帽子って洗濯機で洗濯できるの?型崩れ防止の手段を調べてみた!

季節関係なくかぶることの多い帽子ですが、実は洗濯できるということご存知でしょうか?帽子も服同様汗を書きやすくなっており、きちんと洗わないと不衛生になってしまいます。そこで今回は帽子を洗濯機で洗っても型崩れしない方法をまとめてみました!

帽子って洗濯機で洗濯できるの?型崩れ防止の手段を調べてみた!

目次

  1. 洗濯機で洗える帽子の素材と洗えない素材とは?
  2. 洗濯機で洗濯する方法とは?
  3. 手洗いするときに用意するものは?
  4. 帽子を手洗いするときの方法は?
  5. 帽子の部分汚れの落とし方は?
  6. 洗濯機や手洗いができない帽子のお手入れ方法♪
  7. 素材別!洗うことできない帽子のお手入れ方法!
  8. 洗濯機や手洗いができる帽子のお手入れ頻度はどのくらい?
  9. 帽子が型崩れを防止するポイントと対処方法♪
  10. 帽子は毎日のケアの積み重ねが大事!
  11. 帽子のお手入れと洗濯方法を知って綺麗な状態を保ちましょう♪

洗濯機で洗える帽子の素材と洗えない素材とは?

それでは、まず、洗濯機で洗濯できる帽子の素材と洗濯できない素材についてご紹介していきます!

洗濯できる帽子の種類☆

主に、洗濯機で洗うことのできる帽子の素材は、多くは幼稚園の帽子や野球帽・キャップなどの帽子になります。キャップや野球帽の中には洗濯できないものもありますので洗う前に洗濯表示を確認してくださいね!

洗濯できない帽子の種類☆

次に洗濯できない帽子の種類は、麦わら帽子・ウールできている毛糸の帽子・フェルト素材の帽子などになります。毛糸の帽子は帽子によっては洗濯できるものもあります。

洗濯機で洗濯する方法とは?

では、実際洗濯機で洗うときはどのように洗うといいのか洗い方をご紹介していきます!

1.帽子の汚れをぬるま湯で落としていきます。

いきなり洗濯機で洗濯するのは汚れが落ちないこともありますのでまずは、部分汚れをぬるま湯などで揉みながらおとしていきます。ぬるま湯で落ちない場合は中性洗剤を使って落としていきます。

2.大き目の洗濯ネットに入れます。

部分汚れを落とし終わったら、小さめだと型崩れしてしまうので、大き目の洗濯ネットに入れます。帽子を入れるときは型崩れ防止のためにおりたたまずそのままの形を整えていれるようにしましょう!

3.手洗いコースで洗濯を行います。

洗濯ネットに入れ終わったら、洗濯機に入れます。この時通常コースだと水流が結構ありますので、なるべく水流の少ない”ドライコース”か”手洗いコース”を選んでくださいね!

4.形を整えて干します。

洗い終えたら、バスタオルなどを押し当てて水分を取り除きます。取り除いたら、形を整えて日陰の平らなところに干します。すぐ乾く素材のものなら洗濯ばさみではさんでもOKですが、乾きにくいキャップや野球帽などは洗濯ばさみのあとがついてしまいますのであて布などをして挟むようにしましょう♪

手洗いするときに用意するものは?

では、次に手洗い洗濯をする前に、ご用意するものをご紹介していきます!

1.洗面器もしくは洗面台

洗面台があれば洗面台に水をためて洗うことができますが、住宅事情によっては洗面台が無いところもあると思いますので、そういう時は帽子が入るくらいの洗面器を用意しましょう!

2.中性洗剤

ここで使う中性洗剤は台所のではなくて、おしゃれ着専用の洗剤を選ぶようにしましょう☆

3.大きめなタオル

帽子の水を切るのに使用しますので、帽子がすっぽり入るようなタオルの大きさを選びます。

4.ザル

帽子を乾かすときに型崩れを防止するために使用します。無い場合は、タオルや洗濯ネットを使ってもOKです!

帽子を手洗いするときの方法は?

それでは、帽子の手洗いの方法をご紹介していきます!

1.洗剤液を作り、帽子を洗っていきます。

洗濯液に帽子を入れ、優しく押し洗いをします。

洗面器やバケツに洗剤液を作りその中に帽子を入れていきます。この時、力をいれすぎてキャップや野球帽などのツバの部分が折れてしまわないように気をつけましょう!内側が結構汚れがたまりやすいので念入りに洗うようにしましょう!

2.すすぎ洗いをしていきます。

汚れが落ちたら、すすぎ洗いをしていきます。この時、水を取り替えて押し洗いをし完全に洗剤がなくなるまですすいでいきます。洗剤が残ってしまうと帽子の生地が傷んでしまいます。

3..タオルで帽子をくるみ、水分を吸収させます。

全体をタオルで包むことで、水分をしっかり吸収することができます。

間違っても雑巾見たく帽子を絞らないようにしましょう。絞ってしまうと形崩れの原因にもなってしまいます。

4.ザルに帽子をかぶせて乾燥させます。

水気が切れたら、帽子をざるにかぶせて、平らか風通しのいいところで陰干しをして干します。ざるが無い場合はざるが置けない場合は、新聞紙やタオルなどをつめて形を整えて乾かしましょう。

帽子の部分汚れの落とし方は?

では、帽子の気になる部分汚れの落とし方をご紹介してきます。

そこまでひどくない汚れ。

キャップや野球帽であれば、ツバの部分、他の帽子ならスベリの部分が結構汚れてしまいます。軽い皮脂汚れや汗なら、中性洗剤で洗剤液を作りそれをタオルにつけてそれで帽子を拭きます。あとは水拭きすればOKです!

頑固な汚れ。

汚れがひどい場合は、市販のベンジンを使います。

キャップや野球帽に多いひどい汗の汚れにはホームセンターなどに売っている”ベンジン”を使います。このベンジンはスーツや着物などのシミ取りに使われています。ベンジンをタオルにつけて叩いて汚れをタオルに移します。その後は塗らしたタオルでふき取ってOKです。

Thumb帽子・キャップの正しい洗い方!汗染みを瞬時に落とす方法を調査!

洗濯機や手洗いができない帽子のお手入れ方法♪

それでは、洗濯機や手洗うができない帽子のお手入れ方法をご紹介していきます。

1.ブラッシングなどで綺麗にホコリを落としてケアをします。

洗うことのできないウールやレーザーなどの素材の帽子は、まず、防止についたほこりを取っていきます。この時ガムテープを使うことが多いと思いますがテープ粘着残ってしまって、余計にホコリがつきやすくなってしまいますので、ブラッシッグなどでホコリを落とすようにしましょう♪

2.スベリの部分をタオルで拭いていきます。

ホコリがきれいになくなったら、帽子の裏側にある”スベリ”と呼ばれる部分を固く絞ったタオルで拭いていきます。この部分は汗や皮脂がついていて一番汚い部分といわれていますので念入りに拭きましょう!

3.風通しのいいところに干して乾燥させます。

拭き終わったら、帽子の中に新聞紙やタオルなどをつめて、形を整えて、風通しのよいところで乾燥させます。においが気になる場合は消臭スプレーなどを帽子の内側からかけてしっかりと乾燥させてください。

素材別!洗うことできない帽子のお手入れ方法!

それでは、洗うことのできない帽子のお手入れの方法をご紹介してきます。

1.ラフイア素材

麦わら帽子のような素材を使用した帽子は、水に弱い欠点があります。なので水で拭くのは危険なので、紙を敷いた上に帽子を置きその上から重曹を振りかけて1時間ほどしてから重曹を払い、防虫剤もしくは重曹と一緒に保管するようにしてください。

2.フェルト素材の帽子

フェルト素材の帽子は、やさしい印象がある一方でほこりがつきやすくなってしまいます。なので、こまめにブラッシングをするようにしましょう!ブラッシングをするときは毛の流れに沿って行うようにしましょう!フェルトも水に弱いので注意しましょう!軽い汚れは消しゴムが効果あるそうですよ!

3.ウール素材の帽子

ニット帽などによく使われるウールですが、ウール帽子によっては手洗いができたりできなかった利するものもあると思います。洗濯できるものはやさしく手洗いしましょう。また、ウールはどうしても毛玉ができやすくなっています。なので毛玉防止のために柔軟剤を使うといいですよ!

4.スカラハット

日焼け防止に人気のあるスカラハットですが、綿素材でできていますが手洗いすることができません。なので、ブラッシングでホコリをおとしキャンバス専用のクリーナーでやさしく汚れをふき取るようにしましょう!

洗濯機や手洗いができる帽子のお手入れ頻度はどのくらい?

それでは、洗濯機で洗える帽子と洗えない防止どのくらいの頻度で洗うといいのかご紹介していきます。

洗濯できる帽子の頻度はかぶっている頻度や季節で変わってきます。

洗濯機で洗濯できる防止の場合は、汗を吸収しやすい素材になっていると思います。もし毎日同じ帽子をかぶっているのであれば、暑い時期なら週1、そこまで暑い時期でなければ2週間に1回の頻度で洗うようにしましょう!

洗濯できない帽子は汚れで判断しましょう!

逆に洗濯できない、ウールなどの素材でできた帽子は汚れさえそこまで目だっていなければ頻繁に洗わなくてもOKになっています。ただ、夏は汗を書きやすい時期になっていますので使用後はタオルなどで乾拭きをし乾かすお手入れをするようにしましょう♪

帽子が型崩れを防止するポイントと対処方法♪

では、今度は型崩れを防止するポイントと対処方法をご紹介していきます!

1.ザルを使って型崩れを防止する!

ザルはちょうど帽子をかぶせるのに適している形になっています。帽子をザルにかぶせて手洗いのときに洗っても洗いやすいですし、通気性もいいので乾かしやすくなっています。家にあるザルを使ってもいいと思いますが、帽子用に1つ用意してもいいと思いますよ!

2.洗濯機で洗うときは脱水を使わないようにする!

どうしても脱水をすると、帽子によっては型崩れしてしまうものもあります。型崩れを防止するのであるのであれば、脱水はせずタオルで水分を吸収し、時間をかけて乾燥させるようにしましょう。また、型崩れしやすいデリケートな帽子は洗濯ばさみでつるさず、平らな場所で乾燥させるようにしましょう!

3.くしゃくしゃになったら、アイロンでしわを伸ばしましょう!

もし、洗濯後くしゃくしゃになってしまったら、アイロンとのりでしわを伸ばすようにしましょう。ただ、この方法は野球帽やキャップのみにできる方法になってます。また、帽子によってはアイロンをかけることでテカったり、変色してしまうことがありますのであて布やアイロンの当てすぎには十分気をつけましょう!

帽子は毎日のケアの積み重ねが大事!

では、最後に毎日のお手入れの方法をご紹介していきます。

1.かぶって脱ぐ度にブラッシングをする。

帽子を毎日かぶる人もいると思います。毎日かぶるということは当然ホコリもつくということになります。なので家に帰ってきたらブラッシングをしホコリごみを払うようにしましょう♪ホコリがついたままだと頭皮や肌にも負担をかけてしまいます。

2.除菌スプレーで臭いを防止しよう♪

布用スプレーなどの除菌スプレーを脱ぐ度にし、臭いを防ぐようにしましょう!また、スプレーしたまま乾燥させないとカビが生えてしまいますのでスプレーをしたら、風通しのいいところか平らなところできちんと乾燥させましょう!

帽子のお手入れと洗濯方法を知って綺麗な状態を保ちましょう♪

帽子にはキャップ・野球帽・ウール素材・フェルト・綿素材など種類も様々あります。帽子それぞれお手入れ方法も洗濯手順・洗濯の仕方も違ってきます。洗濯方法を知ることが大事な帽子を長持ちさせる秘訣だと思いますので正しいお手入れ方法を知って帽子を綺麗な状態を保ちましょう!

帽子関連記事

Thumbフェスは帽子を被るのがおすすめ!レディースのおしゃれな帽子を紹介!
Thumb新生児の帽子の選び方!機能性・サイズ・素材から人気のおすすめまとめ
Thumb帽子の収納術!アイデアひとつで100均アイテムもおしゃれに?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧