マリッジブルーの原因や解消方法まとめ!婚約破棄もありえる?

結婚が決まっり幸せ絶頂のはずなのにマリッジブルーが!結婚を控えた人もそうでない人も心配なのがマリッジブルー。人生の一大決心である結婚を目の前にすれば女性であれば本当にこれでよかったのかと心配になるのも無理もありません。その原因や解消方法をまとめてみました!

マリッジブルーの原因や解消方法まとめ!婚約破棄もありえる?

目次

  1. 結婚が決まって幸せMAXなはずなのに!マリッジブルー
  2. 8割がかかる?結婚前のマリッジブルー
  3. 結婚前のみんなのマリッジブルー
  4. 結婚を表明した途端訪れる環境の変化
  5. 原因1:もう恋愛は終わり?彼氏と彼女でいられなくなる2人への不安
  6. 原因2:彼氏の奥さんとなる自分自身の変化への不安
  7. 原因3:本当にこの人と一生一緒にいるのかという相手への不安
  8. 原因4:自分の自由が制限されるような感覚への不安
  9. 原因5:仕事やお金の不安
  10. 原因6:お互いの家族との人間関係への不安
  11. 原因7:結婚式、結婚準備からのすれ違い
  12. 彼女だけじゃない?彼氏にもマリッジブルーがある?
  13. 意外とあるマリッジブルーからくる婚約破棄
  14. 婚約破棄なんてことにならないために考えたいマリッジブルーの解消方法
  15. 婚約破棄の前にもう一度思い出して!
  16. マリッジブルーは2人の結婚生活を考える大切なステップ
  17. マリッジブルーまとめ

結婚が決まって幸せMAXなはずなのに!マリッジブルー

結婚準備中にやってるくる不安…これがマリッジブルーか

結婚が決まったんですね!おめでとうございます!恋愛のスタートは彼氏からのアプローチですか?それとも彼女の片思いですか?結婚に至るまでの恋愛にはいろいろあったと思います!結婚が決まって本当におめでとうございます!

あれ?でもあなたは今結婚前の幸せMAXな婚約中なはずなのに悩んでいるのですね?なんだか言葉に使用のない不安が押し寄せてくる...これがマリッジブルーというやつか…というものですね。

結婚前の楽しい準備も憂鬱に…

恋愛時代にあれだけあこがれた教会でのウェディング。その準備中でも幸せな気分とは裏腹に彼氏の横で不安がよぎってしまう私...こんな気分になっていること自体ショックなのに、誰に言っていいのか、どう伝えていいものか悩みは深まるばかりです。

一生の宝物になる婚約指輪を付けていてもそのきらめきと反比例するかのように影がさしてくる私の心...あんなにあこがれたはずの指輪が重く感じるから不思議で悲しくなるのです。

Thumb共働きの家事分担ポイント!結婚前に知りたい家事分担事情まとめ!

8割がかかる?結婚前のマリッジブルー

実際に自分がなってみると8割近くの花嫁がかかるといわれても驚かないかもしれませんね。逆に2割の花嫁さんがマリッジブルーにならなかったなんてそっちのほうが不思議なくらいです。

結婚という人生の大きな節目を前に 不安や迷い、焦りで気持ちが落ち着かない というのが主な症状。 アンケートによると、8割近くの花嫁さんが 経験しているという結果が!!

Thumb彼氏と結婚する前に!彼氏の結婚本気度がわかる確認方法まとめ!

結婚前のみんなのマリッジブルー

信じた彼氏でもやっぱり結婚となると考えてしまうものなんですね。原因は将来って誰にもわからないことなんでしょうか。マリッジブルーが親の死に値するストレス?!でも実際に自分が経験してみると納得です。

彼氏に対しても彼女自身にも不安しか出てこない、でも水を差すような発言をしたくないって切ない気持ちわかります!恋愛を楽しんでいたころのほうが幸せだったのかも…なんて考えてしまうのも無理もないことなのでしょうか。

周りの結婚前の祝福ムードではどこにもその辛さをぶつけられなくて余計辛いんですよね。自分自身の気持ちがわからない!話し合うことばかり!結婚前は本当にマリッジブルーの原因にあふれてしまっています。

友達にも相談できない辛さ、体調まで崩して涙が止まらないなんて、解消方法はマリッジブルーを経験したことのあるお姉さんへの相談なんですね。

あんなに好きで結婚まで決めた彼氏に会いたいとか思えない彼女、マリッジブルーが切なすぎます。このまま進めていいのか...でも今更やめるとは言えない!婚約解消まで真剣に考えてしまう恐ろしいマリッジブルー

周りから喜ばれることが逆に辛くなる原因になるんですね。考えすぎだろうって頭では分かっているけど…急に悲しくなって涙が出る…精神バランスの崩壊が止まりません。

結婚を表明した途端訪れる環境の変化

彼氏・彼女ではなく夫婦になる二人の新しい関係。両親をはじめ様々な夫婦を見ているけど、ラブラブなのは最初だけで冷めきった関係も少なくない…

毎日の生活に追われて、なんだか疲れたように見える夫婦を見ると自分たちもそうなってしまうのではと不安になります。あこがれた結婚だけど自分たちがそんな理想の夫婦になれるのか?考え始めるときりがありません。

独身から既婚者となる自分自身の立場。妻、奥さんって小さいころはあこがれたけど、実際に自分がなるとなるとしっくりこない違和感ばかりを感じます。なんだ社会的にも彼氏だった男性の妻となり責任も重くのしかかってくる気分になります。

もうこれまでのような自分のままではいられないと、見えないプレッシャーに押しつぶされそうになります。自分の両親の娘から彼氏の家族の嫁という自分になる私。恋愛中の彼女のころはそれほど深く付き合うこともなかったけど結婚となるとそうもいかないものです。

彼氏と結婚するということは彼氏の家族の一員になること、そう理解していてもなんだか不安でいっぱいです。嫁姑問題とかあるのかな?結婚式の準備でも意識せざるを得ない相手側の家族がその悩みを一層リアルにします。結婚することを伝えたら職場や友達からの態度が変わった気がする、そう思うのも結婚が決まった彼女がよく感じる変化です。

もうこれまでのように遊んだりできないのかという不自由さ、独身の友達からの祝福に混じるかすかなうらやましさ、先輩カップルからの激励...私は何も変わっていないのに周りの態度が明らかに変わってきます。

原因1:もう恋愛は終わり?彼氏と彼女でいられなくなる2人への不安

ケンカをしても彼氏彼女の時は、離れて頭を冷やす距離が持てました。でも結婚したら毎日いやでも一緒。お金のことも将来のことも何もかもを一緒に背負って生きていかないといけない…

恋愛中にはあこがれた結婚生活。でも現実が迫ってくると楽しいことばかりではないことに気づかされマリッジブルーとなって押し寄せてきます。

原因2:彼氏の奥さんとなる自分自身の変化への不安

いざ変わるとなると結婚前のこれまでの自分の名字が変わることにもなんだか寂しい気持ちが襲ってきます。婚姻届を見るだけでなんだか自分のこれまで当たり前だったものが180度変わってしまう波におぼれそうになります。

彼氏の奥さんになることは夢だったはずなのに、なんだか社会から取り残されるというかはじかれるような気分になったりなんてことも。

原因3:本当にこの人と一生一緒にいるのかという相手への不安

理想を言えばきりがないのはわかっている。彼女の時代から見てきた彼氏のことを信じてついていきたいけど…でも!本当にこの人でいいのかな?

結婚となると自分の老後や子供のことなど将来がかかっています。考えれば考えるほど心配の種が見つかり、きりがありません。

原因4:自分の自由が制限されるような感覚への不安

住み慣れた家、気ままな独身貴族生活、自分で何でもやりたいことができたというこれまでの生活。結婚とはそんな自由との引き換えだった現実に怖くなるのです。

よくある不倫問題。これまでの恋愛とは違い浮気ではなく不倫!自分が不倫をするわけではないしてもその言葉の重みからもわかる通り既婚者となる縛りの強さがのしかかります。

原因5:仕事やお金の不安

このご時世、家庭に入って子供を育てて、毎日家でご主人お帰りを待つ専業主婦を願ってみてもなかなか難しい時代。たとえ自分が結婚して子供を産んで働きたいと思っていても保育園の問題やら仕事が続けられるのかという不安も付きまといます。

原因6:お互いの家族との人間関係への不安

いくら彼氏と彼女が良くても両親が出てくるとうまくいかないことも増えてきます。育ってきた環境が違うから…とわかってはいても価値観の違いはマリッジブルーの大きな原因となるものです。

原因7:結婚式、結婚準備からのすれ違い

正解はないのが結婚式。いろいろお金がかかるのも結婚式。初めての二人の公式行事となるもの。一生に一度だから張り切るものの、決めることややることが多くて大変...

マリッジブルーの彼女の気持ちが忙しい結婚準備に追いつかないなんて話はよくあるものです。結婚式の準備で見えた彼氏の新たな一面でがっかりした…なんてケースもあるようです。

彼女だけじゃない?彼氏にもマリッジブルーがある?

男性のマリッジブルー

男性も具合が悪くなるほど悩まされるマリッジブルー。こんな風に最後は笑いに変えられるのならまだ隙がありますが…ちょっとしたつぶやきですがぞっとするような印象を受けてしまいます。全部放り出して逃げ出したいなんて男性が思うなんて…

彼氏側が感じるマリッジブルー「結婚は人生の墓場」説

よく言いますが、結婚は「男はスタート、女はゴール」という考え方。そしてそれと並んで言われるのが「結婚は人生の墓場」だという考えです。

結婚への責任を重く受け止めるあまりプレッシャーが大きくなる

ずっと彼女を養っていかなきゃいけない責任!家族の大黒柱になるプレッシャー!もう自由ではない縛られ管理される生活!そんな風に感じてしまう男性も多いのも事実です。

責任の重さから逃れて結婚をしない男性よりは、結婚を決意してくれた彼氏は立派だとおは思いますが、そこの決意に水を差すのがマリッジブルーなんですね。

意外とあるマリッジブルーからくる婚約破棄

自分がいざ結婚となるとこんなにつらいものなのかと感じるマリッジブルー。婚約破棄に至るというケースも意外とあるようです。

しかし、だからと言ってマリッジブルーを単なる通過儀礼のようなものと侮ってはいけません。なぜなら、決して多くはないとしても、マリッジブルーが重篤化してしまった結果、婚約を破棄してしまうというケースもあるからです。

他の人に知らせた後でもやはり婚約破棄なんてことも実際あるようですね。確かに相手も辛い!そして家族も、本人も辛い!

まさかの男性側のマリッジブルーによる婚約破棄...うまい解消方法はなかったものか…マリッジブルーとは恋愛期間の長さをもってしてでも手ごわいようです。

婚約破棄なんてことにならないために考えたいマリッジブルーの解消方法

考えすぎない!

一時の気の迷いである!誰でも道である!と気にしすぎないこと!代表的なマリッジブルーの解消方法です。現に、結婚式を終えて新生活が始まってしまえば、何だったんだろうとケロッとする人も多いのも事実です。ようは何もしないのが解消方法というわけですね。

確かにマリッジブルーと呼ばれる症状自体、個人差があるとはいえ「理由もなくイライラしてしまう」とか「何かにつけ悲しい気分になっている」など、本人の苦痛と八つ当たりされた周囲の人間以外には、あまり実害がないことが多いというのが普通です。

結婚したといっても二人は結婚前と変わらない人間です。恋愛期間中育ててきた絆と思い出をさらに深めて一生添い遂げる約束をしたという喜ばしい事実にあの悩みは何だったのだろうと不思議になるほど。

誰でも少なからず通るといわれているマリッジブルーですから、不安な気持ちになっても「あーこれがそうかー」くらいでやり過ごす!考えすぎないという姿勢を持つことが一般的な解消方法です。

彼氏(彼女)ときちんと話し合う

不安な気持ちを抱えているのは彼女だけではないものです。そんな時こそ二人で向き合ってじっくり話し合いましょう。マリッジブルーの原因がはっきりしているなら一番ぱっぴーな解消方法です。

結婚前からよく二人で話し合っておくとその後の結婚生活にもいろいろと生きてきます。結婚したからと言って恋愛関係が終わるわけではありません。二人で不安をわかちあい、不安を払しょくする建設的な解消方法です。

いろんな人の意見を聞いてみる

率直に結婚の先輩に解消方法を聞いてみましょう。お母さん、姉妹、先輩、友達などなど。聞いてみるとその時はそんな風に思っていなかったのにびっくりするようなことでマリッジブルーになっていたというエピソードが飛び出してくるはずです。

婚約破棄を真剣に考えた人だって意外と多いはずです。他の人の話を聞いていると、自分たち二人を客観的に見れて落ち着けるという解消方法となります。

不安なのは当たり前だとマリッジブルーを受け止める

思い返せば、受験の時も、学校の卒業の時期も、就職の時も、引っ越しの時もさまざまな環境の変化ってあったはずです。その時は希望に無絵を膨らませる反面、不安な気持ちがあったはず。結婚もそんな新しい環境へのスタートだと思えば不安なのも当たり前です。

婚約破棄の前にもう一度思い出して!

マリッジブルーは本当の自分の心の叫び?

彼氏とじっくり話し合っても、周囲の人に相談してもどうしても解消方法が見つけられなかったら...婚約破棄しかないのでしょうか?

婚約破棄なんて最終手段です。そんな選択をしたあなた自身はもちろん、周りの家族や友人、そしてかつて恋愛をした大切な彼をひどく傷つけることになります。

そんな解消方法をうまく見つけられないときは二人の出会い、恋愛中楽しかったことを思い出してみてください。彼女は彼氏のどんなところを好きだと思って付き合い始めたのですか?付き合いだした頃の新鮮な気持ち、気持ちが通じ合ってきたと思った瞬間、結婚前の二人の様々な思い出...

そして一番思い出してほしいのが、結婚を決意した瞬間です。結婚前の一番の幸せMAXな瞬間だったはずです。結婚を決意したあなたの気持ちはどんなでしたか?

その時の気持ちを思い出せば、不安も落ち着いてくるのではないでしょうか。婚約破棄まで考えているような状態になってしまってもまだ修復は可能なはずです。

Thumb結婚前夜の女性の過ごし方まとめ!独身最後の日みんなどう過ごす?

マリッジブルーは2人の結婚生活を考える大切なステップ

2人でしか解決できないのがマリッジブルーです。

一番大切なのは2人の気持ち。もうあなたもわかっていますよね。結婚前のマリッジブルーはいわばこれから始まる長い結婚生活の予行演習。乗り越えた二人は晴れて夫婦として新しい人生のスタートを歩み始めるのです。

不安なことは、話し合って2人でルールを決めてみましょう。彼氏のほうもきっと同じようなことで悩んでいるものです。ここを乗り越えることで本当の夫婦として成長していけるのでしょう。

相手に幸せにしてもらうという気持ちと同時に、私もこの人を幸せにするんだという気持ちも持っておきたいものです。不安にばかり目を向けるのではなく、幼いころ夢見た花嫁になることをもっと楽しんでください。結婚することを決めたウキウキする気持ちを忘れないでください。そして不安な気持ちを持っていることを隠してストレスをためないでください。

マリッジブルーまとめ

まずは一生のパートナーとなる相手としっかり向き合い、不安をとことん話し合うこと!これからの長い長い人生を共にすることを決めた相手です。その人を信じて、ストレスをため込むことなく率直にぶつけてみましょう。

家族や友人、知り合いに話すのが辛ければウェディングプランナーの人なんかもいい相談相手になってくれるはずです。いろんな人の話にも耳を傾けて思いつめることがないようにしましょう。

そして相手の不安もしっかりと受け止めることも忘れずに。マリッジブルーをお互いをより理解しあうよいきっかけにして乗り越えてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-23 時点

新着一覧