婚約記念品の基礎知識まとめ!何を贈る?相場は?彼へは絶対贈るもの?

婚約記念品って?婚約と婚約記念品は別物?などと、恋愛中のカップルは煩わしてごめんと思っているかも。でも、婚約は法律的な意味合いはなくても、結婚する証の意味合いがあり、略式でも両家の顔合わせと両親に婚約の認めと両家の確認の印で、婚約記念品は意味がありますよ。

婚約記念品の基礎知識まとめ!何を贈る?相場は?彼へは絶対贈るもの?

目次

  1. 話題の婚約シーンはサッカーの長友佑都と平愛梨
  2. 婚約記念品はかっての結納の名残り
  3. 婚約記念品のもつ意味は何?
  4. 婚約の印の婚約記念品として
  5. 婚約の婚約記念品の相場は?
  6. 婚約記念品はいつオーダーするの?
  7. 婚約記念品の準備の前に
  8. 恋愛中のカップルで婚約記念品と両家顔合わせの準備
  9. 略式の結納の顔合わせの基礎知識を
  10. 婚約の会食による顔合わせのちょっとしたマナー
  11. 婚約記念品のまとめ

話題の婚約シーンはサッカーの長友佑都と平愛梨

長友佑都都と平愛梨のサプライズのサッカー場のプロポーズの動画を見たという人も多いことでしょう。婚約指輪でも大い話題になりました。一体、婚約記念品ってなんでしょう。

プロポーズをサプライズでしようと思っていますか、それとも、両親の立ち合いで婚約を正式にしようと思っていますか。どちらにしても、大事なことは、お互いが結婚を納得の上で進めることです。近年は、略式の両家顔合わせの会食で婚約を両家の親に認めてもらう形式が多いようです。

婚約記念品はかっての結納の名残り

日本の風習として、結納の儀式がありました。そのときは、結納セットに品物を添え、目録と家族書を付けて花婿の家から花嫁の家に仲人が納めていました。

また、仲人が花嫁の家から結納のお礼として、受書や家族書とともに結納返しの反返しを花婿の家へ届けていました。仲人を通して、両家の婚約の品の交わしが行われていました。

結納は結婚をすることを公にする意味合いもあり、結婚前の3~6か月に執り行われます。近年は、ゆかしき結納を執り行うことは地方によってはまだ残っていますが、略式化されています。

結婚前に婚約の印として、両家の初顔合わせをする際に、お互いが品物を交わす品を婚約記念品として交換されているようです。

婚約で婚約記念品を交わさないで、後でカップルで彼女の好みの品を求める婚約記念品もあります。また、この婚約記念品も簡素化で略されることもあります。結婚生活に必要な製品を揃えるというカップルもいます。

結納返し基礎知識まとめ!金額相場・目録・記念品など!関東・関西の違いも紹介

婚約記念品のもつ意味は何?

カップルが結婚前に、婚約したことの証の印として、お互いが記念となる品を交わすいわゆる結納の儀式の意味合いが、婚約記念品にはあると考えられます。

このことから、婚約記念品は、将来結婚することの証でもあり、お互い恋愛中の結婚前のプレゼントとして、お互いが結婚を誓った大事な記念になるのではないでしょうか。

婚約の印の婚約記念品として

婚約に使われる男性からの贈り物は、何と言ってもダイヤモンド指輪がダントツのようです。婚約記念品には誕生石の指輪やネックレスなど永久に輝く宝石がよく使われています。そして、結婚式に付けてほしいと思っている人もいるようです。

また、何時でも身に着けてもらえる品をと、時計などもカップルがペアでと、婚約記念品に選ばれるようです。普段高価な背広のスーツは不要ですが、結婚や特別なことに着てもらえるようにとブランドのオーダースーツをお返しにする人もあるようです。

堅実な考え方で、無駄なお金使いはしなくてもいいじゃないという考えを持っている人もあります。家族の顔合わせの会食も簡素にするなど、それぞれのカップルがケースバイケースで行っているようです。

Thumb結婚指輪人気ブランドおすすめは?2017年最新デザイン&価格相場別ランキング

婚約の婚約記念品の相場は?

婚約記念品の一般的な相場は、給料の3か月分が目安にされているようで、相場として20~50万円くらいといわれています。結婚後の出費を考えて、お互いが話し合って決めるのも一案です。婚約記念品の婚約指輪を購入するとき、結婚指輪の相場も予算も考慮することをおすすめします。

婚約指輪のお返しまとめ!お返し額相場やおすすめな贈り物など紹介

婚約記念品はいつオーダーするの?

婚約記念品は、オーダーの婚約指輪は3カ月くらい前までに注文を、デザインの提供から選択しての婚約指輪ならば1か月くらい前までに注文をおすすめします。

問題は、何時渡す予定かによって少なくとも必要な時間を決めることです。また、彼女の好みもサイズもさりげなく聞き出しておくと、婚約指輪の石の選択も楽ですよ。

既成の品を結婚記念品に選ぶ場合、彼女の指サイズに修正や刻印を依頼するならば3週間くらい前までに注文がよいでしょう。即、指輪を結婚記念品として持ち帰りたい場合、後日サイズの直しと刻印を依頼していおくことをおすすめします。

時には、恋愛中のカップルが目に留まった指輪を彼女の誕生日などに合わせて先に結婚記念品として贈ることもあるようです。この時は、両家の顔合わせの会食の際に、きちんともらっていることと品を披露するようにしましょう。

婚約記念品の準備の前に

いくら結婚を考えていても、相手の意志をお互いが確認できていなければ一生の一大イベントを進めることはできませんね。彼女を喜ばせる策を練るのも一手です。

婚約記念品の準備に、確かなる確信の脈があることは恋愛中のカップルの時、結婚前に得ているべきことと思われませんか。

結婚は、恋愛のカップルとは違い、戸籍の手続きもあることですから、基礎知識として、結婚前に、お互い両親に結婚の旨を話し、承諾を得ることが結婚のプロポーズの次にやるべきことでしょう。

両家の両親の承諾を得て、婚約記念品の準備に取り掛かっても遅くないでしょう。それまでに、婚約記念品の品を思案しては如何でしょう。

恋愛中のカップルで婚約記念品と両家顔合わせの準備

両家の意見とカップルの意見の調整には忍耐が必要になるでしょう。これからの結婚の門出のために、結婚前に両家の行き違いが起こらないように、両家の顔合わせの準備を心がけましょう。

婚約記念品の授受の方法は

結婚の煩わしさを避けたいと恋愛中は思うのももっともです。でも、結婚は恋愛とは意味合いや重みが違います。

結婚前の婚約の儀式の基礎知識も参考にして、いつ、どこで、どうように、仲人の有無、会食の相場や負担金の分担などを決めれば、結納の儀式の格式がある程度決まります。これに合わせて両家の両親の服装も決まるでしょう。

服装や手土産などの行き違いは後々親戚付き合いにも影響しますので注意してほしいですね。そして、両家の両親の了解を得ておきましょう。これは結婚しようとするカップルがきちんと責任もって、お互いの両親に話し、了解を取り付けることが肝要です。

略式の結納の顔合わせの基礎知識を

例えば席順も気にする人がいます。婚約の座席の基礎知識として、入り口側の席に花嫁と両親で、奥側に父親そして母親、入り口に一番近い席に花嫁の順に席に着くのがスタンダードです。花婿側は、入り口の反対側の席で両親と花婿の席は花嫁側と同じように席につきます。

婚約の顔合わせの基礎知識として、進行を新郎か新郎の父親が務めます。基礎知識としていわれている所では、新郎の父親が務めていることが多いようです。

新郎の父親から挨拶を兼ね今日の会の主旨を伝え、乾杯。そののち、改めて両家の自己紹介、新郎、新婦の自己紹介と続きます。そして、婚約記念品の交換とお披露目を終え、和やかな歓談の会食と進行されます。

会食の相場も基礎知識として、結納の儀式に合わせて決めることをおすすめします。恋愛して、2人で結婚を援助なしで進行するならば、それ相応の相場の席を準備しましょう。

婚約の会食による顔合わせのちょっとしたマナー

これも婚約の会食の時の基礎知識でしょう。会食の時年上の両親が箸をつけていないのに、先に箸をつける人がいますが、如何でしょう。

如何に受け取られるか考えてほしいですね。両家の両親が手を付けてから、カップルは箸を付けましょう。

また、時には彼氏にお酌することも忘れないようにしましょ。新郎の母親は我が息子を大事な息子を大事にしてくれるかしらと様子を見ていますよ。

逆に、我が娘を大事にしてくれる婿殿かともみられています。お互いの損得抜きでこのような些細なことに気づかいをしていることをさりげなく、どちらの両親にも伝えることも心がけてほしいですね。

また、折角の盛装で席についていて、顎を突き出しての食べ方は褒められませんね。蓋を受け皿に使って食べれば顎を突き出さなくても食べれます。両家の両親をがっかりさせないためにもちょっとした心得が好感もたれ、見た目もきれいです。

どの親も我が子ほど可愛い者はありません。我が子の姿が自慢でもあり、誇らしくもあるものです。どちらの親からも認められるマナーをカップルでこっそりと紐解いておいては如何でしょう。

婚約記念品のまとめ

婚約の記念品は、決して単なるプレゼントではありません。婚約のプレエントがなくても構わないというカップルも増えてきています。婚約を公にする意味合いが結納にありましたが、この意味合いは婚約記念品にも込められています。

恋愛中のカップルが決めればよいとはいえ、両家の親の考えも聞くことが大切です。カップルで結婚までのことを決めても、必ず量の両親には話し合ったことを伝え、了解を得ておきましょう。そして、結婚生活のスタートにつまずかないように進行することを心得て、幸せな新婚生活を末永くと願っています。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2018-12-11 時点

新着一覧