好き避けを職場でされる理由!どんな態度・行動を取る?判断の方法まとめ

好きだからこそ避けられる・好き避けとは?職場で冷たい態度を取られる原因、実は「嫌い」ではなく「好き」の裏返しかもしれません。職場というオープンスペースだからこそ素直に気持ちを出せない…そんな歯がゆい「好き避け」現象と、その反応や行動に迫ります!

好き避けを職場でされる理由!どんな態度・行動を取る?判断の方法まとめ

目次

  1. 好き避けとは?その態度と反応
  2. 「好きだから」好き避けする人が職場で取る行動
  3. 職場で好き避けしてしまう人の心理を探る
  4. 勘違いしない!好き避けと嫌い避けの見分け方
  5. これが職場での「好き避け男子」の特徴だ!
  6. 職場で好き避けが必要な理由とは?
  7. 職場での出会い…「好き避け」で回避できるデメリット
  8. 職場で「好き」になったら、こうした方が無難!
  9. 「好き避けされている?」そう感じた時の職場での接し方
  10. 職場での出会いをうまく活かして

好き避けとは?その態度と反応

人を好きになったら、照れくさくて素の自分でいられない。そんな時「好き」とは反対の行動や態度を取ってしまったことはありませんか?あなたに対してだけ、急によそよそしくなったり、変に当たってきたりする人がいたら、それは「好き避け」されているのかもしれません。職場で好き避けが起こる理由や、その判断基準を見ていきましょう。

好きだからこそ避けてしまう?好き避けとは

マンガやドラマ、子どもの頃に覚えがあるかもしれませんね。「好きな子にはつい意地悪な態度を取ってしまう」「好きな人の前ではうまく話せず、ついそっけない態度をとってしまう」そうです、あの現象が「好き避け」です。子どもの頃から大人になるまで、男性でも女性でも、恋をした相手には不器用になってしまうものですよね。

やけに刺々しかったり、冷たい態度を取られてしまったり。そんな職場の男性はいませんか?それでも気がつくと視線が合ってしまう(もしくは目があうけどすぐに逸らされてしまう)。もしそんなことがあるのならば、隠れてあなたを見ているからかもしれません。それってもしかして、「嫌い」ではないのかも…?

どんな態度が好き避けと言えるのか

好かれているのに避けられる、マイナスな態度を取られてしまう。その理由については先程説明しました。では実際、どんな態度であれば「好き避け」と判断できるのでしょうか。好き避けの背景には「好きな相手が気になる、でも素直に態度に出してしまうのはNG」という気持ちが働いています。なので、気になる相手を目で追っている、周りには普通の反応なのに、気になる相手にだけ冷たい態度をとるなどが「好き避け」といえます。

「好きだから」好き避けする人が職場で取る行動

本心では好きな「あなた」にいい所を見せたいけれども、理由があって素直にはなれないでいるのが「好き避け」です。冷たいのにどこか好意的な行動・態度が見られるならば、その冷たさの裏を考えてみてもいいかもしれません。

こんな行動を取られたら…?嫌われていると思う前に

冷たくするのがのが「好き避け」の態度ですが、では行動面ではどんな特徴が見られるでしょうか。視線が合うのに逸らされると言うのは先程上げましたが、他にも話を聞く時に、身体をあなたに向けてくれる・または距離が近くなるというモノがあります。素直にはなれないけれどもあなたにはよく見られたい。側にはいたい。そんな気持ちから、避けられてもどこか親しくなる行動が見られるのがポイントです。

職場のこんな「あるある」に注目

職場ですれ違った時に避けられる。みんなには優しいのに自分には冷たい・刺々しい。その態度・行動はみんなの目がある公共の場所・職場だからという理由があるかもしれません。普段は冷たいのに、ふたりきりになるとよく話しかけてくれる、なんてことはありませんか?周りの目があるから普段は出せない行動があるのだとしたら…。ちょっとしたきっかけで相手の本心が覗ける瞬間があるかもしれません。

職場で好き避けしてしまう人の心理を探る

職場で「好き避け」が発生してしまう理由はなんでしょうか。好き避けする人はなぜ相手を避けてしまうのか。その人の立場や、「好き」という気持ちを、職場で出会った相手に持った時の心理に迫ってみます。

相手に素直に「好き」を伝えられない理由は、照れ隠しや緊張など様々です。職場で顔を合わせる相手に恋愛感情を持ってしまった時、どんな感情が彼らに働いていると判断できるのでしょうか。

なぜ職場で好き避けしてしまうのか?その心理

「好き」になったのに優しくなれない理由は?ついついマイナスな態度を取ってしまう・素直になれないのは、出会いの場所が職場だったからというのも理由のひとつではないでしょうか?「好き」を表に出しては仕事や周囲の目が気になる、それが職場での恋愛感情の難しいところです。

「職場モード」だからこそ、内面は複雑

「もしも仕事中に相手が気になって業務がおろそかになってしまったら」好きだからこそ、自分の気持ちをあえて見ないようにする。こんなことが、職場での出会いを通じた恋愛感情の特徴かもしれません。特に男性はプライベートと仕事を分けたい、仕事を優先に考える傾向が高いので、好意を持った相手には素直になれない理由になっているのかも。

恋愛よりも、仕事が大事。だから職場では「好き」と言う感情に蓋をしてしまうのかもしれません。

勘違いしない!好き避けと嫌い避けの見分け方

「好き」で避けるのと「嫌い」で避けるのは似ていても、よ~く観察すれば相手の態度で判断できる可能性があります。職場での出会いでは特に、素直になれない理由があります。もしも身に覚えがないのに相手に急に冷たい態度を取られたら、落ち込んだりする前にまず相手の様子をよく観察してみるのも一つの手ですね。

「好き避け」と「嫌い避け」がある

似ているけれども、好きで避けられるのと嫌いで避けられているのでは大違いです。避けられたらどちらか判断して、分からないならば近寄らないのも無難な選択かもしれません。

好かれているか、嫌われているか。勘違いして判断すると相手との関係もよりギクシャクしてしまうかもしれません。

嫌いで避けられている?そのサインも見逃すな

もしも同じように避けられていたとしても、「嫌い避け」は近付こうとするアクションに対して相手が距離を取ってきます。食事の誘いなどを天気や他愛のない話で躱されたり、話題を振っても生返事で上の空だったのならば、それは嫌い避けの可能性が高いです。

好かれている・嫌われているを間違えない!

避けていても相手に対して心を傾けている「好き避け」に対して、嫌い避けは完全に相手から距離を置きたいと思っての行動です。相手の行動・態度をよく見て感じ取れればいいですが、よく見て慎重に判断する必要があるでしょう。

これが職場での「好き避け男子」の特徴だ!

職場で「好き避け」をするのは男性にも女性にも見られます。今回は男性ならばどんなタイプが好きと裏腹の行動を取るのか、その男子達に注目してみましょう。草食系と肉食系、バリバリ系と物静か系、どんな男子が素直に自分の気持ちを伝えられるのでしょうか?

職場で「好き避け」してしまう男子はどんなタイプ?

出会いから恋愛に発展させ辛い草食系男子・もしくは出世や仕事に対して野心のある男性が「好き避け」しやすいタイプと言われています。草食系の男性は自分の気持ちを素直に伝える事に不器用で、「相手が気付いてくれれば」という受け身な気持ちから「好き」と言う気持ちを出し辛いのが特徴です。

そして出世や仕事に重きをおく男性は、業務の場に恋愛感情を持ってきてしまってはいけないという事が好き避けをする理由です。好意を気付かれないよう、自分の気持ちを過剰に隠したいと言う気持ちから、好きな相手に冷たい態度や行動を取ってしまう場合があります。

職場で好き避けが必要な理由とは?

職場恋愛が解禁されている企業は多くないでしょう。出会いのきっかけの場所になったとしても、業務の上で恋人同士が一組いるだけで、カップル当人たちも周りも気を遣ってしまいます。それを感じているからこそ、好きになった相手へはアプローチせず逆に距離を取ってしまうのかもしれません。

職場での出会い…「好き避け」で回避できるデメリット

出会いを職場に求めて就職する人も、そうでない人も表立った「恋愛トラブル」は避けたいもの。万が一にでも少ない出会いを取り合うような職場環境だったとしても、「好き」がバレバレになってしまうと公私混同と見られてしまう可能性もあるでしょう。

職場でのオープンな恋愛はキケン!?

「恋バレ」のデメリットを避ける理由

意中の相手が職場に居ても居なくとも、適度な距離を持つ・意識して好きな相手に近付きすぎないために「好き避け」を選ぶ人も多いのかもしれません。

職場で「好き」になったら、こうした方が無難!

上司・同僚・後輩。同じ職場の人間を好きになってしまった時は、好き避けをしてしまうと業務にも相手にもいい影響はないでしょう。「好き」をアピールしたくない事に意識を向けすぎて、相手にマイナスな印象を与えてしまっては本末転倒です。

できるだけ無難な態度で行動しましょう。相手を気にしすぎてトゲトゲ・冷たくなるのはもちろんNGです。周囲に自分の気持ちがバレてしまいたくないのであれば、自然体でいることが大事です。いい事も悪いことも含めて変に噂を立ててしまったり、「意識している」という姿勢が表に出ているといつか周囲は気付いてしまうかもしれません。

「好き避けされている?」そう感じた時の職場での接し方

相手からされている行動が「好き避け」かもしれない。様々な判断からその可能性が高くても、こちらからアクションを起こすのは危険です。実際は嫌いで避けているかもしれない場合だって当然あります。好きで避けている場合も、相手は自分の複雑な気持ちと向き合いながらの行動、そこを好きな相手から突かれてしまっては、より関係がこじれてしまう可能性も。好きでも、嫌いでも避けられている、なにかいじられている時は、余裕を持って流すなど、大人の対応が無難です。

職場での出会いをうまく活かして

仕事は業務以外にも、人間関係などストレスの連続です。全員と協力し合って仲良くするのは難しいかもしれませんが、せっかく出会えたのもこの職場あってこそ。「好き避け」されたり、様々な人間関係トラブルも、余裕を持って乗り越えたいですね。

「好き避け」とうまく付き合っていく

「好きだから」という気持ちで距離を置かれる、意地悪される。職場内恋愛の難しさから来る、好意の裏返しをまとめてきました。避けられているのが嫌われているのか、または「好き避け」なのかよく相手を観察して、その気持ちと上手く付き合っていけるといいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-17 時点

新着一覧