ハムストリングの鍛え方・筋トレ方法まとめ!自宅でできる強化トレーニングとは?

ハムストリングって、何?そんな方に、是非、ハムストリング筋トレ効果を体感してほしい!鍛え方さえ、マスターすれば憧れのヒップも夢ではありません。その為にも、正しいハムストリングの鍛え方、筋トレ方法をマスターしてください。あなたのヒップもまだまだ進化しますよ。

ハムストリングの鍛え方・筋トレ方法まとめ!自宅でできる強化トレーニングとは?

目次

  1. 大きな筋肉のハムストリングとは?
  2. 筋肉とは意外な役目がたくさんあります
  3. 筋肉の中の筋肉ハムストリングで瞬発力が目覚めるのです
  4. ハムストリングを鍛えてみましょう
  5. スクワットの正しいトレーニング方法と鍛え方をマスターしましょう
  6. 自宅でのスクワットトレーニングは魅力的です
  7. 自宅でのハムストリングの筋トレや鍛え方には注意する点があります
  8. 鍛え方や筋トレ次第で、時には女らしく、時には男らしく、そして自分らしくなれます
  9. 男も女もここだけは、同じなんです
  10. 筋トレやスクワットなど、負けずに続けるために必要なことはなに?
  11. 最終目標設定を筋トレやトレーニングを始める前に決めておくことが大事です

大きな筋肉のハムストリングとは?

ハムストリングってなに?

太ももの後ろ側にあり、筋肉としては非常に大きな筋肉です。足の付け根辺りから、膝の裏側くらいまで伸びている筋肉です。ちなみに、名前の由来は”もも肉のひも”という元々の意味があります。ハムを作る際に、豚肉をぶら下げます。その時に、豚のハムストリングの腱を紐代わりにしてぶら下げたりすることが由来とされています。そのくらい強靭な腱なのです。

ハムストリングは、3種類の筋肉で構成されています

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半模様筋(はまくようきん)、半腱様筋(はんけんようきん)という3種類で構成されています。他にも、太ももの内側に大内転筋(だいないてんきん)があります。この部分など合わせてハムストリングスと複数形で呼ぶこともあります。

筋肉とは意外な役目がたくさんあります

いったい筋肉ってなんの役に立っているの?

生物が活動できるのは筋肉のおかげなのです。この活動とは、自分の意志とは関係なく心臓を含む多くの臓器や器官を動かすことを指します。まさしく心臓はポンプ役となり血液を全身に止まることなく送り続けています。他にも、胃や腸の消化や排便の蠕動運動(ぜんどううんどう)も、正しく筋肉のおかげなのです。

地球上にいる限り、耐えるしかない筋肉を手助けする

地球上にいる限り、重力の影響は避けられません。重力を感じずに生活していますが、重力に逆らいながら、立ったり座ったりできるのは、筋肉のおかげです。ジャンプなんてまさしく、重力に逆らっているとしか考えられないですよね。そんな筋肉を助けるのが、正しく筋トレなのです。

熱を作り出す筋肉が、私たちに必要なのです

人間は恒温動物です。体温は普通36~37℃位に保たれています。最近では子どもでも35℃台なのには、驚きますが。この熱を生み出しているのが紛れもなく筋肉なのです。肝臓腎臓などの臓器や脂肪も熱を作りますが、筋肉は全体の60%も占めています。

筋肉が熱を生む=エネルギー消費=ダイエットという効果もあります。その為には、鍛え方をマスターして筋肉を成長させなくてはいけません。しかし、鍛え方次第では、大きな効果が期待できそうです。

筋肉の中の筋肉ハムストリングで瞬発力が目覚めるのです

ハムストリングが進む原動力となります

ハムストリングは、特にスポーツ選手には馴染み深い筋肉と言えます。特に走力、瞬発力に力を発揮します。スポーツ選手の筋トレには欠かせない筋肉です。また、特に瞬発力は年齢とともに衰える傾向にあります。その為、ハムストリングを入念に鍛え、トレーニングを行うことで、大きな差が生まれます。鍛え方によっては、スーパーおばあちゃんも夢ではありません。何はともあれ、足を動かす原動力的な筋肉なのです。

陸上選手のハムストリングは驚異的な発達を遂げています

ハムストリングは、通称”ランナー筋”と呼ばれています。ランナー筋と言われているだけあり、陸上選手のハムストリングの発達ぶりには、度肝を抜かれます。地面を蹴って、足を体に引き寄せる動きは、このハムストリングの鍛え方次第で驚異的に速くなります。トレーニングの筋トレを続けることで驚異的な発達を遂げるのです。最近のマラソンブームで始めた方にもおすすめの簡単筋トレもありますよ。

瞬時の動きをスピードアップするのがハムストリングなのです

バスケットボールなどの競技では、膝の屈伸などを使いながら、垂直方向への動き、水平方向の動きなどの瞬発力が求められます。これらの動きを俊敏にするには、ハムストリングを鍛えたり、トレーニングして強化する必要があります。バスケットプレイヤーに憧れるのなら、ハムストリングを意識した筋トレをマスターしてみるのもいいかもしれません。確かに、ダンクシュートなど格好いいですよね。

アクセルであり、ブレーキの役目もしっかりこなすハムストリングはスポーツだけじゃないのです

歩く、走るなど進む動作には、必ずハムストリングが原動力になります。また、ハムストリングは、その速度を上げ、加速させる筋肉でもあります。その他にも、急に方向転換したり、急に止まったりするブレーキの役目もこなしています。

人間の歩く走るという動作を大きく左右するのがハムストリングです。老若男女問わず簡単な鍛え方をマスターして、筋トレを行うことで毎日の健康にも役立ちそうです。健康寿命にも一役買ってくれる鍛え方を試してください。

スポーツだけにとどまらない、女性にとって嬉しいハムストリングを鍛えてみませんか?

筋肉として非常に大きいハムストリング。鍛え方次第では、エネルギー消費が非常にアップします。もちろん代謝が上昇するのです。つまり、痩せやすい体になります。美しいヒップも手に入り、ダイエット効果も抜群なんて夢のようです。スポーツ選手だけが知っているなんてもったいない!あなたも自宅での簡単筋トレで、自慢のヒップをゲットできますよ。自信満々にヒップを意識したデニムで、さっそうに歩いてみませんか?

ハムストリングを鍛えてみましょう

なんて言ってもハムストリングを強化するにはスクワットです!

スクワットは、ハムストリングを鍛え強化するためには、外せない筋トレの代表格です。誰にでも出来る筋トレです。股関節の周りの筋肉を強化してくれます。スポーツジムに通わなくとも、自宅でもどこでも手軽にできるトレーニングです。ひょっとして、スクワット?と思った方もいるかもしれません。しかし、あなどるなかれ!スクワットには、非常に下半身を強化する力があるのです。簡単にできる鍛え方ほど、毎日続けるトレーニングとして大事なのです。鍛え方が難しい=効果が有ると言うわけではありません。確実にマスターし、続けることが大事なんです。

スクワットは、重いウエイトよりも正しくマスターして効果的に行うのが秘訣です!

自宅で音楽を聴きながら、テレビを見ながら気軽にできるスクワットです。正しくトレーニング方法をマスターすれば、下半身を強化する最強のトレーニングとも言えます。特に女性の方は、まず自分の体重だけを使い正しい姿勢でスクワットを行うことを身につけましょう。それだけでも、十分効果が得られます。まずは、簡単に続けられる鍛え方を見つけることが必要です。これも立派な筋トレです。

スクワットの正しいトレーニング方法と鍛え方をマスターしましょう

正しいスクワットは”疲れる前に”行うのがおススメです

スクワットは安定した動作で行います。その為、体が疲れる前の1番目にトレーニングすることがおススメです。ゆったりとリラックスして呼吸を整えて行うことで、最大限の効果が発揮できるのです。そのことで集中して下半身を強化することができます。このスクワットトレーニングは、1セットで15~20回行います。実は、こんな赤ちゃんも本当に立つ練習をしていると、スクワットの様な動きをよくします。本能的にスクワットなどの筋トレをマスターしているのでしょうか。本当に不思議です。

”胸を張って”と言うことが、スクワットの原則です

まず初めに、腕を真っすぐ前に伸ばします。視線はしっかり前を向き胸を張ります。もちろん背すじを”ピン”として伸ばします。足は肩幅くらいか、やや広めくらいです。リラックスですよ。肩に力が入り、肩があがっていませんか?その場合は、先に深呼吸を入れてください。それから始めてください。

”膝とつま先は同じ角度で同じ方向を”このことを意識してケガの無いスクワットを心がけましょう

必ず膝とつま先の方向は、同じでなければいけません。これは、スクワットに限らず、色んなトレーニングやダンスでも運動でも同じことが言えます。本来、膝とつま先の方向が違うというのは、骨の作りなどから考えても無理があります。その為、もし方向が違うと膝をひねったりと故障の原因となってしまいます。毎日続けることが筋トレの基本です。一度無理をすると故障の原因になりますので、気をつけてトレーニングを行いましょう。

”かかとはうかない”が正しいスクワットなのです

スクワットは、やや前傾姿勢で胸を張ります(前傾すぎると腰に負担がかかるので注意が必要です)。かかとはつけたまま膝からではなく、腰から曲げて体を沈めていきます。この時、息はゆっくり吸い込んでください。必ず、かかとは地面についたままです。浮かせてはいけません。浮かすと自然に足関節が曲がってしまいます。これではトレーニングの効果が薄れます。トレーニングなどは、必ず意識が大事になります。どこに効果が有るのかなど、その都度意識することで効果も大きく異なります。

”重心は後ろ目に”を意識して、ゆっくりとスクワットを行いましょう

胸を張りつつも、お尻を少し突き出すような体勢です。重心は少し後ろ目にします。腰を直角まで落とし、膝を曲げます。この曲げた膝がつま先よりも前に出てはいけません。前に出すぎると、膝や腰を痛める原因となります。ゆっくり呼吸も意識しながら行います。筋トレでは呼吸も大事になってきます。心の余裕もトレーニングには必要なのです。慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、大丈夫です。筋トレや鍛え方には、こだわって徹底的にマスターしてください。

太ももは”床と平行に”まで、確認しながら行ってください

太ももが床と平行になるところまで、膝を曲げます。深ければ深いほど良いというものでは、ありません。あくまでも太ももが床と平行です。そこを必ず意識して守ってください。トレーニングは意識しながら行うと効果も上がり、トレーニング強化にもつながります。強化したい筋肉や鍛え方などをイメージしながら筋トレしてみてください。

”呼吸に合わせてゆっくりと”行います

スクワットは、胸を張ったままゆっくり戻ってください。戻るときは息を吐きながら、ゆっくり元の体勢に戻ります。もとの体勢に立ち上がった時、完全に膝をピンと伸ばし切らない方が膝を痛めません。また、急いで戻らないようにしましょう。膝を痛める原因となってしまいます。何事もゆったりと精神的に落ち着いた状態が、筋トレやトレーニングには必要です。落ち着て行うことでケガも少なくなります。

自宅でのスクワットトレーニングは魅力的です

自宅でこっそり、誰にも見られずにできる筋トレ、噂になるかもしれません!

スクワットなどの筋トレ、トレーニングは、人には見られなくない、知られたくないという方には、やはり自宅でのトレーニングがおススメです。自宅でも、きちんとしたトレーニング方法をマスターすれば、大丈夫!”いつの間にか、綺麗になった”と会社や学校で噂になるかもしれません。また、旦那様からも”綺麗になった”と言われるかもしれませんよ。

好きな時に、好きな音楽に乗って筋トレなんてリラックスモード全開です

自宅で気軽に、スクワットのトレーニング強化なんてできないと考える方も多いのかもしれません。そんなことはありません。逆に、好きな時間に好きな音楽を聴きながら、リラックスモードで効率よくヒップアップなど強化することも出来ます。音楽を聴くことで、かなりのリラックスモードが得られます。レゲトン?ヒップホップ?それとも演歌もありかもしれません。そこは自分だけの領域です。あなただけの筋トレ空間、鍛え方さえ間違っていなければ自由自在です。

夫婦の共通の筋トレ、スクワットなんて”おしどり夫婦”にピッタリです

一人なら続かない人も、夫婦など家族でスクワットトレーニングをしてみるのも、良いかもしれません。筋トレが楽しみながらできます。この方法でもリラックス効果があり、ストレスなくトレーニングが続けられます。時には、家族でテレビを見ながら、家族団らんの場となります。自宅ならではの強化トレーニングと言えます。家族で効果を競い合ってもいいかもしれません。ただし加熱しすぎはいけません。ひょっとして、家族会議のテーマが”筋トレ”や”鍛え方”なんて日もあるかもしれませんよ。

お金をかけずにハムストリングを鍛えることができます

スポーツジムに行くと、誰かに見てもらう事や、教えてもらったりと良いことも沢山あります。鍛え方のアドバイスをもらいながら、筋トレやトレーニングなどハムストリングを正しく鍛えることができます。しかしながら、毎月の会費がかかります。無理なく続けたいのであれば、金銭的な心配のないご自宅でも効果は十分あります。無理なく続けるのが筋トレには必要なのです。誰にでも出来る筋トレ最強のスクワットですから。

自宅でのハムストリングの筋トレや鍛え方には注意する点があります

自宅では誰もトレーニング方法を教えてくれません。鍛え方をチェックして正しい筋トレを心がけましょう

スポーツジムなら、誰かにアドバイスや指導を受けることができます。しかしながら、自宅ではそうもいきません。いくら自分では自信が有ろうとも、間違った方法の筋トレやトレーニングであれば、効果は出なかったり半減したりします。また、最悪の場合は、膝や腰などを痛めてしまう可能性があります。

時には、自宅でのトレーニングや鍛え方を鏡や目で確認してもらうことも大事です

自宅でのトレーニングは、自分の姿が見れないなどのデメリットもあります。人に見てもらわない分、自分自身で全身を見ながら、ハムストリングをきちんと強化するトレーニングや筋トレが本当にできているのか確かめる必要があります。その為には、自宅の場合は、家族を巻き込んで、きちんとできているかをチェックしてもらう必要があります。もちろん全身が映せる鏡が有れば、鏡を見ながらホームの確認を心がけましょう。それだけで、筋トレ意識が変わります。

一人ぼっちでは、なかなか・・・続かない筋トレやスクワットというデメリットもあります

ハムストリングやその他の筋肉もそうですが、毎日スクワットなどの筋トレやトレーニングを続ける必要があります。続けるとなると、自宅だと誰にも見られていない分、さぼっちゃうんです。1日さぼると、徐々にさぼる間隔が、短くなってきます。自分に甘いのが人間ですから、仕方が無いと言えば仕方が無いのですが。その場合は、やった日をカレンダーに、スマホにしるしをつけていくのも目に見えるので効果が有るかもしれません。

鍛え方や筋トレ次第で、時には女らしく、時には男らしく、そして自分らしくなれます

筋肉を鍛える意味が最初から違うのです

確かに、男女平等になってきていると言えども、やはり男女は異なる点がたくさんあります。当然ですが。その中でも、筋肉量もかなり違います。その為、基本のスクワットなどは、同じですが、ハムストリングを鍛える意味が違ったりします。もちろん、同じ志で考えている方もいます。色んな目的、目標で行えるのも、筋トレなのです。その目的に合わせて、鍛え方は同じでも内容を変えることで、なりたい自分に近づけます。

男らしくなりたい!筋トレ、鍛え方次第で自信をつけたいと思うのが男性に多いのです

やはり男性にとっての筋トレは、男性らしい体になりたい!という気持ちの表れが多いのかもしれません。筋肉質の体に憧れがあるのでしょう。鍛え方次第では、ムキムキも夢ではありません。そして、自分自身も男としての自信を持つことが目的なのです。

女らしい体を手に入れたいと考えるのが多いのです

女性の方は、全員ではありませんが、ムキムキになりたいと思っているわけではありません。ハムストリングを鍛えることで、美しいヒップになります。女性はヒップも気にしています。自分では見えませんが、年齢とともにヒップは垂れ下がっていきます。それこそ、重力に負けてしまうのです。そこで出番です。筋肉が重力に逆らってヒップをあげるのです。その為には、筋トレ、スクワットなどのトレーニングが欠かせません。鍛え方で重力にも耐えてくれる筋肉を応援せねばなりません。女性に多いのもわかります。女性の美に対するこだわりは、凄いのです。

女性は鍛え方よりも効果に欲張りなのです

ハムストリングの鍛え方次第で、痩せやすい体を手に入れることができます。ダイエットと言うわけです。これは、女性には”永遠のテーマ”なのです。美しいヒップだけでは満足できないのです。女性はなんと言っても欲張りなのです。それには、男性もうなずいているかもしれません。いえいえ、女性は欲張りではなく、合理的なのです。

男も女もここだけは、同じなんです

”もてたい”という気持ちは、男女ともに共通しているようです。野生の本能と言ったところでしょうか。自己満足だけではなく、自分が身につけた美しい体や自信を武器にするのです。本能には、勝てません。生物としての本能なのでしょうか。

筋トレやスクワットなど、負けずに続けるために必要なことはなに?

初めの第一歩は筋肉痛から来ます

確かに避けて通れないのが筋肉痛です。すべての人が筋肉痛になるわけではありません。普段の生活で筋肉を使っている方などは、筋肉痛になりにくいようです。しかし、筋肉痛は筋肉が成長するうえでの過程において起こるものです。きちんとその部分に効果が有るという証拠とも言えます。だから、我慢です。でもいつまでも何度もあるわけではありません。安心してください。筋トレを頑張った証拠と感じてください。

筋肉痛が無い場合は、効果が無いの?鍛え方を、見直してみましょう

筋肉通が無いと、確かに不安になりますよね。でも先ほど言ったように全員が筋肉痛を味わう訳ではありません。鈍いだるさだけで終わる方もいます。気が付かないほどの軽いものもあります。しかし、人によっては筋トレやトレーニング方法が間違っている場合もあります。全く筋肉痛が無い場合は、一度鍛え方などを見直してみてください。誤った筋トレでは効果を得られません。何事も見直すことは大事な作業です。この際、色んなことを見直してみるのも良いかもしれません。

軽すぎる筋トレでは、残念ながら効果が見込めません。鍛え方を今の自分に合わせて調整しましょう

トレーニングを毎日続けるうえで、慣れてくると少し回数を増やしたり、強度や負担を増やすなど鍛え方を再検討してください。軽すぎるメニューを続けるとて筋トレと言うよりは、有酸素運動のようになってしまいます。つまり筋肉が鍛えられていないのです。やるからには、筋トレ効果を実感せねば続きません。何事も効果が無くては意味がなくなってしまいます。

最終目標設定を筋トレやトレーニングを始める前に決めておくことが大事です

どこまでやるのかを、1番初めに決めておくことをおススメします。最終目的が無いと途中で止めてしまいます。また、最初に太ももをきちんと測っておくことをおススメします。やる気がなくなった時に数字として効果が有れば、また気持ちも変わります。

効果を実感するとパワーにつながるのです。このようなことを取り入れながら、ハムストリングを鍛えていくと、理想のボディを手に入れることも夢ではありません。是非、毎日のスクワットでゴールを目指してください。ゴールは、やっぱりなりたい自分ですよね!

ハムストリング関連記事

Thumbハムストリングのストレッチ方法!固いときのマッサージ・柔軟の効果まとめ!
Thumbハムストリングスの筋トレ・ストレッチまとめ!自宅で出来るトレーニングもご紹介
Thumbハムストリングスは筋肉の名称!鍛えることによって色々嬉しい作用あり!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-20 時点

新着一覧