エゴグラムとは?パターン結果から相性・性格を診断!あなたのタイプは?

エゴグラムという性格診断をご存じでしょうか?インターネットや雑誌などでも様々な性格診断テストや心理テストを見かけますよね。エゴグラム診断結果も意外と的を射てるかもしれませんね。今回はエゴグラムに関して詳しくご紹介していきます!診断結果から何がわかるのでしょうか?

エゴグラムとは?パターン結果から相性・性格を診断!あなたのタイプは?

目次

  1. エゴグラムとは?
  2. エゴグラム診断の結果からわかること
  3. エゴグラムの結果でみる5つの自我状態
  4. エゴグラム診断の結果から一つ一つの自我状態の意味するもの
  5. エゴグラムは占いと同じなの?
  6. エゴグラム診断の結果から自己分析
  7. 診断の結果に基づいたエゴグラムの書き方
  8. エゴグラム結果・診断によるパターン
  9. 診断の結果の見方
  10. エゴグラムで相性診断
  11. エゴグラムの診断結果から自分を知ろう

エゴグラムとは?

エゴグラムとは、アメリカの心理学者J.M.デュセイによって作成された性格診断です。結果はグラフにして表します。

元になっているのは、1950年代に発達してきた「交流分析」という心理療法です。この交流分析は自分自身の性格を知りたい人に大変役立つと言われています。アメリカの精神科医エリック・レナード・バーンによって考案されました。J.M.デュセイはこの方の弟子であり、交流分析で自分自身の心の状態を知ることが大切であることをクライエントを通して痛感したのでしょうね。

エゴグラムではエゴグラム診断の結果から人間の心を5つの自我状態に分けます。

そして、自我状態のパターンを分析し、エゴグラムの結果をグラフ化することによって、性格診断をします。

エゴグラム診断の結果からわかること

さて、エゴグラムの診断によって、ご自分がどのパターンにあてはまるのか興味が沸いてきませんか?エゴグラムでわかることは、「自分自身の今の性格」です。過去や未来の性格ではありません。

こういう心の状態を知ることは、日頃の友人関係や恋愛関係、職場での人間関係によい影響を与えることができるということもあり、エゴグラムは人気があるようです。あなたもエゴグラム診断を受けてみませんか?

エゴグラムの結果でみる5つの自我状態

人間の性格は十人十色です。エゴグラム診断の結果で出てくる5つの自我状態。この一つ一つの自我状態の高低の組合せが異なるので、性格が皆異なることになります。

ところで、エゴグラム診断では、グラフの中にCP・NP・A・FC・ACというアルファベットを見かけますよね。これは何なんだろうと思われた方もいると思います。順に解説しますね。

もともと3つ自我状態をもとにしていて、それをさらに細かくしたものが「CP・NP・A・FC・AC」という分類です。

エゴグラム診断の結果から一つ一つの自我状態の意味するもの

P(Parent:親の自我状態)はご自身の親や親代わりであった方の考え方、感じ方、行動の仕方を自分も同じように影響を受けることを言います。

デュセイはこの親のPを厳しい親であるCP、優しい親であるNPに分類しました。CPは良心や道徳観念、ルール・秩序を守ろうとすることの高低を表します。一方、NPは寛容さ、優しさを表しますので、強くなりすぎると、過干渉・過保護になる傾向にあるようです。

A(Adult:成人の自我状態)はこれまでの人生を振り返ってみて、それぞれの状況で最も適切である考え方、感じ方、行動を示すことを言います。エゴグラム診断でこの働きが強い人は、物事の事実をしっかりと冷静に見極めながら、計画的に物事を進行させていくのが得意な人が多いです。

C(Child:子どもの自我状態)は自分自身が子どもの頃に経験した考え方や感じ方と同じように考え、感じ、行動することを言います。親と同様に、子どもについても自由奔放にふるまうFC、従順にふるまうACに分類しました。

エゴグラム診断により、FCの強い人は明るく楽しく、自分の気持ちを素直に表現する傾向にあります。しかし、強ければよいというものでもなく、強すぎてしまうわがままな人であるという印象を与えてしまします。また、ACの強い人は忍耐力が強く、協調性があると判断されます。

このような考えに基づいて、CPは支配性、NPは寛容性、Aは論理性、FCは奔放性、ACは順応性という性質を示すこととし、この5つのエネルギーの高低をグラフに表し、エゴグラム結果からエゴグラム診断をすることになります。

エゴグラムは占いと同じなの?

エゴグラムは雑誌の占いなどのように性格分析をしてあるからなのか、よく占いと同じようなものであると考える方がいるようです。しかし、エゴグラムは占いではありません。占いは占星術に基づいていますが、エゴグラムは心理学の理論に基づく性格診断テストです。

つまり、占いは人間の内面の状態に基づいて分析するものではなく、例えば水晶、数秘、タロットカードなど人間の心の外側にあるものに基づいてなされています。

占星術の場合も心の内面には基づいているわけではありません。星の動きをもとに、運勢をホロスコープに表しています。こうした点で占いとは一線を置いたのがエゴグラム診断です。

エゴグラム診断の結果から自己分析

東大式エゴグラムパターンが有名です。エゴグラム診断の方法は質問紙法で、53問の質問に答えます。最後にすべての回答を集計し、点数化したものを、CP、NP、A、FC、ACの順に点数をもとに点を打ち、グラフに表したものをエコグラム診断をします。

よくインターネット上に簡易版を公開していることもありますので、お気軽にエゴグラム診断を試してみてくださいね!エゴグラム診断によって、今、この時点での性格傾向が分かります。

診断の結果に基づいたエゴグラムの書き方

では、エゴグラムの診断結果を実際にグラフにしてみましょう。

エゴグラム結果・診断によるパターン

エゴグラム結果から23の性格パターンがあります。エゴグラム結果に基づいて、グラフをつくり、エゴグラム診断を行います。

例えば、下のようなグラフが作成され、性格傾向が分析されます。先ほどお伝えしました、5つの自我状態が何を示しているのかをしっかりと理解して、エゴグラム結果から性格パターンを判断しましょう。

人によって、様々であることが分かるのではないでしょうか。

診断の結果の見方

ここでは、具体的なエゴグラム診断の結果を見ながら、ご説明していきます。まず、お一人目です。「自由奔放タイプ」だそうです。FCは自由奔放さを表すことは先にお伝えしましたね。この数値が強すぎるとわがままな性格と見なされます。このエゴグラム診断からはそうした傾向が読み取れます。エゴグラム診断のよさは、今の状況をどのように改善していったらよいのかという指針を示してくれることです。

次のエゴグラム診断結果です。NP以外のすべての数値がわりと高めです。多忙多芸多面人間タイプのパターンにあてはまります。NPは寛容さややさしさを示しますから、もう少し人間味のあるかかわりを重視した方が良い傾向がエゴグラム結果から分析できそうですね。

次は別の方のエゴグラム診断です。性格、恋愛・結婚、職業適性、対人関係などの分析結果が詳しく書かれています。普段、自分の性格を理解しているつもりでも、自分では考えていないパターンにあてはまるかもしれません。性格を知ることは、人間関係をよりよいものにしていけるチャンスでもありますね!

さて、もう少しご紹介していきます。次の方はPの要素が低く、Cの要素が強いパターンでいわゆる「子どもっぽい性格」の方です。しかし、エゴグラム結果には、長所と短所が記入されていますから、自分の良い面を知るという利点もあります。長所を自覚することは自己価値観を高めていけるチャンスでもあります。短所は改めていく努力をすることによって、人間関係に変化がみられるでしょう。

「NP優位型」と表示されています。エゴグラム診断の結果によりパターンに分類されますが、そのパターンの名称は検査によって微妙に異なります。この方の場合はPの要素の寛容さが強く、Cの子どもの要素がさほど高くないので、リーダー性のある兄貴肌といったところでしょうか。

ご覧いただいて伝わっていらっしゃると思いますが、エゴグラム診断の結果の表示は本当に様々な様式がありますね。しかし、5つの自我状態が何を表すかという点は共通していますので、判断の際には自我の状態の種類を思い出すようにしましょう。

次の方は相対的に厳格さ・冷静さが低い傾向にあります。しかし、Cの要素が強く、明るく楽しい性格を連想させます。

子どもの心が高めで、冷静に判断する大人の心が低めというエゴグラム診断結果です。上の方も大人の側面が低い数値を出していましたが、5つの自我状態の点を結んだ時に、全く同じグラフの形をしていないですよね。それだけ人間は十人十色で様々な性格があるという現れでもあります。

5つの自我状態を特定の言葉で表示してある場合もあります。

エゴグラムで相性診断

「今、お付き合いしている彼との相性を知りたい」「友人といまいちしっくりいかないけれど、相性はどうなのかしら」「相性の悪い人とは一緒にいたくないわ」「会社の上司との関係を何とかしたい」と人間関係で疑問に関している人は多いはずです。

そんなときに、おすすめなのが、オーバーラップ・エゴグラムです。これは、二人のエゴグラムを重ね合わせて、 二人の相性や人間関係の特徴を分析する方法なのです。

ぜひ、性格的な相性を知りたいときには、おすすめいたします。ただし、相性占いではないという点を理解しておきましょう。

エゴグラムの診断結果から自分を知ろう

エゴグラムのご紹介、いかがでしたでしょうか?エゴグラムの結果から今の自分の性格を知ることは、よりよい人間関係を作るうえでとても大切です。また、自分では気が付かない思わぬ発見が結果から読み取れるかもしれません。ぜひ、エゴグラムを一度お試しし、診断してみてくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2023-02-08 時点

新着一覧