あざとい女の意味や特徴!同性にはバレてる?女に嫌われる女とは?

「あざとい女」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?「あざとい」という言葉が頻繁に使われるようになったの割と最近なので、実は意味はよくわからない人も多いと思います。今回は「あざとい」という言葉の意味と、あざとい女の特徴を紹介します。

あざとい女の意味や特徴!同性にはバレてる?女に嫌われる女とは?

目次

  1. 「あざとい」という言葉の本来の意味
  2. 変化していく「あざとい」の意味
  3. あざとい女の特徴
  4. あざとい女は「高い」が大好き
  5. あざとい女は使い分けの達人
  6. あざとい女は誘導が得意
  7. あざとい女は同性にはバレバレ?
  8. あざとい女はモテる?
  9. あざとい女は同性に本当に嫌われている?
  10. あざとい女、まとめ

「あざとい」という言葉の本来の意味

「あざとい」と聞くと漠然と、可愛さや色気をアピールをして異性の気を引こうとするといったイメージを抱く人が多いと思います。しかし本来の「あざとい」の意味はそんな可愛らしいものではありません。

1 やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「あざとい商法」 2 小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方があざとい」

可愛さなど欠片も感じられない、完全に悪い意味の言葉ですね。ちなみに「あざとい」は漢字では「小聡明い」と書きます。小利口という意味といい、とにかく器が小さいんですね。

変化していく「あざとい」の意味

アニメキャラなどに多く使われていた「あざとい」

言葉が時代と共に少しずつ変化していきます。ネット上ではあざといという言葉はアニメのキャラなどで、キャラクター自身には打算はなくても制作者側がキャラを可愛いと思わせる為に狙った言動を取らせた時に多く使われます。

その場合の「あざとい」は誉め言葉です。思うつぼとわかっていつつも可愛いと思ってしまう為に揶揄してあざといと言われます。

狙ってやっているはずがない、可愛すぎる動物の仕草などに対しても「あざとい」という言葉は使われます。心を奪われてくやしいといった意味もあります。

あざとい女の特徴

「あざとい」だけならそう悪い意味ではなくなってきましたが、「あざとい女」となると本来の意味に近くなってきます。それではあざとい女にはどのような特徴があるのでしょうか。

鏡を見るのが大好き

あざとい女は鏡で自分チェックに余念がありません。自分にしか興味がないのかと疑ってしまうほどです。

写真に写る時はアヒル口

カメラを向けられると条件反射でアヒル口になります。とにかく可愛く写りたいと必死です。

アピールがすごい

あざとい女はいつでも自分を見てほしいと思っています。男が近くを通りかかると髪をかき上げるなどして存在をアピールします。

あざとい女はすぐにほっぺたを膨らませます。子供のように無邪気なのだというアピールです。それだけでなく、大抵がオーバーリアクションです。

あざとい女は「高い」が大好き

あざとい女の特徴として、色々なものが「高い」というのがあります。

計算高い

あざとい女は異性にモテる為に、自分を良く見せる為の計算をします。わざとスキを作る、出来ることも出来ないフリをして守ってあげなきゃと男に思わせる、そういった計算など朝飯前です。

声が高い

あざとい女は男心をくすぐる為に、男の前ではワントーン声を高くして話すのが特徴の一つです。

露出度が高い

あざとい女は男の視線を自分に向けさせようとしています。その為に肌の露出の多い服を着る傾向にあります。

ヒールが高い

ヒールを履いた足はキレイに見えます。そして高いヒールで歩きにくそうにすることで、男の庇護欲を刺激してモテる効果もあります。あざとい女にとっては一石二鳥のアイテムです。

目線が高い

目線を高く、つまり上目遣いで男を見上げるのも、あざとい女の特徴です。上目遣いをされると多くの男は相手が自分に好意があると勘違いします。あざとい女はもちろん、それを狙っているのです。

身につける物が高い

高い物を持っている=自分のレベルが高いと思っているので、身につける物は高価な物を好みます。

もちろん男のレベルも高い方が好き

周囲にモテる女と認めてもらう事を重要だと思っているので、付き合う男もわかりやすく自慢出来る相手を望みます。ズバリ、ルックスと金の2点を重視します。

あざとい女は使い分けの達人

あざとい女は相手によって態度を極端に変えるのが特徴です。気になる男がいる場合は自分を良く見せることに全力を尽くしますが、それ以外の場では相手にどう思われようが全く関係ないとばかりにわがまま勝手に振る舞います。

男の前では同性にもいい顔をするけれど、いなくなった途端に本性を丸出しにするのがあざとい女です。あまりにも正反対すぎる面を使い分けられてしまうと疲れてしまいますよね。

あざとい女はパッと見は可愛い子猫ちゃんのようですが、中身は獰猛なメスライオンなのです。

あざとい女は狙った男は必ず落とすハンターなのです。

あざとい女は誘導が得意

あざとい女は他人をコントロールして、自分の都合のよいように物事を運ぶのがとても上手です。

男の前で、自分の褒めてほしい部分をわざと卑下します。「私って、足が太いの」「髪が上手くまとまらないのが悩みなの」と言われると、男は必ず「そんなことないよ」と言ってくるのがわかっているのです。卑下した部分もしっかり見てもらえるので、あざとい女の一番得意な戦法です。

あざとい女は初めは誰かと自分を比べて自分を卑下するように見せかけますが、話を進めていく内に自分をアゲていき、比較対象した相手をサゲるという巧みな話術を持ちます。あざとい女は自分を良く見せる為に引き立て役を必要としているのです。

自分がモテる女だというアピールも忘れません。ですが決して付き合っているのではなく、自分にはその気がないのに一方的に言い寄られて困っているという印象を与えます。モテる女だけど清純なのだと思わせたいのです。

あざとい女は同性にはバレバレ?

あざとい女は意中の男の前でだけ可愛いフリをするので、同性から見ればあざとさはバレバレです。

それでも大抵の人はあざとい女の演技を、わざわざ周囲の男に告げ口するような事はしたいとは思いません。そういった同性の心理もあざとい女は計算済みです。

同性に演技がバレていることなど、本当にあざとい女はわかりきっているのです。心の中では舌を出しています。

あざとい女はモテる?

男の前では態度が変わる、やたらと媚びてボディタッチしたりとアピールしまくりなあざとい女は男にモテます。

同性から見ると魂胆がバレバレなのに、あざとい女がモテるなんておかしい、男は簡単に騙されると思っている人は多いと思います。しかし本当にそうでしょうか?

実は男もあざとい女の言動は計算づくだとわかっているのです。わかっていてもあざとい女が好きなのです。

あざとい女は男が好きそうな、胸や脚を露出した格好をして見た目に気を遣っています。常に鏡をチェックしているので、可愛く見える笑顔もマスターしています。同性から見れば媚びているだけに見えても、男は媚びてほしい生き物だから何の問題もないのです。むしろ多少演技でもいいから媚びてほしいのに、やらない女の方が悪いとまで思っています。

男と女の前で態度が変わるような女は、あざといの本来の意味で「小利口」で「思慮が浅く」「あさはか」です。冷静に物事が見られる男からすればバレバレの罠と同じです。案外あざとい女の方が男から軽い遊び相手として利用されているのかもしれません。男もそんなにバカじゃないんです。

男はある程度まではあざとい女は好きですが、度を越えるとやはり引きます。ですがそれ以上に引いてしまうのが、あざとい女に直接文句は言わずにいない所で悪口を言う女です。下手するとモテない女のヒガミとしか受け取られないので気をつけましょう。

あざとい女は同性に本当に嫌われている?

どちらかといえばあざとい女は嫌われているイメージですが、全ての女があざとい女を嫌っているわけではありません。多かれ少なかれ、相手によって態度が変わるというのは誰でもやっていることです。徹底しているなら、それはそれで一つの処世術とも考えている人もいます。

嫌われるあざとい女と許されるあざとい女

あざとい女の中でも、ただ甘え上手で男の気を引きたいだけなら、そんなに嫌われてはいません。よくやるよ程度と呆れはしても、自分に実害は無いからです。タチが悪いのはプライドがエベレストよりも高く、他人と比較することでしか満足出来ない、他人よりも良い物を持つ、モテると思うことで優越感を満足させるタイプのあざとい女です。

自分よりも可愛い人、人気のある人は陥れようとするし、他人の彼氏が自分の彼氏よりもレベルが高いと思えば全力で横取りしようとしてきます。このタイプは嫌われても仕方ないでしょう。

嫌われているあざとい女に共通するのは、やはり何だかんだいって「モテる」ことです。美人か美人でないかは全く関係なく、あざとく振る舞って実際にモテている女は嫌われています。頑張って媚びを売ろうとしても失敗している女は「イヤな女」「性格悪い女」で片づけられれ、誰にも相手にされずに、そんなに嫌われる事もありません。

あざとい女というのは、目的を果たしている成功者にだけ与えられた称号なのかもしれません。

あざとい女、まとめ

あざとい女、思い当たることはありましたか?周りに迷惑なあざとい女がいて受け付けないと思ったら、表面上だけの付き合いもやめて完全に交渉を絶った方がいいですね。何もいいことはありません。

でも内心あざとい女を羨ましい、自分には出来ないからこそ悔しいと思う気持ちがあるなら、ちょっとだけ見習ってみませんか。嫌われる部分にさえ気をつければ、本当の可愛い女になれるかもしれませんよ。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧