ウェイパーとは?原材料・成分を徹底調査!実は危険という噂も?

ウェイパーとは、中華料理などに欠かせない化学調味料です。料理に使うと本格的な味を出せると人気のウェイパーですが、果たしてどんな成分が含まれているのでしょうか?ここでは、ウェイパーとはどんな成分が入っているのか、危険性や価格など、詳しくご紹介していきます。

ウェイパーとは?原材料・成分を徹底調査!実は危険という噂も?

目次

  1. 料理に欠かせないウェイパーとは?
  2. 根強い人気があるウェイパーの人気の秘密
  3. ウェイパーが固くても簡単に使えるようになる裏ワザ
  4. ウェイパーとは特にどんな料理に使うのがいいの?
  5. 実は味が変わっていた?!ウェイパーの秘密
  6. なぜおいしい?2015年までのウェイパーとはどんな成分でできているの?
  7. 新しいウェイパーとはどんな味?
  8. 変化はある?新しいウェイパーとはどんな成分が含まれている?
  9. ウェイパーとはどのくらいの価格で購入できるの?
  10. インターネット注文専用サイトもある!
  11. 創味シャンタンとウェイパーとはどんな関係があるの?
  12. 本当に危険?ウェイパーが危険と言われている理由
  13. 化学調味料が危険なわけ
  14. ウェイパーとは注意して使えば危険性はほぼない!
  15. ウェイパーとはどのようなものなのかのまとめ

料理に欠かせないウェイパーとは?

昨今様々な料理の分野から注目されているウェイパーは、どんな料理にも使える万能調味料です。ではウェイパーとはどのようなものなのでしょうか?

ウェイパーとは本格中華の味が家庭で作れる調味料

ウェイパーとは、本格中華の味を簡単に出せる調味料です。チャーハンやチンジャオロース、中華スープにまで使え、家庭で作る中華になくてはならないそんざいになってきました。さらにウェイパーは中華料理以外の様々な料理でも幅広く使えるため、家庭料理に欠かせない調味料の一つとして人気です。

ウェイパーを入れるだけで味が決まる

何か味が足りないと感じた時にはウェイパーを入れるだけでしっかりとした味付けになります。中華だけではなく様々な料理の味を決めるのにとても役立ちます。

ウェイパー自体に塩分やうまみ成分が入っているのでお湯に溶かしただけでもおいしい中華スープになります。どんな料理とも不思議と合う万能調味料として、主婦や料理人からもよく使われている調味料です。

根強い人気があるウェイパーの人気の秘密

ウェイパー愛用者には根強いファンも多く、ウェイパーなしの料理は考えられない。と言っている方も多いほど人気があります。そこまで人を引き付けてしまうウェイパーの魅力とは、どんなところに隠されているのでしょうか?

万能さ

ウェイパーの魅力は何と言ってもその万能さにあります。本格的な中華はもちろん、パスタやお鍋にも使うことができるのです。さらにウェイパーはお湯に溶かし具材を入れるだけでスープができたり、他の味付けせずにウェイパーだけでおいしく料理を作ることができるので手軽に使えると人気があります。

味のおいしさ

ウェイパーの人気はその癖になる味にあります。どんな食材とも不思議と会ってしまうウェイパーは、冷蔵庫に入っている余り物の野菜を炒めただけでも、ご飯に合う最高のおかずに変身。とっても万能な調味料です。

持ちの良さ

ウェイパーは少量使うだけでもしっかり味が付くのでとても持ちが良いです。量も大きい缶のものや、チューブのものもあるので購入する際に選ぶことができます。

Thumbウェイパーの人気レシピまとめ!おいしく簡単な作り方教えます!

ウェイパーが固くても簡単に使えるようになる裏ワザ

ウェイパーは反ペーストなうえ冷蔵庫で保存しなければいけないので、固まってなかなか取れない。という悩みがある方も多くいると思います。でも実はほとんどのご家庭にあるあるものを使うと、使いたい分だけ使うことができます。

スプーンではなくフォークを使うだけ!

そのあるものとはフォークです。ウェイパーの上でフォークを滑らせるだけでウェイパーは粉状に!それを素分ですくえば適量使うことができます。フォークはステンレスのような固い素材のものにしましょう。

ウェイパーとは特にどんな料理に使うのがいいの?

ウェイパーはどんな食材にも不思議と合ってしまう万能な調味料です。ウェイパーを使った料理は、インターネットなどでも多く紹介されており、レシピもたくさんあります。

ではここからは、ウェイパーを使うとさらにおいしくなるおすすめ料理をご紹介していきます。試してみたくなるものばかりですよ。

チャーハン

まずは中華の王道チャーハン。ご飯と卵、焼き豚にネギたったこれだけの食材とウェイパーだけで中華料理屋さんで食べるチャーハンの味に!お好みで故障やごま油を足してもおいしいですよ。

中華スープ

お湯にウェーパーをとかし好きな具材を入れれば完成の中華スープは、手軽でおいしいと大人気。ワンタンを入れてもとってもおいしいです。

お鍋

なんとウェイパーはお鍋の元にもなります。お肉や野菜とウェイパーのうまみが絡み合い絶妙なおいしさです。締めはご飯もうどんもラーメンも合います。

野菜炒め

冷蔵庫に余っているものをウェイパーと炒めるだけで簡単にご飯に合うおかずが1品できます。野菜不足の方や野菜嫌いの方にも食べやすい味なのでおすすめです。

実は味が変わっていた?!ウェイパーの秘密

ウェイパーを使った料理を食べたことがある人は、すぐに思い出すことのできるあの味。最近購入していないなと思っている方は、ウェイパーの味がかわったことに気を付けウェイパーを購入する必要があります。

2016年からウェイパーは創味シャンタンDXに!

ウェイパーと言えばあの赤tパッケージを思い浮かべますが、実は2016年からウェイパーは新しい味に生まれ変わっていたのです。

詳細については詳しくご紹介していきますが、2016年より前に発売されていたウェイパーが食べたい方は、白い缶の創味シャンタンDXを選びましょう。

現在売られているウェイパーとは?

現在売られているウェイパーは、ウェイパーではないということではありません。原材料も同じですしパッケージも赤い缶のままです。しかし製造会社が変わったので、微妙な味の違いはあるそう。気になる方は食べ比べてみるのもよいでしょう。

なぜおいしい?2015年までのウェイパーとはどんな成分でできているの?

今や調味料の中でも知名度がとても高いウェイパーですが、あのおいしい味を出すにはどのような成分が入っているのでしょうか?2015年まで売られていたウェイパーの気になる成分をご紹介いたします。

食塩

まずウェイパーにはたくさんの食塩が含まれています。ウェイパーだけで味が決まるのもこの食塩の良い塩梅が関係しており、たくさん使いすぎるとすぐに塩辛くなってしまいます。ウェイパーをおいしく使うには、適度な量が重要です。

肉エキス

口の中に広がるうまみは、牛肉や豚肉、鶏肉のエキスを濃縮した肉エキスによるものです。牛や豚、鳥のエキスなので様々な料理に合いますし、何時間もかけて作ったような奥深い味わいになります。

野菜エキス

ウェイパーの自然な甘みは野菜によるもの。甘みだけでなくうまみも十分に出ています。様々な野菜のエキスが出ているのでくどくなりすぎず、奥深い味わいです。

動物性油脂

うまみは肉エキスからだけではなく脂肪からも。風味の良いおいしい油を含むことで、料理により一層うまみを与えることができます。

砂糖

しょっぱせと甘さはバランスが大切。ウェイパーの味のバランスを絶妙に保つために砂糖も使用しています。

乳糖

全体のまとまりを良くする乳糖は、ウェイパーの味をまろやかなものにしてくれています。

小麦粉

半練りのペースト状にするため小麦粉を使用しています。スープなどに使うと多少のとろみが出てとてもおいしいです。

香辛料

香辛料がふんだんに使われているのでウェイパーだけで料理の味が決まります。家庭料理から一気にシェフのような手の込んだ味に。

化学調味料(アミノ酸等)

アミノ酸やグルタミン酸ナトリウムなどのうまみ成分を使うことで、より一層おいしい味に。今や調味料には欠かせない材料です。

新しいウェイパーとはどんな味?

ウェイパーは味が変わったと先ほどご紹介しましたが、いったいどのように変わったのでしょうか?

ここからは新しいウェイパー派の意見と、従来のウェイパーである創味シャンタンDX派の意見をご紹介していきます。

従来のものが良いという意見

やはりウェイパーは従来のものが良く、創味シャンタンDXを選んでいる方の意見はたくさんあります。

味、私には違いがわからんかった(笑)

中には違いが判らなかったという人も。どちらもおいしい万能調味料のようです。

味覇から創味シャンタン に切り替え

従来のウェイパーの味が好きな方は創味シャンタンに切り替えるほど。

新しいものもありという意見

従来のものが良いという方もいれば新しい方が好みという方もいます。味の違いとはどのようなものなのでしょうか。

ほんとにこれ神だから是非皆様に使っていただきたい

新しい味がとても気に入っている方も。やはり何にでも使えると好評です。

ラーメン に乗せる野菜炒め をこれで味付けしたら、超絶旨かった

料理によって使い分けるツウも!味の違いに特化した使い方でさらにおいしい料理ができそうです。

このようにウェイパーと創味シャンタンDXは多少の差があるようですが度しらもおいしく使い続けたい味のようです。気になる方は食べ比べてみるのもよいでしょう。

変化はある?新しいウェイパーとはどんな成分が含まれている?

先ほど2015年までのウェイパーの成分をご紹介しましたが、新しいウェイパーの成分はどうなっているのでしょうか?新しく生まれ変わったウェイパーの成分をご紹介いたします。

原材料は変わらないが味は変わる!

実は今までのウェイパーと生まれ変わったウェイパーは、同じ原材料を使っています。しかし、製造している会社が異なるので、細かな配合や成分の差はあり、食べるとやはり別物のようです。気になる方は食べ比べてみるのがおすすめです。

ウェイパーとはどのくらいの価格で購入できるの?

ウェイパーは万能な調味料で様々な料理に使用することができる優れものです。そんな優れものの価格帯はいったいどのくらいなのでしょうか?創味シャンタンDXの価格と合わせてご紹介していきます。

ウェイパーの価格

ウェイパーはほとんどのスーパーで購入できるほどメジャーな調味料となりました。スーパーごとに多少の価格差はあるものの、基本的な価格は500グラムで800円程度の価格で販売されていることが多いです・調味料にしては少し高く感じますが、様々な料理に使え、持ちもよいことを考えるとそこまで高くないのかもしれません。

因みに創味シャンタンの価格は?

では創味シャンタンDXの価格はどのくらいなのでしょうか?基本的にスーパーで売られている価格帯はウェイパーよりも100円ほど安い価格の700円ほどで販売されています。価格帯の差はどんなところにあるのかはわかりませんが、どちらもいろいろな料理に使え持ちもいいことを考えると、妥当な価格帯かと思われます。

インターネット注文専用サイトもある!

なんとウェイパーを販売する廣記商工では、ウェイパーが購入できるホームぺーそを解説しています。一般的なウェイパーはもちろん、大容量のものまでさまざま販売しています。

また、ウェイパー以外にも中華食材や飲料、お惣菜まで販売されており見ているだけで楽しいホームページです。

創味シャンタンとウェイパーとはどんな関係があるの?

何度もウェイパーと創味シャンタンDXという商品名が出てきましたが、いったいどのような関係があるのでしょうか。

創味シャンタンDXとウェイパーは似ている商品を販売しているという関係ではありません。ウェイパーと創味シャンタンには、様々なことがあり現在の形へ落ち着きました。ではいったい何があったのでしょう。

もともとウェイパーとは業務用創味シャンタンだった

もともとウェイパーとは創味という会社の業務用創味シャンタンでした。しかしそのおいしさを一般家庭にも広げたい。と考えた廣記商工という会社が創味と協力したことにより、家庭用創味シャンタンとしてウェイパーが発売されました。

2015年までウェイパーは創味食品が作っていた

もともとのウェイパーは創味シャンタンDXの製造会社である創味が作っていました。しかし、あることがきっかけで提携をやめてしまい、創味は創味シャンタンDXを、廣記商工はウェイパーを他の会社と作り始めました。

チューブのウェイパー発売時に問題勃発

分裂してしまった原因はチューブのウェイパーの発売がきっかけです。コストや材料の話がまとまらず廣記商工は、創味ではない会社と協力しウェイパーのチューブを発売。話し合いの結果缶のウェイパー作りからも創味は手を引くという形でまとまりました。

本当に危険?ウェイパーが危険と言われている理由

ウェイパーはなぜかいつからか危険だという噂が立つようになりました。もちろん危険なものはお店でも販売しませんし、製造している側も大きく宣伝することはできません。ではどうして危険だといわれるようになってしまったのでしょうか?

化学調味料

危険だといわれる原因にあるのは化学調味料の使用があります。確かに化学調味料は、科学的にうまみ成分などを作り出し、直接脳や舌がうまみを感じやすいように作られているので、過剰摂取は味覚がおかしくなってしまうことがあります。しかし今やどんな調味料にも含まれているものなので、ウェイパーが危険となると、ほとんどの調味料が危険になってしまうということになります。

中国のものだからという固定概念

昨今中国産の食品や製品で様々な問題が起こったため日本人は過剰に中国の食品や中国の製品に反応するようになりました。たしかに中には危険なものもありますが、ウェイパーは日本で作られた日本の調味料です。名前だけで判断し固定概念で危険と思ってしまう方も多くいるのが現状です。

多量の食塩

ウェイパーに危険なところがあるとしたら一番注意しなければいけないのは食塩の量です。原材料の一番上に来るほど食塩含有量が多く、過剰摂取により高血圧になってしまう恐れがあります。しかし食塩も過剰に摂取しなければ害はないので、量に気を付けおいしくウェイパーを使っていきましょう。

化学調味料が危険なわけ

ウェイパーだけでなく様々な調味料や食品に入っている化学調味料ですが、いったいどのようなところが体に危険を及ぼすのでしょうか?ウェイパーに含まれる化学調味料についてご紹介します。

グルタミン酸ナトリウム

ウェイパーにはグルタミン酸ナトリウムという成分が入っています。このグルタミン酸ナトリウムという化学調味料は、科学的に人間が感じるうまみ成分を作り出したもので、料理に入れるとうまみが増す化学調味料です。化学調味料は科学的に作られたものなので、自然の食品よりも舌や脳にダイレクトでうまみを伝えます。このことにより味覚が変わってしまったり依存性があるので危険と言われています。

ウェイパーとは注意して使えば危険性はほぼない!

ウェイパーが危険というのはほとんど固定概念に近いものがあります。正しく使えば危険はありません。昨今では、あえて選ばないと化学調味料が入っていないものばかりです。確かに化学調味料は過剰に取ると危険ですが、ウェイパーに含まれるものは注意さえすれば体に大きく害が出るものではありません。

注意したいのは中毒性

ウェイパーに含まれる化学調味料は、アミノ酸やグルタミン酸ナトリウムという成分です。この成分は科学的に作られたうまみ成分なので、自然のものに比べ脳にうまみが伝達しやすく、また食べたいという依存を生んでしまう可能性があります。しかし過剰摂取しなければ問題ありません。

多量の食塩

ウェイパーの注意しなければいけない点は食塩の量にもあります。ウェイパーは、含まれている成分の中で食塩が一番多く、過剰摂取により高血圧の原因となってしまうことがあり危険です。少量でもしっかりとした味が付きますので加減して使用するようにしましょう。

ウェイパーとはどのようなものなのかのまとめ

ウェイパーはとても万能な調味料です。危険という噂はありますが過剰摂取するとよくないというだけで、普通に食べる分には問題ありません。ウェイパーを使ったことがない方は是非一度ウェイパーを試してみてはいかがでしょうか?ウェイパーを入れるだけで料理の味が本格的になりますよ!

ウェイパーについて知りたいアナタへ!

Thumb鍋にもウェイパー!レシピ・作り方まとめました!もつ鍋もあり!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧