入籍の手続きの必要書類まとめ!手続きの流れ・方法、注意点も紹介

入籍の手続きに必要書類って何ですか?カップルが恋愛とは違い結婚したら必要書類の手順があるって本当ですか?婚姻届と入籍は一緒?1枚の婚姻届で戸籍が作るなど普段なじみのないことが結婚したら起こります。公的な手続きに必要な書類や流れ、注意点などの概略を紹介します。

入籍の手続きの必要書類まとめ!手続きの流れ・方法、注意点も紹介

目次

  1. 結婚の手続きあるの?入籍って?
  2. 結婚したら入籍の手続きってどんなことですか?
  3. 入籍の手続きって?
  4. 入籍の手続きの流れは?
  5. 入籍の手続きの受理は
  6. 結婚の入籍に必要な入籍書類って?
  7. 入籍の必要書類の記入の注意点は?
  8. 新婚旅行は海外ですか?パスポートの手配はOK?必要書類は?
  9. 結婚でその他の必要書類とは?
  10. 結婚で入籍に必要書類あれこれのまとめ

結婚の手続きあるの?入籍って?

確かに、結婚は二人のことですが、婚姻届の提出により公的に結婚の成立します。

たった1枚のこの婚姻届の市役所、区役所に提出がこれだけの重みがあります。

結婚は恋愛のカップルなどが夫婦になることですが、公での法律の認証には自らの婚姻の届けが必要です。

夫婦の場合は、いずれかの籍にどちらかが籍を移籍しなければ、法律上の夫婦として認められません。

無論、移籍した人の旧戸籍は除籍です。

近年は、このようなかわいらしい婚姻届の証書が考案されています。

Thumb結婚報告・入籍報告の基礎知識・ルールまとめ!親・会社・上司にはどうする?

結婚したら入籍の手続きってどんなことですか?

戸籍謄本と入籍

戸籍は、個々人の直系親族の関係が記される公証の台帳です。戸籍が書き換えられるのは、子どもの誕生、結婚して新しい戸籍を子どもが作るとき、無論その人が亡くなったとき、子どもを他家からもらって自分の子どもとして籍に入れるいわゆる養子縁組が成り立ったときなどの出来事も記録されます。ただし、職業や住所の記入はされません。

戸籍の記載事項

結婚の場合、何処の誰が、何処の誰といつ結婚届をしたか、本籍をどこと決定して届けたかが、明確に記載されています。

誕生の時も誕生の日と両親との間の関係、性別も届け人が誰かも記載されます。

戸籍の記載が家単位から夫婦・子ども単位へ

かっては、戸籍は家単位で作成されていました。現在の法律では、夫婦とその子どもが戸籍の単位で作成されます。

結婚すると、どちらも親の戸籍から除籍され、新戸籍が作成されます。郵送の受け付けもありますが、窓口に電話し、必要書類、同封物等の指示を受けましょう。

入籍の必要性

「無国籍の日本人」という言葉を聞いたこともあると思いますが、戸籍謄本の登録がなければ、日本国籍も取得できません。結婚で戸籍の入籍をしなければ、恋愛と同じ単なる私的なことで、法律的効力は伴いません。後々のこともあるので、結婚したら、入籍の手続きをしましょう。

入籍の手続きって?

入籍は、結婚、出生、養子縁組などによって、戸籍簿の籍に入ることを意味します。注意点は、入籍届と婚姻届けは、意味合いが異なることです。

「入籍届」の場合、離婚した夫婦の子どもの籍の移籍、再婚の場合、相手との相続等の権利や義務を生ずる養子縁組はしないが、再婚相手と同じ苗字を名乗るために戸籍に入るときの届出をいい、「婚姻届」とは全く違います。

入籍の手続きの流れは?

一般的に、結婚したら、公の認証を得るために婚姻届けをしなければなりません。結婚届は、公的な婚姻届の用紙を区役所や市役所から受け取ります。

婚姻届で提出時に、夫婦が同じ氏で、新しい本籍を作ります。注意点として夫の氏を名乗か、妻の氏を名乗るのかはっきりと決めておかなければいけません。婚姻届が受理された後の変更はよほどのことがない限りできないことです。夫の氏を名乗れば夫が戸籍筆頭者になります。

婚姻届の新本籍は未記載のままです。本籍は、戸籍筆頭者が転籍届を提出し、本籍地を変更してから婚姻届を提出するが、手続きがスムーズにいきます。戸籍筆頭者が妻の場合も同じです。

入籍の手続きの受理は

婚姻届の受理の日が入籍日

婚姻届を提出し、間違いがなければその時に受理され、入籍日がこの日になり、法律の効力が発生します。つまり、入籍日は婚姻届が受理された日となります。入籍で恋愛とはおさらばです。

婚姻届を提出先は?提出はいつでも可能?

婚姻届の必要書類の提出は、カップルのいずれかの本籍地か新婚生活を始める住所が一般に使われます。必要書類の提出は、市役所・区役所の他に出張所でも受け付けてもらえます。婚姻届の必要書類は365日24時間申請ができるのですが、注意点は記載の漏れや間違いなどの不備があってはならないことです。

記載の点検して確かめてもらい、間違いない記入の届出なければ、再度の煩わしさが起こります。この点、窓口が利用できる時間帯に必要書類の提出すれば、その場で確認してもらえ、提出ができる利点があります。

結婚の入籍に必要な入籍書類って?

結婚による入籍の手続きに必要書類は何が必要ですか。結婚しただけでは終わらないのですね。そうです。結婚の公の入籍の手続きが厄介ですね。

戸籍謄本は、遠隔の場合、郵送で依頼することもできます。依頼先の役所に電話して、必要書類や手数料などの指示を受け、早めに依頼しましょう。

結婚の入籍の手続きに必要書類は?

入籍手続きに必要書類は、婚姻届(全国共通の用紙は何処の役所で貰えます。)、戸籍謄本または戸籍抄本(この写しには手数料が必要で、各役所へ手数料の額は尋ねてください)、印鑑と手数料の4点です。

結婚の入籍で揃える必要書類に印鑑も必要って?

印鑑を押す押印の意味は本人の認めを意味のためです。結婚して入籍の手続の必要書類の婚姻届に押印する印鑑は、シャチハタ以外の種類の印鑑ならば、結婚前の氏の印鑑で押印できます。

婚姻届は成人の2名の承認があるため、三文判といわれる印鑑でも通用します。結婚の機に実印を結婚前に結婚後の氏の印を作っておくと便利です。

入籍の必要書類の記入の注意点は?

結婚で必要書類の婚姻届の流れでは提出日が婚姻の届出日となります。注意点として、問題なければ、希望の日があれば届出日にすることもできるようです。

氏名欄は氏名・生年月日を記入します。氏名欄と住所欄の記載の注意点は結婚前の氏名と住所ですが、指名は戸籍に記載されている正式登録で記載します。もし、旧字体を新字体の変更を希望ならば、婚姻届申請で変更することもできます。これも注意点と言えましょう。本籍欄は、結婚前の登録されている住所と筆頭者を記入します。筆頭者とは、例えば誕生した時に戸籍謄本に登録を申し出た人です。

また、父母の氏名と続柄には、両親が揃っている場合は父親の氏名を、どちらか一方の親の場合はその親の氏名を、両親が死亡の場合は父親の氏名を記入し、続柄には長女、次男(次男は弐か二を使用して弐男か二男で記入)などの子どもの生れたの順と男女を書きます。

結婚を機に親の戸籍から離れ、新しい戸籍を作ることになります。この住所は、結婚後の氏の意思表示と登録する本籍を記入します。結婚後の氏が筆頭者になります。本籍は概ね双方の両親の戸籍の住所か新居の住所です。

同居を始めたとき欄には、注意点として同居を始めた日か結婚した日の早い日を記入します。また、まだ同居していない場合は空欄にします。夫婦の職業欄は窓口にある職業分類表を参考にしましょう。届出人署名押印欄は、注意点として旧姓と旧姓の印鑑を使用します。印鑑は三文判でOKです。また、連絡先も記入が必要です。

承認欄には20歳以上の2名の署名・押印生年月日・住所・本籍を書いてもらいましょう。結婚の認めとして、2名の人に予め記入を依頼することも注意点です。婚姻届の必要書類の記載を間違えないように。

新婚旅行は海外ですか?パスポートの手配はOK?必要書類は?

パスポートは海外旅行の遅くとも2週間前までに申請を

新婚旅行を海外に考えているならば、パスポートの手配は済みましたか。まだならば、パスポートの手続きも必要で、できれば、遅くとも海外旅行に出かける2・3週間前までには申請をおえるようにしましょう。多分、旅行会社に旅行の件を依頼していればパスポートの話はあるでしょう。

パスポート申請は結婚前に婚姻届提出の流れになるよ!

パスポートの準備のための流れとして、婚姻届は結婚前に必要書類の手続きが必要です。まずは、戸籍謄本の準備、婚姻届の記入と承認2名の記入と押印、移転があれば住民票の転出・転入の手続きです。

パスポート申請に必要書類は?

婚姻届の必要書類の手続きが完了したら、一般旅行発注申請書1通、戸籍謄本か戸籍抄本1通、住民票1通、6か月以内の証明書写真1葉、本人確認証、旅券発行の手数料の収入印紙(年齢とパスポートの有効期間で金額が違います)を揃えて提出します。

パスポートの申請書は、国内ならば窓口にて受け取りになります。国外での申請は、このシステムが使用できます。詳しくは、外務省のホームページを閲覧しては如何でしょう。

結婚でその他の必要書類とは?

結婚前に揃えておきたい会社提出などの公的な必要書類

会社での結婚の報告流れは、まず直属の上司に報告し、事務担当に報告しなければなりません。各企業の規定に基づいた手続きの必要書類の提出が依頼されるでしょう。必要書類の一式を結婚前に揃えてもらい、結婚は恋愛とは違いますので期限までに提出するようにしましょう。

恋愛と違い結婚の入籍の流れでは、公的機関の届出も必要です。転出届、転入届、印鑑登録の手続き、パスポートの変更、車の住所・氏名変更登録、運転免許証の変更、年金関連の手続き、公的医療保険関連の手続きがあります。

この中で、転出・転入届、印鑑登録、パスポート・車・運転免許の諸手続きは当人が必要書類で申請します。

その他については会社の事務担当が必要書類の記載をすれば代理で手続きをしてくれるはずですので、確かめてください。

結婚の入籍で必要書類に金融機関などもある

恋愛の時は個人の名義のままでよくても苗字が変わり変更を必要とする諸手続きの流れと必要書類を結婚前からリストアップし、できることから結婚前から一つずつ片付けていきましょう。

例えば、預金通帳、クレジットカード、生命保険などは連絡先も名義変更も必要となります。また、電気・水道・通信料・電話代などの公共料金は、住居の変更による解約の手続きも必要で、支払いするカードか金融機関の変更があればその旨を使えることが必要です。郵便物は、転送届を出向きやすい郵便局に提出しておきましょう。

結婚で入籍に必要書類あれこれのまとめ

結婚の入籍に必要書類の提出はとかく、普段のことと異なり少々手間に思われるかもしれませんが、恋愛と違って婚姻届とともに公的な立場として、会社やその他の関連の事業所や証明書を意味する運転免許はじめとする手続きが必要です。慌ただしい結婚式までの日々に合間を見つけて一つ一つ片付け、結婚式当日、結婚後の生活の負担を軽減することが賢明でしょう。

入籍関連記事

Thumb結婚すると幸せになれるの?結婚して幸せになる女性の特徴や条件は?
Thumb結婚記念日っていつがいいの?挙式した日?それとも入籍した日?
Thumb入籍日の決め方マニュアル!おすすめの選び方や2017年縁起の良い日を紹介
Thumb入籍後の大事な手続きまとめ!住民票、免許証、パスポートなどの手続きは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-21 時点

新着一覧