【大人気】塩レモンの作り方・作り方徹底解説!効果や保存法まで調査!

少し前に大人気となった塩レモンですが、今もじわじわと人気なんですよ。健康にも美容にも効果のある塩レモンの作り方や保存法について、詳しく紹介していきます。塩レモンの作り方を参考にして、美味しい料理をたくさん作ってください。

【大人気】塩レモンの作り方・作り方徹底解説!効果や保存法まで調査!

目次

  1. 人気の塩レモンって何?
  2. 塩レモンにはどんな栄養素が含まれているの
  3. 作り方を知って塩レモンでダイエットをしよう
  4. 塩レモンでデトックス
  5. 簡単塩レモンの作り方で美肌を手に入れよう
  6. 塩レモンで疲れを取ろう
  7. 作り方がとても簡単!塩レモンで風邪予防
  8. 塩レモンの作り方
  9. 塩レモンに使う材料はどんなものがいいの
  10. 塩レモンの作り方をマスターしたら保存法を知っておこう
  11. 基本的な作り方がわかったら塩レモンの使い方
  12. 塩レモンを使ったアレンジ料理の作り方パート1
  13. 塩レモンを使ったアレンジ料理の作り方パート2
  14. 人気の塩レモンを取り入れた使い方の口コミは
  15. 人気の塩レモンの作り方をマスターして料理に取り入れよう

人気の塩レモンって何?

2014年頃大人気となった塩レモンについて知っていますか。塩レモンって何なのと思った人、以前作ったけど最近忘れていたなという人はぜひ参考にしてみてください。

塩レモンとは、アフリカのモロッコ発祥の調味料です。モロッコでは塩レモンを万能調味料として使い、色んな料理で使っています。日本でも人気になったタジン鍋は、モロッコの料理なんですよ。このタジン鍋にももちろん塩レモンを使っています。食材の味をシンプルに楽しむことができます。

そのような塩レモンとは、一体どういうものなのでしょうか。簡単に言うと塩レモンとは、レモンを塩漬けにした調味料のことを言います。

モロッコの塩レモンと日本の塩レモンの違いは、大きく2つです。まず1つ目はレモンの種類です。モロッコのレモンは、日本のレモンに比べて酸味が少なく、香りが強いのが特徴です。

2つ目は使い方です。日本では、塩レモンのレモンはもちろん、塩レモンを漬けてできたエキスも使うことがあります。しかし本場モロッコでは、レモンだけを使いエキスなどは使いません。

塩レモンは日本で言うと梅干しのようなものと言えます。そのため、保存状態がよければ、5年でも10でも保存することができるのです。通常の使い方は、塩レモンを作って2週間後から1カ月くらい寝かせてから使い始め、数カ月の間に使い切ってしまうのがおすすめです。塩レモンがこんなに爆発的に人気になった理由は、テレビで紹介されたというのもありますが、いくつか理由があります。

塩レモンが人気となった理由には、作り方や材料がとてもシンプルという点があります。使うものは、塩とレモンです。その他、ハチミツを加えたりと家庭毎のアレンジが加わったりします。これだけの簡単な材料だと、お店に行けばすぐに手に入れることができるという手軽さが、人気が広がった理由と言えます。

その他には、レモンを塩漬けにするので保存ができる調味料という点です。塩レモンを作ってみたものの、すぐに使ってしまわないといけないとなると、飽きてしまったり使い方に迷ってしまいます。

その点塩レモンは長期間保存ができるので、使いたい時に使いたい分だけ使うことができるというわけです。また塩レモンは、他の食材を引き立てる役割があるので、色んな料理に使うことができるという点も多くの人に受け入れられた理由でしょう。思いついたらぜひ、色んな料理に使ってみてください。

塩レモン人気・簡単なレシピ大紹介!鶏肉やパスタにも使える?

塩レモンにはどんな栄養素が含まれているの

人気の塩レモンですが、どういった栄養素が含まれているのでしょうか。レモンの塩漬けなのだから、そんなに栄養素なんてないでしょうと思っていませんか。案外、体にいいものが含まれているんですよ。

摂り過ぎはいけませんが、人間にとってなくてはならない塩が含まれています。そこにレモンが加わることで、発酵は始まり長期間保存のきくものと変化していきます。その変化によって、レモンの酸っぱさがやわらいだり塩の塩分がまろやかに感じるようになります。

そんな塩レモンに含まれる栄養素は、ビタミンC、クエン酸、ポリフェノール、リモネン、リミノイド、ペクチン、カリウムといったものです。これらは、体にさまざまな効果を出してくれます。

作り方を知って塩レモンでダイエットをしよう

塩レモンダイエットって知っていますか。塩レモンが流行し始めた時に人気となったダイエット方法です。この方法は、塩レモンを料理に取り入れていくといったものです。食事量を制限しながら、積極的に塩レモンを食べるという方法です。

塩レモンに含まれるクエン酸が、血液の流れをよくしてくれ代謝を上げる効果があります。またペクチンによって腸内環境を整え便秘を解消してくれます。このペクチンには、血糖値の上昇を抑える効果があります。

血糖値が上昇したり下降したりすることで、食欲がわき食べ物が食べたくなるという仕組みになっています。また、血糖値が急上昇した場合などにはその反動で急激に血糖値が下がるので、より食への欲求が高まります。このような仕組みを抑えるペクチンのおかげで、ダイエットにもつながるというわけです。

その他にはレモンの香りによって、食欲を抑える効果もあると言われています。これらを総合していくと、体がやせやすい状態になっていくことがわかりますよね。こういったことから、ダイエット効果が期待できるのです。

塩レモンでデトックス

ダイエットや美肌でも関係してきますが、塩レモンにはデトックス効果もあります。塩レモンに含まれるカリウムには、余分な塩分や老廃物を体の外に排出する効果があります。またポリフェノールにもむくみを解消する効果があります。

老廃物が流れず体に滞ってしまうと、むくんだり太りやすくなったり、肌荒れが起きたり病気になったりと体に悪影響が出てくるので、デトックスすることが大切です。

簡単塩レモンの作り方で美肌を手に入れよう

塩レモンに含まれるビタミンCには、コラーゲンを作る際に大切な物質だったり、抗酸化力が強いためにシミを防ぐ効果があると言われています。

この抗酸化とは、酸化を抑えてくれるという意味です。人間は、年齢を重ねたり生きていくうちに、体が酸化していきます。鉄を外に置いておくとさびるといった現象と同じです。同じように、人間の体もさびていっているのです。それによって、老化が進んだり免疫力が低下したりします。

この抗酸化力の強いものを摂ることで、老化や病気を防いでくれたりもします。そのため塩レモンは、美肌になりたい人には特におすすめです。

またレモンの皮に含まれるポリフェノールは強い抗酸化力があるとされており、特に美肌に効果があると言われています。クエン酸も血流がよくなり代謝をあげてくれるので、美肌に効果があります。

塩レモンで疲れを取ろう

レモンと聞いて思うのが、酸っぱいという味ですよね。この酸っぱさには疲れを取る効果があります。酸っぱさのもとであるクエン酸は、疲労回復の役割があります。

作り方がとても簡単!塩レモンで風邪予防

これまでに風邪を引いたらビタミンCと言われたことはありませんか。ビタミンCには、のどの痛みを抑えてくれるといった効果があります。また強い抗酸化力によって弱った体を回復させようとしてくれます。

またレモンに含まれるレモンポリフェノールには、ビタミンCよりも強い抗酸化力があると言われていて、糖尿病など病気を予防してくれるとも言われています。これに続いてリミノイドには細胞レベルでのバリア機能があり、がん細胞が作られるのを抑える効果があると言われています。

レモンの皮にはヒスタミンを抑える効果があるので、アレルギー症状が改善する可能性もあります。このように、塩レモンに含まれる栄養素によって、風邪を治そうとするだけでなく、他の生活習慣病を防いだりする可能性があるのです。

塩レモンの作り方

それでは、塩レモンの作り方について紹介していきます。シンプルな材料と作り方で簡単に作ることができるので、料理が苦手な人でもすぐに作ることができます。ぜひ作って料理に取り入れてみてください。

材料

レモン、塩、保存用の容器

作り方

レモンをきれいに洗います。レモンの皮をつけたままみじん切りにします。保存用の容器にみじん切りにしたレモンを入れ、塩を入れます。レモンと塩がよく混ざるように振ったら完成です。次の日から食べることができますし、少し保存して日数が経ってから食べても美味しいです。

レモンの切り方についてですが、くし形切りにしたり輪切りにしたりしてもいいです。保存用の容器をいくつか準備して、レモンの切り方に応じて塩レモンを作ってもいいですよ。または、くし形切りで塩レモンを作っておいて、料理に応じてレモンをみじん切りにしてもいいですね。

塩レモンに使う材料はどんなものがいいの

塩レモンで使うレモンは、国産レモンがおすすめです。塩レモンでは、皮もすべて使うことになります。外国産のレモンは、運搬中に腐らないために防腐剤がかけられていたり、残留農薬があったりします。そういったことを考えると、防腐剤や残留農薬の心配のない国産レモンを使うようにしてください。

次に塩です。塩は普通の塩でもいいですが、おすすめは粗塩です。粗塩にはミネラルが豊富に含まれています。このミネラル分が、塩レモンとして発酵することで味をまろやかにしてくれます。

塩レモンの作り方をマスターしたら保存法を知っておこう

保存方法

塩レモンの作り方がわかったら、次は保存方法です。塩レモンを作ったら、常温で涼しい所に保存するようにしてください。そうすると塩レモンからエキスが出てきます。そのエキスでレモンが浸かるくらいになったら、冷蔵庫で保存しましょう。

冬であれば、さほど暖かくない常温で保存もできますが、夏場は冷蔵庫で保存するようにしてください。また塩レモンからエキスが出てきたら、たまに軽く保存容器を振って中身を循環させてください。

保存容器の煮沸消毒

塩レモンを保存するにあたって注意してほしいことがあります。それは、保存容器の煮沸です。しっかり煮沸消毒ができていなかったり、雑菌が入ってしまうとカビが生えてしまう可能性があります。

カビが生えないように保存容器はしっかり煮沸しましょう。まず保存容器を洗います。そして鍋に水を入れて保存容器を入れ加熱していきます。沸騰したら10分ほどそのまま煮沸消毒しましょう。きれいなトングやキッチンペーパーを使ってしっかり乾燥させます。

もちろん保存容器に使うものは、密閉性の高いものだったり耐熱の容器を選ぶようにしてください。また、保存した塩レモンを使う時はきれいなスプーンで取るようにして、くれぐれも味見をしたスプーンを使うなんてことのないように注意してください。

基本的な作り方がわかったら塩レモンの使い方

塩レモンの作り方や保存方法はわかったという人は、いよいよ塩レモンの使い方をマスターしていきましょう。塩レモンは、モロッコで万能調味料と言われているだけあって、どんな料理にも使うことができます。素材のよさを引き出してくれる調味料なのです。

塩レモンを使う主な料理は、魚料理や肉料理、鍋にパスタなどさまざまです。魚料理では、塩レモンが魚の臭みを取ってくれたり、肉料理では油で胃がもたれるのを防いでくれます。

水や炭酸水に溶かして、ドリンクとして飲んでも美味しいですよ。自分の好きなものに使うことができて、使い方のアレンジができるという点も、塩レモンが人気になる要因なのかもしれませんね。

塩レモンを使ったアレンジ料理の作り方パート1

爽やか塩レモン鍋

それでは、塩レモンを使ったおすすめの料理を紹介していきます。塩レモンと言えば鍋と思う人もいるかもしれません。さっぱりしていて、野菜をたくさん食べることができるので、ダイエット中にもおすすめです。

材料

鶏もも肉、キャベツ、えのき、トマト、塩レモン、水

作り方

鶏もも肉、キャベツ、えのき、トマトを食べやすい大きさに切ります。沸騰した水に塩レモンを入れます。食材を加えて煮ていきます。鶏肉に火が通たら完成です。

簡単に作れるので、料理が苦手な人でも作ることができますよ。ブラックペッパーを加えてパスタでしめるのが、おすすめのようです。

塩レモンを使ったアレンジ料理の作り方パート2

塩レモンのクリームパスタ

次の塩レモンを使ったアレンジ料理は、パスタです。濃厚なクリームパスタもさわやかなレモンの香りと酸味でさっぱり食べることができます。

材料

パスタ、塩レモン、パルミジャーノチーズ、生クリーム、バター、ディル、塩、ブラックペッパー

作り方

塩レモンのレモンとディルは細かく刻んでおきます。パスタをゆで始めます。次にソース作りです。フライパンに生クリームとバターを入れ加熱します。パスタを2分くらいゆでたら、ソース作りをしているフライパンに入れます。パスタのゆで加減やソースのとろみがちょうどよくなったら火を止めます。

そこに塩レモン、ディル、パルミジャニーノチーズを加えてよく混ぜます。最後に塩とブラックペッパーで味を調えたら完成です。

人気の塩レモンを取り入れた使い方の口コミは

塩レモンを料理に取り入れた感想や、塩レモンの使い方の口コミを紹介していきます。美味しいカキフライに塩レモンがおすすめのようです。揚げ物もさっぱり食べられそうですね。

唐揚げの味付けに塩レモンがおすすめです。ただ、水分が多いので揚げる時には注意が必要です。塩レモンを使った焼きおにぎり、とても美味しそうですね。大葉やシラス、ゴマが入って栄養満点ですね。

人気の塩レモンの作り方をマスターして料理に取り入れよう

人気の塩レモンの作り方や使い方をマスターして、料理にどんどん取り入れていきましょう。塩レモンに含まれる栄養素で、健康や美肌を手に入れましょう。

また、塩レモンの使い方はたくさんあります。お菓子に取り入れて塩レモンクッキーを作る人もいます。ヨーグルトに入れるだけという簡単な使い方もできます。使い方は人それぞれです。自分の塩レモンの使い方をぜひ見つけてみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-25 時点

新着一覧