魚焼きグリルの掃除はどうやる?網や庫内を片栗粉・セスキで楽に!

魚からピザまで色々と焼いてくれる魚焼きグリル。料理のレパートリーを増やしてくれる器具として重宝するが、しかし掃除がなかなか大変な調理器具でもある。今回は『セスキ』と『片栗粉』を使った魚焼きグリルの掃除方法についてまとめた。

魚焼きグリルの掃除はどうやる?網や庫内を片栗粉・セスキで楽に!

目次

  1. すぐに汚れる魚焼きグリル
  2. 魚焼きグリル庫内の頑固な油汚れやコゲ
  3. 魚焼きグリルの掃除手順
  4. セスキと片栗粉で楽々と魚焼きグリルが掃除できる?
  5. 魚焼きグリルの掃除に関するまとめ

すぐに汚れる魚焼きグリル

魚焼きはもちろん、ホイル焼きやピザのみならず、鶏肉を焼いたり野菜を焼いたりと、なにかにつけて大活躍してくれる魚焼きグリル。

とても便利な反面、厄介となるのが油汚れやコゲつきだ。魚焼きグリルの網に絡まったコゲはなかなか掃除が大変だし、狭い魚焼きグリル庫内の掃除も力を入れにくいので難儀する。

大変な魚焼きグリルの掃除を少しでも楽にできないかということで、『片栗粉』と『セスキ』を使った魚焼きグリルの掃除方法についてまとめた。

魚焼きグリル庫内の頑固な油汚れやコゲ

網にコゲがこびりついたり受け皿に油や食材のクズがこぼれ落ちたりと、魚焼きグリルの庫内はとかく頻繁に汚れる。

毎回こまめに魚焼きグリルを掃除をしているつもりでも、取り残しが知らず知らずのうちに頑固な汚れへと発展することも。とはいえ日々の手入れを怠るともっと酷いことになるだろう。

魚焼きグリルの掃除手順

まずは魚焼きグリルの基本的な掃除手順を紹介しよう。

網や受け皿などの取り外せるパーツは、まず中性洗剤を溶かしたお湯に浸け置き。5分ほど放置したらスポンジや歯ブラシなどでこすり落とそう。こびりついて時間の経った古い汚れなどはかなり頑固だが、熱湯をかけると柔らかくなるものもある。

問題となるのは魚焼きグリル庫内。取り外しのできない”内側”の部分である。濡れタオルでこする、割り箸にキッチンペーパーを巻きつけてこするなど、色々な方法はあるのだが、どれも手間であり、なかなか体力の必要な力仕事だ。

頑固な汚れも洗剤があればパパッと落とせてしまうのだが、魚焼きグリル庫内は食材に直接触れる可能性もあるのが悩みどころ。食器や網、受け皿などと違ってすすぎ洗いができないので、洗剤を使うことに抵抗のある方も多いだろう。

セスキと片栗粉で楽々と魚焼きグリルが掃除できる?

そこで強い味方となってくれるのが『セスキ』と『片栗粉』だ。魚焼きグリルに付着している油汚れやしつこいコゲつきは、水だけで掃除しようとするとかなり大変であるが、これらを使えば庫内や網にこびりついた汚れを楽々掃除することができるのである。

魚焼きグリル掃除の強い味方:セスキ

『セスキ』とは「セスキ炭酸ソーダ」のこと。いまや掃除のお供として有名な「重曹」と同じアルカリ剤なのだが、重曹よりも水に溶けやすく弱アルカリ性のため肌に優しいという性質を持っている。もちろん重曹と同じように安全性の高い掃除剤だ。

アルカリ剤であるセスキは「油脂の乳化」と「タンパク質の分解」を得意とする。油や手垢などの汚れを掃除するには最適。その一方で、ドロ汚れや衣類のシミなどには効果がいまひとつであるが、魚焼きグリルの掃除においてはその欠点は気にならない。

使い方はとても簡単で、セスキを染み込ませたキッチンペーパーや布巾で汚れた部位を拭くだけ。頑固な汚れの場合は、セスキを吹きかけてキッチンペーパーをかぶせ、その上からさらにセスキを吹きかけてしばらく置いてから拭き取ろう。

魚焼きグリルの掃除だけでなく、電子レンジの掃除などにもセスキは大活躍。レンジ庫内についたコゲや油汚れなども、セスキをしみこませたあとにサッとひとふきで楽に落とすことが出来る。

魚焼きグリル掃除の強い味方:片栗粉

魚焼きグリル庫内の掃除で役立つもうひとつのアイテムが『片栗粉』だ。こちらは特別に用意する必要もないので手軽ではないだろうか。

片栗粉の使い方はセスキとは少々異なる。魚焼きグリルを使って調理する際、魚焼きグリルの受け皿に水を張って少量の片栗粉を入れておく。

すると食材を焼いたあとに、受け皿の中で油や食品カスと一緒に固まっているので、パリパリとはがしてそのまま捨てることができるのだ。

料理に使うのならば片栗粉は品質の良いものを選びたいが、今回は掃除に使うので安価な片栗粉でも構わない。

片栗粉を使ったこの方法は、魚焼きグリルの汚れを防ぎ、掃除の手間を減らしてくれる。いざ魚焼きグリルを掃除しようと思ったときも、頑固な汚れを予防してくれるのでとても助かることだろう。

魚焼きグリルの掃除に関するまとめ

魚焼きグリルの掃除に関するまとめは以上だ。魚焼きグリルは使用頻度の高い調理器具だけに汚れるのもあっという間であるが、日々の手入れやちょっとした一手間で掃除の頻度を減らすことはできる。

掃除道具や洗剤の進歩は目覚しいものがある。日々の掃除を面倒だと感じる人はやはり多いようで、『セスキ』や『片栗粉』の他にも色々なアイテムが日夜開発されている。この記事も厄介な掃除の負担軽減の一助となってくれれば幸いである。

関連記事

Thumb魚焼きグリルでパンを焼く!おすすめレシピ・トーストまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-10-04 時点

新着一覧