別居からの復縁方法!復縁までの期間やきっかけは?復縁率ってどれくらい?

喧嘩をきっかけに始めた別居。しかし、心変わりがして復縁したくなった場合、どのように別居状態を解消すれば良いのでしょうか?また、復縁のための平均期間やきっかけ、成功率(復縁率)は何によって左右されるのでしょうか?今回は別居からの復縁について徹底分析します。

別居からの復縁方法!復縁までの期間やきっかけは?復縁率ってどれくらい?

目次

  1. 別居状態から復縁する方法は?復縁率は?
  2. 復縁するための別居期間の過ごし方=自分を見つめ直す
  3. 復縁するための別居期間の過ごし方=歩み寄る努力
  4. 復縁するための別居期間の過ごし方=尊重する
  5. 復縁するための別居期間の過ごし方=自分を変える
  6. 復縁のきっかけ(1)変わろうとする
  7. 復縁のきっかけ(2)子はかすがい
  8. 結婚生活を取り戻す!別居から復縁までの期間は?復縁率は?
  9. 復縁か離婚か!別居後1年が勝負
  10. 【まとめ】別居からの復縁は歩み寄りが鍵。タイムリミットは1年

別居状態から復縁する方法は?復縁率は?

ほとんどの夫婦は「命が果てるまで添い遂げる…」このような固い意志の下、結婚生活のスタートをきったはずです。しかし、一緒に暮らし始めると、色々な「こんなはずじゃぁ…」という部分が出てきます。

最初は小さな溝であっても、やがてその溝が拡がり、修復が効かなくなることはよくあることです。関係修復のために話し合いをしても平行線であれば、家庭内別居や別居に発展します。

別居をして冷静になってくると、ふつふつと湧いてくるのが「復縁したい」「元の夫婦(結婚生活)に戻りたい」という気持ちです。冷静さを欠いたまま別居に踏み切ったものの、冷静になると復縁したいという気持ちが出てくる場合があります。

心変わりがした場合、どのような方法で別居から復縁すれば良いのでしょうか?また、復縁のための方法や平均期間、きっかけ、成功率(復縁率)は何によって左右されるのでしょうか。今回は別居からの復縁の方法について徹底分析します。

復縁するための別居期間の過ごし方=自分を見つめ直す

本気で復縁したくなったら、別居期間の過ごし方について熟考すべきです。復縁を成功させたいならぜひともやって頂きたいことがいくつかあります。復縁のための一つ目の方法が自分を見つめ直すということです。

異なる生活環境で育ってきた二人です。価値観、ものの捉え方・考え方、違って当たり前です。違いや多様性を許さないと鋭く対立してしまいます。別居した二人に足りなかったのは寛容性です。

どうして相手の考えや価値観を認めてあげられなかったのでしょか。何でもかんでも自分の価値観や考え方を相手に押し付けてこなかったでしょうか。対立や齟齬を生んだ根本原因を探り出して下さい。

別居に至った原因は夫婦相互にあるはずです。自分の至らなかったところ、相手の至らなかったことを明らかにすることが復縁の第一歩です。まずは自分の行い・考えを見つめなしましょう。

復縁するための別居期間の過ごし方=歩み寄る努力

夫婦として性格の合う部分は良いのですが、問題は合わない部分がある場合です。いくら夫婦とはいっても、しょせんは他人。全てが一致する可能性はゼロと考えておいたほうが良いでしょう。

夫婦は別の人間として、それぞれの個性がある以上、必ず違いはあります。その違いを認め、互いを尊重し、場合によっては自分が妥協し、場合によっては相手が妥協し、お互いに歩み寄る事が大切です。復縁のための2つ目の方法が歩み寄りです。

別居に至るほどの喧嘩をしたということは、何らかの埋められない溝があると感じたのでしょう。しかし、その溝は本当に埋められないものなのでしょうか。そうではないはずです。

冷静になっても埋められないと感じるほどの溝であるならば、別居から離婚に至ったほうが互いのためかもしれません。しかし、考え方を変えたり、味方を変えたりすることによって歩み寄れる余地はないですか?

歩み寄れる余地があるならば、お互いに譲り合うべきです。あなたのこだわりは絶対に譲れないものですか?絶対に譲れないものというのは、それほど多くないはずです。

もちろん、自分だけが一方に折れる必要はありません。歩み寄りはお互いに行うべきです。どちらか一方だけが気持ちを飲み込み我慢していれば、早晩別居を繰り返すことになるからです。

復縁するための別居期間の過ごし方=尊重する

いくら復縁したくても、復縁をただ迫るだけでは復縁は成立しないでしょう。相手の気持ちや意思、考え方を尊重する姿勢をもって相手に接しなおす必要があります。復縁のための3つ目の方法が「尊重する」という姿勢です。

「やっぱり好きだ、やり直したい」という態度ではだめです。「あなたしか私のことを理解してくれる人はいない」という態度もだめでしょう。どちらも自分本意な復縁希望だからです。

そのように復縁を迫っても、自分が楽したいから、自分が気持ちよくなりたいから、自分が愉しみたいから復縁を希望しているだけで、相手を尊重する気持ちは見受けられません。

そのような自己中心的な態度が相手との別居を招いてしまったのです。いったん今までの自己中心的な気持ちや態度をリセットして、相手の気持ちを尊重する姿勢を持ち直しましょう。

復縁するための別居期間の過ごし方=自分を変える

別居に至ってしまった原因は、相手が求める人間像と自分との間に乖離があったことが一因だったりします。できるだけ相手の求める人間像に近づくことが復縁への近道です。復縁のための4つ目の方法が「自己変革」です。

もちろん、急に、完璧に性格や人間像を変えることは不可能でしょう。でも、相手の理想像に近づこうと努力することはできるはずです。相手も完璧は求めていません。

別居期間中にあなたが始めた努力を、きっと相手は好ましく感じ、評価してくれるはずです。そしてお互いに尊重の気持が芽生えていれば、相手もこちらが求める人間像に近づいてくれようとするはずです。

最初から完璧な夫婦なんて存在しません。徐々に夫婦になっていくのです。成長の途上であることをお互いに認識し、成長の努力を絶やさなければ、復縁は意外と遠くない将来に実現するはずです。

復縁のきっかけ(1)変わろうとする

別居するほど嫌いになってしまった相手ですが、別居期間中に冷静になってくると自分も相手も変化がでてきます。お互いの良い部分を思い返し、自分の至らなさを省みます。

つまり、お互いに「相手も悪かったけど、自分も悪かった」という心境になってくるのです。そうした心境の相手にぜひとも見せて頂きたいのが「変わろうとする自分」のアピールです。

お互いの間にある溝を懸命に埋めようとする姿勢を見せれば、きっと相手に復縁の気持ちを抱かせるきっかけになるはずです。そして、復縁に向けて相手も変わろうとしてくれるかもしれません。

復縁のきっかけ(2)子はかすがい

復縁のきっかけがなかなかつかめない場合、他力を活用しましょう。他力を使う場合は共通の知人の力を借りるか、子どもの力を借りるのが一番です。

きっかけづくりに共通の知人が有効である理由は、ずばり他人だからです。ある程度に冷静になっていて、反省もしていれば、他人からの仲裁を受け入れる土壌が整っているはずです。

親戚やどちらかの両親が仲裁に入ると、意外と話がこじれるものです。相手が耳を傾けざるをえないような恩人に間にたってもらって、仲裁してもらうのが良い復縁のきっかけづくりになります。

また子どもは復縁のきっかけづくりにできるのは、子どもは宝物だからです。「子はかすがい」と昔からよく言います。2人の間に子供がいるなら、子どもの力を借りて、復縁に向けた話し合いをスタートさせましょう。

まだ冷静になれていない状況で子どものことを持ち出すと、「子どもをダシにするのか!」と相手の反発を招きかねません。十分に相手が冷静になった状態で子どものことは持ち出してくださいね。

結婚生活を取り戻す!別居から復縁までの期間は?復縁率は?

別居から結婚生活に戻る復縁までにかかった期間を調査(有効回答数62)したところ、別居からの期間が3カ月未満で復縁に至った割合は21%、3カ月以上6カ月未満の期間で復縁した割合が25%、期間6カ月以上1年未満で復縁した割合が18%でした。

つまり8割近くは1年以内の期間に復縁を決め、元の結婚生活に復帰しました。一方、1年以上復縁に時間がかかった割合は2割に過ぎませんでした。すなわち、別居から復縁までの期間があけばあくほど、復縁率が低下することを示しています。

1年という短い期間で元の結婚生活に復帰するには、相当な努力が必要です。また、その努力も確実に効果が見込めるものに絞らなければいけません。本当に復縁をしたければ、別居したその日から努力を始めるぐらいの心構えが必要です。

復縁か離婚か!別居後1年が勝負

多くの復縁者が別居から1年以内に結婚生活に復帰していると聞いて安心した人はいませんか?その安心は大間違いです。一歩間違えると復縁率は大幅に低下します。

先ほどの復縁率のデータは、結婚生活を取り戻したいなら1年以内に決める必要があり、1年を超えると復縁率が低下することを意味しているのです。では復縁できない人はどうなるのでしょうか?

別居からの復縁率を調査したところ興味深い結果が出ました。それは「別居から1年以内に離婚する確率がかなり高い」ということです。

厚生労働省の人口動態調査を見てみると、別居期間と離婚の関係は次のようになりました。別居から期間1年未満で離婚をする割合は82.5%、別居から期間1年以上で離婚する割合が17.5%です。

つまり夫婦が別居した場合、別居時から1年以内に復縁しないと元の結婚生活に復帰することは絶望的だということです。本当に復縁したいなら、別居後1年が勝負であることをこのデータは示しています。

【まとめ】別居からの復縁は歩み寄りが鍵。タイムリミットは1年

別居を解消し、元の夫婦生活・結婚生活を取り戻すべく復縁するためには、とにかく「努力」が必要でした。その努力の鍵は歩み寄り。相手と自分の溝を早急に埋めなければなりません。

復縁するなら別居から1年が勝負です。この1年以内に復縁するか、離婚するかが決まってしまいます。1年以内の復縁率8割に入れるか、1年以内の離婚率8割に入ってしまうかは自分の努力次第です。

別居がスタートしたら残された期間はそれほど長くありません。復縁したいなら、冷静になったその日から復縁活動をスタートさせましょう!

別居・復縁関連のオススメ記事

Thumb復縁メール・LINE術!成功させる内容・テクニックや例文を紹介!
Thumb復縁までの冷却期間の平均は?なぜ必要?理想の期間や距離の置き方を紹介!
Thumb家庭内別居の定義・方法まとめ!生活費や子供への影響、離婚しない事情を紹介
Thumb夫と別居したい人が考えるべきこと・やるべきこと!お金がないけど大丈夫?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-26 時点

新着一覧