手帳を活用するとスケジュール管理が上手くいく?使いこなす技とは?

日々の暮らしで予定を上手に組んでいるという人ほど、手帳の活用が上手い人が多いんです。手帳を活用すれば、仕事中、無駄に時間が掛かってしまったり、うっかりミスをしてしまうこともありません。スケジュール管理がきちんとできる大人になって、仕事の要領も良くなろう!

目次

  1. 手帳の活用でスケジュール管理を上手に!
  2. 色ペンを活用した見やすい手帳の書き方
  3. 付箋活用で要領上手な手帳に
  4. 手帳の活用は上手なタイムスケジュールから!
  5. マンスリーページを活用した手帳術
  6. ウィークリーページを活用した手帳術
  7. ToDoリスト活用で作業効率アップ!
  8. 手帳の上手な活用者は見返す作業を忘れない!
  9. スケジュール管理が上手い人が使っている手帳
  10. 手帳を使いこなしてスケジュール管理上手になろう♪

手帳の活用でスケジュール管理を上手に!

できる大人といのは、多くはスケジュール管理が上手く、効率の良く、ミスをしないという人が挙げられます。そんな人たちは手帳を上手に活用しています。スケジュールの管理は、仕事面だけではなく、勉強や家事、日々の暮らしに必要不可欠。手帳を有効活用して、効率の良い、できる人を目指しましょう!

色ペンを活用した見やすい手帳の書き方

色ペンで予定を囲む!

特に重要な予定は色ペンで囲ってしまいましょう。また、あまりたくさんの色を使いすぎないのが手帳の見やすくなるポイントです。

色鉛筆で予定を見やすくカラーリング

こちらの画像では、時間・用事の部分を色分けした見やすい手帳になっています。色鉛筆の色分けが、予定部分を邪魔せずにチェックするべき箇所を主張しているのがgood。特に重要な予定は赤ペンを使用。

タイムゾーンを用事ごとに色分け!

予め決めておいた色ペンでタイムスケジュールをカラーリングしておくと、とても分かりやすくて◎。暮らしのルーティンに特に合った手帳の書き方方法です。大人用のスケジュールの他に、お子さんの予定代わりに色分けで時間を示すという活用もできます。

書いて消せる色ペンが便利♪

フリクションなら手帳に記入した後に変更したい場合でも消せるのでおすすめです。ボールペンタイプやサインペンタイプ、マーカータイプなど種類が豊富なのでぜひ役立ててください!

付箋活用で要領上手な手帳に

付箋は様々な用途で活用できるので、仕事に忙しい大人・勉強に追われている学生など、多くの人に愛用されているアイテムです。

ToDoリストとして活用!

貼ったら剥がせるのが付箋の最大ポイント。細々とした、やることリストを付箋にして、終了したら剥がすようにすれば、やる気が出ます。手帳のマンスリーページなら、画像のように細いタイプの付箋に、片付けるべき一つの案件を記すのがおすすめ。

案件ごとの色分けは見やすいですね!

付箋をメモとして活用!

暮らしに必要なメモ代わりとして付箋をを使うのもok!付箋の色を分けると、メモが多くなってしまった時の見辛さ防止になりますよ♪

人から聞いた話や、お世話になった事柄をメモして、手帳カバーの折り込みページに貼っておくと忘れません。次回その人にあった時のお礼や、話題作りに役立てましょう!

付箋代わりになるアイテム

マスキングテープやマグネットマーカーも使いやすくてGood!マステは上から文字が書けるし、マグネットマーカーはしおり代わりにもなります。

手帳の活用は上手なタイムスケジュールから!

時間の管理って慣れてない人ほど、ぎちぎちに予定を詰めてしまったり、逆にざっくりとした感覚で予定を割り振っている人が多いんです。ちょっとしたルールを覚えて、タイムスケジュール上手な人になりましょう!

調整時間を作るのがポイント!

時間管理の上手な人は、それぞれの予定に合わせた時間にさらにちょっとした調整時間を設けています。時間通りに予定が進まないというのは日々の暮らしで当たり前に起こります。そんな、予定していたよりも時間が遅れた時のために、スケジュールに少しだけ余裕をもたせてあげるんです。そうすることで、予定通りにいかないストレスも軽減できるし、時間の変動に合わせてスケジュールを組み直すこともできます。

約束の時間は常に詳細に

時間に遅れるというのは、社会的信用を失うというのが大人のルールです。遅刻やアポイントメントを忘れないために、約束の時間や締め切り時間は常に細かく記載するようにしましょう!

アクションプランナーで無駄時間を管理

30分ごとのタイムスケジュールを管理できるアクションプランナー。予定が多い人ほど、スケジュール管理が上手くないと無駄時間が多くなってしまいます。30分ごとの予定を見直して、ロス時間を減らして日々の暮らしに役立てよう!

しおりが2本あると便利

手帳にしおり紐が2本ついているタイプは、マンスリーとウィークリーページ、またはメモページにそれぞれ挟めるので、見たいときに見たいページが開けます。ページを探す時間ロスやメモしたことの忘れも防げるのであると大変助かるアイテム。

マンスリーページを活用した手帳術

重要な案件のみをピックアップして記入する

一ヶ月分の予定表ページには、あまり書くスペースがなく、暮らしが忙しいとついつい書き込んでしまうという人も多いのではありませんか?マスぎゅうぎゅうに詰め込んでしまっては予定がかえって分かりにくくなってしまうので、重要な予定に絞った書き方をしていきましょう!

文字の省略でスペース確保!

手帳の狭いスペースに人名や用件名を書くのが難しい場合は名前の頭文字を取ったり、アルファベットの最初の文字を取った書き方をすると、場所を取りません。但し、何の省略文字か忘れないようにメモをしておくか、ルーティンワークのみの活用に留めておくと混乱せずに済みますよ。

イラストでわかりやすく!

イラストが得意な人は予定を絵で表現するのもおすすめです。文字で描くより一目で分かるし、狭いスペースの手帳にはぴったりな書き方です。

2週に1度、フリーな日を作る

何かと忙しい大人に限らず、勉強に追われている学生さんも、プランの調整をするために、2週間に一度だけ、完全にフリーな日を設けておきます。案件が終わらなかったり、勉強の進度が予定よりも進まなかった場合の予備日・調節日として使います。こうすれば、だらだらと予定がずれ込むことを防いでくれます。

ウィークリーページを活用した手帳術

ウィークリーではマンスリーで書けなかった詳細な用件を書くのに活用していきます。ウィークリースケジュールの上手な書き方は、時間管理の基本、調整時間を設けながら管理していきます。ここでは、ビジネスに活用できる時間の調整方法を紹介していきます。

一つの案件に15分の調整時間

ビジネスでは、それぞれの仕事プランに、15分余計に時間を設けましょう。予定を立てる時、人は最小限の時間でプランを立てがちになります。ミスを防ぐためにも少しの時間的余裕を持たせてあげましょう!

会議時間には20分余分に取る

会議は予定されている時間より、終了時間が長くなりがちです。また、会議後も、ちょっとした細かな打ち合わせなどで話を設けたりと何かと時間が掛かります。20分の調整時間を予め設定してスケジュールを立てるようにしましょう。

余った時間はブレイクタイム

予定通りに作業が終了し、調整時間を使わなかった場合は頭のリセットタイムとして小休憩してしまいましょう。大人になる程、少しの時間でも、リフレッシュ休憩を取るだけで頭の回転はだいぶ違います。疲れによるミスも防げるし、ストレスを減らすためにもなります。その時間にシンキングタイムとして、新しい発想に考えを巡らすのも良いでしょう。

予定の隣ページはメモ

システム手帳タイプの日付ページの隣、右側ページにはメモ用として、また思いついたことや感想・一言日記として活用すると、後で仕事や作業、暮らしについて見返した時に、参考になります。

ToDoリスト活用で作業効率アップ!

四角いチェックボックスを作った、ToDoリストを上手に使って効率の良いスケジュールを管理しましょう。

やるべき案件をリストアップする

効率の良い人は、「やりたいこと」ではなく、「やらなくてはいけない」案件をToDoリストにしています。やるかやらないか分からない物にプラン時点で時間を割くのではなく、片付けるべき案件を書き出し、確実に終わらせていきましょう。

書いたからには終わらせると思って作るとやる気が上がります♪

案件の重要性ごとに仕分ける

ToDoリストのやるべきことの中でも、特に重要な件から終わらせるようリストにします。仕事の場合なら、午前中に重要度が高い物、午後に軽度で簡単な案件を並べていきます。

時間配分も忘れずに!

いつやるのか、時間管理もきちんとしましょう。会社なら、仕事開始時間から退社時間を書き、その間のスケジュールで細かく時間を割り振っていきます。勉強だったら、開始と終わり時間を設定して教科ごとや単位ごとにスケジュールを作っていきましょう。こうすることで、作業効率がグンと上がります。

手帳の上手な活用者は見返す作業を忘れない!

手帳に記入を忘れないマメな人というのは多いのですが、見返すという作業を忘れてはいけません。大切なメモや人から聞いた話、思いついたアイディアなど、スケジュール以外にもたくさんの情報が詰まった手帳を見返すことが良い仕事や暮らしのアイディアにつながります。

普通のことかもしれませんが、案外メモを取った後に見返す人って少ないんです。効率の良いスケジュール管理に役立てるよう、手帳は小まめにチェックして、出来る大人になりましょう!

スケジュール管理が上手い人が使っている手帳

30分単位でスケジュール管理できる手帳

アクションプランナーやバーチカル手帳は1日を30分単位でスケジュールが組む書き方ができるから、時間の無駄を防ぎ、より効率の良い作業へと導きます。

もっと詳細を書き込めるバーチカル手帳は、以下のようなアイディアもあります。

バーチカル(縦型)手帳を上下に分割 上段:お仕事 下段:プライベート と書き分けるとわかりやすいですよ~ ・ バーチカル型は時間管理に向いていますが、あえて時間軸を無視して使うというのも全然アリ!

同じページで予定が見通せる!キャンパスのダイアリー

手帳の同じページ上部にマンスリー、下部にウィークリーページが来るように分かれていて、どちらの予定表もページをめくることがなく確認できます。

一日の時間配分を考えられるところはすごく気に入っていますが紙が薄いところとめくれやすくクリップをいくつも付けなくてはならず来年も使うか迷い中 手帳は仕事のしやすさにも繋がるので毎年悩みます

縦と横の2つのスケジュール管理ができる!ブラウニー手帳

同じページに同じ日付が縦と横に配置された、革新的な手帳。その用途は多岐に渡って使えることから、忙しい人や複数のスケジュールを管理するのに最適です。例えばプライベートと仕事用に分けたり、自分以外のスケジュールに使用したり、仕事のプロジェクトごとに使用してもok!その用途は10タイプあり、スケジュール管理が上手な人から今注目されている、より暮らしに密着したタイプの人気手帳なんです。詳しい使い方、書き方は公式ページでチェック!

手帳の使い方 | ブラウニー手帳 2017

手帳を使いこなしてスケジュール管理上手になろう♪

頭の中で予定を立てるよりも、手帳に起こして視覚化したほうが、時間を無駄に使っているなどの問題点がわかりやすく見えてきます。スケジュール管理上手になるためにも、まずは手帳をマメに付けるところから始めましょう!長期的に見た時に、驚くほど効率が良くなっていますよ♪

もっと手帳の書き方の情報を知りたいアナタへ

Thumb手帳のかわいい書き方をマスターしたい!シールも活用してかわいくしよ!
Thumb手帳の書き方を知ると主婦業が捗る?おすすめの書き方例まとめ
Thumb手帳術(書き方)でビジネススキルが上がる!出来る人の活用術まとめ
Thumb手帳にイラスト?付箋?色ペンも?おしゃれな人の手帳の中身がすごい!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ