大山のぶ代は現在老人ホーム?今の認知症の症状と原因について調査

大山のぶ代は、テレ朝での初代ドラえもんとしてかなり有名な声優ですが、現在では老人ホームに入居しているそうです。なぜ大山のぶ代が老人ホームに入ることになってしまったのでしょうか?大山のぶ代の現在の症状について調べていくことにしましょう。

大山のぶ代は現在老人ホーム?今の認知症の症状と原因について調査

目次

  1. 大山のぶ代プロフィール
  2. 大山のぶ代はドラえもんだった!
  3. 大山のぶ代がドラえもんを引退
  4. 大山のぶ代の夫が、現在認知症を告白
  5. 大山のぶ代は大病を患っている
  6. 仕事復帰し、まさかの下手くそ扱いを受けた大山のぶ代
  7. 大山のぶ代の認知症の原因とは?
  8. 大山のぶ代が老人ホームへ入居する
  9. 現在の大山のぶ代は?
  10. まとめ:大山のぶ代は現在老人ホームに入居したまま

大山のぶ代プロフィール

名前   大山 のぶ代(本名 山下 羨代)
生年月日 1933年10月16日
血液型  O型

大山のぶ代といえば、ドラえもんとして26年間も声優を続けていましたが、2005年には自ら降板してしまい、その後はいろんな大病になりながらも現在では認知症になってしまいました。

Thumb大山のぶ代の現在!認知症で老人ホームへ!復活はある?【ドラえもん】

大山のぶ代はドラえもんだった!

大山のぶ代はテレビ朝日版の初代ドラえもんとして長い間親しまれてきました。なぜここまで大山のぶ代が愛されていたのかは、乱暴な言葉遣いをしたりせずのび太を温かい目でお母さんのように見守ってくれていたからこそ人気が出たんじゃないでしょうか。初期の頃はまだ方向性が定まっていなかったせいもあって乱暴な言葉遣いが目立ちましたが、声優一丸となって子供たちが見やすいアニメを目指したおかげで現在でも大山のぶ代のドラえもんは愛されています。

大山ドラえもんは優しい友達だった

大山のぶ代にとってもドラえもんというキャラクターは自分の子供のようでもあり、大山のぶ代の家にはかなりの数のドラえもんグッズがあるそうです。

大山のぶ代がドラえもんを引退

大山のぶ代がドラえもんを降板したのは。2005年のことでした。大山のぶ代が大病を患ってしまい、ドラえもんが死んでしまうと感じた大山のぶ代は引退することを決意したのです。それに合わせてほかの声優たちも高齢になっていたので、新たなドラえもんを制作することが決定されました。

TBSでドラえもん関係のオファーを受ける

ドラえもんから降板してからの大山のぶ代はよくTBSバラエティ「スター名鑑」に出演することが多くなっていました。大山のぶ代はオファーするとなんでも受けてくれるみたいで、ルパン三世を演じたこともあります。大山のぶ代自身、ルパン三世というアニメ自体を見たことがなかったようで、ルパンを演じたときはまるでドラえもんのような声だったので懐かしくなった人もいたんじゃないでしょうか。

大山のぶ代の夫が、現在認知症を告白

大山のぶ代の認知症が公になったのは、夫の砂川啓介が2015年5月にラジオで大山のぶ代が認知症になっていると告白してからみんなに知れ渡りました。

体は至って元気!

大山のぶ代が認知症になっても体の健康だけは元気だったのであまり深刻になることはなかったようです。ただ、お風呂に入ったり、料理ができなくなったり、身の回りのことはほとんどできなくなってしまったそうですよ。

身の回りのことができなくなってしまった

大山のぶ代が辛かったことは、自分が得意だった料理が作れなくなってしまったことだったそうです。料理本を出すくらい上手だった料理ができないって自分でもかなりショックだったでしょう。

認知症も自覚している大山のぶ代

認知症も初期だったおかげで、大山のぶ代自身も自分が認知症ということが理解していたそうです。認知症の人って自覚症状があるってわかるもんなんですね。

大山のぶ代は大病を患っている

現在、大山のぶ代は認知症にかかっていますが、認知症になる前には命に関わる大病をわずらっていたこともありました。

2001年には直腸がんが発見される

2001年に直腸ガン見つかり、悪性だったこともあり手術していました!でもこの頃に大山のぶ代がドラえもんを交代したりしてドラえもんの声が変わらなかったのはすごいことですね。

2008年には脳梗塞と心筋梗塞

ドラえもんから降板したあとは脳梗塞と心筋梗塞をいっぺんに大山のぶ代を襲いました。しかし、幸いにも発見されたのが早かったために一命を取り留めることができました。運が悪かったら亡くなってしまっていただけに、生かされていると思えますよね。

仕事復帰し、まさかの下手くそ扱いを受けた大山のぶ代

大山のぶ代は大腸がんや、脳梗塞、心筋梗塞などどれで死んでもおかしくないような大病を患っていましたが完治し、無事に仕事復帰されました!仕事の内容は、大山のぶ代にとって初めての悪役立ったんです!しばらくテレビ活動をしていなかったせいなのか、大山のぶ代を新人扱いするびっくりするツイートが出てきたんです!

こちらが問題のツイート

大山のぶ代はドラえもんを降板してからしばらく表舞台で活躍されていませんでしたが、まさか大山のぶ代を知らないという人が出てくるなんて思いもしませんよね。この二人は何歳の人間なのかはわかりませんが、今時の子供だと大山のぶ代を知らなくても仕方ありません。

大山のぶ代の認知症の原因とは?

大山のぶ代が認知症になってしまったことには何か原因があるのでしょうか?どうして大山のぶ代が認知症になってしまったのか、原因を探ってみることにしましょう。

ドラえもんを引退したのも原因だった?

大山のぶ代がドラえもんを卒業したのは、2005年のことでした。大山のぶ代は仕事にかなり厳しいことで知られていましたし、ドラえもん一筋!というところがあるので少し気が抜けてしまったのかもしれません。似た兆候として、一生懸命働いてきた会社を定年退職をしてしまうと認知症になりやすいと言われています。今から考えてみると、その状況と似ていたのかもしれませんね。

一番の原因はタバコ!

認知症になりやすい原因として、キツイ性格の人がなりやすいと言いますが、実はタバコも認知症になりやすい傾向があることがわかっています。大山のぶ代はかなりのヘビースモーカーで、ドラえもんの収録の時もすぐに喫煙所に行けるようにドアのすぐ近くにマイクを陣取って収録していたそうです。嫌煙家であるのび太役の小原乃梨子は反対側のマイクを使っていたのですが、そのせいで仲が悪いと週刊誌に書かれていたこともありました。

どうしてもタバコがやめられなかった大山のぶ代

大腸ガンや脳梗塞、心筋梗塞になりながらもタバコだけはやめられなかったようですね。もしこの時に大山のぶ代がタバコをやめていたら認知症の原因にはならなかったかもしれません。

大山のぶ代が老人ホームへ入居する

大山のぶ代は老人ホームに入ることになったのはなぜなんでしょう?自宅介護していたはずの夫・砂川啓介はどうなってしまったんでしょうか?大山のぶ代がなぜ老人ホームに行く事になってい待ったのか、調べてみましょう。

夫が尿管がんで入院することに

介護をしていた砂川啓介が尿道ガンになってしまい、自分が入院しなくてはならなくなりました。砂川啓介もかなり悩みに悩んで大山のぶ代を老人ホームに入れることを決意したんです。ずっと自分が介護してきただけに他人に大山のぶ代を任せるのが心配でたまらなかったそうです。

老老介護で大変な状態

砂川啓介も入院しなければならなかった状態で大山のぶ代がプロの介護士のいる老人ホームに入れることが決まってほっとしたんじゃないでしょうか。しかし、老老介護になっているのも大変ですし、相手より自分が死ぬわけにはいかないと責任感を感じているようです。

現在夫は退院している

現在では体調も良くなり、すっかり元気になっている砂川啓介。命に関わるほどの大病じゃなくてよかったですよね!砂川啓介が精神的によかったことは、大山のぶ代の認知症を公表できたことじゃないでしょうか。公表できなかったらいろんな人からの助けも借りれず、現在よりも大変な状況に陥っていたかもしれません。

大山のぶ代の病状を伝える本も出版している

砂川啓介は今までの大山のぶ代との闘病生活をまとめたものを本として出版されています。もし大山のぶ代のことを知りたいならこの本を読めばわかりますね。

現在の大山のぶ代は?

現在、大山のぶ代の病状はどうなっているのでしょう?認知症を告白してから2年近く経ちましたが、元気に過ごしているのでしょうか?

定期的に現在の大山のぶ代の症状を伝えている夫

頻繁とまではいきませんが、時折テレビに出演して、妻である大山のぶ代の認知症の状態を伝えてくれています。大山のぶ代のファンにとっては病状が知れることで元気にしているか嬉しいですよね!

現在も認知症は進んでいる

現在も少しずつではありますが、認知症は進行しているそうです。中にはうつの状態になってしまう人もいるそうですが、幸い大山のぶ代は何の話をしているかわかっていなくてもしゃべりっぱなしなんですって!明るく元気に過ごしているそうです。

現在では数分前のことを覚えていない

よく認知症の人は昔のことをよく覚えていると言いますが、つい最近のことを記憶にしづらいんだそうです。だから数分前のことが思い出せずにいるんだそうですよ。このまま自分のことを忘れられてしまったら夫としても辛いですよね。

現在ではドラえもんも忘れてしまっている様子

現在では自分が大切だったドラえもんをやっていたことを忘れてしまっているようです。ドラえもんという単語がよくわかっていない様子で、テレビでドラえもんが放送されているのを声をかけてもよくわかっていないと砂川啓介が番組で話していました。

大山ドラえもんは今でも人気

大山ドラえもんは現在でも人気で、最近アメトークでドラえもん特集していたことがきっかけで大山ドラえもんについてツイッターしている人が増えました。

やはりドラえもんは、大山のぶ代だからこそここまで長寿アニメとして親しまれてきたんですね。

大山ドラえもんを忘れられない人たち

現在では水沢わさびがドラえもんを引き継いでいますが、大山のぶ代が忘れてしまっても大山ドラえもんで育った人たちは忘れることはできません。

まとめ:大山のぶ代は現在老人ホームに入居したまま

いかがでしたでしょうか?大山のぶ代の演じていたドラえもんがいかに国民から愛されてきたのかわかると思います。現在でも老人ホームに入居していますが、少しでもドラえもんのことが思い出してくれると嬉しいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧