ほうれい線に効くマッサージ・ケア方法をチェック!ベロ回しが効果的!?

ほうれい線ができるとなんだか急に老け顔になったりしますよね?化粧をしてもなかなか消せないですよね。お家でも簡単に出来るマッサージやケア方法があるのでチェックしてみましょう。ほうれい線に効くマッサージやケア方法を今一度チェックし直してみては?

ほうれい線に効くマッサージ・ケア方法をチェック!ベロ回しが効果的!?

目次

  1. ほうれい線は美肌の大敵
  2. セルフチェック!ほうれい線できやすい?
  3. ほうれい線のセルフチェック方法
  4. ほうれい線はマッサージケアで消せるかチェック!
  5. マッサージケアはほうれい線以外にも効果あるのかチェック!
  6. ほうれい線に効くマッサージ・ケア法を要チェック
  7. 自分で出来るマッサージケアのやり方をチェック!
  8. 要チェック!マッサージの注意点
  9. 口の周りの筋力をつけてほうれい線をケアしよう
  10. 乾燥肌のほうれい線のケアは保湿を
  11. スキンケアのおすすめ化粧品をチェック!
  12. お肌を守るケアも忘れずに
  13. ほうれい線にはベロ回し体操が効果的?
  14. ベロ回し体操のやり方をチェック!
  15. マッサージ・ケアでほうれい線を改善しよう

ほうれい線は美肌の大敵

女性の美肌の大敵の一つ「ほうれい線」ですが、一度できるとなかなか消えてくれないので悩んでいる方も多いのでは?年を重ねるごとに気になるほうれい線。化粧でもカバーしきれないほうれい線もありますよね。

ほうれい線にはいくつか種類があります。その種類によってほうれい線のケア法が違うので、自分がどのタイプのほうれい線なのかを分析し、それぞれに合ったケアを行う必要があります。

ほうれい線に効くマッサージやケア法の情報を集めてみましたので、自分にあったケア法を見つけて参考になればと思います。

セルフチェック!ほうれい線できやすい?

アナタはほうれい線のセルフチェックをしていますか?ほうれい線があると鏡を見るのも嫌になりますよね。でもそれを放っておくとだんだん目立つようになったり、なかなか消えないほうれい線になったりする場合もあります。

ほうれい線はできやすい人とできにくい人がいます。加齢と共にできるほうれい線ですが、実は若い人でもほうれい線ができる人もいます。人のほうれい線の特徴として、乾燥しやすい人・痩せて栄養が足りていない人に多いようです。今はまだほうれい線が目立たない人でも、生活習慣により将来ほうれい線ができやすいかどうかもわかります。

顔ヨガは小顔効果?ほうれい線やたるみが解消できやり方とは!?

ほうれい線のセルフチェック方法

ほうれい線タイプが分かれているので自分がどのタイプか簡単にチェックしてみてはいかがですか?自分のほうれい線のタイプが分かれば集中的にケアすることもできるので、改善の近道にもなります。自分のお肌をセルフチェックできる情報を集めてみたのでチェックしてみてください。

ほうれい線ができやすいかチェック

肩こりや首こりがひどい人・髪をきつく結んでいることが多い人・丸顔の人・頬が柔らかい人・胸骨が高い人・日焼けしている人・起きた時に顔にシーツの跡がついてなかなか消えない人・ダイエットでリバウンドしたことがある人などがあります。

お肌の栄養不足や乾燥肌によるほうれい線のチェック

メイクはしっかり落としたい人・オイルクレンジングを使う頻度が多い人・最近お肌にハリがなくなってきた人・洗顔後すぐに化粧水をつけないと突っ張る人・爪が割れやすい人などがあります。

表情筋の衰えによるほうれい線のチェック

スマホやパソコンを長時間いじる・気がつく口がポカーンと開いている・なんだか妙に口が乾く・口臭が気になるなどがあります。

どれか一つでも当てはまるのがあれば、ほうれい線のできやすい人になります。また、お肌の乾燥によるものなのか、表情筋の衰えによるものなのか自己分析してケアすることをおすすめします。

ほうれい線はマッサージケアで消せるかチェック!

ほうれい線は一度できるとなかなか消えないので諦めている人もいると思います。ほうれい線は正しくケアをすれば改善することは可能ですよ。ほうれい線は老化現象の一種ではないものの方が多いです。

毎日のケアやマッサージケアをすることでほうれい線を改善することが可能なので諦めていた人もマッサージやケア方法をチェックし、もう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

マッサージケアはほうれい線以外にも効果あるのかチェック!

マッサージとは血流の流れを促進したりリンパの流れを促進したりしますよね。マッサージケアをすることで余分な水分や老廃物が取り除かれ、お顔はキュッと引き締まりほうれい線が目立たなくなります。

デスクワークの方や表情筋の衰えによるほうれい線の方はマッサージケアをすれば改善される方法といえるでしょう。ただ、マッサージケアは一時的な効果のものが多いので続けることが大切です。

毎日マッサージケアすることはほうれい線のケア予防にもつながります。他にもマッサージをすれば老廃物の流れが促進されることによって小顔効果やシワ予防など美容面でもいいことづくめです。

ほうれい線に効くマッサージ・ケア法を要チェック

ほうれい線に効果的な表情筋を鍛えるマッサージケアや内側からマッサージする方法・リンパを流して老廃物を押し流すマッサージなどいくつかマッサージ法はあります。サロンや専門の人にマッサージケアをしてもらうとより効果的にほうれい線の改善ができます。

マッサージ以外にもスキンケアでほうれい線を改善できます。ほうれい線はシワとは違うので毎日のスキンケアを頑張りましょう。

自分で出来るマッサージケアのやり方をチェック!

簡単マッサージケアのやり方

マッサージ用クリームを用意します。摩擦が生じないようにたっぷり使いましょう。顔全体に塗ったら、まずは顔のむくみやたるみを取るために顔を押します。顎を両手の中指と薬指で、息を吐きながら、しっかりとした強さで押します。この部分にはリンパ節があるので、押すことでリンパの流れが良くなります。

次に唇の両端を両手の中指と薬指で息を吐きながら、しっかりとした強さで押します。この部分にもリンパ節があるので押すことでリンパの流れが良くなります。

アゴに両手の人差し指と中指と薬指を置き、唇の端から目の中央の下あたりまで指を滑らせます。指の腹で優しく摩りましょう。

アゴに両手の人差し指と中指と薬指を置き、輪郭をなぞるようにこめかみまで指の腹を使い優しく滑らせます。5分ぐらいを目安にケアしましょう。

リンパマッサージのやり方

リンパマッサージで血流やリンパの流れを良くして老廃物を流しましょう。お顔のむくみを取り除いてあげることでお顔全体がスッキリしてほうれい線も改善できます。自宅でカンタンにできるやり方が動画であったのでリンク貼っておきます。ぜひ参考にしてみてください。

口内マッサージケアのやり方

まず両手の人差し指を使い、口を広げるようにします。次に口の中の筋肉をほぐすように下から上へ軽やかに動かし、筋肉を柔らかくすることで弾力を持たせます。

次に、口を思い切り膨らませたりすぼめたりして、内側からほうれい線を伸ばします。最後に、親指の腹と曲げた人差し指で頬をつまみ、外側から内側へ円を描くように回し、弛んだ頬を引き締めます。5分ぐらいを目安にケアしましょう。

カンタン顔ヨガ

まず唇を縦にすぼめて閉じ、頬を思いっきり吸い込んでヒヨコのような口にします。頬肉を歯で噛まずに吸い込む力でキープします。そのまま上下の唇を閉じたり開いたりする。10秒間ピヨピヨしたら閉じてリラックスします。

要チェック!マッサージの注意点

マッサージする上でいくつか注意点があるので要チェックです。正しいマッサージのやり方でほうれい線の改善を心掛けると良いですね。

マッサージのやりすぎに注意

マッサージは長くやれば効果も倍増するというわけではありません。細胞が疲労して効果が出にくくなるだけなので逆効果になってしまいます。過剰なマッサージはコラーゲンが破壊され皮膚が伸びてたるみの原因にもなりますので注意しましょう。

リンパの流れと逆にマッサージはNG

マッサージはリンパの流れや老廃物を流すので、リンパの流れと逆の方向にマッサージしてしまうと老廃物を溜めてしまうことになるので要注意です。

摩りすぎマッサージはしない

マッサージは圧をかければ良いというわけではありません。目元は皮膚が薄いので軽めの圧でマッサージしないとトラブルを招きかねません。目元は優しい圧でマッサージをします。逆に首のリンパを流すなら少し圧をかけてマッサージします。

乳液やジェルでマッサージしない

マッサージをやる時はマッサージ用のクリームやオイルを使うようにしましょう。乳液やジェルはすぐに乾いてしまいます。乾いた状態でマッサージするとお肌を傷めてしまいますので注意です。ベビーオイルは安く買えて低刺激なのでおすすめですよ。

口の周りの筋力をつけてほうれい線をケアしよう

ペットボトルでケアのやり方

よくペットボトルで口の筋力を鍛えると聞いたことはありませんか?ほうれい線のケアにもこの方法が効果的です。500mlのペットボトルに少量の水を入れます。次にペットボトルを口にくわえて持ち上げ、10秒キープします。これを3回繰り返し1セットとし、朝晩1セットずつ行います。

ペットボトル以外にも口周りの筋肉を鍛えるためのアイテムもネットなどで販売しています。こちらはエクササイズ用のアイテムなのでこちらを購入して口周りの筋トレをやるのも良いですよ。

空気でエクササイズ

まず片側の頬に空気をためて頬が膨らんだ状態にします。その空気を上の前歯の前を通すようにして逆の頬に移動します。次に下の前歯の前を通すようにして元の位置に戻します。これを3周繰り返したら、今度は逆回しで3周繰り返します。

ポイントとしては回す時に口から空気が漏れていないか。口から空気が漏れてしまう人は筋肉がかなり衰えてる証拠のようですよ。

乾燥肌のほうれい線のケアは保湿を

乾燥肌の方はスキンケアでほうれい線を改善しましょう。乾燥しているとシワやほうれい線の原因になります。また、コラーゲンやヒアルロン酸が不足していると、お肌は弾力を失いシワやほうれい線の原因になります。

お肌の外側からスキンケアでアプローチをかけましょう。コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・レチノールなどの保湿成分配合の化粧品で乾燥したお肌をケアしてあげることでほうれい線を改善できます。

スキンケアのおすすめ化粧品をチェック!

ほうれい線のケアには保湿成分配合の化粧品でケアするのが最も有効的ですよね。そんなほうれい線にオススメの化粧品をいくつかご紹介します。気になる方はチェックしてみてください。

スキンコンディショニングジェル(ハトムギ保湿ジェル)

べたつかないのにしっかり潤う保湿ジェルです。水分を限界までたっぷりと含んだ、とろけるように滑らかでみずみずしい感触のジェルが、肌にのせた瞬間すっと素早く浸透します。肌の隅々まで水分補給しながら、肌上にもしっかりとどまり、油分び頼らずに潤いをキープしてくれます。

薬用保湿美容液

セラミドを生み出す力を高め、肌の水分保持能を改善します。うるおいを与えるだけではなく、自ら作り出す肌にみちびく薬用保湿美容液です。角質をゆるませ、肌をやわらかく整えることでこれまでにない肌なじみの良さを実現。ほうれい線ケアにおすすめの化粧品です。

エリクシール・シュペリエル・エンリッチドクリームCB

眠っている間に肌に働きかける、美容濃密クリームです。気になる目元などもふっくら満たし、翌朝の目覚めが変わります。するんとのびて、ベタつかずフィットし、豊かなハリとうるおいを与えてくれます。

少々お値段は張りますが、ほうれい線ケアの効果を高めたい方にオススメです。他にもたくさんほうれい線ケアのできる化粧品があるので、ご自分に合ったスキンケアでほうれい線を改善・ケア予防をしましょう。

ほうれい線を消す方法とは?若いのに笑うとできやすいなどお悩みを解決!

お肌を守るケアも忘れずに

日中の乾燥からもお肌を守ってあげるのも大切で。冬場だと空気も乾燥しているので加湿器を使ってお肌の潤いを保ったり、化粧直しの際にもメイクの上から使用することのできる美容液配合のミストを使用するなどして外的要因からお肌を守るケアも忘れずに行いましょう。

お肌が乾燥しがちな人はこまめに化粧水をつけて乾燥させないように保湿ケアを心がけてください。また紫外線対策も忘れずに。紫外線は1年中降り注いでいます。冬場でも紫外線対策が必要です。家の中にいるかる大丈夫と考えている方もいると思いますが、紫外線は家の中にいても窓透けてお肌に降り注ぎます。

紫外線はお肌を老化させてしまうのでほうれい線の引き金になってしましいます。紫外線は1年を通して対策するようにしましょう。

舌回し体操が凄い!ほうれい線が消える?目が大きくなる?正しいやり方は?

ほうれい線にはベロ回し体操が効果的?

ほうれい線ケアにはベロ回し体操が有効的だと聞いたことがある人も多いと思います。ベロ回し体操は効果があるのか?実際、ほうれい線ケアとして有効的なのか?情報を集めてみました。

ベロ回しの体操は表情筋の衰えによるほうれい線のケアに効果的だと言われています。表情筋の衰えには、トレーニングやエクササイズが色々なケア方法がありますが、どのケア方法よりも実はベロ回し体操が効果的と言われています。

ベロ回し体操で美容効果も

ベロ回し体操にはほうれい線ケアの効果以外にもいくつか嬉しい効果が期待できます。顔の歪み改善やしみ・シワの予防と改善、小顔効果うあ二重アゴの解消なども期待できます。ベロ体操でほうれい線ケアと美容効果が得られるのでかなりお得な方法ですね。

ベロ回し体操のやり方をチェック!

口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿ってぐるりと回します。まずは左回りに20回ベロ回しをします。次に右回りに20回ベロ回しをします。以上を1セットとし、1日に3回を目安にベロ回し体操お行います。できれば朝・昼・晩の3回体操するといいですよ。

ベロ回し体操と同時に声を出すとさらに効果的のようですよ。発生する言葉は「あいう」の3文字だけで良さそうです。

なるべく大きな口を開け、10秒「あ」を言う時の口にします。次に10秒間、口をできるだけ横に引いて「い」の口にします。最後に10秒間、「う」の口にします。これを1セットとして5回行います。ベロ回し体操と一緒にやることをオススメします。

やりすぎや無理は禁物

ベロ回しをやりすぎると頭痛がしたり首筋を痛めたりとやりすぎた結果痛みを伴ったと言う方も少数派ですがいるようです。効果を試したくて張り切るのは良いのですがやりずぎや無理は禁物です。

マッサージ・ケアでほうれい線を改善しよう

ほうれい線はあるだけで老けて見えてしまうので、毎日のケアや予防が必須ですね。自分に合ったマッサージケア法やスキンクケアでほうれい線の改善をして、若さを取り戻しましょう。ほうれい線がないお肌は若々しく見えます。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-07 時点

新着一覧