宮藤官九郎脚本の映画作品まとめ!クドカンワールド炸裂の魅力に迫る

クドカンこと宮藤官九郎さんは、脚本家・映画監督・俳優など、芸能人として多彩な才能を持っています。そんな宮藤官九郎さんが脚本を担当した映画について調査したいと思います。クドカンワールドが炸裂する映画から、意外な作品まで、まとめます。

宮藤官九郎脚本の映画作品まとめ!クドカンワールド炸裂の魅力に迫る

目次

  1. クドカンこと宮藤官九郎さんの魅力溢れる映画作品に迫る!
  2. 芸能人として活躍!クドカンこと宮藤官九郎さんのプロフィール
  3. 様々な才能を発揮!クドカンこと宮藤官九郎さんの経歴
  4. これもクドカン作品?!意外だと思う宮藤官九郎さん脚本の映画
  5. あの原作もクドカン色に!宮藤官九郎さんが脚本を担当した原作のある映画
  6. 宮藤官九郎さんの魅力溢れるクドカン脚本ドラマが映画化!
  7. 完全オリジナルの宮藤官九郎さん脚本!クドカンワールド炸裂の映画
  8. 宮藤官九郎さんが脚本も監督も担当!クドカン映画作品
  9. クドカン遂に!2019年の大河ドラマの脚本が宮藤官九郎さんに決定!
  10. 【まとめ】宮藤官九郎さん脚本の映画は個性豊かで魅力的!

クドカンこと宮藤官九郎さんの魅力溢れる映画作品に迫る!

現在放送中のドラマ「カルテット」に出演するなど、俳優としても活躍するクドカンこと宮藤官九郎さんは、芸能人としての活動以外に脚本家として様々な映画を手掛けています。

宮藤官九郎さんの脚本による、魅力溢れるクドカンワールド満載の映画作品をご紹介したいと思います。

芸能人として活躍!クドカンこと宮藤官九郎さんのプロフィール

名 前:宮藤官九郎(くどう かんくろう)
本 名:宮藤俊一郎(くどう しゅんいちろう)
愛 称:クドカン・くんく・クン
生年月日:1970年7月19日 46歳
出身地:宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)
血液型:O型
身 長:176.5cm

様々な才能を発揮!クドカンこと宮藤官九郎さんの経歴

クドカンこと宮藤官九郎さんの実家は文具店を営み、父親は教師で校長先生も務めたそうです。兄弟はお姉さんが2人いるそうです。子供の頃から文才があったようで、作文コンクールなどで受賞していたそうです。

クドカンこと宮藤官九郎さんは高校時代に、憧れの存在だった高田文夫さんの宮城ローカル番組「マル金ギャハハ倶楽部」の素人参加コーナーに出演したそうです。

大学は日本大学芸術学部放送学科に進学したものの、友達が出来ずつまらなかったことなどの理由により中退しています。

クドカンこと宮藤官九郎さんは、松尾スズキさん主宰の劇団「大人計画」に入り、舞台役者として活動する傍ら、バラエティ番組の構成作家としても活動していたそうです。その後、大人計画の一部の作・演出を担当し始めます。

1996年からクドカンこと宮藤官九郎さんの担当部分を「ウーマンリブ」という名称にします。1994年頃から、映画やドラマにも俳優として出演し始め、芸能人としての道を歩んでいきます。

クドカンこと宮藤官九郎さんは、1995年に阿部サダヲさん、村杉蝉之介さんと共にバンド「グループ魂」を結成します。2005年には、紅白歌合戦に出場しました。

クドカンこと宮藤官九郎さんは、ドラマで脚本を手掛けるようになり、2000年4月から6月まで放送されたドラマ「池袋ウエストゲートパーク」で、初めて連続ドラマの脚本を担当します。

ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」には、今をときめく俳優陣がたくさん出演していました。長瀬智也さん、佐藤隆太さん、窪塚洋介さん、坂口憲二さん、山下智久さん、高橋一生さんなど、現在も活躍する方々ばかりです。

宮藤官九郎さんの脚本の「池袋ウエストゲートパーク」は今も根強い人気があります。

クドカンこと宮藤官九郎さんは、その後もドラマや映画など様々な魅力溢れる作品を手掛けています。

これもクドカン作品?!意外だと思う宮藤官九郎さん脚本の映画

今や芸能人として活躍する宮藤官九郎さんは、様々な映画の脚本を手掛けていますが、これもクドカン作品?!と思う映画もあります。知られざるクドカン脚本の映画をご紹介したいと思います。

映画「GO」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2001年に公開された映画「GO」の脚本を担当しています。この作品で宮藤官九郎さんは、2002年読売文学賞の戯曲・シナリオ賞と、第25回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しています。

映画・ゼブラーマンシリーズ

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2004年に公開された映画「ゼブラーマン」と、2010年に公開された映画「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」の脚本を担当しています。監督は三池崇史さんです。映画「ゼブラーマン」は、俳優の哀川翔さんの主演100作目を記念して作られた映画です。

映画「カムイ外伝」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、映画「カムイ外伝」の脚本を担当しています。白土三平さんの漫画作品を映画化したもので、監督は崔洋一さん、主演は松山ケンイチさんが演じています。

あの原作もクドカン色に!宮藤官九郎さんが脚本を担当した原作のある映画

クドカンこと宮藤官九郎さんは、原作のある作品でも、クドカン色に染めていきます。原作があるけれど、宮藤官九郎さん独特の作品に仕上がっている映画をご紹介したいと思います。

映画「ピンポン」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2002年7月に公開された映画「ピンポン」の脚本を担当しています。監督は曽利文彦さんで、窪塚洋介さんが主演しました。

映画「アイデン&ティティ」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2003年に公開された映画「アイデン&ティティ」の脚本を担当しています。原作はみうらじゅんさんの漫画で、田口トモロヲさんが初監督した作品です。

映画「69 sixty nine」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2004年に公開された映画「69 sixty nine」の脚本を担当しています。村上龍さん原作の作品を、クドカンを感じさせる映画に仕上げています。

映画「土竜の唄・潜入捜査官REIJI」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2014年2月に公開された映画「土竜の唄・潜入捜査官REIJI」の脚本を担当しています。「土竜の唄」は、高橋のぼるさんの漫画を原作に映画化された作品です。2016年12月に公開された2作目「土竜の唄・香港狂騒曲」の脚本も宮藤官九郎さんが担当しています。

宮藤官九郎さんの魅力溢れるクドカン脚本ドラマが映画化!

クドカンこと宮藤官九郎さんのオリジナル脚本のテレビドラマが、映画化された作品もあります。

木更津キャッツアイシリーズ

2002年1月から3月まで放送されたドラマ「木更津キャッツアイ」は、クドカンこと宮藤官九郎さんが所属する劇団・大人計画で、1995年に宮藤官九郎さんが作・演出を務めた「熊沢パンキース」を元にして作られたそうです。

連続ドラマがヒットしたことを受け、2003年に映画「木更津キャッツアイ・日本シリーズ」が公開されます。

さらに、2006年に映画の続編となる「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」も公開されました。

完全オリジナルの宮藤官九郎さん脚本!クドカンワールド炸裂の映画

芸能人・脚本家として不動の地位を確立したクドカンこと宮藤官九郎さんは、オリジナル脚本の映画も数多く手掛けています。クドカンワールド炸裂の宮藤官九郎さんの魅力溢れる映画をご紹介したいと思います。

映画「ドラッグストア・ガール」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2004年2月に公開された映画「ドラッグストア・ガール」の脚本を担当しています。主演の田中麗奈さんは、初めてのコメディに挑戦しています。

映画「舞妓Haaaan!!!」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2007年6月に公開された映画「舞妓Haaaan!!!」の脚本を担当しています。阿部サダヲさん主演、水田伸生さんが監督を務めています。宮藤官九郎さんは、第31回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しています。

映画「鈍獣」

映画「鈍獣(どんじゅう)」は、クドカンこと宮藤官九郎さんの戯曲を元に作られました。生瀬勝久さん、池田成志さん、古田新太さんによる演劇ユニット「ねずみの三銃士」の舞台用に書き下ろした戯曲を、2009年に映画化しました。監督は細野ひで晃さんで、主演は浅野忠信さんです。

映画「なくもんか」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2009年11月に公開された映画「なくもんか」の脚本を担当しています。主演はお馴染み阿部サダヲさんで、監督は水田伸生さんです。

映画「謝罪の王様」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2013年9月に公開された映画「謝罪の王様」で脚本を担当しています。主演・阿部サダヲさん、監督・水田伸生さんによる、「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」と同じチームで製作された映画です。

宮藤官九郎さんが脚本も監督も担当!クドカン映画作品

クドカンこと宮藤官九郎さんは、脚本家だけでなく映画監督としても作品を手掛けています。宮藤官九郎さんが監督した映画作品をご紹介したいと思います。

ティンポン

「ティンポン」は、映画「ピンポン」のDVD映像特典として製作された短編映画です。宮藤官九郎さんは、この作品の監督を務めています。俳優の荒川良々さん、芸能人として多彩な活動をする松尾スズキさんが出演しています。

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」

しりあがり寿さんの漫画作品を原作とした映画「真夜中の弥次さん喜多さん」で、脚本を担当した宮藤官九郎さんは初映画監督を務めています。この映画で宮藤官九郎さんは、2005年度新藤兼人賞金賞を受賞しています。

映画「少年メリケンサック」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2009年2月に公開された映画「少年メリケンサック」で、脚本・監督を務めています。宮崎あおいさん主演でヒットしました。

映画「中学生円山」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2013年5月に公開された映画「中学生円山」で、脚本・監督を務めています。主演は草彅剛さんを迎えて、「少年メリケンサック」から約4年ぶり3作目となりました。

映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

クドカンこと宮藤官九郎さんは、2016年6月に公開された映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の脚本・監督を務めています。この映画は、宮藤官九郎さん監督作品の4作目です。

クドカン遂に!2019年の大河ドラマの脚本が宮藤官九郎さんに決定!

クドカンこと宮藤官九郎さんは、遂に2019年のNHK大河ドラマの脚本を担当することに決定したそうです。

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当しているクドカンこと宮藤官九郎さんは、2019年に放送予定の「東京オリンピック」を題材としたドラマの脚本を担当することが決まりました。

1964年の「東京オリンピック」開催までの様々な出来事をドラマにしていくという、2020年の東京オリンピックを意識したドラマになりそうです。

「日本のオリンピックの父」と呼ばれる教育家・嘉納治五郎さんは、昭和の東京オリンピックにかかせない存在なんだそうです。物語の重要人物として出演するかと思われます。

元・能年玲奈さんことのんさんは、宮藤官九郎さんの大河ドラマは絶対に観る!と言っていますが、出演してくれることも期待したいです。

【まとめ】宮藤官九郎さん脚本の映画は個性豊かで魅力的!

クドカンこと宮藤官九郎さんの脚本の映画は、原作のある作品でもどこか宮藤官九郎さんらしさが溢れる映画がほとんどです。

そして、宮藤官九郎さんのオリジナル脚本は、クドカンワールドの魅力満点で、ユーモアのセンスは抜群です。宮藤官九郎さんが監督も務めた映画は、さらにクドカンワールドが炸裂しています。

2016年11月から12月まで上演された舞台「サンバイザー兄弟」では、宮藤官九郎さんが脚本・演出を務め、さらに出演もしています。宮藤官九郎さんの芸能人としての今後の活躍がとても楽しみですね。これからもクドカンこと宮藤官九郎さんの活動に注目していきましょう!

宮藤官九郎の関連記事はこちら

Thumb2019年大河ドラマは宮藤官九郎脚本でオリンピック?タイトルや出演者は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧