化粧下地でニキビ・ニキビ跡を隠したい!肌に優しくてカバー力のある下地まとめ

ニキビやニキビ跡を隠せるカバー力と肌に優しい成分を含んだ化粧下地を集めました。ニキビができているときは、カバー力だけでなく化粧品の質にこだわることも大切。肌に優しい&カバー力のある化粧下地の選び方を学んで、ニキビや毛穴をしっかりカバーしましょう。

化粧下地でニキビ・ニキビ跡を隠したい!肌に優しくてカバー力のある下地まとめ

目次

  1. ニキビがあるときは化粧下地に気をつけて
  2. ニキビ肌用の化粧下地の選び方
  3. ニキビ肌におすすめのカバー力抜群のパウダー系化粧下地
  4. 肌に優しい&カバー力のあるリキッド系の化粧下地
  5. ニキビ跡や毛穴のカバー力抜群のコンシーラー
  6. ニキビ肌にメイクをする前の注意点
  7. ニキビを隠したいときのメイク方法
  8. ニキビができたときに避けておきたいこと
  9. ニキビを早く改善できるおすすめ化粧品
  10. カバー力がある肌に優しい化粧下地でニキビ肌をきれいに見せよう

ニキビがあるときは化粧下地に気をつけて

カバー力だけを重視してメイクするとニキビが肌荒れすることも

ニキビができてしまうと隠そうと思ってカバー力の高い化粧品を選びがちですよね。でも、化粧品のカバー力ばかり重視しているとニキビの悪化につながることがあります。ニキビをなくしたいのに化粧品のせいでニキビを悪化させてしまっては意味がありません。ニキビができたときは化粧品のカバー力だけでなくほかのポイントも重要視する必要があります。

カバー力があり肌に優しい化粧品を使ってメイクを楽しもう

ニキビができてしまったときは、カバー力以外に肌に優しい特徴を持った化粧品や化粧下地を選ぶことが大切。肌に優しい化粧下地であれば、ニキビ肌をケアしながらメイクを楽しめます。

ニキビができたときも安心して使えるおすすめの化粧下地を集めました。ニキビ肌になってしまったときの化粧下地の選び方もご紹介します。自分にぴったりの化粧下地を使って、きれいな肌を手に入れましょう。

Thumbニキビ跡用コンシーラーおすすめランキング!赤みも隠す人気商品は?

ニキビ肌用の化粧下地の選び方

選び方1:化粧下地にカバー力ばかりを追い求めない

ニキビができてしまったときは隠したいためにカバー力ばかりを重視して化粧下地を選びがちですよね。ただし、カバー力だけ高い化粧下地は肌の負担になることがあります。ニキビができたときはカバー力だけでなく肌に優しい化粧下地を選ぶことが大切。肌の負担にならない優しい成分を使った化粧下地を使うようにしましょう。

選び方2:油分を多く含んだ化粧下地はニキビ肌にNG

ニキビ肌になったときは油分の多い化粧下地は避けましょう。油分の多い化粧下地はカバー力がありますが、油分が肌の負担になりニキビを増加させる原因になってしまいます。

選び方3:ニキビ肌に優しくカバー力のあるパウダー系の化粧下地がおすすめ

ニキビ肌になったときにおすすめしたいのがパウダー系の化粧下地。パウダー系の化粧下地は肌への負担が少なく、ニキビ肌でも安心して使うことができます。パウダー系化粧下地の良いところは、自然な仕上がりになること。厚化粧にならず、ナチュラルなメイクを楽しむことができます。リキッド系の化粧下地を使ったときも仕上げにパウダーをのせるとふんわりとしたマシュマロ肌に。

選び方4:ミネラル系の化粧下地には注意を

肌に優しい代表格として数えられるのがミネラル系の化粧下地。天然のミネラル成分を使用し、ニキビ肌でも安心して使えることから人気を集めています。ただし、ミネラルとうたっていてもミネラル以外の成分が含まれている化粧下地もあります。化粧下地を購入するときはどのような成分が含まれているか、表示をしっかり確認しておくと安心。肌にのせたときに違和感を感じたら、使用を中止するようにしましょう。

ニキビ肌におすすめのカバー力抜群のパウダー系化粧下地

レイチェルワイン

まずおすすめしたいパウダー系の化粧下地はレイチェルワイン。肌に優しいミネラルファンデーションです。ニキビの赤みをおさえ、肌をワントーン明るく見せてくれると評判。色は7色揃っているので、肌色にぴったりのカラーを選べるのが嬉しいポイント。何種類かブレンドして自分の肌色に近づけることもできます。付属のブラシはやわらかく、ニキビ肌にも優しい仕上がり。

マットスムースミネラルファンデーション

マットスムースミネラルファンデーションもおすすめ。天然のミネラル成分を使用し、お肌を優しくカバーしてくれます。ふんわりとしたつけ心地でナチュラルに仕上がるのが魅力。

トゥヴェ-ル・ミネラルパウダリーファンデーション

トゥヴェ-ルはヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分を含んでいるのが特徴。メイクをしながらしっかりと肌のケアをすることができます。天然のミネラル成分100%なのも嬉しいポイント。

肌に優しい&カバー力のあるリキッド系の化粧下地

RISOUリペアファンデーション

リキッド系の化粧下地でおすすめしたいのがRISOUリペアファンデーション。お米が原材料となっており、100%天然成分で作られているのでお肌に優しい仕上がりです。美容成分の含まれているので、お肌を優しくケア。少量でもしっかりお肌をカバーし、気になるニキビを隠してくれます。長時間つけてもお肌の負担にならず、肌荒れも改善できると評判。

インテグレート・ミネラルファンデーション

インテグレートのミネラルファンデーションもおすすめしたいアイテム。プチプラなのにお肌に優しく、ニキビ肌をカバーしてくれます。化粧水・乳液・UVケアの効果もあるのが魅力。なめらかなテクスチャーで肌にぴったりと密着。肌馴染みが良く、ナチュラルな肌質へと導いてくれます。かわいらしいハート型のパッケージも良いですね。

ニキビ跡や毛穴のカバー力抜群のコンシーラー

POLAミュゼルスポッツコンシーラー

ニキビ跡や毛穴をしっかり隠したいときはコンシーラーが欠かせません。POLAミュゼルスポッツコンシーラーは保湿成分が配合された肌に優しいアイテム。気になる箇所の赤みをカバーし、ナチュラルな仕上がりを楽しめます。

dプログラム・メディケイテッド・コンシーラーベース

敏感肌でも使えるお肌に優しいコンシーラーベース。肌荒れやニキビを防ぎながらなめらかな肌に仕上げることができます。化粧ノリをよくし、化粧崩れも予防することが可能。

なめらかなテクスチャで塗りやすくなっています。パラペンやアルコールといった肌の負担になる成分は一切不使用。ニキビができたときも心配することなく使えます。

ニキビ肌にメイクをする前の注意点

洗顔をしっかり行い、清潔な肌にする

ニキビができたときはメイク前にもしっかりケアを行うことが大切。まずは余計な油分をオフするために洗顔を行いましょう。ニキビ対策用の洗顔料を使うと効果的です。

しっかり保湿を行う

洗顔後はニキビ対策用の化粧水を使って保湿をします。乾燥肌は皮脂の過剰な分泌につながるので、保湿を行うこともニキビ肌にとっては大事になります。

パフやブラシは清潔に

肌に直接つけるパフやブラシは清潔に保つことが大切。殺菌がついた状態で使うと、ニキビの悪化につながります。ぬるま湯にブラシ用洗剤を入れて、ゆすぐようにして洗いましょう。

洗い終わったら、しっかりと乾かすことも大切。生乾きの状態だと殺菌が繁殖する原因になります。完全に乾いたあとにメイクに使うようにしてくださいね。

ニキビを隠したいときのメイク方法

パウダーファンデーションを使う場合

パウダー系の化粧下地を使う場合は、まずコンシーラーを使ってニキビが気になる箇所をカバーしていきましょう。パウダー系の化粧下地の上にコンシーラーを重ねると、ムラになってしまうからです。

コンシーラーでニキビを隠したら、パウダー系の化粧下地をブラシを使ってのせていきます。肌になじませるようにふんわりとのせていくのがナチュラルに仕上げるポイント。

リキッド系の化粧下地を使う場合

リキッド系の化粧下地を使う場合は、最初に化粧下地を塗ります。全体をカバーできたら、コンシーラーを気になる箇所につけていきましょう。コンシーラーはリキッド系の化粧下地になじみやすいので、この順番で大丈夫です。最後にフェイスパウダーをのせたら、メイクの完了。フェイスパウダーをのせることでナチュラルに見せられるのと同時に化粧もちも良くなります。

コンシーラーはなじませすぎない

コンシーラーを塗ったあとは指で軽くなじませます。ただし、コンシーラーをなじませすぎるとぼやけて意味がなくなってしまうので気をつけましょう。ぽんぽんっと軽くなじませる程度で大丈夫です。

同じ場所に重ねづけしすぎない

コンシーラーをのせた後にまだニキビの赤みが気になるときは、重ねづけせずニキビの周辺にコンシーラーをのせるようにしましょう。周辺にコンシーラーを塗ったらニキビを隠すようになじませます。

コンシーラーを重ねすぎると、その部分だけ浮いて見えてしまいます。赤みは消えたとしても、いかにもコンシーラーを使っている、といった風合いになると意味がないですよね。自然に仕上げるように気をつけましょう。

ニキビができたときに避けておきたいこと

固めのパフやブラシは避ける

固めのパフやブラシは肌を刺激し、ニキビを増やす原因になります。ニキビができたときは柔らかく肌の刺激にならないような化粧ブラシを選ぶようにしましょう。付属のパフやブラシが合わないときは別で買うことをおすすめします。

洗顔はこすりすぎない

洗顔で顔をこすりすぎると肌の負担になります。たっぷりの泡を作り、なでるようにして洗うのがポイント。指を肌につけず、泡だけで洗うようなイメージです。水分をふき取るときもタオルで顔をこすらないように気をつけて下さい。タオルを肌にのせるようにして、優しく水分をとっていきます。洗顔が終わったらすぐに化粧水て保湿しましょう。

ニキビを早く改善できるおすすめ化粧品

ルナメアACスキンコンディショナー

ニキビができてしまったときは、毎日のケアで改善していくことが大切です。ルナメアACスキンコンディショナーは甘草由来の抗炎症作用を活用することでニキビの改善を見込める化粧水。

オルビス薬用クリアローション

ニキビを改善しながら肌のバリア機能を高めてくれるオルビス薬用クリアローション。保湿力が高いので、乾燥しがちなニキビ肌にもぴったりです。

ビーグレン・クレイローション

ニキビの炎症をおさえるグリチルリチン酸を配合した化粧水。毛穴の汚れやニキビ菌を落とす天然クレイも配合することで、なめらかな肌に導いてくれます。

カバー力がある肌に優しい化粧下地でニキビ肌をきれいに見せよう

ニキビができてしまったときは化粧下地の選び方を見直す必要があります。肌に優しく、カバー力もある化粧下地を上手に使ってニキビ肌を改善していきましょう。

ニキビ関連記事

Thumbキャンメイクのコンシーラーがおすすめ!クマもニキビも上手に消える?
Thumb化粧水で毛穴の開き・黒ずみを抑えたい!オイリー肌・大人ニキビへの効果は?
Thumb炭酸水洗顔の効果・やり方!パックにも使えてニキビ跡やアトピーにも効く?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-11 時点

新着一覧