ドリュー・バリモア出演のオススメ映画作品まとめ!女優以外の活動も?

ドリュー・バリモアのオススメ映画をまとめてみた。なぜ今ドリュー・バリモアなの?ドリュー・バリモアの長い芸能活動まとめ。天才子役時代からファッションアイコンを経て現在は話題の海外ホラードラマで再び注目が集まっている。ドリュー・バリモアの近況も併せてご紹介します。

ドリュー・バリモア出演のオススメ映画作品まとめ!女優以外の活動も?

目次

  1. ドリュー・バリモアの出演オススメ映画をご紹介
  2. 世界を虜にしたドリュー・バリモアの出演映画「E.T.」
  3. ドリュー・バリモアと母との関係
  4. ドリュー・バリモアの初期のオススメ出演映画作品をご紹介
  5. ドリュー・バリモアが母と決別するまで
  6. ドリュー・バリモアのフラワー・チャイルドアイコン時代
  7. 90年代のドリュー・バリモア像が注目を集めている?!
  8. 90年代のドリューバリモアの代表映画作品「ボディヒート」
  9. ドリュー・バリモアの代表作映画「チャーリーズ・エンジェル」
  10. ドリュー・バリモアのオススメ映画「50回目のファースト・キス」
  11. ゴールデングローブ賞受賞作品「グレイ・ガーデンズ-追憶の館」
  12. ドリュー・バリモアと日本
  13. ドリュー・バリモアの女優以外の活動をご紹介
  14. ドリュー・バリモアの近況
  15. ドリュー・バリモアのオススメ出演映画、近況などをまとめてみた

ドリュー・バリモアの出演オススメ映画をご紹介

女優ドリュー・バリモアの映画への出演歴はほぼ人生の長さと同じくらいあります。多くの出演作の中からオススメの作品は?とたずねられたら、どんな映画タイトルが頭に浮かびますか?このあたり、年代によってさまざまな違いがありそうなところですよね。ドリュー・バリモアって具体的にどんな映画作品に出演している女優なの?という人もいるかもしれません。

映画好きならばやっぱり「E.T.」のエリオットの小さい妹ガーティ役が心に焼き付いてしまっている人も多そう。天使のようだった天才子役ドリュー・バリモア。しかしドリュー・バリモアの子役時代は暗黒時代であったこともよく言われるところ。

女優ドリュー・バリモアの現在の自立した母親像のイメージを考えるとき、小さいころに家庭的な環境に恵まれなかった生い立ちのことがどうしても頭をよぎるという人もいそうです。E.T.から現在まで、女優ドリュー・バリモアの出演映画のオススメ作品をご紹介していきましょう。

ドリュー・バリモアのプロフィール

ドリュー・バリモア
(Drew Blythe Barrymore)
1975年2月22日(41歳)
カリフォルニア州カルバーシティ出身
活動期間:1978年から
元夫:
ジェレミー・トーマス (1994年–1995年)
トム・グリーン (2001-2002年)
ウィル・コペルマン(2012-2016年)
ウィル・コペルマンとの間に、2012年生まれ長女オリーブと2014年生まれ次女フランキーの二人の娘がいる。
女優、映画監督、プロデューサー、実業家、著作者、モデル

女優ドリュー・バリモアの生い立ち

女優ドリュー・バリモアはロサンゼルスの俳優一家の出身。父親は俳優のジョン・ドリュー・バリモア、母はハンガリー難民でドイツの難民キャンプ生まれ。その後アメリカへ移り住んだ女優のジェイド・バリモアことマコー・イルディコーです。父方のバリモア家は有名俳優が多く、祖父がサイレント期に活躍した「バリモア三兄弟」のジョン・バリモア、祖母はドロレス・コステロでこちらも俳優モーリス・コステロと女優メイ・コステロの娘にあたる人物です。ドリュー・バリモアは俳優一家に生まれたいわば女優のサラブレッドということになります。

華やかな一族に生まれたドリュー・バリモアですが、家庭環境は不安定なものでした。1984年ドリュー・バリモアが9歳の時に両親は離婚しています。ドリュー・バリモアは4人兄弟。ハーフブラザーのジョンもやはり俳優です。

ドリュー・バリモアと父親との関係

母親との共依存の関係は大きく報じられてきましたが、ドリュー・バリモアの父親はドリュー・バリモアの苦悩の子供時代をどんな風に支えてきたのか、不思議に思いますよね。

ドリュー・バリモアが14歳のときに出版された自伝「Little Girl Lost」によれば父親はドリュー・バリモアが生後6か月のときには家を出て行ってしまったため、記憶に残るような父と娘の人間関係は皆無でほとんど口をきいたこともなかったといいます。その後、末期がんで孤独の中最期の時を待っていた実父に対してドリュー・バリモアは和解を申し出、家の近くに住居を用意し最期を看取っています。

9歳のころのドリュー・バリモアの動画

「炎の少女チャーリー」のプロモーションでインタビューに答えている9歳のころのドリュー・バリモアです。すでに喫煙を始めていたともいわれています。両親は不仲で父親からの虐待もあったと述べているドリュー・バリモア。家に寄り付かなかった父ですが、このころようやく両親が正式に離婚しています。

天才子役から始まったドリュー・バリモアの子供時代

映画「E.T.」で一世を風靡したドリュー・バリモア。天才子役として世界中に名前をとどろかせることになります。海外だけでなく、日本にもたくさんの「E.T.」ファンが存在しますよね。

天才子役から90年代のファッションアイコンを経た現在のドリュー・バリモア

有名子役として一世を風靡。90年代にはフラワー・チャイルドの異名をとって自由で破天荒なティーン像を体現してきたドリュー・バリモア。映画「チャーリーズ・エンジェル」が成功を収めると映画の製作者としても確固たる地位を築いています。ドリュー・バリモアのこれまでの出演作をまとめて、長いキャリアのハイライトをご紹介してみる企画です。

ドリュー・バリモア芸能活動をスタート

ドリュー・バリモアが芸能活動を開始したのは赤ちゃんのころ。最初の仕事はドッグフードのCM出演だったといいます。

世界を虜にしたドリュー・バリモアの出演映画「E.T.」

生後11か月にはすでに芸能活動をスタートしていたというドリュー・バリモア。1982年のスピルバーグ監督作品「E.T.」で世界的に人気を集めます。

スピルバーグ監督はゴッドファーザーだったというドリュー・バリモア。スピルバーグ監督の前でパンクバンドの演技をしてみせたことで「E.T.」のガーティ役を得ます。子役の自然な演技は映画「E.T.」の大きな魅力になっていますよね。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「E.T.」予告編

映画「E.T.」には印象に残るシーンがたくさんありますが、ドリュー・バリモアが演じたガーティがワードローブにかくれているE.T.と最初に遭遇するシーンは忘れられないというファンも多いものです。

ドリュー・バリモアと母との関係

常に母親と一緒に歩んでいた子役時代のドリュー・バリモア。母はドリュー・バリモアに母親として接することはなかったといいます。しつけもなければ、良いことと悪いことを示すこともなく、仕事と称しては常に忙しくどこかへ行ってしまう母。ドリュー・バリモアは母に見捨てられたと感じていたとも語っていました。ドリュー・バリモアはすでに父が人生にかかわらず、母には人形か何かのように扱われるという始末。若くしてたくさんのトラブルを抱え込むことに。

ドリュー・バリモアの夜遊びと悪習慣がスタート

子役として成功を収めたドリュー・バリモアと母のジェイドは着飾って夜通し遊び歩くようになります。大人の集まる社交の場に現れた小学生。最初の飲酒はシャンペンをグラスに2杯。酔っぱらったときだけは自分の人生を取り巻く面倒ごとを一切感じなくなって幸せな気分になったといいます。やがて日常的に飲酒をするようになり、依存が深刻化していきます。

8歳のころのドリュー・バリモアのインタビュー

有名子役になったドリュー・バリモアは学校でいじめにあったことを理由に不登校に。夜はニューヨークの有名ナイトクラブ「スタジオ54」に入りびたり、9歳でたばこを11歳からは飲酒をスタート。大麻の吸引は12歳から、その後はもっとハードな薬物へと依存が進みます。

ドリュー・バリモアの「Wildflower」には「E.T.」でブレイクした直後にスタートした母ジェイドの浪費ぶりなどもつづられました。いきなりBMWの高級車を購入し、それまで勤めていた仕事を辞めた母。そこからはステージママとして君臨します。小さいウエスト・ハリウッドのアパートを出て、豪邸に引っ越しをしたとき、幼かったドリュー・バリモアはこれからは家計を支えることになるのかとうんざりしたのだそう。登校しても母はお弁当を持たせてくれないので、人のお弁当を分けてもらうのが常に。母がいつもドリュー・バリモアの年齢について嘘をつくため、自分の年齢がわからなくなってしまったというエピソードも。

伝説のナイトクラブ「スタジオ54」で夜遊びするドリュー・バリモア

セレブや有名人のたまり場だった伝説のナイトクラブ「スタジオ54」。母は大人のパーティーにもドリュー・バリモアを連れ立って出かけています。多くのパーティーへの招待があったというドリュー・バリモア。仕事の一環と考えた母によって出かけたパーティーでは、基本的に放置されていたのだそう。ナイトクラブでは飲酒・喫煙はおろか薬物まで簡単にアクセスができたと語っています。10代でリハビリ施設を出入りするようになります。

ドリュー・バリモアの初期のオススメ出演映画作品をご紹介

ドリュー・バリモアが「E.T.」で成功を収めたあと、依存症に苦しみながら出演していたティーン時代の作品を紹介していきましょう。

スティーブン・キング原作を映画化、SFホラー映画「炎の少女チャーリー」

「E.T.」で大成功した後も映画出演が続いたドリュー・バリモア。 スティーブン・キングの小説『ファイアスターター』を映画化した「炎の少女チャーリー」でドリュー・バリモアは両親と同様に超能力者でパイロキネシスの少女を演じています。兵器に利用しようと画策する政府から父とともに逃げるというストーリーです。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「炎の少女チャーリー」予告編

スティーブン・キング原作の「炎の少女チャーリー」。SFホラー映画です。ドリュー・バリモアは翌年にもスティーブン・キング原作の映画「キャッツ・アイ」に出演しています。このころにはすでに飲酒・喫煙・薬物依存などの悪習慣がスタートしています。

平和なクリスマスのファミリー向け映画「おもちゃの国のクリスマス」

ドリュー・バリモアの夜遊びやアルコールの依存は顕著に。天才子役の転落の軌跡。母と二人着飾って夜遊びに興じるようすをメディアは逐一伝えるようになります。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「おもちゃの国のクリスマス」予告編

1986年のテレビ映画で劇場公開されていません。ファミリー向けのクリスマスミュージカルコメディ。ドリュー・バリモアが抱えていた闇を思うと、かなり平和な家族向けのクリスマス映画ということになりそうです。

ドリュー・バリモアが母と決別するまで

ドリュー・バリモアの母は自身も女優出身。母ジェイドにとってドリュー・バリモアは娘ではなく売り出し中の子役女優。営業をかねてパーティーを連れ歩き、仕事のこと以外はほったらかし。ドリュー・バリモアの人生には父親もいなければ母親も不在だったということに。両親が機能しない家庭環境で「見捨てられた」と感じながら子供時代を過ごしたといいます。超有名子役の子供時代はメディアの目の前で年齢を重ねていくことになります。

ドリュー・バリモアと母の支配

14歳でリハビリ施設へ入所。精神面の治療を18か月受けています。両親にネグレクトされてきたドリュー・バリモア。親代わりの後見人としてクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのデヴィッド・クロスビー夫妻が後見人となってドリュー・バリモアを支えていました。

母との確執は続きます。1988年、泥酔したドリュー・バリモアはついに母に抵抗を試みます。皿やコップを壊して大暴れ。母はいったん家を出ますが友人知人とともに戻ってきて、ドリュー・バリモアを車に乗せてリハビリ施設へ連れていきます。

リハビリ施設を出たり入ったりしていたドリュー・バリモア。出てくると友人を介して薬物依存に戻るという繰り返しの状態に。母を経済的に支えていたドリュー・バリモア。子供としては母への罪悪感もあり、葛藤に悩みます。深刻なうつ状態になり母との人間関係は修復不可能になっていました。ドリュー・バリモアが死を覚悟したときになってようやく、母は共依存のカウンセリングを受け、前向きで建築的な親子関係を築くことを承諾します。

ドリュー・バリモアが母からの独立を裁判所に訴える

若干14歳のドリュー・バリモアは自身の問題の根本にあるのが母による支配であることに気づきます。母と同居し悪習慣にとらわれ、母の手によって精神科に閉じ込められることを繰り返していても良い結果にはならないことを知り、裁判所に訴えて一人暮らしを勝ち取ります。

リハビリ施設での治療を終えると母からの独立を正式に裁判所に訴えたドリュー・バリモア。裁判所はドリュー・バリモアの訴えを認めます。学校に行けなかったこと、母に連れられて小さいころからスタジオ54に通っていたことなどが問題視されたということです。15歳になるとカフェでアルバイトをしながら自分でアパートの家賃を支払い母と決別。母のマネージメントの下で仕事を続けていくこともなくなり自由の身になります。

ドリュー・バリモアは15歳で母親から独立してからは、母とはほとんど会話もなく現在に至っています。一方で、ドリュー・バリモアは経済的に母ジェイドの面倒を見ていることも公言しています。母が元気でやっているという確信がないと、心配でいられないのだそうです。母がいるから自分が生まれたことに感謝していて、必要なものがないかどうかを常に気にかけているのだとか。

オプラ・ウィンフリーのインタビューに答えるドリュー・バリモアと母ジェイド

若干15歳のドリュー・バリモアと母ジェイドがオプラ・ウィンフリーのインタビューに答えている動画です。アルコール依存や薬物依存、若いころから出入りをしているクラブでの夜遊び、不登校になったいきさつなど、フランクに質問に答えています。当時はまだ母と一緒に仕事を受けていました。母に対する態度にも母娘の緊張感が見て取れますよね。

ドリュー・バリモアのフラワー・チャイルドアイコン時代

母からの束縛から逃れ、自身でオーディションを受けに行く生活がスタート。飲酒と薬物への依存を断ち切ったドリュー・バリモアは女優として再ブレイクしていきます。

10代の後半から20代前半のドリュー・バリモアはゲス・ジーンズのCMモデルを担当するなどファッショナブルな女優としても知られる存在に。ハリウッド・ワイルド・チャイルド、フラワー・チャイルドなどと称され、時代の顔的な存在になります。1992年の映画「ボディヒート」で演じた悪女ぶりで再度ブレイクします。

ドリュー・バリモアのゲス・ジーンズの広告

ブロンドのショートカットに赤い口紅。露出の多いグラビア系の仕事を引き受けることも。ルール無用のワイルド・チャイルド。子役時代に悪いことは一通りやってしまったドリュー・バリモアはスクリーンで雑誌でひときわ輝きを増します。

ゲスト出演したレイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマンではデイヴィッド・レターマンの誕生日のプレゼントと称していきなりカウンターの上によじ登り、カメラに背中を向けてTシャツをめくりあげて見せるなど、ワイルドで何をしでかすかわからないスリリングな生き方が常に注目のまとになります。

子役時代に深刻なダメージを被った毒親だった母親と決別。しかし夜ごとのパーティーでのクレイジーなふるまいはそのまま続行中だったこの時期のドリュー・バリモア。1994年にバーのオーナーと結婚。1か月程度で離婚しています。2度目の結婚は2001年にコメディアンのトム・グリーンと。しかしこちらも5か月ほどしかもちませんでした。

90年代のドリュー・バリモア像が注目を集めている?!

90年代のドリュー・バリモアを知らない世代にはなぜ!?と不思議なこのところのドリュー・バリモアブーム。SZA(シザー)の新曲の曲名が「ドリュー・バリモア」なことや、ツイッターでぺこことオクヒラテツコがドリュー・バリモアについて言及するなど、ちょっとしたブームになっているようです。

1周回って90年代のドリュー・バリモアがやっぱりオシャレ?!

SZA(シザー)はリアーナの「ANTI」のオープニングでフューチャーされTDE初の女性アーティストとして注目を集めるものの、TDEと新譜リリースでモメていたのは記憶に新しいところ。やっとリリースされた新曲のタイトルが「ドリュー・バリモア」ということで海外ネットではちょっとしたバズワードに。

2014年にTDEからリリースされたEP『Z』に続く新作が長らく待たれるも、放置気味(?)のTDEに対し、昨年10月には「社長が気に入ってくれたらリリースできるかもね」と投げやりなツイート(後に削除)が波紋を呼んでいましたが、無事に新作『CTRL』がアナウンス。リード曲“Drew Barrymore”が発表され、TV番組でライブ・パフォーマンスも披露しました。

SZA(シザー)はどうしてドリュー・バリモアを曲のタイトルにしたかと尋ねられると、90年代にドリュー・バリモアが出演していた映画のサウンドトラックになるような曲だからと話しています。90年代のドリュー・バリモア出演映画「ボディヒート」や「25年目のキス」といったティーン女優としての魅力のピークの時の出演映画の主題歌になるような曲という説明でした。

一方で歌詞の内容はドリュー・バリモアが若いころに過ごしていたようなパーティーライフが歌われています。といっても楽しいパーティーライフというよりは、自身の内面の不安定さをテーマにした内容になっていて、このあたりもドリュー・バリモアの生い立ちや10代のころの心象風景に重ねたというところのよう。

母のコントロール下で苦しむドリュー・バリモアを彷彿とさせる歌詞とアルバム「CTRL」は、ジャネット・ジャクソンの「コントロール」で古典的に描かれた女性解放と自立の物語をほうふつとさせるといった解釈も。どちらにせよ、ドリュー・バリモアがたどった支配に打ちのめされた女性が一念発起して自立を勝ち取るストーリーは、女性の古典的なテーマということかもしれません。

90年代のドリュー・バリモアの魅力を語るぺこ

わかっている人はわかっている?!一周回ってもう一度90年代のドリュー・バリモアのすごさをわかっているのがぺこことオクヒラテツコ。ボディラインを90年代のドリュー・バリモアに寄せていきたいと考えているのだとか。

確かに90年代のドリュー・バリモアはかわいい!当時のヴィンテージ風のゲス・ジーンズのファッションフォトもりゅうちぇるやぺこのファッションのお手本ということなのかもしれません。

90年代のドリューバリモアの代表映画作品「ボディヒート」

オリジナルタイトルは「ポイズン・アイビー」。劇場公開時よりもビデオ化されてから話題を集めた映画作品。エンターテイメント・ウィークリー誌が選ぶ悪女ランキング6位というアイビーを演じたドリュー・バリモア。冷淡なサイコパスぶりが話題を呼びます。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「ボディヒート」予告編

コメディ映画「ウェインズ・ワールド2」でのドリュー・バリモア

さて、どこにドリュー・バリモアが出ているのか、知っている人は知っている?!ドリュー・バリモアはカメオ出演をしています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「ウェインズ・ワールド2」予告編

ドリュー・バリモア出演シーンを探して改めて見直してみるのもいいかもしれませんよね。

ドリュー・バリモアのグラビア仕事

17歳でインタビュー誌に、19歳でプレイボーイ誌にそれぞれグラビアを披露しています。ゴッドファーザーのスピルバーグ監督が心配して、ドリュー・バリモアの誕生日にキルトを贈り、これで体を隠しなさいとメッセージを添えたという有名なエピソードもあります。

このころコトニー・ラブと急接近。コートニー・ラブと故カート・コバーンの娘フランシスのゴッドマザーになっています。

4人の女性を主人公にした西部劇「バッド・ガールズ」

あまり多くは存在しないとされる女性が主人公の西部劇。ドリュー・バリモアは主人公の4人の女性の一人リリーを好演しています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「バッド・ガールズ」予告編

西部劇の主人公が女性だっていいじゃないか!馬に乗って銃を撃ちまくる痛快で悲しい西部劇です。

女性たちのロードムービー「ボーイズ・オン・ザ・サイド」

それぞれの事情を抱えてニューヨークからカリフォルニアまで旅を続ける女性たちを描いたロードムービー。ドリュー・バリモアは妊娠してDV癖のあるボーイフレンドから逃げる女性ホリーを演じます。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「ボーイズ・オン・ザ・サイド」予告編

90年代からすでに女性を主人公にした良作に出演してきたドリュー・バリモア。共演はウーピー・ゴールドバーグとメアリー=ルイーズ・パーカーです。

ドリュー・バリモアが闇JKを演じた「マッド・ラブ」

闇を抱えたJKとのラブストーリー。ドリュー・バリモアが自身を彷彿とさせる危なげで魅力的な女性を演じています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「マッド・ラブ」予告編

相手役マットを演じるのはクリス・オドネル。ロードアドヴェンチャーのスタイルをとったストーリー。海外では賛否両論でした。ドリュー・バリモアの演じたケイシーのリアリティーはおおむね好評ということに。

「バットマン・フォーエヴァー」でシュガー役を演じたドリュー・バリモア

1995年の映画作品「バットマン・フォーエヴァー」はヴァル・キルマーがバットマンを演じています。ドリュー・バリモアはシュガー役で出演しています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「バットマン・フォーエヴァー」予告編

ちょっと懐かしい感がある「バットマンフォーエヴァー」。ドリュー・バリモアのかわいらしいマドンナぶりを再確認してみるのもいいかも。

カラフルな95年版のバットマン。ドリュー・バリモア、ニコール・キッドマン、ジム・キャリーといった人気俳優の魅力が楽しめます。

ドリュー・バリモアのラブコメ「世界中がアイ・ラヴ・ユー」

ウッディ・アレン監督のミュージカルコメディ「世界中がアイ・ラヴ・ユー」も最近改めて話題にのぼっています。オスカー最有力候補ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」を見る前に見たい?!見た後に見比べてみたい?どちらもかわいらしい女子受けするラブコメミュージカル。ドリュー・バリモアのかわいらしさを堪能できます。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「世界中がアイ・ラヴ・ユー」予告編

人気映画「ラ・ラ・ランド」を見ていきなり思い出してしまった「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のことを語りだす人がSNSに多い!かわいいミュージカルを堪能したい人にオススメです。

代表作のひとつ?!ドリュー・バリモアがかわいい映画「スクリーム」

冒頭のほんの数分しか出演していないのに、ドリュー・バリモアの代表作のひとつに数えられるほどの強烈な印象を残した映画「スクリーム」。ドリュー・バリモア見たさに映画館に足を運んだ人は多かったはず。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「スクリーム」予告編

なぜかドリュー・バリモアにはホラー映画がよく似合う?!現在まで続くこの流れは変わらずのようです。

ドリュー・バリモアがラブコメで魅力を発揮「ウェディング・シンガー」

映画「ウェディング・シンガー」はアダム・サンンドラーと共演したラブコメディ。のちに「50回目のファースト・キス」で再び顔合わせをするゴールデンコンビになります。アダム・サンドラーがウェディング・パーティで歌を歌うウェディング・シンガー役を好演しています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「ウェディング・シンガー」予告編

アダム・サンドラーとドリュー・バリモアのラブコメ・コンビの絶妙さはファンの間でも定評があるところです。

ドリュー・バリモアのシンデレラストーリー映画「エバー・アフター」

映画「エバー・アフター」は童話「シンデレラ」を題材にとったラブコメです。主演のドリュー・バリモアがシンデレラならぬダニエルに扮し王子様と恋に落ちるというストーリー。ハッピーエンディングの映画を見たい女子にオススメです。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「エバー・アフター」予告編

シンデレラのストーリーがキライな女性は少ないもの。けなげなドリュー・バリモアの演じるシンデレラ像が心に残ったという声がSNSにも投稿されていました。

一度もキスされたことのない25歳の高校生?!「25年目のキス」

映画「25年目のキス」ではドリュー・バリモアは製作総指揮を担当。映画作りから作品にかかわり才能を発揮しています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「25年目のキス」予告編

ドリュー・バリモアはナンシー・ジュボナンと製作会社「フラワー・フィルム」を設立。今作が自身の製作会社が手掛けた映画第一作。興行成績が素晴らしく全米公開後初登場1位となり成功をおさめます。ナンシー・ジュボナンはトゥナイトショーのジミー・ファロンの奥さんとしても知られます。

新聞社勤務の25歳の主人公ジョジーが10代の実態リポートをするため17歳とうそをつき高校に潜入取材。教師に恋をするというストーリーです。

ドリュー・バリモアの代表作映画「チャーリーズ・エンジェル」

70年代の人気テレビシリーズをリメイクした映画「チャーリーズ・エンジェル」。ドリュー・バリモア、キャメロン・ディアス、ルーシー・リュウの3人のエンジェルが大活躍するアクションムービーは大成功をおさめます。

ドリュー・バリモアが映画「チャーリーズ・エンジェル」で売れっ子プロデューサーに

自身の製作会社「フラワーフィルム」は映画「チャーリーズ・エンジェル」の大成功を受け、会社としても大きく発展することになります。ドリュー・バリモアは製作段階から作品に深くかかわりプロデューサーとしてクレジットされています。

主題歌を担当したのはビヨンセ在籍のガール・グループ「デスティニーズ・チャイルド」。テーマソングだった「インディペンデント・ウーマン」は映画「チャーリーズ・エンジェル」の裏テーマとして切っても切り離せない曲に。キレイな女性3人組のアクション映画というだけではなく、女性の女性によるヒット映画として、独立する女性像のメッセージが込められていました。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「チャーリーズ・エンジェル」予告編

2000年代の新しい女性像。「チャーリーズ・エンジェル」は女優3人のそれぞれの魅力が堪能できる映画として長く愛されています。ボックスオフィスの興行成績だけにとどまらず、DVD化されストリーミングサービスにのり、レンタルされてお茶の間の人気映画としてすっかり定着していきます。

ドリュー・バリモア企画の映画はそういったマーケティング面でも上手にできているというのが定説になっているよう。

ジョージ・クルーニー監督スパイ映画「コンフェッション」

映画「コンフェッション」は俳優ジョージ・クルーニーの監督作品として知られています。テレビプロデューサーのチャック・バリスの伝記を映画化。秘密工作員としても活躍した人物を描いた作品です。

続編リリースになった「チャーリーズ・エンジェル-フルスロットル」

2003年には続編映画「チャーリーズ・エンジェル-フルスロットル」再び製作を担当しています。ドリュー・バリモアはすでに単なる女優という枠を超えて、企画・製作から映画作りにかかわる成功した女性プロデューサーとして知られるように。

おなじみの美女3人組。パワーウーマン像は健在でした。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」予告編

ドリュー・バリモアの大人かわいい魅力も満載。アクションあり艶っぽさもあり、話題に事欠かない作品として人気に。

キャメロン・ディアスとドリュー・バリモアの友情

キャメロン・ディアスのライフスタイル本の宣伝の一環としてすっぴん画像をアップしたドリュー・バリモア。「チャーリーズ・エンジェル」の3人の主演女優はいまだに仲良し。キャメロン・ディアスもまた女性が移り変わりの激しいハリウッドの世界で年齢を重ねることに関しては、オープンに発言する存在として知られています。

Thumbキャメロン・ディアスが劣化?昔と現在の画像を比較【すっぴん写真あり】

ドリュー・バリモアのオススメ映画「50回目のファースト・キス」

映画「50回目のファースト・キス」は多くのドリュー・バリモアファンにとっては代表作ということで揺るぎない作品。かわいらしいラブコメディを演じるドリュー・バリモアの究極の映画ということになりそうです。

ハワイを舞台に記憶障害をもつ女性と、水族館で働く男性の恋愛を描いた作品です。

ドリュー・バリモアの代表作と最新映画との奇妙な相違点

SNSをかけめぐる映画通たちのご意見。最新日本映画を見る前にチェックしておくか、それとも見てから改めて原点をチェックしてみるか。そこまで似ているのか?!そこまで言われると両方見比べるしかない?!

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「50回目のファースト・キス」予告編

舞台となっているのはハワイ。不幸な交通事故をきっかけに記憶障害を持った女性の一途な恋愛模様が描かれていきます。

ドリュー・バリモアのラブコメはクセになるというファンの声は少なくないようです。

ドリュー・バリモア製作担当作品「2番目のキス」

映画「2番目のキス」はふたたびドリュー・バリモアが製作を行います。相手役はジミー・ファロン。当初ドリュー・バリモアが演じたリンジーはグウィネス・パルトローがキャスティングされていたのだそう。

ヒュー・グラントとドリュー・バリモアのラブコメ映画「ラブソングができるまで」

映画「ラブソングができるまで」ではヒュー・グラントと共演したドリュー・バリモア。ヒュー・グラント演じるアレックスは80年代に一世を風靡したバンドのボーカリスト。植木の世話をするために部屋を訪れたドリュー・バリモア演じるソフィーとひょんなことから共作で曲作りをすることになります。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「ラブソングができるまで」予告編

ラブソングを共作したふたりの関係は、やがて恋愛へと変わっていきます。ドリュー・バリモアが「痩身ビジネス」を起こしているなど設定もおもしろい作品ですよね。

犬好きにオススメの映画「ビバリーヒルズ・チワワ」

映画「ビバリー・ヒルズ・チワワ」はかわいい犬の映画。ドリュー・バリモアはクロエ役で声の出演をしています。

ドリュー・バリモア製作総指揮映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」

映画「そんな彼なら捨てちゃえば」では製作総指揮を担当。バルチモアを舞台に9人の男女が繰り広げる恋愛模様を切り取った群像劇です。

ゴールデングローブ賞受賞作品「グレイ・ガーデンズ-追憶の館」

ドリュー・バリモアはテレビ映画「グレイ・ガーデンズ追憶の館」ではゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。エミー賞主演女優賞のノミネートを受けています。

ジャクリーン・ケネディ・オナシスの叔母ビッグ・イディ・ビールとその娘リトル・イディ・ビールの伝記映画。母と娘は同じ名前を名乗ります。かつては社交界で大活躍した母娘。現在ではロングアイランドにかつて別荘として所有していたグレイ・ガーデン邸で生活をしています。近隣にごみ屋敷として知られるグレイ・ガーデンで野良猫やアライグマなどと生活をするエキセントリックな女性二人の物語。ドリュー・バリモアは母との風変りな生活の中で自分自身の人生を持つことができなかった娘のリトル・イディを演じています。

ドリュー・バリモア初監督作品「ローラーガールズ・ダイアリー」

映画「ローラーガールズ・ダイアリー」はドリュー・バリモアの長編映画監督初作品になります。

主役に抜擢されたのは映画「JUNO/ジュノ」でおなじみのエレン・ペイジ。母親に言われるままに美人コンテストに参加する主人公のブリスはローラーダービーを観戦。すっかり魅了され新人テストに年齢をごまかして参加しチーム入りします。本作を見てローラーダービーに参加し成功した選手も多いというスポーツ映画です。

「遠距離恋愛‐彼女の決断」は遠距離中のカップルにオススメ

映画「遠距離恋愛-彼女の決断」で遠距離恋愛関係になるのはドリュー・バリモア演じるエリンとジャスティン・ロング演じるギャレット。ニューヨークとサンフランシスコに離れたカップルの遠距離恋愛のストーリーです。

動物愛護団体の活動家を演じた「だれもがクジラを愛してる。」

映画「だれもがクジラを愛してる。」でドリュー・バリモアが演じるのは環境保護団体「グリーン・ピース」で動物愛護活動をしているレイチェル。クジラ救出のために州知事や石油採掘会社を相手に活動します。

大人女子の友情の物語「マイ・ベスト・フレンド」

「マイ・ベスト・フレンド」は女性同士の友情を描いた大人女子必見のオススメ映画です。幼馴染の二人の女性の成長と人生を描いた作品。ドリュー・バリモアが演じるジェスとトニ・コレットの演じるミリー。結婚、出産、がんとの闘病などをテーマにしたストーリーになっています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画作品「マイ・ベスト・フレンド」予告編

成人した女性二人の友情をテーマにした数少ない映画です。成長するにしたがって少しずつ距離ができてしまう女性同士の友情。長い付き合いの大切な親友がいるなら一緒に見るのもオススメです。

ドリュー・バリモアのアンデッドぶりが話題「サンタクラリータ・ダイエット」

ネットフリックスで話題の海外連続ドラマ「サンタクラリータ・ダイエット」でドリュー・バリモアが演じているのは主婦シーラ。平凡な主婦のように見えるシーラは実はアンデッドというストーリーです。度肝を抜くスプラッタ系ドラマは海外ドラマの中でもかなりの異色作品。一般家庭の主婦を題材にとったきわどいホラーで怖い!おもしろい!と海外だけでなく国内でも話題になっています。

あまりのぶっとび映像に笑ってしまう?!ドリュー・バリモアのユーモラスな演技がグロ系海外ドラマで炸裂!なんだこりゃ!と注目を集めています。映画スターのドリュー・バリモアが海外ドラマで旋風を引き起こしている「サンタクラリータ・ダイエット」。見てみたいという人の声がSNSに集まっているようです。

海外ドラマ「サンタクラリータ・ダイエット」予告編

グロ系が苦手な人は指の間から見てみる?!ホラー映画は思いっきり笑ってスカっとしたいというタイプの人向けの海外ドラマかもしれません。話題を呼んでいる「サンタクラリータ・ダイエット」はネットフリックスで楽しめます。

ドリュー・バリモアと日本

2015年海外旅行で日本にやってきたドリュー・バリモア。日本国内を旅行してまわったようす。日本滞在記を画像でインスタにアップ。渋谷の交差点でおどけています。

東京フードツアー中のおいしいもの画像が話題に

なぜかポッカの自販機の前でポーズをきめるドリュー・バリモア。

朝7時に築地に降臨していたドリュー・バリモア。ラーメンの井上で朝ごはんを楽しんだようです。東京ではおいしいものを食べるフードツアーを行ったよう。

銀座「田舎家」の炉端焼きでディープな和食を体験したドリュー・バリモア。

2人の娘のためにお祈りもしっかり行っていったようです。

クリスピー・ドーナッツへ。カラフルなドーナツを前に思案顔です。

日本滞在中はしっかり日本の食文化を堪能していったようですね。アマン東京は和食もおいしいオーベルジュ。朝ごはんもゆっくり楽しめそうです。

すきやばし次郎は海外セレブのマストストップになっている?!次郎の映画のタイトル「二郎は鮨の夢を見る」にかけて、二郎とヨシカズ(長男の小野禎一氏)と一緒に寿司を食べるのが夢だったの、夢がかなった!とコメントしています。

ドリュー・バリモアの女優以外の活動をご紹介

映画の世界では一流俳優一家に生まれ子役からスピルバーグ監督の大ヒット映画で名前を売ったというドリュー・バリモア。さまざまな人生経験を経て映画監督や総プロデューサーとして大成功を収めています。成功した製作会社をもっていることも知られています。活躍は映画業界だけにとどまらず別の業界でもやはり成功を収めています。

ドリュー・バリモアの女優以外の活動その1#著作家

数奇な生い立ちや両親との関係、子役時代の依存症とその克服など、ドリュー・バリモアの自伝は常に話題を提供します。自叙伝「Wildflower」でもやはりこれまでのドリュー・バリモアの生い立ちが語られています。

ドリュー・バリモアの女優以外の活動その2#コスメブランド

長年「カバーガール」のモデルをつとめてきたドリュー・バリモア。自身のコスメブランドを立ち上げています。

ドリュー・バリモアのコスメブランド「フラワーコスメティクス」をリリース。ブランド立ち上げのリサーチでは韓国へ足を運び、Kコスメを研究。アジアエリアのマーケットを視察して回っていました。

「カバーガール」の共同クリエイティブディレクターを8年務めた経験を生かし、2013年に米スーパーマーケットチェーンのウォルマート限定で販売される化粧品ブランド「FlowerCosmetics」をスタート!

アジア圏で人気のフェイスマスク。実際に自分で試してみてどんなアイテムが流行中なのか、使い勝手なども徹底研究しているドリュー・バリモア。ビジネスウーマンとしての手腕もなかなかのようです。

ドリュー・バリモアの女優以外の活動その3#ワイン

結婚後は良い母として妻としてのイメージも強かったドリュー・バリモア。ワイン「バリモア」をリリースしています。

女優をはじめ有名人の名前がついたワインは人気が高いということで、ドリュー・バリモアもビジネスに参戦しています。

特徴のあるバリモア印のラベルが目印。ドリュー・バリモアのこうした女優業以外の活動はどれも手堅い成功を収めていると伝えられます。

ドリュー・バリモアの女優以外の活動その4#チャリティー活動

2007年にはWorld Food Programでケニアなどアフリカの子供たちに食べ物の提供をするチャリティ活動を行っていたドリュー・バリモア。ASPCA、赤十字、ユニセフ、SPCAなど多くの慈善団体をサポートしていることで知られています。

2016年には、カップケーキショップのスプリンクルズと協賛してドリュー・バリモアが考案したストロベリー・ショートケーキ・カップケーキを販売し、売り上げを里親のもとで過ごしているフォスターチルドレンを応援する団体ユナイテッド・フレンズ・オブ・ザ・チルドレンに寄付しています。

ドリュー・バリモアの近況

離婚を発表したドリュー・バリモア。シングルマザーとして二人の娘を子育て中と伝えられます。近年のドリュー・バリモアですが、2012年にシャネルの元CEO アリエ・コペルマン御曹司ウィル・コペルマンと3度目の結婚。2人の娘に恵まれましたが2016年離婚しています。

ドリュー・バリモアは現在二人の娘を持つシングルマザー

3度目の離婚を経てシングル宣言。オリーブちゃんとフランキーちゃんという二人の娘のママでもあるドリュー・バリモアの力強い女性像は健在ですよね。

ドリュー・バリモアの母の日の画像が話題に

2016年の母の日を元夫の母親と一緒に過ごしたというドリュー・バリモア。元夫の母とはいえ、子供たちにとってはおばあちゃんなんだから、一緒に過ごしてもなんらおかしくはないと思うのですが、そこはやっぱりドリュー・バリモアの実母ジェイドとの関係はいまだに修復できないのかということがメディアの関心だったようす。

実母とドリュー・バリモアの最近の関係

ドリュー・バリモアにとって子役時代の自分に対する母ジェイドのライフスタイルは快楽主義的で、母親が幼い子供に与えるべき最低限の保護も一貫性もない子育てを行ったことに間違いはないとする一方で、そうした感情的なわだかまりはもう感じないのだとも語っています。「私は自分の人生が大好きだし、過去にあったことの全てが今の自分につながっているから」と達観的なフレーズが自叙伝「Wildflower」でつづられています。

ドリュー・バリモアのオススメ出演映画、近況などをまとめてみた

ドリュー・バリモアの出演映画の中からオススメ作品をご紹介しました。今後シングルマザーとなったドリュー・バリモアの活躍も楽しみですね。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-01-28 時点

新着一覧