アラン・ドロンの出演映画まとめ!おすすめ作品や代表作など年代別に紹介

今回は世界の大スターのアラン・ドロンの海外映画のおすすめ作品を年代別に紹介したいと思います。みなさんはアラン・ドロンが出演している海外映画作品を観たことがありますか?まだ観たことがない方は、アラン・ドロンの海外映画のおすすめ作品や代表作を年代別にお伝えします。

アラン・ドロンの出演映画まとめ!おすすめ作品や代表作など年代別に紹介

目次

  1. アラン・ドロンの出演映画、おすすめ作品や代表作など年代別チェック
  2. アラン・ドロンとは?
  3. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・恋ひとすじに
  4. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・お嬢さん、お手やわらかに!
  5. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・太陽がいっぱい
  6. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・若者のすべて
  7. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・地下室のメロディー
  8. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・山猫
  9. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・世にも怪奇な物語
  10. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・生きる歓び
  11. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・危険がいっぱい
  12. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・レッド・サン
  13. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・エアポート’80
  14. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・私刑警察
  15. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・ヌーヴェルヴァーグ
  16. アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・百一夜
  17. アラン・ドロンの出演映画まとめ

アラン・ドロンの出演映画、おすすめ作品や代表作など年代別チェック

今回は、アラン・ドロンのおすすめの海外映画作品や代表作など年代別に紹介したいと思います。まだ、アラン・ドロンの海外映画を観たことがない方や、もう一度アラン・ドロンの海外映画を観たい方などぜひ、ご覧ください。年代別にわかりやすく、アラン・ドロンのおすすめの作品や代表作の海外映画を紹介したいと思います。

アラン・ドロンとは?

アラン・ドロンについて紹介したいと思います。
名前:アラン・ドロン
生年月日 1935年11月8日
身長:184cm
出生地:オー=ド=セーヌ県ソー
国籍:フランス

アラン・ドロンは1935年11月8日、パリ郊外のオー=ド=セーヌ県ソーで生まれ、お父さんは小さな映画館を経営していたそうです。お母さんは薬剤師の資格を持っていました。アラン・ドロンは、1957年の夏、スカウトマンにスカウトされイヴ・アレグレ監督の作品「女が事件にからむ時」でデビューを果たすことになりました。

アラン・ドロンは、1998年に公開された映画「ハーフ・ア・チャンス」をラストに映画の世界からの引退を発表されました。映画でやりたい事は全てやったとのこと。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・恋ひとすじに

アラン・ドロンが1950年代に出演された映画「恋ひとすじに」を紹介します。映画「恋ひとすじに」は、1958年、フランスとイタリアが製作されたの合作映画です。映画「恋ひとすじに」は、ドイツにて1933年に映画化されたアルトゥル・シュニッツラーの戯曲『恋愛三昧』の再映画化された作品になります。

映画「恋ひとすじに」でアラン・ドロンは、ロミー・シュナイダと初めて共演することになりました。日本では1959年10月に公開されています。映画「恋ひとすじに」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、ロミー・シュナイダー、ミシュリーヌ・プレール、フェルナン・ルドゥーなどいらっしゃいます。

映画「恋ひとすじに」はかなり古い映画になりますが、アラン・ドロンが出演した映画では3作目ですので、ぜひ、ご覧になって観てください。かっこいいアラン・ドロンの演技が観れますよ。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・お嬢さん、お手やわらかに!

アラン・ドロンが1950年代に出演された映画「お嬢さん、お手やわらかに!」を紹介します。映画「お嬢さん、お手やわらかに!」1959年にフランスで製作された映画です。若い頃のアラン・ドロンの演技が観たい方にはおすすめの映画になります。

映画「お嬢さん、お手やわらかに!」はアラン・ドロンが主演していて、青春ラブ・コメディの作品になっています。アラン・ドロンと複数の女性との物語です。映画「お嬢さん、お手やわらかに!」は1959年に日本とフランスで公開されました。アラン・ドロンの他にパスカル・プティ、ミレーヌ・ドモンジョなど出演されています。

映画「お嬢さん、お手やわらかに!」は青春を思い出させてくれる映画で、アラン・ドロンの若い頃の作品なのでとても貴重な作品です。ぜひ、ご覧ください。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・太陽がいっぱい

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「太陽がいっぱい」を紹介します。映画「太陽がいっぱい」は、1フランスとイタリアの合作映画で1960年にフランスと日本で公開されたアラン・ドロンの代表作品になります。

映画「太陽がいっぱい」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネがいらっしゃいます。映画「太陽がいっぱい」主題曲は当時、とても人気だったそうです。映画「太陽がいっぱい」のロケ地は全て、イタリアで行われました。海岸シーンはイスキア島で、魚市場のシーンはナポリ市街で行われました。

映画「太陽がいっぱい」はアラン・ドロンの代表作ですので、ぜひ、ご覧になって頂きたいと思います。代表作を知らずにアラン・ドロンは語れないですよ。

Thumbアラン・ドロンの息子が美男子すぎる!遺伝子がすごいと話題【顔画像あり】

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・若者のすべて

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「若者のすべて」を紹介します。アラン・ドロンが出演されている映画「若者のすべて」イタリア・フランス合作映画で1960年にイタリアと日本で公開され、1961年にはフランスで公開されました。

映画「若者のすべて」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、レナート・サルヴァトーリ、アニー・ジラルド、カティナ・パクシヌーなどいらっしゃいます。映画「若者のすべて」はイタリア・ミラノに成功をするために訪れた貧しい家族と都会での生活を描いた映画作品になっています。かっこいいアラン・ドロンの演技に注目です。

アラン・ドロンが出演している映画「若者のすべて」は、ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞を受賞しました。いろんな俳優の演技やイタリアの情景を楽しんでください。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・地下室のメロディー

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「地下室のメロディー」を紹介します。映画「地下室のメロディー」は、フランスの映画で1963年に製作されました。また、映画「地下室のメロディー」はアラン・ドロンの代表作で知られています。

映画「地下室のメロディー」はアラン・ドロンとジャン・ギャバンというフランス映画の世界のスターが共演したアラン・ドロン代表作の犯罪映画です。1963年にアラン・ドロンが出演された映画「地下室のメロディー」は、ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞しています。

映画「地下室のメロディー」は1963年に日本とイタリアで公開されました。アラン・ドロンの渋く、かっこいい演技に注目して感動して頂きたいと思います。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・山猫

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「山猫」を紹介します。映画「山猫」は、イタリアとフランスの合作映画で、1963年に公開された作品です。映画の上映時間が187分ととても長い作品になっています。

映画「山猫」は長編小説を映画化した作品になっています。また、映画「山猫」は第16回のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したことでも知られています。映画「山猫」の出演者はアラン・ドロンの他に、バート・ランカスター、クラウディア・カルディナーレ、マリオ・ジロッティ、セルジュ・レジアニなどいらっしゃいます。

映画「山猫」は、20世紀フォックスから映画上映時間が長すぎるとのクレームを受けたことで英語国際版が161分と短縮された時間で上映されました。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・世にも怪奇な物語

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「世にも怪奇な物語」を紹介します。映画「世にも怪奇な物語」1967年にフランスとイタリアが製作された3部構成のオムニバスのホラー映画になります。

映画「世にも怪奇な物語」は、第1話 「黒馬の哭く館」、第2話 「影を殺した男」、第3話 「悪魔の首飾り」の3部から構成されています。映画「世にも怪奇な物語」は1968年にフランス、イタリアで1969年には日本で公開されました。

映画「世にも怪奇な物語」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、ジェーン・フォンダ、ピーター・フォンダ、ブリジット・バルドー、テレンス・スタンプなどいらっしゃいます。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・生きる歓び

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「生きる歓び」を紹介します。映画「生きる歓び」は、イタリア・フランスの合作映画で1961年に製作されました。また、映画「生きる歓び」は1961年にイタリアで1962年に日本で公開されました。

映画「生きる歓び」はテロやゲリラなどの要素が取り入れられている作品になっています。ですが、ユーモアや恋愛も取り入れた観やすいコメディに近い作品になっています。映画「生きる歓び」はアラン・ドロンがアナーキスト家の娘と恋愛する青年を演じています。ユーモアや恋愛など観て面白い要素が含まれている映画なので、おすすめします。

アラン・ドロンが出演されている映画「生きる歓び」をぜひ、一度、ご覧になってください。昔の映画ですが、今見ても面白い作品ですよ。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・危険がいっぱい

アラン・ドロンが1960年代に出演された映画「危険がいっぱい」を紹介します。映画「危険がいっぱい」はフランスの犯罪映画で1964年にイタリアと日本で公開されました。原作は、1954年の小説「喜びの家」をもとに製作されています。

映画「危険がいっぱい」の出演者は、アラン・ドロンをはじめ、ジェーン・フォンダ、ローラ・オルブライト、アンドレ・オウマンスキーなどいらっしゃいます。映画「危険がいっぱい」のストーリーは、あるギャングに追われいるカード師の行く末描いているサスメンス作品になっています。アラン・ドロンとジェーン・フォンダが共演しています。

映画「危険がいっぱい」は南フランスを舞台になっています。2枚目のアラン・ドロンの演技に女性は惚れてしまうかもしれませんよ。おすすめの映画です。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・レッド・サン

アラン・ドロンが1970年代に出演された映画「レッド・サン」を紹介します。映画「レッド・サン」は、フランス・イタリア・スペインの合作映画で1971年にイタリアと日本で公開され、1971年にはアメリカで公開されました。

映画「レッド・サン」は、日本のトップスターの三船敏郎とハリウッド映画のトップ俳優・チャールズ・ブロンソン、そしてフランスのビッグスターのアラン・ドロンの世界3大スターが出演され、アラン・ドロンの代表作でもあります。映画「レッド・サン」には日本のトップスターの三船敏郎が出演していて当時、日本でも話題になり、、とても人気の映画になりました。観る価値ありますよ。

映画「レッド・サン」が日本のTVで初めて放送されたのは1975年1月6日月曜の21:00-22:55にTBSで放送された「月曜ロードショー」でした。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・エアポート’80

アラン・ドロンが1970年代に出演された映画「エアポート’80」を紹介します。映画「エアポート'80」航空パニック映画で1979年に制作されました。アメリカでは、1979年8月17日、日本では1979年12月15日に公開されました。

映画「エアポート'80」の出演者は、アラン・ドロンをはじめ、スーザン・ブレイクリー、ロバート・ワグナー、シルビア・クリステル、ジョージ・ケネディなどいらっしゃいます。映画「エアポート'80」は、映画「大空港」からスタートしたエアポート・シリーズの第4作目の作品です。

映画「エアポート'80」はアラン・ドロンの代表作としても知られていて、ぜひ、観て頂きたいと思います。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・私刑警察

アラン・ドロンが1980年代に出演された映画「私刑警察」を紹介します。映画「私刑警察」は、フランスの犯罪映画で1988年にイタリアで1990年には日本で公開されました。原作は1984年に発表した「Clause de style」です。

映画「私刑警察」は1976年に他界された俳優のジャン・ギャバンに捧げられています。アラン・ドロンが53歳の時の映画で知られています。映画「私刑警察」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、部下ペレを演じる、パトリック.カタリフオや、警部スキャッテイを演じるミシェル.セローがいらっしゃいます。

映画「私刑警察」でのアラン・ドロンの演技の迫力やダンディーな佇まいなど楽しめる部分がたくさんありますので、ぜひ、一度、ご覧になってみてください。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・ヌーヴェルヴァーグ

アラン・ドロンが1990年代に出演された映画「ヌーヴェルヴァーグ 」を紹介します。映画「ヌーヴェルヴァーグ」は、1990年にスイスとフランスの合作長編劇映画です。「ヌーヴェルヴァーグ」はフランス語で「新しい波」を意味します。

映画「ヌーヴェルヴァーグ」で撮影されたロケーションは、スイスのレマン湖で行われました。1990年、第43回カンヌ国際映画祭のパルムドールにノミネートされたことでも知られました。また映画「ヌーヴェルヴァーグ」は1990年に選曲者のゴダールがヨーロッパ映画賞の音楽賞部門にノミネートされたことでも知られています。

映画「ヌーヴェルヴァーグ」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、ドミツィアーナ・ジョルダーノ、ジャック・ダクミーヌ、クリストフ・オダンなどいらっしゃいます。

アラン・ドロンの出演おすすめ海外映画・百一夜

アラン・ドロンが1990年代に出演された映画「百一夜」を紹介します。映画「百一夜」は、1995年のフランスとイギリスの合作映画で1995年にイタリアで1997年には日本で公開されました。当時、欧米のスターが集まった大型映画で知られました。

映画「百一夜」の出演者はアラン・ドロンをはじめ、ロバート・デ・ニーロ、ハリソン・フォードなどの大物の俳優で、当時、とても話題になりました。映画「百一夜」は、映画発明100年を記念して制作されたフィクションとドキュメンタリーの要素を取り入れたコメディ作品になっています。

映画「百一夜」はアラン・ドロンが出演されていますが、昔のアラン・ドロンから少しずつ変わってきているので、それも含めて演技も楽しんでみてください。

アラン・ドロンの出演映画まとめ

世界の大スターの一人に数えられるアラン・ドロンの海外映画のおすすめ作品を年代別に紹介しました。まだこの他にも多くの出演映画がありますので、ぜひ、ご覧ください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧