鼻の角栓ができる原因は?角栓の取り方・黒ずみ・いちご鼻のケア方法を紹介!

鼻の角栓がない、きれいな鼻はとても憧れますよね。メイクの仕上がりも、角栓があるのとないのとでは、だいぶ違ってきます。そこで今回は、鼻の角栓の取り方をご紹介いたします。様々な取り方があるので、ぜひ自分に合った方法を探してみてくださいね。

鼻の角栓ができる原因は?角栓の取り方・黒ずみ・いちご鼻のケア方法を紹介!

目次

  1. 赤ちゃん肌のような、角栓のない鼻
  2. 鼻に角栓ができるその原因とは?
  3. 鼻の角栓をプロにスキンケアしてもらう取り方
  4. 鼻の角栓ケアは、自分でできるの?
  5. 角栓を指で押し出す取り方
  6. 正しい洗顔で角栓を撃退
  7. 角栓ケア用の洗顔料を使った取り方
  8. 鼻パックを使った取り方
  9. オイルマッサージを使った取り方
  10. コメドプッシャーでの取り方
  11. 小鼻専用ブラシを使った取り方
  12. 毛穴吸引機を使った取り方
  13. ピーリング商品を使った取り方
  14. イチゴ鼻を作らせないスキンケアが大事
  15. 毛穴のケアにおすすめの化粧水
  16. 食生活をはじめ、普段の生活を見直す
  17. 鼻の角栓をケアして素肌美人を目指そう

赤ちゃん肌のような、角栓のない鼻

生まれたての赤ちゃんの肌のように、つるんとした角栓のない鼻を持つ人は、案外少ないのではないでしょうか?頬やおでこなど肌面積の広い場所には気を使うのに、鼻の黒柱にまで気が回っていない方もいると思います。それではせっかく綺麗にメイクをしても、台無しになっちゃいます。

鼻に角栓ができるその原因とは?

それでは、そもそもイチゴ鼻になってしまう原因とは何なんでしょう?

皮脂のつまり

洗顔では取り切れなかった皮脂が毛穴に詰まって、角栓となります。イチゴ鼻などの黒柱は、皮脂が酸化して黒ずんだ角栓が原因となっています。このまま放置していると、黒ずみがシミのように取れなくなる可能性も出てきます。

メイク汚れ

取り切れなかったメイクの汚れが、毛穴に詰まって角栓ができる場合もあります。この場合も、メイク用品には皮脂が含まれているので、詰まった状態が長く続くことが原因となって、黒柱が詰まったイチゴ鼻になってしまいます。

タンパク汚れ

タンパク質の汚れ、すなわち垢のようなものです、タンパク汚れと皮脂が混じり合い、毛穴に詰まると、普段のスキンケアではなかなか落とせません。この詰まりが原因となって、角栓となります。

鼻の角栓をプロにスキンケアしてもらう取り方

手っ取り早く、確実に角栓をスキンケアしてもらうなら、エステなどを利用して、取ってもらうこともできます。自分で取り切れないような頑固な角栓は、プロに除去してもらうのが一番安全です。

お試し価格を設けていたり、キャンペーンで、お安く施術を受けることもできるようです。

頑固な黒柱も、すっきり取れます。早めに解決したい方は、ぜひ。

鼻の角栓ケアは、自分でできるの?

白い角栓や、黒柱などは自分でもケアできます。取り方もたくさんの種類があるので、肌質や、角栓の原因に合った取り方を選ぶことが、重要となります。

角栓を指で押し出す取り方

道具も何も必要のない、一番手っ取り早い取り方がこちらになります。指で角栓の詰まった毛穴をつまみながら押し出すことによって、毛穴から角栓が出てきます。

注意すること

爪を立てると、肌を傷つける恐れがあります。爪は短く切りましょう。また、汚れた手で行わないように注意してください。毛穴にばい菌が入ると、他の肌トラブルの原因となってしまいます。力を入れ過ぎず、毛穴の様子を鏡でよく見ながら行ってください。

角栓抜き用のピンセットもあります。

角栓を抜くためのピンセットもあります。爪を立てるより、安全に抜くことができます。無理に抜くことはせず、鼻の角栓が飛び出てる部分を、毛抜きを使う要領で引っこ抜きます。毛穴に詰まった角栓を、無理に引き出そうとしないようにしましょう。

正しい洗顔で角栓を撃退

ぬるま湯を用意

ぬるま湯を用意します。熱すぎると肌が傷んでしまい、逆に冷たすぎると毛穴が開かないので、だいたい25~30度程のぬるま湯で肌を洗います。この時、ゴシゴシこすらず、ぬるま湯を顔に優しく当てる程度で十分です。顔についた軽い汚れも、この時点で落とすことができます。

よく泡立てる

洗顔料を、しっかり泡立ててください、小さな毛穴に泡を届けないと、せっかくの角栓を取る効果も、半減してしまいます。洗顔を泡立てるネットなど顔の上で泡を転がすように、肌にのせます。この時も、ゴシゴシは禁物です。

すすぎはしっかりと

ぬるま湯で泡を優しく洗い流した後は、必ず冷たい水で毛穴を引き締めましょう。毛穴が開いたままだと、またそこから毛穴に汚れが詰まっていきます。

正しい洗顔方を動画で紹介

正しい洗顔方法を、動画で紹介しています。洗い方がとても参考になります。

角栓ケア用の洗顔料を使った取り方

酵素系洗顔料

角栓を取りやすくする酵素洗顔です。角栓や黒柱もケアしてくれる洗顔料になります。ドラッグストアでも買えるので、手に入りやすさも魅力です。

敏感肌の人にも嬉しい、肌に優しい酵素洗顔です。パウダー状になっているので、泡立てやすい使用になっています。敏感肌の方も、ふわふわの泡で、イチゴ鼻ケアにももってこいです。

ふわふわの濃密な泡が、メイクや皮脂汚れを取り除いてくれます。ミネラル成分も含まれていて、お肌が敏感な人も使える、優しい酵素洗顔となっています。

固形石鹸系

イチゴ鼻の原因、黒柱を取り除いてくれる、固形石鹸です。お肌がツルツルになり、病みつきな使い心地です。ドラックストアで手に入ります。

弱いピーリング効果があるので、毛穴の汚れや角栓ケアをしてくれます。安価で手に入るのも嬉しいですね。

クレイ成分が5種類も含まれていて、毛穴の皮脂汚れを取るのに特化した洗顔石鹼です。だからと言って、洗い上がりは突っ張った感もないので、安心できますね。

重曹成分が毛穴の皮脂をさっぱり落としてくれます。普段使いで、確実に毛穴のポツポツ黒柱が、薄くなっていったとの口コミもあります。全身に使えるのも嬉しいですね。

チューブ系洗顔料

美容用の泥が入っている洗顔料です。角栓ケアにプラス、肌のくすみを取り除いたり、潤いを持たせてくれたりと、嬉しいスキンケア効果もあります。

重曹が入った洗顔料です。こちらもイチゴ鼻の黒柱を、取り除いてくれます。乾燥肌の方にも嬉しいうるおいの泡で、スキンケア効果も期待できます。

通販専売品の商品です。泥の成分が、毛穴の皮脂をしっかり吸着してくれます。また、モコモコの泡がとても気持ちいいと、大人気の洗顔料です。

パパイン酵素や、クレイ成分が入っていて、毛穴の汚れをしっかり落としてくれます。小鼻だけではなく、顔全体の肌色を明るくしてくれます。

ベビーパウダーをインした取り方

ベビーパウダーを洗顔料に入れて、泡立てて洗顔をするという方法があります。スクラブ効果が期待できます。小さじ1杯程度を入れて、よく泡立てましょう。

鼻パックを使った取り方

シート状パックを使う

こちらはおなじみ、鼻用のシート状角栓パックです。水をつけて張り付けて、乾いたらはがすと、シートに角栓がびっしりついています。お肌が弱い人は、肌を痛める恐れがあるので、控えましょう。

オロナインとシートパックを使った角栓の取り方

オロナインを鼻にたっぷり塗って15分ほど置きます。そのあと、オロナインをぬるま湯でしっかり洗い流し、通常通りシート状の鼻パックをすると、角栓がよく取れると、人気の角栓パックです。オロナインは医薬品なので、あくまで自己責任の使い方となります。こちらも、やりすぎには注意しましょう。

ジェル状の角栓パック

ジェル状の鼻用パックも色々な種類が売られています。オイル成分が角栓を柔らかくして、クレイ成分が、余分な皮脂を吸着してくれるます。ブツブツなイチゴ鼻が、ツルツルになったという口コミもあります。

毛穴の黒ずみをとるなら、こちらがオススメです。洗い流すタイプのパックなので、肌にも優しい使い心地です。毛穴を引き締める効果も。

こちらは、洗い流すタイプのパックです。毛穴の角栓を浮かせて落とす取り方なので、お肌が弱い人でも使いやすいパックです。こちらのパックを使用して黒柱の角栓を柔らかくした後に、シート状のパックを使って取り除くというやり方もあります。

こちらは、塗った後乾かしてはがすタイプのパックです。鼻だけでなく、顔全体に使えるので、一気に毛穴をすっきりできます。眉などにパック成分がつくと、はがしたときに眉も一緒にはがれてしまう場合があるので、注意しましょう。はがした後は、しっかりスキンケアしてください。

オイルマッサージを使った取り方

鼻をオイルでマッサージすると、角栓が柔らかくなって取れやすくなります。オイルで優しくマッサージをする方法なので、肌が弱い人にもおすすめの取り方です。また、肌に無理な刺激を与えないので、色素沈着を防ぐ効果もあります。

蒸しタオルをあてる

蒸しタオルで、鼻の毛穴を開きます。蒸しタオルは、濡れたタオルを電子レンジで温めれば、簡単に作ることができます。熱すぎると肌を痛めたり、毛穴が大きくなってしまうので、注意しましょう。また、スチームを顔に当てるのも、毛穴を開くのに効果的です。

オイルと綿棒を用意

オリーブオイルや、椿油などを使います。なければ、オイルクレンジングなどでも大丈夫です。オリーブオイルを使う場合は、エキストラバージンオイルを使いましょう。

鼻の頭をマッサージ

綿棒にオイルをたっぷり含ませて、鼻の頭をクルクルマッサージします。こすらず、優しく転がすようにします。無理にこすると、鼻の皮がむける原因となってしまいます。また、色素沈着を起こす可能性も出てくるので、あくまで優しく取り除きましょう。終わったら、泡洗顔でオイルをしっかり落とすのも、お忘れなく。その後、毛穴を引き締めるスキンケアをしっかりしましょう。

鼻の角栓用綿棒なんてのもあります

肌に優しい取り方なので、普段のスキンケアに組み込めるのも魅力的ですよね。

ベビーオイルなら100均でも手に入るので、おすすめです。また、肌にも優しいオイルなのも魅力ですね。

毛穴を押して角栓を取り除くアイテムです。指で押す感覚と同じような除去方法となります。強く肌に押し付けると、肌を痛めてしまうので、注意して使用しましょう。

コメドプッシャーでの取り方

毛穴を押して角栓を取り除くアイテムです。指で押す感覚と同じような除去方法となります。

小鼻専用ブラシを使った取り方

超極細毛が、イチゴ鼻の黒柱も優しく取り除いてくれます。小鼻専用なので、細くて使いやすい形になっています。洗顔時に優しく鼻をクルクルマッサージさせます。普段のスキンケア時に取り入れてもいいですが、やりすぎには注意です。

毛穴吸引機を使った取り方

エステの角栓ケアでも使われる毛穴吸引機は、市販でも売られています。最初はお金がかかりますが、長く使えるので最終的にはお得になります。イチゴ鼻の黒柱も、これで撃退できます。

ピーリング商品を使った取り方

まゆ玉で鼻の角栓をピーリング

繭玉は100均にも売っている、お肌のピーリング商品です。お風呂に入っている時に、毛穴が開いた状態で、お湯を含ませ小鼻をクルクルなでます。お肌がツルツルになると人気の商品です。

ピーリングジェルを使った取り方

ピーリングジェルはお肌にのせて、クルクルさせると、消しゴムのカスのようにポロポロ出てきます。そのカスに、古い角質や角栓が絡んで取れる仕組みとなっています。週に1~2回程度の使用が望ましいでしょう。

米ぬかと重曹で鼻の角栓を撃退

こちらは、重曹と米ぬかが入った袋に、お湯をつけて、鼻をマッサージする方法で角栓を取り除きます。1回で取るというより、定期的に使って、イチゴ鼻の黒柱が、だんだん薄くなるものです。

温感ジェルでの鼻の角栓除去

温感ジェル効果で、毛穴をしっかり開いて、毛穴の角栓や皮脂を取り除いてくれます。左がピーリングジェル、右がピーリングクレンジングです。どちらも人気の商品となって、肌に優しい取り方です。

イチゴ鼻を作らせないスキンケアが大事

いくら綺麗に鼻の黒柱を取り除いても、普段のスキンケアをきちんと行わないと、すぐに角栓は詰まってしまいます。大事なのは、綺麗な毛穴を維持することです。

しっかり収れん、保湿を

肌をきれいに洗った後は、余分な皮脂を作らせないためにも、しっかりと収れん、保湿をすることが大切です。乾燥は鼻の毛穴をたるませる原因となります。毎日の小さな心がけで、角栓のないきれいな小鼻を保てます。

毛穴のケアにおすすめの化粧水

おすすめの収れん化粧水

保湿用化粧水の前に肌を整える目的でつける、プレ化粧水です。ハト麦エキス配合で、お肌を健やかに保ってくれます。パッケージの可愛らしさも、おすすめの一つです。

昔からある、おなじみの収れん化粧水です。プチプラなのに、お肌を引き締めてくれる優秀な化粧水です。コットンでふき取るように使いましょう。

さっぱりした使い心地が人気の収れん化粧水です。顔だけではなくボディにも使えます。たっぷり入っていてコスパ抜群、ニキビ予防にもなります。

毛穴を引き締めるおすすめ保湿化粧水

毛穴を引き締めるだけではなく、くすみを除去して、美白効果も期待できる万能化粧水です。ハト麦エキスで肌に潤いを与えながら、整えてくれます。

こちらは毛穴ケア用の化粧水です。開いた毛穴が元に戻らなかったり、たるんだりと、毛穴トラブルを改善してくれる化粧水になります。乳液や美容液もあり、ライン使いもできます。

大容量、プチプラ、コスパ抜群のハトムギ化粧水です。バシャバシャ気兼ねなく使えて、パックにも惜しみなく使えるのが嬉しいですね。

学生さんでも求めやすい価格なのが嬉しいですね。たくさん入っているので、なかなかなくなりません。

毛穴を引き締めるのに効果的な、ハトムギ化粧水パックのやり方が、詳しく紹介されています。ご参考までに。

食生活をはじめ、普段の生活を見直す

バランスの良い食事はターンオーバーを正常化させる

スナック菓子やチョコレートなどのジャンクフードは、油脂が多く使われており、肌の皮脂を多く分泌させる原因となります。また、食生活が乱れると、肌のターンオーバーを狂わせ、自力で古い角質を新しくする力が弱まります。その分、老廃物がたまりやすくなり、角栓が詰まる原因となります。バランスの良い食事を、普段から心がけるようにしましょう。

皮脂の取り過ぎに注意

いくら洗顔が大事だからと言って、毎回毎回洗顔をして皮脂を取りすぎるのは、返って逆効果となります。余分な皮脂を取り除くことは、とても大切なことなのですが、肌は皮脂を奪い過ぎることによって、条件反射で皮脂をもっとだそうとします。よって、過剰な皮脂で、角栓が詰まってしまう原因となります。

鼻の角栓をケアして素肌美人を目指そう

鼻の角栓で悩んでる方も、自分でケアすることによって、綺麗に取り除くことができます。たくさんの取り方があるので、自分に合った角栓の取り方を選べるのも嬉しいですよね。正しいスキンケアで、綺麗な素肌美人を目指しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧