オロナインパックで鼻が綺麗になる方法!佐伯チズ式とは?危険性もあり?

オロナインは昔からどの家庭にもある、おなじみの薬ですよね。最近、オロナインを使ったオロナインパックというものが流行っているようです。気になる鼻の黒ずみがオロナインパックできれいになるそうです。はたしてその効果は?危険性はないのか?調査してみました。

オロナインパックで鼻が綺麗になる方法!佐伯チズ式とは?危険性もあり?

目次

  1. 話題のオロナインパックとは?
  2. 鼻の黒ずみがキレイになるらしい、オロナインパックの効果
  3. 毛穴の黒ずみの原因は?
  4. オロナインパックのやり方1・ぬるま湯で洗顔
  5. オロナインパックのやり方2・オロナインをたっぷり塗る
  6. オロナインパックのやり方3・洗顔後、毛穴シートをはる
  7. オロナインパックのやり方4・シートをはがす、アフターケアをする
  8. オロナインパックは危険がいっぱい!
  9. オロナインパックは表皮まではがしてしまう
  10. オロナインパックは健康な肌のバランスを崩す
  11. 佐伯チズ式・水溶きオロナイン
  12. 佐伯チズって?
  13. 佐伯チズ式スキンケアの法則
  14. 正しい黒ずみのとり方は?
  15. オロナインパックのまとめ

話題のオロナインパックとは?

SNSを中心に若い子たちの間で話題の、オロナインパックをご存知ですか?オロナインと毛穴シートでパックして、鼻の毛穴の詰まりや黒ずみをきれいにする美容方法です。

オロナインは、どの家庭でもあるくらいポピュラーな薬です。オロナインパックは手軽にできることから、あっという間に広まった美容方法だと言えます。

そもそもオロナインとは?

1953年に徳島県鳴門の小さな製薬会社で発売されたオロナイン。昔からどこの家庭にでもあり、家族みんなで使える万能薬でしたね。正式には「オロナインH軟膏」といいます。第2類医薬品で、ステロイドは含まれていません。クロルヘキシジングルコン酸塩を配合しており、殺菌・消毒薬として広く使われています。

ひび・あかぎれ・しもやけ・切り傷・擦り傷・ニキビ・軽いやけど・水虫などに効くとされています。患部の状態に合わせて、適量をガーゼや脱脂綿に塗布して使用する。または、清潔にした指で直接塗ります。

傷ができた時はもちろん、赤くなってしまったニキビにも効果があります。手荒れにもよく効くとの声もあり、その使用方法は一人歩きしながら、どんどんと広まっているようです。

オロナインでパックできるの?

そもそも医薬品であるオロナインをパックに使うこと自体が、用法に反しています。それなのに、なぜかオロナインパックをすると毛穴のつまりがキレイになるなどと言われています。実際にオロナインパックをやったことがある人達の声が、ネット上にはたくさんあります。

オロナインは医薬品です。オロナインパックをする特は、あくまでも自己責任だと言うことを忘れてはいけません。間違った使い方をして、何かトラブルがあっても、オロナインの製造元や販売元には何の責任もないのです。

オロナインパックは優秀パック?

オロナインには保湿成分として、ワセリンやオリブ油(食用のオリーブ油ではなく医薬品に分類されるもの)が入っています。オロナインパックをすることによって、毛穴の汚れを浮き出させる効果があるのかもしれません。もともと、殺菌作用もありますから、保湿しながら殺菌もできるオロナインパックは、優秀なパックだと言われているのですね。

オロナイン軟膏はニキビ跡にも効く?塗り方と効果まとめ!悪化しない?

鼻の黒ずみがキレイになるらしい、オロナインパックの効果

オロナインパックをすると、毛穴の詰まりや黒ずみがキレイになるとの口コミがたくさんあります。オロナインパックについては、賛否両論ありますが、その爽快感にクセになってしまう人がたくさんいます。シートをはがした時、自分の目で見て確認できるオロナインパックに夢中になってしまうのですね。

オロナインパックの効き目を、少しでも効率よくするために、鼻の中にティッシュを詰める、などの情報もあります。オロナインパックする時、鼻の中から皮膚を持ち上げて、少しでもシートの密着度を上げる方法のようですが、その効果には疑問があります。

オロナインパックをすると、驚くほどの角栓がごっそりと取れたり、色が白く感じるほど肌がきれいになったりと、嬉しい効果がたくさんあるようです。どこの家庭にもある薬なので、手軽にできて効果がある、となればオロナインパックを試す人が多いのも納得です。

毛穴の黒ずみの原因は?

毎日、顔を洗っているはずなのに、なぜかできてしまう鼻の毛穴の黒ずみ。気になっている人は男女問わずたくさんいるようです。そのために、オロナインパックのようにネット上の情報が広く拡散されるのですね。危険な情報に惑わされないよう、正しい知識を身につけて、スキンケアすることが重要です。

詰まった角栓が酸化してしまう

毛穴の中に、過剰な皮脂と古い角質などが詰まってしまいできるのが「角栓」とよばれるものです。それが酸化してしまってできるのが黒ずみなのです。

顔の中でも、鼻は特に目立つので、気になる部分だと思います。過剰な皮脂や、古い角質、メイクの汚れやほこり、さまざまな要因で角栓はできてしまいます。正しいスキンケアで予防をすることが大切なのです。

肌の乾燥も、角栓ができる原因となります。乾燥で皮膚が硬くなると毛穴の収縮も悪くなってしまいます。うるおい不足は、かえって皮脂を過剰分泌させるため、角栓ができやすくなってしまいます。

オロナインパックのやり方1・ぬるま湯で洗顔

まずは、オロナインパックをするための準備です。オロナインと市販の毛穴パックを用意してください。

はじめにぬるま湯で、顔をきれいに洗います。オロナインパックをする前に、汚れをきちんと落とし、ぬるま湯で皮膚を柔らかくする意味もあります。もし、毛穴が全く開かないようなら、蒸しタオルをあてる方法もあります。

蒸しタオルは、レンジで簡単にできます。水に濡らしたタオルを、好みで適当に絞り、くるくると丸めます。それを電子レンジで約1分間ほど温めれば出来上がりです。熱くなりすぎて、やけどしないように気をつけましょう。

オロナインパックのやり方2・オロナインをたっぷり塗る

鼻にオロナインをたっぷりと塗ります。そのままの状態で10分間放置します。オロナインパックで気を付けなければならないのは、必要以上に時間を長く放置しないことです。オロナインは薬です。スキンケアの為のクリームではないので、注意が必要です。

オロナインパックのやり方3・洗顔後、毛穴シートをはる

10分たったら、次は洗い流します。石鹸などを使ってキレイに落としていきます。オロナインの油分が残っていると、毛穴シートがくっつかない場合があるので、丁寧に洗いましょう。

軽く拭いてから、毛穴シートをはります。このとき、シートの説明に書かれている時間を守って下さい。パリパリになるまで放置しすぎると、大事な表皮まで一緒にはがしてしまう危険があります。目安としては、毛穴シートが乾きはじめたら、はがして大丈夫でしょう。

オロナインパックのやり方4・シートをはがす、アフターケアをする

所要時間になったら、毛穴シートをはがします。この時、下から上へゆっくりとスライドさせるようにはがしましょう。いっきにはがすと、皮膚を傷めてしまう危険があります。ゆっくりと丁寧にはがしてください。

オロナインパックの一番のポイントはアフターケア

毛穴シートをはがすと、その角栓の量に自分でもびっくりすることでしょう。そして、すっきりした気持ちになります。でも、オロナインパックはここで終わらせてはいけません。

オロナインパックで、角栓をはがした後は、毛穴が開きっぱなしの状態です。そのままにしておくと、開いた毛穴にまた、汚れや皮脂が溜まってしまいます。オロナインパックのあとは、毛穴のケアが大事なポイントになります。まずは、保冷材や氷で、顔を冷やしましょう。毛穴がきゅっと締まるはずです。

そのあと、しっかりと化粧水で水分を補ってください。乳液やクリームなど通常のケアも忘れないようにしましょう。日頃のケアをしっかりやれば、角栓はそんなに気になるものではありません。危険があると言われるオロナインパックは、できればやらないで済ませたいものです・

オロナインパックは危険がいっぱい!

SNSやネットを見ると、「オロナインパックは鼻の黒ずみに効く」「オロナインパックすごい!」といった声とは別に、「危険!」「オロナインパックは絶対にやっちゃダメ」などの意見も多くみられます。どっちなんだろう?と疑問に感じますが、まずはオロナインパックが危険な理由をみてみましょう。

オロナインパックは表皮まではがしてしまう

オロナインパックで柔らかくなった、角栓は非常にとれやすい状態になります。そこに毛穴シートを張ることによって、大量の角栓がいっきにとれるわけです。しかし、強力な毛穴シートではがすやり方は、表皮までも一緒にはがしてしまうのです。

オロナインパックで肌が一時的にツルツルになるのはそのためです。オロナインパックで無理にはがした表皮は、修復するまでにかなりの時間がかかります。その間、肌は危険な状態にさらされているのです。

オロナインパックをやり続けていると、毛穴や肌に大きな負担をかけてしまうことになります。一時的につるつるの肌になった気がしても、すぐにまた、元のように戻ってしまいます。するとまたオロナインパックをすることになり、悪循環が生じます。開いた毛穴には、汚れや皮脂などの角栓のほか、雑菌なども入りやすくなってしまうためオロナインパックは非常に危険だと言えます。

オロナインパックは健康な肌のバランスを崩す

皮膚の表面には、常在菌が生息していて、外部からの刺激や病原体から肌を守ってくれています。オロナインの殺菌作用は、この常在菌までも殺してしまう可能性があります。オロナインパックのやりすぎで、正常な肌バランスが崩れてしまうと、最悪の場合、皮膚炎などを引き起こしてしまいます。

オロナインパックの他にも、オロナインを使った様々な方法がネット上には流れています。オロナインで涙袋を作るなど、危険な行為を促すものもありますので注意しましょう。

佐伯チズ式・水溶きオロナイン

オロナインパックの他にも、注目されているオロナインを使った美容方法があります。こちらは、オロナインパックとは違ってシートで角栓をはがすやり方ではないので、肌への負担は、かなり少ないと思われます。

佐伯チズ式のオロナインの効果的な使い方は「水溶きオロナイン」です。指ですくったオロナインに精製水や化粧水を2、3滴混ぜるだけ。手のひらで混ぜてみましょう。乳液状になるので顔全体にも塗りやすくなります。

佐伯チズさんは、お肌が疲れて荒れてしまっている時や、乾燥がひどい時に、水溶きオロナインを使うそうです。治療目的ではなく、あくまでスキンケアのひとつとして考えます。中にはニキビに効くと言うことで使用する人もいますが、オロナインはニキビにも効果があるので、治療目的なら、そのままの用法で使ったほうがいいような気もしますね。

佐伯チズって?

1943年6月23日生まれ。美容アドバイザー。満州国・新京(中華人民共和国・長春)生まれ。外資系の化粧品会社を定年後、執筆活動に入る。雑誌やテレビ、講演会など美容・生活アドバイザーとして活動。オールハンドのエステティックサロン「サロンドール・マ・ボーテ」を開業。さらに「美肌塾」を設立して後輩の育成にも取り組んでいる。

数々の書籍を出版している、佐伯チズさん。みなさんも目にしたことがあるのではないでしょうか?中でも「美肌革命」(講談社)は、海外からも大きな注目を集めています。現在も男女問わず、美容、食文化や生き方まで様々な悩み相談を受け、自らもお肌の手入れを行う現役で活躍しています。

佐伯チズ式スキンケアの法則

佐伯チズ式では、スキンケアには自分の手のひらと指を使います。スキンケア商品を手のひらで軽く温めることによって、浸透力が高まり効果を倍増させるのです。また、手のひらで優しく顔を包み込むように、スキンケアをするのが特徴になります。

佐伯チズ式では、高価な化粧品は必要ないとされています。どんなに高価なものを使っても、きちんとしたお手入れができていなければ意味がないからです。佐伯チズ式の最も有名なスキンケア方法は、「ローションパック」ではないでしょうか。自分の経験から、生み出されたこの方法はシミ・しわ・くすみなどボロボロになったお肌を、驚異的に回復させてくれたそうです。

佐伯チズ式3分間の魔法時間

基本のスキンケア方法は、化粧水→美容液→乳液またはクリームというシンプルなものですが、佐伯チズ式では、それぞれに時間を3分ほどおくことをすすめています。化粧水をつけたら、3分待つ。次に美容液をつけて、また3分。そして最後に乳液やクリームで蓋をするという考え方です。時間をあけることで、化粧品をしっかりと肌に浸透させてから、次のアイテムを使うことが効果的なのです。

正しい黒ずみのとり方は?

気になる鼻の角栓を取り除くには、オロナインパックなどで強引に取り除いてはいけません。佐伯チズ式では過剰な洗顔が肌を汚くしていると指摘しています。角栓を取りたいために、ごしごしと洗顔をすることはもちろん、ダブル洗顔なども肌を痛めてしまう原因になるのです。

スクラブ洗顔とリンパマッサージ

佐伯チズ式では、週一回のスクラブ洗顔を推奨しています。スクラブ剤と洗顔フォームを混ぜて使います。スクラブ剤のツブツブが気になる人も、洗顔フォームと混ぜることで、余計な刺激を肌に与えずに洗顔できます。力を入れずに、指で優しく撫でるように丁寧に洗顔します。

スクラブ洗顔で古い角質を取り除いたら、次はリンパマッサージで毒だしをします。耳の後ろや鎖骨の上などを指で軽く押すだけで、老廃物を流しだすことが出来ます。まずは耳の後ろのくぼみを親指で軽く押しましょう。力を入れる必要はありません。そのあと、鎖骨のくぼみ、わきの下へとリンパを流していきます。

リンパとは体内の老廃物を外へ運ぶ働きをしています。血液のように心臓のポンプで流れていないので、どうしても流れが滞ります。リンパマッサージをすることでリンパの流れをスムーズにし、老廃物を体外へ出すことで、デトックスができるのです。

リンパマッサージで角栓の元になる、皮脂などの老廃物を溜めないようにすることで、だんだんと、角栓ができにくくなってきます。リンパマッサージは、リンパの流れに沿って向きや順番があるので、正しく行うことをおすすめします。エステなどでも顔や、全身のリンパマッサージを行っていますので、受けてみるのもひとつの方法でしょう。

オロナインパックのまとめ

オロナインパックのまとめはいかがでしたでしょうか?オロナインパックは、確かに一時的に角栓が取れるようです。でも、肌にかける負担は計り知れないものがあります。オロナインパックをくり返し行うと言うスキンケアは、肌の毛穴をさらに広げ、黒ずみをますます悪化させるだけでなく、皮膚炎などのトラブルを起こす危険があります。

SNSや口コミの情報に振り回されるのは、大変危険だと言えます。佐伯チズ式の「ローションパック」を利用し、正しいスキンケアの方法を覚えて、日々努力することで、黒ずみのないきれいな肌を手に入れましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-12 時点

新着一覧