アイシングクッキーの作り方!初心者でも出来るコツも紹介!

見ているだけでとってもかわいいアイシングクッキー。今回は初心者でも食べるのがもったいないと思わせてしまえるようなアイシングクッキーの作り方をご紹介します。ちょっとしたコツをつかめばあなただけのオリジナルアイシングクッキーがつくれちゃいますよ。

アイシングクッキーの作り方!初心者でも出来るコツも紹介!

目次

  1. アイシングクッキーとは?
  2. 初心者さんならまずはシンプルなものから!作り方も簡単
  3. アイシングクッキーの作り方に慣れてきたらレベルアップ!
  4. アイシングクッキーのデザインはたっくさん♡
  5. アイシングクッキーに適したクッキーは?
  6. アイシングクリームをつくってみよう♪
  7. クリームの硬さが上手なアイシングクッキーのコツとなる?!
  8. アイシングクリームの硬さがうまく調節できない!お困りな初心者さんにもおすすめ
  9. アイシングに色を付けよう♪
  10. 混ぜ合わせるカラーでトーンも変わる!
  11. アイシングクッキーには欠かせない!コルネを用意しよう
  12. アイシングクッキーのデコレーションの基礎からコツまで!
  13. コルネをうまく使いこなそう!
  14. アイシングでかわいいデコパーツも作れちゃう♡
  15. アイシングクッキーの作り方まとめ

アイシングクッキーとは?

アイシングクッキーとは好きな形に型どったクッキーの表面に砂糖や卵白を混ぜ合わせたものをデコレーションしたクッキーのことをいいます。

アイシングに着色をすることで色々なカラーのアイシングを作ることができます。

最初はとろとろと柔らかい状態ですが、半日~1日置いて乾燥させることにより、カチカチに固まります。持ち運びも便利で見た目もかわいいのでウェディングやバレンタイン、誕生日などプレゼントとしてもおすすめですよ。今回はそんなおいしいグルメの紹介していきます!

初心者さんならまずはシンプルなものから!作り方も簡単

見た目もとってもかわいいグルメスイーツ!アイシングクッキー是非あなたのグルメレシピのひとつにしてみてはいかがでしょうか?アイシングが初めてという初心者さんはシンプルなデザインから初めて見ると作りやすいですよ。まずは手慣らしで挑戦してみましょう。

ドーナッツ型のクッキーにアイシングクリームをとろりと流して、アイシングクリームが固まる前にチョコスプレーなどでデコレーションすればかわいいアイシングクッキーの出来上がりです!デザインも、かわいいのに初心者にもとっても作りやすいデザインなのでおすすめですよ。

長方形のクッキーにアイシングクリームをコーティングしてドアのフチとドアノブをつけて完成♪かわいいおとぎ話に出てきそうなデザインですね。こちらも初心者さんにはおすすめです!

お花型のクッキーにアイシングクリームでコーティングすればかわいいお花のアイシングクッキーのできあがり。たくさん作ってかわいいスイーツグルメのお花畑を作っちゃいましょう。

市販のクッキーやビスケットを使ってアイシングクッキーの練習をしてみよう!

アイシング初心者さんやアイシングをうまく上達したい方、もしくはクッキーを焼くのがちょっとめんどうだなという方は市販のクッキーやビスケットを購入して練習してみるのもおすすめです。

市販のものを購入する場合はなるべく平らなものを選ぶようにしましょう!デコボコしたものや表面が丸くなっているものなどを選んでしまうと、うまくアイシングを塗ることができなくなってしまうので注意が必要です。

アイシングクッキーの作り方に慣れてきたらレベルアップ!

アイシングのコツもつかんできたらクッキー生地から好きな形を型どって手作りクッキーからアイシングクッキーを作ってみたり、使う色を増やしてみたり、細かい模様を描いてみたりと徐々にグレードアップしてみましょう。

カラーバリエーションを増やしてみてこんなにかわいいアイシングクッキーもできちゃいます。とってもかわいいスイーツグルメは食べるのがもったいない!

カラフルなカラーがとってもcuteなデザインですね。お顔をかいてかわいいアイシングクッキーのできあがりです。

ハート型のアイシングクッキーがまたかわいいですね。アイシングにもなれてきたら文字を書いてみたり模様を入れてみたりバージョンアップしてみましょう。

アイシングクリームの使い方のコツもつかんでこれば自分だけのかわいいアイシングクッキーのできあがり。少しずつチャレンジしてみて下さいね。

どんどん上達していけばとってもかわいいアイシングクッキーが作れるようになっちゃいますよ。友人や大切な人にかわいいグルメスイーツを自慢しちゃいましょう!

アイシングクッキーのデザインはたっくさん♡

アイシングクッキーはデザインのレパートリーも幅広いのでいろんなやり方を試してみるととっても楽しいですよ。

花柄デザインのかわいいアイシングクッキー

白のアイシングクリームをベースに固まる前に着色料でようじなどを使ってバラのお花を描けば完成!みんなに自慢したくなっちゃう!

リアルな花柄のアイシングクッキーで優雅にティータイムはいかがでしょうか?

ドット柄を活かして

アイシングクリームを2色使ってかわいいドット柄のアイシングクッキーにドット柄を活かしていろいろなレパートリーのアイシングクッキーをつくってみましょう。

キルティングで大人なかわいいアイシングクッキー

キルティングのデザインを施したハート型のアイシングクッキーがとってもかわいいですね

ピーコックやマーブル模様が幻想的

アイシングカラーをうまく利用してマーブル模様やピーコックの模様を書いてみるのも素敵ですね。

レース模様がとってもかわいいアイシングクッキー

レース模様をあしらったアイシングクッキーもとってもかわいいですね。ウェディングのプレゼントしてもgoodです。素敵なスイーツグルメですね。

ドレス型のクッキーにレースをあしらっても素敵ですね。

アニマル柄でかわいいアイシングクッキー

徐々にコツをつかんでこればこんなにかわいいアニマル柄だって作るこができちゃいます。

パズルやタイル風にしてみたり

いくつかのアイシングクッキーをタイルやパズル風にアレンジしてみるのも斬新なアイデアでとってもかわいいデザインですね。バレンタインに大切な人にメッセージを書いて渡してみてはいかがでしょうか?印象に残るスイーツグルメになること間違いなしです。

アイシングクッキーに適したクッキーは?

アイシングクッキーに使うクッキーは土台となるクッキーの焼き方にも注意が必要です。クッキーを焼く時に生地が均一になるように生地を伸ばして、厚みも一定になるように焼いていきましょう!

また、あまり油分の多いクッキーはアイシングクッキーとの相性が悪く、そのことが原因でアイシングが染みてしまうことがあります。失敗を防ぐためにも油分の入れすぎには注意が必要です!

アイシングクリームをつくってみよう♪

アイシングクッキーに適したクッキーも把握したところで!アイシングクッキーにのせるアイシングクリームを作ってみましょう♪

アイシングクッキーに必要な材料

卵白・・・一個分
粉砂糖・・・100~200g(分量は好みの甘さに調節をして下さい)

レモン汁・・・小さじ1/2

この材料の他にも粉砂糖にメレンゲパウダーを使う方法や牛乳や水あめなどを混ぜて作るアイシングクリームもありますが、今回は王道パターンのアイシングクリームのグルメレシピをご紹介をしていきます!

アイシングクリームの作り方

お待ちかねのアイシングクリームの作り方をご紹介していきます。

アイシングクリームは先ほどの粉砂糖と卵白、レモン汁を混ぜ合わせて作っていきます。アイシングクリームが真っ白になり、しっかり角が立ったら出来上がりです。

クリームの硬さが上手なアイシングクッキーのコツとなる?!

アイシングクリームは固めと柔らかめの2種類のアイシングクリームを作っておくことが上手に描きやすくなるコツとなります!

硬めのクリームはデコレーションをする際にラインを書いたり模様をデザインするときに使用し、柔らかめのクリームはクッキーの表面全体をコーディングしカラーリングしていく時に使っていきます。用途別にあわせてあらかじめ2種の硬さのアイシングクリームを準備しておきましょう!

クリームの硬さの調節の仕方は?

硬さの調整は、ボウルに角が立ったクリームを分け、クリームの硬さの様子をみながら水を少しずつ足して調整をしていきます。一気に多めの水分を入れてしまうと柔らかすぎて失敗してしまうので要注意です!

硬めのアイシングクリームの目安はスプーンですくってもくっついて垂れないぐらいの硬さで、すくった跡がピンと角が立つ硬さが目安です。

柔らかめのアイシングクリームの目安はスプーンですくって下に落としたときに液がとろとろつながって垂れるぐらいの柔らかさがちょうどよい硬さになります。

アイシングクリームの硬さがうまく調節できない!お困りな初心者さんにもおすすめ

アイシングクッキーを作ろうと思ってもなかなかアイシングクリームの硬さが調節できない!とお困りな方必見!夢のアイシングクッキーを諦めるにはまだ早いです!おすすめはこのアイシングシュガーパウダー。卵白や粉砂糖などの材料は使わずに、このアイシングシュガーパウダーと水を一緒に混ぜればいいだけ!アイシングクッキー初心者さんでも簡単に作ることができちゃいます。

アイシングシュガーパウダーを使う場合も水は少しずつ入れて硬さを調節していくようにしましょう。また、逆に柔らかすぎてしまった場合は粉を追加して硬さを調節していきましょう。コツさえつかんでしまえば簡単にアイシングクリームを作ることができますよ。

アイシングに色を付けよう♪

卵白と粉砂糖を混ぜたアイシングクリームやアイシングシュガーパウダーで作ったアイシングクリームのカラーはオフホワイトなので、ここから好きなカラーに着色をしてかわいいアイシングクッキーを作ってみましょう!

主にアイシングクッキーの着色は『食用着色』を使ってカラーリングしていきます。いろいろなスイーツグルメに使われる食用着色。その種類も豊富で粉末や液体、ペースト状などの種類があります。

アイシングクッキーと相性のよい食用着色

アイシングクッキーにはジェル状やリキッド状の食用着色との相性がよいのでおすすめします。

スーパーなどで粉状の食用着色も販売されていますが、粉状のものは水に溶かしてから使用するため、水に溶かした時に粉が溶けきれずダマになってしまうことがあります。

カラーリングする時は慎重に!

食用着色は楊枝などを使って少量ずつとり少しずつアイシングクリームと混ぜるようにしていきましょう!

1度に多めの食用着色を混ぜてしまうと色が濃すぎてしまうので注意が必たち要です。カラーの様子を見ながら足していくようにしましょう。

また、食用着色がアイシングクリームとよく混ざっていないとデコレーションをした時に色ムラができてしまいます。きちんと均一に食用着色を混ぜることも上手なアイシングクッキーを作るコツとなるのでよく混ぜてからデコレーションしていきましょう!コツをつかんでいけば思い通りのキレイなカラーを出すことができますよ。

混ぜ合わせるカラーでトーンも変わる!

淡いカラーにしたいなら

淡いカラーにしたいけどどうもうまくいかないっといった場合には一緒に『茶色』のカラーを混ぜてみて下さい。思い通りのトーンの落ち着いた淡いカラーに大変身!

ダークカラーにしたいなら

逆にパキッとダークカラーにしてみたい場合は『黒』を一緒に少量混ぜてみると素敵な色になりますよ。

ホワイトカラーをより引き立たせたいなら

アイシングクリームのホワイトカラーをよりキレイにみせたいなら『白』を混ぜてみましょう!キレイなホワイトカラーのアイシングクリームを作ることができます。

細かい模様を書いたり文字を書くなら

細かい模様や文字を書くなら食用色素でできた『フードペン』がおすすめです。

いろいろなグルメレシピで使われている人気のアイテム!口に入れても安心な食用のインクを塗料として使用しているペンなので、アイシングクッキーにもとってもおすすめです。少量のカラーを使いたい場合でもフードペンを使えば少量のカラーをつくる手間もはぶくことができます。

ペンタイプになっているのでとても扱いやすくアイシングクッキー初心者さんでも書きやすいのでとってもおすすめですよ。

見て楽しい食べて美味しいグルメ、アイシングクッキー♪好きなカラーのアイシングクリームが出来上がったら早速クッキーにデコレーションしてみましょう!コツをつかめばアイデア次第でとってもかわいいアイシングクッキーを作ることができちゃいますよ。

アイシングクッキーには欠かせない!コルネを用意しよう

アイシングクッキーのデコレーションには欠かせないコルネ!まずはこちらのコルネの作り方をマスターしていきましょう。

コルネに使う材料はクッキングシートやオーブンペーパー、あとはセロハンテープを用意しましょう。

コルネの作り方

コルネの作り方は、用意したクッキングシートやオーブンシートを三角形になるように折り、形をカットしていきます。シートの大きさはコルネの中に入れるアイシングの量によって調整をしていくようにしましょう♪あまり大きくコルネを作りすぎてしまうとのちにデコレーションがしにくくなってしまいます。コルネの大きさの目安は手のひらで包めるぐらいの大きさに作ることがコツとなります!

三角形のシートにカットしたら、シートをくるくると円錐状に巻いていきます。円錐ができたら紙の巻き終わり部分を内側に折り込みセロハンテープなどで固定したらコルネの完成です!

アイシングクッキーのデコレーションの基礎からコツまで!

使いたいカラーのアイシングクリームをコルネに詰めたらいよいよデコレーションをしていきましょう。

コルネをうまく使いこなそう!

コルネの使い方が上手くできない!とお悩みな方や初心者でもちょっとしたコツさえつかんでしまえばキレイなラインを書いていくことができますよ。

ラインの書き方

コルネを使ってラインを書いていく場合は、まず最初にコルネの先端をクッキーに付け、コルネを少しずつ絞りながら蜘蛛の糸のように持ち上げていきます。そのまま持ち上げたアイシングクリームを少しずつ引っ張るような感覚でラインを書いていきます。ラインが書き終わるところで最後にまたクッキーに擦り付けてラインを切っていきましょう。

アイシングクッキーのベースを作ろう

好きな形のクッキーを用意したらベースとなるカラーのアイシングクリームを乗せていきましょう!

ベースをうまく塗るコツは、まず最初にクッキーに縁取りをしていきます。
あらかじめ用意しておいた硬めのアイシングクリームを使ってクッキーを1本の線でクッキーの枠をたどりながら枠を作っていきます。

枠が完成したらスプーンやコルネを使って柔らかめに作ったアイシングクリームを枠の中へ流し込んでいきます。

最初に枠を作っておくことでクッキーからアイシングクリームがはみ出すことなくキレイに塗っていくことができます!
アイシングクリームを流し込む時は少々厚みをもたせて乗せていくこともコツとなるので挑戦してみましょう。

アイシングでかわいいデコパーツも作れちゃう♡

余ったシュガーパウダーを利用してかわいくて立体的なデコパーツもつくることができますよ。作り方も簡単なので初心者さんでもチャレンジできちゃいます!

シュガーペーストの材料

アイシングシュガーパウダー・・・150g

水・・・大さじ1

シュガーペーストの作り方

作り方は簡単!シュガーペーストの材料を混ぜていくだけで完成!

最初はヘラなどで混ぜ合わせていき、ある程度まとまってきたら手で滑らかになるまでこねていきましょう。両手で引っ張ったときにガムのように伸びてくるぐらいがシュガーペーストの硬さの目安となります。

デコパーツのデザインはたっくさん♡

デコパーツにはかわいいデザインがたくさんあります。マスターしてワンランク上のオリジナルアイシングクッキーを作っちゃいましょう。

花柄デコパーツは種類も豊富!

デイジー柄のデコパーツがとってもかわいらしいですね♡ホワイトの他にもいろいろなカラーのお花を作ってみてもいいですね。

バラのお花がとってもエレガント♪少々難易度は高めですが試してみるのも楽しそうですね。

お花柄ならウエディングの贈り物としても最適ですね。

リボンのデコパーツがかわいい♪

リボン型のデコパーツをぷれすすればアイシングクッキーもより華やかなデザインに!

リボンをかけたようなデザインがかわいらしいですね。女の子らしさがあってとってもCUTEです。

リボンやお花のほかにもデコパーツのデザインはたくさんあるので是非デコパーツにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?デコパーツを飾り付けてワンランク上のアイシングクッキーを作っちゃいましょう。

アイシングクッキーの作り方まとめ

いかがでしたでしょうか?見ているだけでとってもかわいらしいアイシングクッキー初心者さんでもコツをつかめば簡単にチャレンジすることができるので是非試してみてはいかがでしょうか?是非大切な友人や家族、彼などにプレゼントとして贈るのもとってもおすすめですよ♪素敵な思い出になりそうですね。

アイシングクッキーについてもっと知りたいアナタへ!

Thumbバレンタインクッキーのかわいい作り方!簡単にアイシングもできる!
Thumbクリスマスクッキーの簡単手作りレシピ・作り方まとめ!人気のアイシングクッキーも

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-21 時点

新着一覧