プレゼンのコツを徹底解説!上手な資料作成や話し方のポイントは?

あのプレゼンが無ければ”幻”になっていたかもしれない東京オリンピック。記憶に残っている方も多いはずです。あのような大きな場面でなくとも、仕事においてプレゼンは重要です。そんなプレゼンもコツをつかめば怖くありません。才能ではなくコツを見つけてください。

プレゼンのコツを徹底解説!上手な資料作成や話し方のポイントは?

目次

  1. プレゼンのコツ”心をつかむ”とは、どうすればいいの?
  2. プレゼンは”退屈させない”が大きなコツです
  3. 惹きつける話し方ができれば、プレゼンのコツもつかめ楽しくなる!
  4. プレゼンを成功に導くには”明確で目にインパクト”がコツです
  5. メリットが生むメリットまで計算してこそがプレゼンを成功させるコツです
  6. プレゼンのコツが夫婦円満につながり、プレゼンも勝ち取ることができます

プレゼンのコツ”心をつかむ”とは、どうすればいいの?

プレゼン会場は、アウェイ会場なのです

プレゼン会場は、はっきり言ってアウェイです。その敵陣の中で、いかに敵の心をつかむかが、プレゼンには大事コツなのです。

敵地でのプレゼンに何が必要なんでしょうか?

その中でのプレゼンのコツとは、”好奇心をそそる”ということです。展開を期待させるような、自分の体験談を打ち明ける。または、質問を投げかけながら一緒に参加してもらう。日ごろの暮らしの中の出来事から共感してもらえそうな話題を取り入れる。そのように、まずは心をつかむまで行かなくとも、耳を傾けてもらうことが重要なのです。わかりきっていることを、言っても心はつかめません。

敵から敵でないに格上げが大事なのです

まずは、敵と言う立場から、敵ではないという立場に感じていただく、もちろん同士、同志までたどり着ければ良いのですが、そこまでは非常に厳しい道のりです。しかし、ここを乗り越えないとプレゼンのコツはつかめないのです。

プレゼンは”退屈させない”が大きなコツです

たくさんの情報ではなく、あっという間のプレゼンを心がけましょう

プレゼンですから、伝えたいことはいっぱいあります。それも限られた時間です。しかし”情報量の多さ=魅力がある”では、ありません。そのプレゼンを長く感じさせないのが、退屈させないコツと言えます。

大事な”間”の使い方がプレゼンのコツとなります

プレゼンも資料も間(ま)余白が大事なのです。この間(ま)の部分にスライドや説明を入れ補うのです。それこそコツの1つです。例えば、プレゼン資料は数字を大きく載せ、スライドでは裏付けるグラフと推移を強調し作成します。そしてその傾向や原因などをプレゼンで説明するのです。3つを上手に使い、聞き手を退屈させないのがコツと言えます。

視線を動かすことが退屈しないコツなんです

同じところに目線を固定しないプレゼンを心がけるのです。資料ばかり眺めていても、退屈になる場合もあります。スライドばかりでも同じことが言えます。その為、退屈させないように、資料やスライドなど同じところばかりに視線を固定しないように意識することもコツと言えます。それも、プレゼンの大きなコツです。

惹きつける話し方ができれば、プレゼンのコツもつかめ楽しくなる!

暮らしの中に”伝える”を意識します

プレゼンの話し方にも工夫が必要です。日ごろの暮らしの中では、話し方を意識したことが有りますか?なかなか、思っていることも伝えるのが苦手な日本人です。もっと暮らしの中で思いを伝えたりする話し方を身につけるのがコツにつながります。

努力で手に入るプレゼンの大きなコツもあるんです

プレゼンでは、情熱的に、大きなジェスチャーを交える話し方、強調するなど単調にならない話し方のコツも大事です。他にも、間を取りながら目力を使ってみるのもコツです。この話し方は、努力次第で、かなり成果の出るコツとも言えます。

スライドに合わせて、目力を巧みに使い資料説明することは、分かりやすさと圧倒的な存在感が生まれます。確かに惹かれる話し方は、簡単ではありません。しかし、努力次第では手に入るかもしれません。このコツは自分で研究することにあるかもしれません。

プレゼンに雑音は厳禁です

プレゼンには、注意することが有ります。それは、話の中の雑音はなくすことが重要です。雑音とは、”え~っと”とか”あの~”というものです。何度も、緊張すると知らず知らず口に出してしまうこともあります。しかし、聞く側にとって不快な雑音と言えます。コツをつかむ前に、直さなくてはいけません。

Thumbスティーブ・ジョブズから学ぶプレゼン術(動画有)おすすめのプレゼン本も紹介!

プレゼンを成功に導くには”明確で目にインパクト”がコツです

プレゼン資料は”目からのインパクト”を与えましょう

プレゼン資料を明確作成するのもコツです。また、全てを記載した資料もお勧めしません。なぜなら、プレゼンの意味がなくなるからです。プレゼン資料は、あくまでも目からインパクトを与えるのが目的です。

その為一色刷りの資料を作成しても、逆に色鮮やかすぎる落ち着きのない資料を作成しても内容のインパクトに欠けます。このように、プレゼン資料を作るうえでのコツもつかまなくてはいけません。もちろん資料などを作成するうえで誤字脱字は論外です。

目に付きやすい数値やメリットを強調してみましょう

資料はメリットや利益数値などを目立つように作成するのがコツです。そのメリット、利益数値はスライドを通して説明するのです。そうすることで、資料にも目を、またスライドや説明にも耳を傾けてくれるはずです。そこにもコツがあります。

メリットが生むメリットまで計算してこそがプレゼンを成功させるコツです

メリットがメリットを生む”連鎖メリット”を使います

プレゼン資料やスライドでメリットを説明することは当然です。会社としての単なる利益だけを伝えても心はつかめません。それ以上にメリットが連鎖的にメリットを生むことを説明することが必要です。一歩突っ込んだメリットを説明することがコツなんです。

具体的で身近なメリットを使い、分かりやすく親しみやすさを強調してください

例えば、社員の負担が減る、会社がクリーンに保てる、休みが取りやすくなるなど、利益意外にも会社や社員に良いことが有ればわかりやすくなります。もちろん、社員の暮らしに変化が訪れるなど具体的にスライドも用いて説明することが、身近に感じてもらえるコツです。単に会社だけでなく、その会社の社員へのメリットも感じてもらうのがコツの一つです。家族旅行なども有給休暇が取りやすくなれば、行きやすくなります。そういう具体性も必要です。

会社としての立場を考える事も重要なプレゼンのコツの1つです

メリットが具体的にわかれば、会社も社員に説明しやすくなります。そこを強調すれば、会社として契約しやすく、導入しやすくなるのです。会社としての立場も考えてみるのもコツと言えます。

Thumb参考文献・出典の書き方まとめ!レポート&論文で使える!【参考資料・画像】

プレゼンのコツが夫婦円満につながり、プレゼンも勝ち取ることができます

暮らしの中で、コツも気が付くかもしれません

プレゼンのコツを説明しましたが、いかがでしたか?このように日ごろから意識して生活の中に取り入れてみることも良いかもしれません。例えば、夫婦間で気持ちを伝えることで、夫婦円満に。子どもの気持ちを考え話すということで、子どもとの距離が縮まる。また、赤ちゃんが泣いていると何がしてほしいのか考えてみる。自分のことしか考えていなかったことに気が付くかもしれません。

これこそプレゼンのコツが暮らしの変化をもたらします

暮らしの中から、プレゼンのコツをつかむことで、暮らしに変化が現れるのです。これこそが、メリットがメリットを生む、連鎖のメリットなのです。プレゼンで何を求められているかがわかれば、プレゼンも勝ち取ることができます。まさしく、メリットがメリットを生んでいます。これこそプレゼンのコツをつかむということかもしれません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-27 時点

新着一覧