラペラに話せるか、と言えば難しいもので、それだけ彼の親日度の高さがはっきりわかるという点も、日本のVIXXファンにとっては非常に嬉しいところになるでしょうね。エンの日本語レベルは「日常会話レベル」とも評されることが多く、それだけ流暢にペラペラと話せる一面も備えています。

VIXXの人気メンバーランキング2:レオ

さて、次はVIXXの人気メンバーランキング2位のレオについてのご紹介です。レオはメンバーの中でもかなりナルシストなイメージを持たれており、その静かなる熱い男としてのポジションをデビュー当時から崩さずに持っています。日本で言うところのガクトやXのヨシキといったイメージに近いでしょうが、彼もパフォーマンス力は非常に高いとされており、その点での人気度の高さはやはり目を見張るものがあります。

レオのプロフィール

それではレオのプロフィールを徹底に見ていきましょう。まずレオは1990年11月10日生まれで現在28歳となり、血液型は大らかな性格を示すO型です。基本的に細かな事にはほとんどこだわらない主義の持ち主で、メンバーの誰かが遅刻したり、また空気を読めない行動をもししたりしても、けっして怒らずに鷹揚に対応できるナルシストです。かなり優しい性格の持ち主としても知られており、リーダーのエンとも非常に仲が良く、プライベートでも家族ぐるみの付き合いがあるなどの円満な噂が広がっています。

VIXXのメインボーカル

レオの持ち味は何と言ってもやはりその美声で、声量の高さ・幅・太さから言えば、メンバーの中でも卓越しているレベルにあると言って良いでしょう。メンバーの誰もが認めるほどの実力シンガーの魅力を発揮しており、これまでにリリースしてきた楽曲のすべてのメインボーカルを担当してきたという程の、とくにオールマイティ・マルチなボーカリストとしての実力が見られます。このような「歌の上手いナンバー2」が居てくれることにより、今後のVIXXの活躍もさらに期待が高まるでしょう。

身長が183㎝

レオの持ち味としてもう1つあげられるのが、この183センチという高身長・それによって得られる抜群のスタイルの良さです。VIXXも通常のアイドルグループ(ジャニーズグループ)に見られるように「ダンス+歌」がメインの活動範囲になるため、やはりそのファッション・スタイルの斬新さや完璧さは、どの分野でも評価される第一のポイントになります。その点でもレオのスタイルは「どのファッションでも着こなせる」と言うほどのオールマイティなセンスの持ち主でもあり、その点でもファッションリーダーとして活躍しています。

スポーツ万能

ダンサー出身かと想わせられる程の運動神経の持ち主でもあり、メンバーの中では随一のダンサーとして活躍する姿が描かれます。もちろん他のメンバーもダンスは上手く、またイケメンぞろいで美声・コーラスの持ち主ではありますが、彼はその中でも卓越した存在として知られており、その実力は海を越えた日本でも十分に知れ渡っています。そうしたスタイルと実力のコラボ演出によって人気を勝ち取ったグループだからこそ、今後の活動範囲の広さに期待され、さらに多くの芸能業界を驚かせてくれるパフォーマンスを見せてくれる事への期待も高まります。

VIXXの人気メンバーランキング3:ホンビン

さて、次はVIXXの人気メンバーランキング3位に入ったホンビンについてのプロフィールをご紹介していきます。ホンビンの魅力は何とっても「美しいビジュアル」、「可愛らしいビジュアル」などといった見た目センスの美しさにあり、その外見スタイルから発散される魅力は女性だけでなく、男性ファンの多くにも知れ渡るところとなっています。どことなくおぼこい容姿が目立つこともあり、「恰好いい」と言うよりは「かわいい」という印象のほうが強い彼です。

ホンビンのプロフィール

ホンビンのプロフィールについて徹底的に見ていきましょう。ホンビンは1993年9月29日生まれの現在26歳で、血液型はB型になります。B型と言えば「非常にマイペースな性格」として知られるところが多いですが、彼の場合はそうでもなく、どちらかと言えば「周囲にかなり気遣うお人よし」または「自分を犠牲にしてでも相手に調子を合わせる」といった優しい紳士の一面が強く見られます。かわいい印象を強く持ち合わせている彼だからこその魅力も健在で、その辺りを再確認してみるのも面白いでしょう。

VIXXのビジュアル担当

メンバー内でのホンビンの担当は主に「ビジュアル担当」とされ、その完全無欠なルックスの良さでファンを誘い、またそのスタイルの良さからも多くのファンを魅了してくれます。もちろん性格の良さ・愛嬌の良さ・人への気遣いの面からもかなりの好印象を持ち合わせており、人気投票では常に上位を獲得できる程の実力を兼ね備えています。人気アイドルグループには必ずと言って良いほど認められる「ビジュアル」ですが、VIXXの場合はそのビジュアル感にプラスして「人間性の良さ」が加わります。

実はオタクのホンビン

これはプライベートなネタになりますが、実はホンビンが「オタクではないか」という噂が、どこからともなくちらりほらり流れていることも事実です。とは言っても、実際に彼がオタク的な行動をしている場面をはっきり映した映像や写真などはないため、ただの憶測的な内容の噂・情報で終始していることも事実です。この噂はメンバー内からそれとなく流れ出たというルートもあり、もしかするとオタクファンを引き寄せるための演出ではないか、などの評価もされています。

VIXXの人気メンバーランキング4:ケン

さて、次はVIXXの人気メンバーランキング4位に落ち着いたケンについてのプロフィールを多角的に見ていきましょう。ケンという名前は日本人の名前にも見られることもあり、日本に初来日した際には非常に親しみを込めて注目された経過がありますが、その性格は割とクールであり控え目で、滅多に人前にしゃしゃり出ないことで知られています。非常に大人っぽいイメージが強い彼であり、そのクールさはファンの間でも有名ですが、メンバー内ではとても愛嬌がある側面もあり、冗談を連発する面白さもあります。

ケンのプロフィール

それではケンのプロフィールを具体的に見ていきましょう。ケンは1992年4月6日生まれの27歳で、血液型は「二重人格が多い」などと言われるAB型です。しかしAB型と言えば「仕事とプライベートをきっちり分けられる人」としてのイメージが強く、彼の場合はこちらのタイプにかなり近くなるでしょう。兄が2人いる3人兄弟の末っ子で、やや人に甘えたい感じの愛嬌の良さがかなりかわいく映ってしまうこともある彼です。メインボーカルを担当できるほどの美声の持ち主でもあり、ダンスの腕前もかなりのものと、メンバー内でも高評価をもらっている彼でもあります。

愛嬌があるメインボーカル

先でもご紹介しましたように、彼はメインボーカルを担当しながらクールで、そのスタイルは絶対に崩さないというポジショニングにありますが、実はかなり愛嬌の良さがウケており、メンバー内ではとても好かれている一面を持ち合わせています。日本でも彼の愛嬌の良さ・人懐っこさ・面白さといったアレンジの利いたパフォーマンス性はかなり広く浸透して知られており、その柔らかなアイドル性のほうを好む女性ファンも非常に多くいます。歌の腕前はメインボーカルを担当できることから見てもわかるようにかなりレベルが高く、初シングルをリリースした当時から美声を奏で続けています。

ムードメーカーで物まねが得意

彼の愛嬌の良さ・人懐っこさを示す行動の1つに、この「モノマネが得意」というものがあります。韓国のアイドルグループというのはこのように愛嬌が良い・ひょうきん・お人よしといった三拍子そろうタイプが非常に人気があり、彼もそのうちの1人として数えられています。メンバーの真似をしてみせたり、あるいは有名人歌手(往年の韓国のアイドルを含む)の真似をしたりして、とにかくその場を和ますムードメーカーとしての役割を買って出るタイプとして好かれています。

VIXXの人気メンバーランキング5:ヒョギ

さて、ここからはVIXXの人気メンバーランキング5位に落ち着いたヒョギについてのプロフィールを見ていきましょう。ヒョギの特徴は見た目のルックスの良さ・クールでハンサムなスタイルに加え、少しいたずらっぽい印象を多分に含ませたカラーが見ものとなるでしょう。しかし彼は英語がかなり堪能で、中学3年時には全校で1位の成績を取ったほど、その実力は半端ないものとして評価されていました。外見も中身も充実している彼ですが、彼にもやはりひょうきんで、人懐っこい一面がちらほら見られます。

ヒョギのプロフィール

さてここからはヒョギのプロフィールを徹底的にご紹介していきましょう。ヒョギは1995年7月5日生まれの24歳で、メンバーの中では最年少になり、そのぶんメンバーの中ではかなり可愛がられる存在・ポジションにいます。血液型はレオやラヴィと同じくO型で、その鷹揚で細かな事にはほとんどこだわらない性格が、他の誰からも好かれるさっぱりした印象を与えてくれます。学業とアイドルの道を天秤に掛けさせられる運命に遭い、その際にアイドルの道を選んで自分の夢を確実に勝ち取りました。

VIXXのブラックマンネ

この場合の「ブラックマンネ」というのは「いたずらっこ」の意味合いで使われ、誰かれかまわずいたずらをしかけ、相手が驚くのを見て一緒に笑うという、なんとも子供っぽい一面が抜けないのがヒョギの一番の特徴とも言えるでしょう。いたずらにしても他愛ないものが多く、「初めに驚かせておいてあとですぐ安心させる」といったような、子供の頃に誰もが一度はやったことのある非常にローカルないたずらが多いでしょう。こんな人懐っこさがやはり愛らしく見られ、メンバーはもとより、ファンの間でもそのいたずらっぽい仕種はたまらなく可愛いと感じる女性ファンもかなり多く見られます。

ヒョギはいたずらが大好きな性格

先でもご紹介しましたように、ヒョギの性格・特徴は人懐っこさやいたずらっぽい目や仕草にあり、その純朴な子供のようなあり方に、メンバーをはじめ多くのファンが楽しませてもらっています。モノマネを披露したり、誰かにドッキリ的ないたずらをしかけてみたり、また子供の頃にやった遊びを無理やり誰かと「しようと」と持ちかけたりなど、どこか哀愁の漂う印象の持ち主としても非常に好感を持たれるイメージが強いでしょう。彼もメンバー内でのムードメーカー的存在として知られ、他のメンバーからいろいろな場面で信頼されています。

VIXXの人気メンバーランキング6:ラヴィ

さて、次にVIXXの人気メンバーランキング6位にランクインしたラヴィのプロフィールについて見ていきましょう。ラヴィの特徴や印象は「見た目がかなりダンディでクールなイメージ」といった、こういうアイドルグループの中に1人は必ずいるモデルタイプの印象になるでしょう。昔懐かしの光GENJIの大沢樹生さんのような存在と言えばわかりやすいかも知れず、とにかく他のメンバーとは姿形、そのルックス・漂わせている印象が、一線を画すような存在となります。

ラヴィのプロフィール

それではラヴィのプロフィールを具体的に見ていきましょう。ラヴィは1993年2月15日生まれの26歳で、ホンビンと同い年になるメンバーでは下から二番目の若さになります。血液型はO型で、やはりその鷹揚とした性格は細かなことをほとんど気にすることなく、実にさまざまな難局でも堂々とした風格をもって突き進んでいきます。メンバー内でも非常に頼れる存在としてポジショニングを守り、何か困ったことがあった時などはまず彼に相談する場面も多く見られます。

VIXXのラップ作詞などを担当

ラヴィはメンバーの中でラップの歌詞を担当しており、その容姿・出で立ちからもイメージが付きやすいように、どことなくドライな感じの歌詞内容のものも多く手掛けています。メインラッパーとしてのポジショニングを取っており、またダンスの際にはリードダンサーとしての実力を兼ねそろえ、これまでのVIXXのヒット曲のほとんどのダンスをそのトップに立って披露してきました。身長は183センチとやはり高く、兄弟は妹が1人いるというこじんまりした家庭の持ち主です。

筋トレが趣味

彼はダンサーとしての意識が高い上にかなりの腕前でもあり、オーディションを受けた際にも彼のダンスのレベルは抜群の評価を貰っていました。そのため彼のダンサーとしてのポジションはメンバーの中でも確立されており、体づくりのために毎日筋トレをして体を鍛えているという、とてもマジメな性格の持ち主でもあります。体格の良さに恵まれながら、さらにその運動能力を極限にまで高めようとする彼のプロ意識をもって、VIXXのメンバーたちも非常に心強さをもらうことができ、さらに今後のラッパー・ダンサーとしての活躍が期待されます。

VIXXには第7のメンバーが存在する!?

さて、ここからは少し視点を変えて「VIXXには第7のメンバーが存在するのかどうか」といった興味深い視野からVIXXを確認してみましょう。VIXXはそのデビュー当時からずっとこれまで6人のメンバーで活動してきており、7人目のメンバーがいることはまったく公表されていません。そのため、VIXXに「メンバーが増える」といった情報も多くのメディアからも入っておらず、その詳細・実情はいまだに謎のままにされています。その辺りに迫ってみましょう。

ROVIXのプロフィール

これは最近になって知られた非常に新しい情報(最新と言ってよい情報)になりますが、最近になって「ROVIX(ロビック)」という名前の新メンバーの加入があるとの報道がなされました。これはネット上でも有名な話ですが、「えっ、VIXXにもついに新メンバーが」と驚かされたその矢先、そのROVIXの正体が明らかにされました。なんとこの「ROVIX」というのはVIXXのシンボルキャラクターの名前で、つまりVIXXが今後の活動にどんどん使っていこうという「VIXXの広報のための活動部員」のことでした。

VIXXメンバーのイメージカラーは?

さてここからはいよいよ「VIXXメンバーのイメージカラー」について具体的に見ていきましょう。VIXXというのは発足はかなり最近ですが、それぞれのメンバーが担当カラーというものを持っており、そのカラーはそのままイメージ・個性を示すアイテムになっているところが斬新な印象です。それぞれのカラーにも個性的(そのメンバーの性格にも見合った色彩)が取られており、その上でファンにも親しまれやすい応援カラーとなるイメージも含まれています。

応援カラーはブルー?

先述しましたVIXXのメンバーが持つイメージカラーですが、現在のところはステージごとにそのファッションカラーが変わってしまうため、定着した色彩というものはありません。しかし、応援カラーというものは定着しており、それは「ブルー」です。ブルーといっても、どちらかと言うとネイビーブルー・インディゴブルーといった感覚に近く、いま流行りのレジェンドブルーの印象がかなり色濃く残るような印象になるでしょう。野球のチームカラーのように応援カラーが決まっているなんて、やはり韓国のアイドルグループの個性はとても興味深いものですね。

VIXXと関係のあるカラー

この投稿をInstagramで見る

#VIXX

EAU DE JHENNYさん(@jhennymeneces)がシェアした投稿 -

ネイビーブルーやインディゴブルーなどといった「ブルー系」のカラーとは別に、メンバーがそれぞれに持っている個性カラーも(先でご紹介しましたように)あります。それは「ブラック」、「ネイビー」、「レッド」、「ホワイト」の4色に見られており、これはそれぞれのメンバーが特定のステージなどで着用する衣装、また使用する小物などに配色されたカラーという形で認められています。「びょるぴ棒」という応援アイテム(ペンライト)がありますが、これは基本的にブルーの配色が施されているため、それと合わせて独特のカラー感が世界観を創り上げることでしょう。

VIXXは他の歌手と違う!通称「コンセプトドル」

この「コンセプトドル(アイドル)」というのは、ただイケメンを集めてアイドルグループを結成するというのではなく、それなりの主義・概念・思想をもって結成するといった特殊な設定のもとに集められるグループを指します。つまり、何らかの活動目的をもって結成されたアイドルグループのことで、VIXXもこのコンセプトドルの仲間入りをした上で、そのテーマは「独創性」や「世界平和」を総合的な(大きな)目的とした活動目的を持っています。

VIXXのおすすめ楽曲!

さてここで少し「VIXXのおすすめ楽曲」についてご紹介しておきます。最近でもVIXXのおすすめの曲としてあげられやすいのは、やはり「VIXXの人気アルバムランキング」でも必ず上位にランクインされるベスト3になるでしょう。第1位は『Reincarnation』第2位は『ラララ 〜愛をありがとう〜』第3位は『Depend on me』この3曲になります。どの曲もテンポがよくバラード系の要素も含めており、聴く人には大きな感動が与えられるでしょう。VIXXの曲の印象はバラードとアップテンポとが合体している点にあるでしょう。

メンバーのTwitterをまとめてご紹介!

さてここからは「メンバーのTwitterをまとめてご紹介」と題して、メンバーが実際に提供してるTwitterや一般の人が開設・公示しているTwitterの中から、VIXXの情報がテンコ盛りになっているサイト情報をこぞってご紹介していきます。最近ではアイドルも歌手も俳優もお笑い芸人なども、このようなSNSを使って一般人に非常に身近なイメージをもって接近してくれるため、そこでのリアルな情報を取得できる喜びは非常に多くの人の心の支えになっていることでしょう。

エン

まず人気ランキングでも1位に輝いたエンですが、彼の情報はTwitterでもインスタグラムでも非常に広範囲に渡って掲載されており、「VIXXと言えばエン」といった感じに、そのファン層の活動も留まるところを知りません。エンの気さくでお人よしな一面が目いっぱいに浮き出ている場面をはじめ、ステージに立っている時のエンの恰好いいスタイル、また歌っている時のその甘い美声などの魅力をもって、こうしたSNSサイトでも非常に大きな感動を与えてくれます。

レオ

次にレオですが、レオの場合はやはりそのルックスはさることながら、ファッション・スタイルの抜群のセンスに魅了される女性ファンのほうがアクセスする機会も多いでしょう。しかし最近では男性ファンもかなりの回数でアクセスしている傾向が見られ、彼の機敏なダンスパフォーマンスをはじめ、歌っている時の何とも言えない哀愁の漂う魅力とモダンな印象、さらに愛嬌の良さなどがその人気を独り占めにしている経過が見られます。レオの魅力はあとからじわじわやってくることが多いので、一度ファンになったらじっくり長い目でそのパフォーマンスぶりを見守ってみましょう。

ケン

次にケンですが、彼の魅力は先でも触れましたように「人格の良さがそのままパフォーマンスにつながっている」とされる優しさ・フレンドリーな印象にあり、その点では男女問わずの多くのファン層の支持を一身に集めていると言って良いでしょう。パフォーマンス性の抜群はさることながら、それ以上にファンを愉しませてくれるといった「魅了」の点にも変わらず定評があり、そうした不動の人気の土台をもって彼の魅力は多くのファンの心の底に根付いています。

ラビ

次にラヴィですが、彼の魅力はやはりスタイル・ラッパーとしての恰好よさ・彼にしかできないアクロバットなダンスパフォーマンスなどで、その奇抜なファッションや躍動感を愉しみにして集まるファンも少なくありません。それだけVIXXの看板的存在としての魅力を合わせ持っており、ライブパフォーマンス時には必ずと言って良いほど彼の魅力が全面的に押し出される場面が映ります。彼が生来持ち合わせたラッパー・ダンサーとしての実力(その天性)をさらに愉しむためにも、一般公開されているSNSの情報を検索しましょう。

ホンビン

その人懐っこさがメンバーの中では随一に光る彼ですが、ライブとなるとその表装は一転するほど変わり、さすがにVIXXのメンバーに選ばれたと評されるパフォーマンス度の高さに驚かされます。アイドルグループの定番とも言える「お道化(どけ)のイメージ」もきちんと持ち合わせており、常に観客・ファンを愉しませてくれるエンターテインメント性にも長けていて、その彼の優しい配慮によっていつもライブは大盛り上がりを見せてくれます。

ヒョギ

ヒョギのイメージはライブパフォーマンスだけでなくその人間性の優しさ・魅力にも十分見られ、やはり多くの女性ファンの心を捕らえて離さない「少年っぽいイメージ」が十分その魅力を奏でてくれるでしょう。SNSでも彼の魅力をしっかり伝えてくれるライブパフォーマンス・テレビ出演時の様子が伝えられ、にわかファンから往年のファンまでがしっかり楽しめる、VIXXならではの深い魅力をしっかり伝えてくれるでしょう。ヒョギの魅力もレオと同じく、じっくりパフォーマンスぶりを見ていくことでじわりじわりと感動がやってくるので、長い目で彼の魅力を味わいましょう。

ROVIX

今回末尾でご紹介しましたVIXXの新しい新加入メンバー「シンボルマスコット」的存在のROVIX君ですが、彼の魅力はライブパフォーマンス時にでも十分確認することができます。さらに広報宣伝をはじめ、プロモーションビデオ作製時でもその様子・出で立ちを確認することができ、そのどこかでも見たことのあるアニメコラボ演出によってはさらに親しみを持たされる印象・イメージとなるでしょう。ぜひたくさんのVIXX主催のメインイベントを覗いてみて、その豊かな面白さ・魅力、そしてVIXXならではの独自の世界観をお楽しみください。

これからのVIXXにも注目!

この投稿をInstagramで見る

Waiting for Parallel MV be release back be like.... #PARALLEL #MV #VIXX

별빛 ❣ 빅스さん(@starlight1003)がシェアした投稿 -

いかがでしたか、今回は「VIXXのメンバープロフィールを紹介!担当カラーは?【エン/レオ/ケン】」と題し、「VIXXのメンバープロフィールの紹介」をはじめ、エン/レオ/ケンの担当カラーを中心にその魅力をご紹介しました。VIXXは2012年にデビューして以来、日本でもかなりの人気を誇っているアイドルグループですが、その独自の世界観・コンセプトをもって、今後の活躍が益々期待されています。いま流行りの「コンセプトドル」としての活躍はやはり魅力的で、それぞれの個性的カラーに添った熱い活躍を期待しましょう。

VIXXの関連記事

ThumbVIXX・エンの彼女や性格、プロフィールまとめ!ダンスが上手?
ThumbVIXX・レオの彼女や性格、整形の噂まとめ!エンとの仲良しエピソードも!
ThumbVIXX・ホンビンがドラマ出演!彼女や性格を調査!【画像あり】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-27 時点

新着一覧