同棲準備まとめ!失敗しないために彼氏と同棲前に知っておくべきこと!

彼氏・彼女との同棲準備をする際、同棲後のトラブルを防ぐために知っておきたいことをご紹介します。円満な同棲生活を送るためにも、準備に必要な物や心構えなどを理解しておきましょう。これからカップルで同棲を始めようと思っている人は必見です!

同棲準備まとめ!失敗しないために彼氏と同棲前に知っておくべきこと!

目次

  1. 彼氏・彼女と同棲したい!
  2. 同棲の準備にかかる期間は?
  3. 同棲を決めたらやるべき5つの準備
  4. 同棲準備にかかる金額の相場について
  5. 同棲におすすめの間取りは?
  6. 同棲前に両親に挨拶するメリットはある?
  7. 同棲に必要な家電・家具を準備しよう
  8. 同棲生活を円満にするためにはどんな準備が必要?
  9. 同棲の準備を行う際に気をつけるべきポイント
  10. 2人で計画を立てながら同棲準備を進めよう

彼氏・彼女と同棲したい!

付き合ってしばらくすると、「同棲したい」と思うカップルも出てきます。大好きな彼氏・彼女と一緒に同棲生活を送れたら最高ですよね。楽しい同棲生活にするためには、同棲前から様々な準備が必要となります。そこで、同棲準備について知っておくべきことや準備リストをご紹介していきます。

同棲の準備にかかる期間は?

同棲したいという話になっても、同棲前に下調べや荷造りなど準備を万全にしなければなりません。一人暮らしではない分、二人で計画を立てながら少しずつ準備を進めていくと失敗しないでしょう。

目安は2~3ヶ月

カップルが同棲を始めるまでにかかる準備期間は、平均2~3ヶ月とされています。住むところを見つけたり、必要な物をリストアップしたりなど、同棲前に行うことは意外と多いものです。彼氏・彼女のそれぞれの引っ越し作業も含めて少し余裕を持ちながら準備を進めていくと良いでしょう。

同棲を決めたらやるべき5つの準備

同棲準備をスムーズに進めるためには大きく分けて5つの準備をすると失敗しないでしょう。家探しや金銭面の他にも、お互いの両親への挨拶や同棲前にルールを決めておくのも重要になります。

同棲にかかるお金の準備

同棲には、家賃以外にも様々な支出が出てきます。例えば、水道光熱費や駐車場代、食費、住むところによっては共益費などが発生する場合も。今まで彼氏・彼女が実家暮らしだったのなら、あまりピンと来ない部分もあるでしょうが、毎月必ず必要になるお金の計算は少し多めに見積もって算出しておくと失敗しないでしょう。

両親に挨拶する

同棲前に彼氏・彼女の両親への挨拶は最低限のマナー。結婚するかどうかは別として、これから二人で同棲する旨を伝え、心配しないように住所などを教えておくと安心です。特に彼女の両親へは、「大切な娘さんを預かる」という意味でもきっちりと挨拶しておくと好印象です。

住むところを探す準備

住むところを見つける際は、部屋の広さ・間取り・騒音・周辺の環境など色々な面から慎重に相談して探すと良いでしょう。複数の物件をキープしつつ、できるだけ予算や希望に沿ったところを見つけられると同棲準備がより楽しみになりますね。

生活に必要なものを準備

お互いの荷物以外に、生活に必要な家具や日用品の購入をしておくと良いでしょう。まずは最低限必要な物を買い出し、相談しながら必要な物を少しずつ補っていくのがおすすめ。彼氏・彼女どちらかが購入するよりも、カップルで相談しながら選ぶとお互いの好みに合った物が見つかりやすいのではないでしょうか。

同棲する前にルールを決めておく

「親しき仲にも礼儀あり」というように、いくら仲の良いカップルでも同棲生活を送る中で最低限のルールは決めておくと良いでしょう。どんなルールを作るのかは人それぞれですが、後で失敗しないためにも同棲前にきっちりと決めておきましょう。

同棲準備にかかる金額の相場について

同棲前に最も気になるのが、同棲にいくらお金を用意すれば良いのかということ。また、最初は良くても後々生活が苦しくなってしまうトラブルは避けたいですよね。まずは、家賃・水道光熱費・食費・電話代などを算出し、もしもの時のために予備費を残しておけるのが理想です。家賃をいくら払うかによっても変わってくるため、住むところを探す前に予算を出しておくと安心です。

同棲におすすめの間取りは?

カップルにおすすめの間取りと言われているのが「2DK」。その理由は、最低限の広さが確保でき、個人のプライベートをある程度守ることができるので、生活が上手くいきやすいのが理由のようです。お部屋選びに悩んでいる人は、2DKの部屋を中心に探すと失敗しないかもしれません。

同棲前に両親に挨拶するメリットはある?

同棲準備に両親への挨拶が入っているのは、しっかりと同棲を認めてもらえてから堂々と同棲するのが礼儀とされているからです。もちろん、同棲=結婚と考える人も多く、反対される場面もありますが、きちんと報告することに意味があります。特に彼女を預かる身になる彼氏の場合は、同棲報告を欠かさず行うと良いでしょう。

同棲に必要な家電・家具を準備しよう

引っ越しした時に買い忘れたと失敗しないために、同棲生活に最低限必要だと思う家電・家具を紹介していきます。準備を進める際は、リストアップして確実に一つずつ準備するようにするとスムーズに進められますよ。

キッチン

キッチンは調理を行う場。まず調理器具がないと料理を作ることも難しくなります。フライパンや鍋類、菜箸など大きいものから細かいものまで必要な調理器具を準備していきましょう。

シンク周りには、食器を洗うスポンジや洗剤も必要になります。実家にあるものや身近なショップでも安く手に入るので、この辺は準備しやすいのではないでしょうか。

自炊する場合は、食器類も必需品となります。皿・コップ・箸などを二人分用意しましょう。ただし、ガラス製などは割れやすいので、慎重に取り扱って下さい。

購入した食材や飲み物を入れるには冷蔵庫は必須。二人なので、必ず大きいサイズを買わなければいけないという訳ではありませんが、特売の日に買いだめなどをする場合も考えて、少し大きめのサイズを買っておくと失敗しないでしょう。

ご飯を炊くには、炊飯器が必要です。また、冷凍されている物などを温める際には電子レンジがあると便利。オーブンと一体型になったオーブンレンジも同棲生活におすすめです。

トイレ・お風呂・洗面所

タオルやバスタオルは何かと必要になります。トイレやお風呂上り以外にも、少し予備に枚数を置いておくと安心です。

引っ越してからでも買いに行けますが、意外と忘れがちになるのがトイレットペーパー。荷物を運ぶ時に持っていくと買い忘れしにくくなります。

お風呂の中では、石鹸やシャンプー、コンディショナーは最低限必要となります。更に女性は持ち物が多くなると思いますが、初日に必要な分だけ最初に用意すると楽です。

洗濯機置き場に洗濯機を設置する一仕事もあるでしょう。色々なタイプの洗濯機が販売されていますが、自分の使いやすいものや価格を重視して選ぶのも良いでしょう。電気店でセールなどを開催している時がねらい目です。

洗った洗濯物を干すには、干す場所も必要になります。室内で干す場合には突っ張り棒なども用意しておくと天気が悪い日でも安心して干すことができます。

リビング

外から部屋の中が丸見えにならないために、窓がある場所にはカーテンを用意しましょう。日差しが強く差し込む方角には遮光カーテンなどを使用するのもおすすめです。

リビングにテレビを設置する人も多いのではないでしょうか。テレビ自体も必要ですが、テレビを置くテレビ台もあると便利です。DVDやリモコンなどを収納できるとお部屋がスッキリして見えますね。

くつろぐスペースにはソファがおすすめ。カップル2人で座れるサイズだとそれほど場所も取らずに、丁度良い大きさになります。部屋が広い場合は、少し大きめのソファを購入しても良いですね。

リビングなどに時計を設置するのも良いでしょう。見える位置に時計があると、気になった時に時間を確認できるので生活しやすくなります。

ちょっとした物を置くのに小さめのテーブルはあると便利。必要な時だけ出すようにすれば、普段は机がない分スッキリとした部屋になります。

掃除する時に使う掃除用具を購入しておきましょう。掃除機やホウキなどがあると汚れた時にサッと掃除できます。

寝室

就寝に欠かせないものといえば寝具。ベット派の人も布団派の人も暖かくできるだけ寝心地の良い寝具を選ぶのがおすすめ。同棲するなら、カップルでお揃いの寝具を購入しても良いですね。

昼間と夜で気温の差が激しい季節などは、冷房・暖房を使用すると快適に過ごせます。特に夏場はエアコンが必需品となることもあるため、部屋に設置することをおすすめします。

同棲生活を円満にするためにはどんな準備が必要?

同棲するためには心の準備も必要だと言われています。どんなことに気をつければ円満に過ごせるのかを考えてみましょう。同棲前からお互いを思いやる気持ちを持って望むと良いですね。

個人の時間を大切にする

一緒に過ごす時間が長くなり嬉しい反面、今まで自由に使えていた時間が減るため個人で過ごす時間を大切にするようにしましょう。一緒に何かをするのも楽しいですが、たまには自分の好きなことをする時間を設けて、適度に息抜きを取り入れることも必要です。

目標や結婚時期を定める

同棲を始めてから特に変化もなく、何年も同棲生活を続けるよりは、二人で何か目標を決めたり、結婚する時期を決めると楽しみが増えます。休日の予定を決めたり、少しずつ結婚準備を始めるなどして、生活にハリを持たせてみて下さい。

デートをマンネリ化させない

同棲していると、デートで行く場所が自宅から近場などに集中しやすくなり、マンネリ化してしまう原因になります。そんな時は、隣町まで足を伸ばしてみたり、車がある場合はドライブデートなどいつもと違うデートになるように工夫してみましょう。特にクリスマスなど特別な日は特別なデートプランを考えてみると良いですね。

相手の嫌な部分も受け入れる気持ちを持つ

誰にでも個性があり、それぞれ価値観も異なります。一緒に暮らすとなると当然、相手の嫌な部分も見えてくるでしょう。しかし、それはお互い様。衝突を避けるためには心を広く持ち、相手の嫌な部分も受け入れられるような寛大な心を持つことも大切です。

女性であることを忘れない

デートする時はバッチリメイクしておしゃれをする女性は多いですが、同棲となると途端に気が抜けてしまい、同棲している期間が長くなるほど素の自分をさらけ出す傾向にあります。家でも最低限女性としての自覚を持ち、男性がドン引きするような行動は慎むように心掛けましょう。

金銭面・役割分担はきっちり

しっかりと決めておきたいのが、金銭面と役割分担。例えば、家賃はいくら必要でどちらが払うのかなど、毎月かかるお金について話し合っておく必要があります。お互いの収入面や時間なども見直して、家での家事の役割もきっちりと決めておくと後からトラブルになりにくくなります。

同棲の準備を行う際に気をつけるべきポイント

いくら仲が良いカップルでも、性格や生活習慣が異なる2人が一緒に暮らすということは、当然相手の知らなかった部分も見えてきます。同棲準備を行う段階で気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

相手の価値観を理解しておく

同棲解消や離婚の原因のひとつでも取り上げられる「価値観の違い」。これは一緒に生活していく中で見えてくることが多くなります。どちらの価値観が正しいという訳ではありませんが、できるだけ同じ価値観だと一緒に生活もしやすくなりますね。相手の価値観を知り、しっかりと理解しておくと良いでしょう。

自分中心になりすぎない

買うものひとつに関しても全てが同じ意見ということにはならないので、意見が衝突します。その時に自分中心の意見ばかりでは相手のストレスになってしまうことも。お互いが納得する答えを出すなどして、思いやりの心を持つようにして下さい。

同棲=結婚ではない

同棲が必ず結婚に結び付くとは限りません。同棲生活の中で、今まで見えなかった相手の価値観や性格から「この人とは結婚に向いていない」と判断できる機会でもあるので、すぐに結婚に向くよりもまずは同棲生活を楽しみましょう。

2人で計画を立てながら同棲準備を進めよう

同棲は二人で初めて成立するものです。お互いの考えを尊重しながら少しずつ計画的に同棲準備を進めていきましょう。円満に楽しく生活するためにも、思いやりの心を大切にして下さいね。

同棲については、こちらも一緒にチェック!

Thumb同棲にぴったりな間取りは?間取り選びを失敗すると別れる原因にも!
Thumb同棲から結婚!同棲カップルの結婚のタイミングやきっかけを紹介!
Thumb同棲カップルおすすめインテリア7選!同棲部屋がもっと快適に!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-22 時点

新着一覧