ニトリのスキレット(ニトスキ)のレシピとお手入れの仕方を紹介!

今女性の間で大人気!おしゃれなお家ご飯のアイテム・ニトリのスキレット(ニトスキ)!普段の食卓にプラスして並べるとお家カフェのような演出を生み出してくれる画期的アイテム!そんなニトリのスキレット(ニトスキ)のレシピとお手入れの方法をご紹介します。

ニトリのスキレット(ニトスキ)のレシピとお手入れの仕方を紹介!

目次

  1. ニトリのスキレット(ニトスキ)とは?
  2. ニトリのスキレット(ニトスキ)でどんな料理ができるの?
  3. ニトリのスキット(ニトスキ)の簡単・アヒージョレシピ
  4. ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・餃子レシピ
  5. ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・ビビンバレシピ
  6. ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・パエリアレシピ
  7. ニトりのスキレット(ニトスキ)で簡単・ハンバーグレシピ
  8. ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・ピザレシピ
  9. ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・パンケーキレシピ
  10. ニトリのニトリのスキット(ニトスキ)の簡単・ちぎりパンレシピ
  11. ニトリのスキレット(ニトスキ)のお手入れ方法

ニトリのスキレット(ニトスキ)とは?

スキレットとは鋳鉄製の厚手のフライパンのことで、保温性が高く冷めにくい、使い勝っての良いフライパンです。ニトリで販売しているスキレットのことをニトスキと言います。要するにニトリ製のスキレットの略語です。

熱効率もいいので通常よりも短い時間で料理することができる次世代アイテムです。商品自体はコンパクトなのでキャンプやアウトドアでのお料理にも大活躍できますよ。

ニトリのスキレットはガス・IHどちらでも使用可能のようです。ただ、IHに関してはIH調理器の取り扱い説明書を確認しましょう。底面が高温になり安全装置が作動する場合があるそうです。

家にIHしかないという方は卓上コンロを代用して料理をするといいかもしれませんね。他にはオーブンで料理することもできます。

ニトリのスキレット(ニトスキ)でどんな料理ができるの?

ニトリのスキレットのサイズは15cmと19cmの2サイズがあります。目玉焼きやフレンチトースト、ハンバーグやパエリア・ビビンバ・ピザなどご飯物やメインのおかずやおやつ、朝ごはんなど幅広いメニューが作れます。

ニトリのスキレット(ニトスキ)はそのまま卓上に出してもオシャレなので器としての役割も十分に果たしてくれます。そのまま卓上に出すときは鍋敷きなど熱を通さないものを下に敷きましょう。

ニトリのスキット(ニトスキ)の簡単・アヒージョレシピ

材料(3人分)エビ10尾・小さいじゃがいも・エリンギ5〜6個・ブロッコリー小房6・プチトマト3個・ニンニク2かけ・オリーブオイル適量・鷹の爪一つ・酒大さじ2・片栗粉大さじ1・塩こしょう適量です。

エビは殻をむき、背わたを取ります。よく流水で洗い、酒と片栗粉を絡めておきます。ブロッコリーは小房に切り茹でておきます。エリンギは一口大にカットします。

ニトリのスキレットにオリーブオイルをひき、潰したニンニクと鷹の爪を入れます。オイルに香りが移ったらいったんニンニクと鷹の爪は取り出しておきます。じゃがいもを入れて竹串が通るまでグツグツ煮ます。

エリンギ、エビ、ブロッコリー、プチトマト、先ほどのニンニクを入れて火が通ったら塩コショウで味付けして完成です。

ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・餃子レシピ

材料(2人分)豚ひき肉500g・にら1束・白ごま大さじ1.5・餃子の皮50枚です。調味料は、ごま油大さじ1・オイスターソース大さじ1・醤油大さじ1・鶏がらスープ大さじ1・塩こしょう小さじ1/2・片栗粉大さじ2です。

ボールにひき肉・みじん切りにしたにら・白ごまを入れ、調味料も全て加え、よく混ぜます。次に餃子を包みます。包んだらニトリのスキレットを予熱し、油大さじ1を敷きます。温まったら餃子を並べて水を餃子1/3にかかるくらい入れ、すぐに蓋をします。水の音がなくなったら出来上がりです。

ニトリのスキレットで焼くと皮がパリッパリに焼けるので愛用している方も多いのだそうです。

ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・ビビンバレシピ

材料(1人分)牛肉50g・片栗粉適量・人参1/2本・豆もやし1/2袋・ほうれん草2〜3株・卵黄1個・ごま油適量・焼肉のタレ大さじ4です。

ご飯は炊いておきます。まず、牛肉は食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶします。人参は細切りにし、豆もやしは半分の長さ、ほうれん草は5cmの長さに切ります。フライパンにごま油を熱し、スペーズを1/4ずつ使って人参、牛肉、豆もやし、ほうれん草の順に入れてそれぞれ炒めます。

火が通ったら焼肉のタレを大さじ1ずつ絡めます。ニトリのスキレットにごま油を薄くひいて火にかけ、ご飯を広げてのせます。その上に先ほど焼いた具材をのせ、真ん中に卵黄をのせて出来上がりです。

ニトリのスキレットでお家で簡単にビビンバご飯が食べられますね。

ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・パエリアレシピ

材料(2人分)お米150g・カレールー1袋・鳥手羽3本・えび3尾・あさり50g・たまねぎ1/2個・パプリカ赤と黄各45g・オリーブオイル大さじ2・水200ml・レモン(お好みで)適量・パセリのみじん切り(お好みで)適量・オリーブオイル大さじ2・塩こしょう少々です。

たまねぎは1cm角に切り、赤・黄パプリカは小さめの乱切りにします。えびは殻付きのまま背から包丁で開き、背わたを取ります。あさりは砂抜きをします。ニトリのスキレットを熱しオリーブオイルを入れ、鶏手羽元を入れ強火で炒め焼き色を付けます。

次にたまねぎ、パプリカ赤・黄を加えて炒め、塩こしょうで調理します。次にえびとあさりを加え炒め、水を注いでひと煮立ちさせ、カレールーを入れます。えびとあさりを取り出し米を洗わずに加え、煮立ったら弱火にし混ぜて平らにし、水分が足りなければ、水をひたひたになるまで足します。

10分ほどそのまま炊き、えびとあさりを戻し、汁気がなくなるまでさらに10分炊きます。最後にお好みでレモンとパセリを添えて出来上がりです。

ニトりのスキレット(ニトスキ)で簡単・ハンバーグレシピ

材料(2人分)合挽きひき肉250g・たまねぎみじん切り半玉・卵1個・パン粉適量・牛乳大さじ1・塩こしょう1つまみ・ナツメグ(お好みで)・彩り野菜ブロッコリーと人参(お好みで)・ソース(ウスターソースとケチャップ大さじ3ずつ)です。

まずオーブンを200度に設定しておきます。玉ねぎのみじん切りとひき肉、卵、パン粉、牛乳、ナツメグ、塩こしょうを加えよく混ぜておきます。

温めたニトリのスキレットに油をうすくひき、両目を強火で焼き目を付けます。焼き目がついたら、人参、ブロッコリーを鉄板にのせ、200度に温めたオーブンで15〜20分焼きます。出来上がったらソースをかけて完成です。

ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・ピザレシピ

材料(1枚分)・ホットケーキミックス50g・パン粉大さじ2・プレーンヨーグルト大さじ2・無調整豆乳大さじ2・塩少々・オリーブオイル少々・お好みの具材(ベーコン、ピーマン、ミニトマト、チーズ、ピザソースやケチャップなど)です。

ボウルにホットケーキミックス、パン粉、塩を入れて混ぜます。そこにヨーグルトと豆乳を入れてゴムべらでよく混ぜます。ニトリのスキレットにオリーブオイルを塗り、先ほどの生地を入れて平らにし、具をのせます。最後に蓋をします。

弱めの中火で3分焼き、その後蓋なしで魚焼きグリルに入れ、中火で3分ほど焼いて完成です。

お家で簡単にピザが作れるのは魅力的ですよね。

ニトリのスキレット(ニトスキ)の簡単・パンケーキレシピ

材料(1人分)薄力粉35g・塩少々・シナモンパウダー少々・卵1個・牛乳50ml・無塩バター10g・お好みのフルーツ(生クリームや溶けない粉糖)です。

オーブン230度に設定しニトリのスキレットを入れ予熱しておきます。薄力粉、塩、シナモンパウダーをボウルに入れ混ぜてふるいます。次に鍋に牛乳を50度ぐらいに温めます。そこに卵を溶いて鍋に入れます。

先ほどのボウルに全部の材料を入れかき混ぜます。予熱が完了したスキレットにバターを入れて溶かし、全体に回し、オーブンに戻しいれます。温度を220度に下げ15分焼きます。

最後にお好みのフルーツや生クリームや溶けない粉糖をかけてトッピングしたら完成です。

ニトリのニトリのスキット(ニトスキ)の簡単・ちぎりパンレシピ

材料・強力粉55g・薄力粉45g・ドライイースト小さじ1/4・砂糖小さじ1・塩小さじ1/4・バター10g・ぬるま湯(40度)60cc・オリーブオイル小さじ2です。

まずボウルに強力粉、薄力粉を入れてさっと混ぜ、中央をくぼませてそこにドライイーストと砂糖を入れます。塩とバターはイーストから遠い所に入れてイーストめがけてぬるま湯を一気に注ぎます。

木べらでバターを崩しながらよく混ぜ、オリーブオイルを加え一塊りになるまでよく混ぜます。弾力が出るまで生地をこねたら丸め直し、とじ目を下にしてボウルに入れてラップをします。

40度前後で25分ほど一次発酵します。生地が2倍ほどになったら軽くつぶしてガス抜きをします。6等分にし丸め直しラップをして10分休ませます。それぞれ再びガス抜き、丸め直しオリーブオイルを塗ったニトリのスキレット中央に1個、その周りに5個並べます。

ラップをして40度前後で20分ほど二次発酵します。最後に210度に予熱したオーブンで10〜15分焼いて完成です。

ニトリのスキレット(ニトスキ)のお手入れ方法

ニトリのスキレットはきちんと手入れをしておかないと錆やすいので使用した時は毎回きちんとお手入れをする必要があります。

基本的には使用前のお手入れと使用後のお手入れをする必要があります。スキレットのお手入れ方法があったのでリンクを貼っておきます。

使用前のお手入れ

特に新品のニトリのスキレットは錆びないように油が塗ってあります。なので新品を使う場合は必ずやるお手入れなので知っておくと良いですよ。

1 まずは最初に塗られている錆び止め(工場出荷時に塗られている錆び止め)を 洗剤を使用し洗い、水気を取って下さい。 2 食用油・オリーブオイル(食塩を使用していない油)を全体に薄く塗り、弱火で5分ほど加熱する。

使用後のお手入れ

ニトリのスキレットもこちらの方法でお手入れしても問題ないと思います。使用後はすぐ洗って乾かしておくと錆びにくいです。

1 使用後はすぐに熱めのお湯とスポンジで洗う。 ※なるべく洗剤は使用しないで下さい。(なじんだ油が落ちてしまうため。) ※焦げ付いた場合はスクレーパーで 焦げをそぎ落としてから水を入れて火にかけ、 焦げつきを浮かせてください。 ※とれない焦げやにおいが気になる場合は、重曹や洗剤で洗って下さい。 2 水分を飛ばすため、火にかけて乾かしてください。 ※微小孔に入った水分まで十分に乾かして下さい。 3 フライパンが熱いうちに、食用油・オリーブオイル(食塩を使用していない油)を全体に薄く塗り、 弱火で5分ほど加熱する。

ニトリのスキレットいかがでしたか?おしゃれママやおしゃれ女子は使って当たり前!ニトリのスキレットでおしゃれな食卓に飾ってお家カフェが楽しめますよ。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-09 時点

新着一覧