復縁する方法まとめ!正しい考え方・プロセスや失敗するパターンを紹介!

大好きな恋人と別れて、復縁したいと望む方は多いと思が、闇雲に行動しても思い描いたような成果は得られないことが多いのです。復縁を成功さるには、正しい方法を知って、焦らず着実に進んでいくことが大切です。復縁するための正しい方法を考えていきましょう。

復縁する方法まとめ!正しい考え方・プロセスや失敗するパターンを紹介!

目次

  1. 復縁の正しい方法はある?
  2. 失恋したときにするべきこととは?
  3. 復縁までの冷却期間はどのくらい必要?
  4. 失恋の原因を考える
  5. 復縁のベストタイミング
  6. 復縁につなげるアプローチ方法
  7. 連絡方法の正しいプロセスとは?
  8. 復縁のためのメール方法
  9. 直接会って復縁を近づける方法
  10. 復縁したいときにやりがちな失敗パターン
  11. 最短で復縁する方法
  12. 復縁する方法の正しい考え方・プロセスや失敗するパターンのまとめ

復縁の正しい方法はある?

失恋というのは辛いものですよね。どうしていいか分からなくなって、感情的になってしまう人も多いのではないでしょうか?しかし、感情にまかせて行動していい結果が生まれることはあまりありません。正しい考え方と方法を知って、正しいプロセスで恋人の心を取り戻しましょう!

Thumb元彼と復縁する方法まとめ!きっかけ作りなど復縁の可能性をあげる秘訣

失恋したときにするべきこととは?

誰でも、恋愛が終わった直後は感情的になってしまうものです。男性であれば攻撃的になったり、女性ならヒステリックな感じになってしまうかもしれません。

まずは冷静になること

失恋したからと言って、感情に任せて、自分の思いのたけをストレートにぶつけてしまうと、相手を引かせてしまい、復縁への道のりを遠ざけてしまいかねません。

感情が高ぶった状態で話をしたり、「あなたとやりなおしたい」という内容のメールを長々と送っても、受け取った方は迷惑以外の何者でもありません。その間違った対処方法がきっかけで、音信普通になってしまうカップルも少なくありません。

失恋したとき取る行動方法として正しいのは、まずは冷静になることです。感情的になっているときは正しい判断ができなくなってしまうので、まずは気持ちを落ち着けましょう。

気持ちを落ち着ける方法

失恋で傷ついて高ぶった感情を鎮める方法の一つとして、自分の今の感情を紙に書き出すという方法があります。相手への想い、憤り、これまでの思い出、これから2人で歩むはずだった将来のことなどを書き出します。

この方法を試すことで自分の今の気持ちを確認することができますし、「紙に書く」という行為は、心を落ち着かせてくれる効果があります。

Thumb復縁・よりを戻すきっかけパターンまとめ!きっかけ作りのポイントも紹介!

復縁までの冷却期間はどのくらい必要?

カップルが別れてから復縁するまでに冷却期間を置くのがいいとされます。冷却期間を取る正しい方法は、まずは相手に今の自分の気持ちを正直に伝えることです。もちろん、失恋してすぐではなく、気持ちが少し落ちついて冷静に話ができるようになってからにしましょうね。

勘違いしやすいところでもあるのですが、ケンカのあと何も言わずに勝手に冷却期間に入る方法は得策とはいえません。こういう場合、「連絡を絶って相手を心配させてやろう」という考え方になっていませんか?そのような冷却期間の置き方では、相手が「もういいや」となって、そのまま去られてしまう可能性も高いです。

まずはお互いの気持ちを確認しあって、二人がちゃんと向き合って話ができるようになるまで冷却期間を置く方法が良いでしょう。状況によって、数日の場合もあれば、数ヶ月必要な場合もあります。

Thumb復縁までの冷却期間の平均は?なぜ必要?理想の期間や距離の置き方を紹介!

失恋の原因を考える

なぜ自分たちカップルが別れることになったのか、これまでの日々を振り返って原因を考えて見ましょう。これは、カップルが復縁するうえでとても大切なプロセスとなりますので、しっかり分析してみましょう。

ケンカのきっかけはどんなことだった?

どんなに仲のいいカップルでも、長く付き合っていればいるほど、大なり小なりケンカをしたことでしょう。そのケンカの原因は、いつも似たようなことではありませんでしたか?

例えば、「彼が話を聞いてくれない」とか「彼女がワガママだ」などのパターン。ケンカをする原因というのは、相手が不満に思っていることに通じます。小さなことであっても、不満をそのままにしておくと、それが積もり積もって別れに繋がることもあります。

相手が不機嫌になるのはどんな時?

デート出かけた時や一緒に過ごしている時、急に相手が黙り込んで不機嫌になった・・・という経験は誰しもあるのではないでしょうか?

自分では何気なく発している言葉や行動が、知らず知らずのうちに相手を傷つけていることはよくあることです。相手が突然不機嫌になったとき、自分の行動や発言に何らかのパターンがなかったか、振り返って見ましょう。

相手の望みにどれくらい応えられていたか?

2人がカップルの時、恋愛においてお互いに相手に何かしら望んでいるものがあったでしょう。例えば、男性ならば、仕事で疲れた心身を癒してくれるような彼女がいいとか、女性ならば、自分を引っ張って言ってくれるしっかりした人がいいとか、いろいろな考え方があったと思います。

相手の望み全てに応えることは無理でも、その望みを理解して、少しでも近づける方法を見つけるように努力していたでしょうか?自分の望みを全く聞いてくれない相手と恋愛関係を続けるのは、難しいですよね。

復縁のベストタイミング

復縁のベストなタイミングを、パターン別に考えてみましょう。

自分からフッたパターン

自分がフッた場合は、自分から連絡する方法を取ることになるでしょうが、相手がどの程度傷ついているかによっても対応が変わるでしょう。

まずは、「どうしてる?」などの挨拶程度のメールからはじめて、相手の様子を窺いつつ連絡を当方法が無難かも知れません。ただ、相手がフリーかどうかは早めに確認しておくのがいいでしょう。

結婚が理由で別れたパターン

結婚というのは、二人の恋愛感情だけの問題ではなく、経済面、家柄などさまざまな要素が絡んできます。結婚の問題で別れた場合は、その問題を解決する方法を探してから復縁する方がよいでしょう。

ただし、結婚は一生続くことですから、問題が完全に解決できることなのか、問題があってもお互い一緒にいる覚悟があるのか、慎重に考えましょう。それでもお互いに愛し合う覚悟があるなら、それが復縁のタイミングかもしれません。

ケンカ別れのパターン

ケンカ別れして、自分がいなくなったら思い知らせてやろうと距離を置くパターンですね。この場合、お互いに意地を張っているだけの場合が多いです。

復縁のタイミングは、あなたが寂しくなったとき、あるいは相手の方から先に謝ってくるかもしれません。

相手に好きな人ができて別れたパターン

この場合に関しては、復縁のベストなタイミングというのは、相手の恋愛がダメになったときといえるのでしょうか。でも、他の人と付き合っている相手を傍で見ているのは、かなり辛いでしょう。その覚悟があれば、自分のところに戻ってくるのを待つという方法もあります。

復縁につなげるアプローチ方法

復縁するためには、相手にアプローチすることが必要です。しかし、そのアプローチ方法が、わざとらしい優しさだったり、押し付けがましい親切心だったりすると、かえって相手を困惑させるだけなので、正しいプロセスで実行することが必要です。

相手の警戒心を解く

復縁のためのアプローチで大切なのは、相手の警戒心を解くという考え方です。特に、フラれたあとにすがったりしつこくメールなどをしていた場合、相手はあなたからの連絡に少なからず警戒心を持っていると言っていいでしょう。

あなたと会えば復縁を迫られるかもしれないという警戒心が、あなたと会ったり連絡を取ったりするのを躊躇させることになります。相手が警戒心を抱いているうちは、相手の心を動かして恋愛感情を持ってもらうことはほぼ無理といえます。

ポイントは友達のように接すること

まず絶対にやってはいけないことは、言葉や行動で失恋した時の未練がましい気持ちを出してはいけません。その気持ちが垣間見えた時点で、相手はさらに警戒心を強めて、最悪の場合、音信普通になってしまうかもしれません。

不自然な優しさアピールや、無理に好きになってもらおうとせずに、友達に対する態度で接しましょう。この時点では、それだけで十分です。

連絡方法の正しいプロセスとは?

復縁するためには、相手に連絡を上手に取ることが必要となります。順番を間違えると失敗に繋がりかねないのだ、正しいプロセスで進んでいきましょう。

連絡方法はまずはメールが正解

相手に連絡をとる手段として、メール、ライン、電話がありますが、復縁に失敗しないためには、まずはメールで連絡をとるのがいいでしょう。

お互いに恋愛関係にあった時は、連絡手段は電話が普通だったかもしれませんが、電話の場合、心の準備が必要な人もいるでしょうし、メールのように、電話に出るまでどんな用件か分からないというのもあって、出てくれない可能性があります。

単純に仕事の都合で電話に出られないパターンもありますが、カップルでなくなった今、折り返してくれる保証もありません。メールであれば、内容を確認してから返信できますから、送ったメールの内容が理解できるものであれば返信してくれる可能性も高いでしょう。

ラインよりメールが望ましい理由

連絡手段として、ラインも良く使うと思いますが、ラインだと「既読」がつくと返事をしなければいけないと思って、最初からラインメッセージを見ない「未読スルー」をするパターンも多いようです。

それぞれの考え方にもよりますが、メールであれば、自分の好きなタイミングで読めて、返事をする気になったらすればいいので、相手のことを考えるならやはりメールでの連絡がいいでしょう。

復縁のためのメール方法

「メールを送っても返信がない」と焦っていますか?その原因は、あなたのメールの内容が分かりにくいからかもしれません。

内容が明確なメールを

相手はあなたからのメールに、とても敏感になっています。目的の分からないメールに返信することで、「返信した後の話の展開で復縁を迫られたらどうしよう」などと考えてしまうのですね。

返信してもらいやすいメールは、連絡をした目的がなんなのか分かるようなメールです。例えば、恋愛関係にあるとき、相手が料理を作ってくれていたのなら、「あのときの○○のレシピが知りたいんだけど、教えてくれない?」など、何か理由があってメールをしたパターンであれば、相手が返信してくれる可能性は高くなります。

復縁が失敗するメールのやり取りとは

最初の連絡はメールが良いとは言いましたが、気軽にメールのやり取りをしているうちに、なんとなくカップルだった頃に戻った気分になることもあるかもしれません。しかし、メールのやり取りだけで人の心は動かせません。特に男性には、メールの文字だけで恋愛感情を保つという考え方はあまりまりません。

直接会って復縁を近づける方法

相手の警戒心が解けて、普通に連絡しあえる仲になったら、早い段階で直接会うセッティングをしましょう。

会えない間に、さまざまなプロセスを経て、2人の恋愛がダメになってしまった原因や、相手の気持ちなど、たくさん考えたはずです。そのことによってあなたが変わったのだということを相手にわかってもらう必要があります。

そのためには直接会って、表情や雰囲気から変化を感じてもらう必要があるのです。あなたの気持ちの変化や魅力を正しく伝えれば、相手もきっと心を開くはずです。

復縁したいときにやりがちな失敗パターン

「復縁したい!」という気持ちが強すぎて、かえって逆方向に突き進んでしまって失敗する場合も多いです。復縁をかなえたいのならば、正しいプロセスに沿って行動することが大切です。

振り向いてもらうためにせっせと自分磨き

自分磨きは良いことですが、別れたということはそもそも相手はすでにあなたに興味がない状態。この状態で自分磨きに力を注いでも、復縁に関しては効果的とはいえません。

努力するのであれば、復縁に向けた努力をするべきでしょう。まずは今までの自分を振り返って向き合うことが必要です。

占いの信者になる

これは女性によく見られるパターンです。何とかいい結果を聞きたくて、占い師をはしごする人もいるそう。本気で復縁したいのならば、占いの結果云々より、自分から行動あるのみです。

無理やり新しい人と付き合う

新しい恋をすることは悪いことではありませんが、復縁したい気持ちを引きずったまま次の恋愛に進んでも、失敗するパターンは多いように思います。やはり、次の恋をするならば、前の恋の未練は清算してからでないといい恋は出来ないのではないでしょうか。

お酒の力をかりる

「ヤケ酒」なんて言葉もあるとおり、嫌なことがあるとお酒で憂さ晴らししようとする人は結構多いですよね。でも、一時的に気分は紛らわすことができても、実際に復縁に向けて行動しなければ、状況は何も変わりません。飲みすぎてお酒で失敗、なんてことになったら目も当てられませんね。

最短で復縁する方法

復縁のための一番大切な考え方は、焦らないことです。「こうしている間にも、相手に他の恋人ができてしまったらどうしよう」と考えるかもしれません。

しかし、その考え方自体が、自分本位な考えであると気がつくべきです。別れに至ってしまった原因は、相手を尊重できなかったことが原因かもしれません。

焦らずに、自分を見つめなおすいいきっかけとしましょう。たとえその相手と復縁できなかったとしても、自分が変われば次の恋はきっとうまくいくはずです。

復縁する方法の正しい考え方・プロセスや失敗するパターンのまとめ

一度別れてしまった恋人同士が復縁するには、正しいプロセスに従って行動することが大切です。復縁に焦りは禁物。「早く復縁したい!」という気持ちは分かりますが、相手にしつこく連絡したり、自分の気持ちばかりを押し付けてしまうと、相手がもう一度あなたに振り向いてくれる可能性はますます低くなるでしょう。どうしても復縁したい気持ちがあるならば、焦ることなく着実に一歩ずつ進んでいきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-01-18 時点

新着一覧