寝違いの簡単な治し方!背中や首などが痛くなる原因を徹底解説!

朝起きたら首や肩が痛くなる寝違いになった経験を誰でもしたことあると思います。あの痛さや辛さはならないとわからないつらさと痛みですよね。でも、肩や首の寝違いはきちんと治し方を知ればあの痛みと早くバイバイできますよ!今回は寝違いの簡単な治し方と原因をご紹介します!

寝違いの簡単な治し方!背中や首などが痛くなる原因を徹底解説!

目次

  1. 寝違いの原因とは?
  2. 寝違えて肩が痛いときは原因が2種類あります!
  3. 肩が寝違えた!肩の寝違いの治し方!
  4. 早く治したい!肩と首の寝違いを直せるストレッチによる治し方とは?
  5. ストレッチで治す背中の寝違いの治し方!
  6. ヨガも効果ある?寝違いを早く直せるヨガによる治し方!
  7. 寝違いにはツボも効果的!!ツボによる治し方とは?
  8. これだけはだめ!寝違いを起こしたときにしてはいけないこと!
  9. 寝違いにならないためにできることとは?
  10. いろいろな方法を試してもだめなときは病院へ行きましょう!!

寝違いの原因とは?

寝違いの原因とはなんでしょうか?ここでは寝違いの原因についてご紹介していきます!

ヘルニアが原因!

ヘルニアは腰のイメージがあると思いますが、背中の寝違いと思われる時は、首の頸椎付近のヘルニアを指します。首の頸椎付近の一部が飛び出して、神経を圧迫する状態となります。首の神経と繋がっている腰が痛みを感じて、寝違えとしての症状として表れます。ヘルニアの原因は主に、生活習慣・遺伝・加齢による骨の変形の3つが挙げられます。

長時間姿勢悪くしたり、生まれつきだったり、骨が弱くなったことが元仁でヘルニアになりそこから寝違いによる背中の痛みにつながることがあります。

無理な体勢で寝てしまった

いすに座ったまま無理な姿勢で寝たりすると、背中の周りの筋肉に付加がかかりすぎてその結果背中が寝違いをお越ししてしまっていたいということにもなります。

合わない寝具で寝返りが打てない。

寝返りは血行をよくしてくれる働きがあります。逆に寝返りが打てないと血行が悪くなり体が固まった状態になるので筋肉に負担もかかり寝違いの元仁にもなってしまいます。

ストレス

実は精神的なストレスが多いと、睡眠も浅くなり、緊張状態のためうまく寝返りが打てないといわれています。寝返りが打てないということは背中の筋肉に負担をかけてしまい、寝違いの原因にもなってしまいます。

姿勢がよくない

普段からあまり姿勢がよくないと、背中がゆがんでしまいます。このゆがみは寝返りを打つことで解消されますがデスクワークで姿勢がずっと悪いと寝狩りでは解消されず、ゆがみが原因で寝違いを起こしてしまうのです。

寝違えて肩が痛いときは原因が2種類あります!

寝違いの多くは首が痛いことが多いと思いますが、場合によっては肩が痛むことも多いと思います。ここでは寝違いで肩が痛む原因をご紹介していきます!

1.筋肉が炎症を起こしているタイプ。

まず、自分で右の首を回します。ここで痛ければ筋肉の炎症が原因の可能性を頭に入れます。その後、誰かに首を右に回してもらいます。ここで痛みを感じなければ筋肉による炎症が原因で寝違いになったということになります。

2.骨がずれているタイプ

一方もうひとつは、人に動かしてもらっても痛いと感じるのであればそれは筋肉による炎症ではなく骨がずれている可能性があります。骨がずれているともんだりしてもあまり意味無いので病院で診察を受けることをおすすめします。

肩が寝違えた!肩の寝違いの治し方!

寝違いは休みの日であれば我慢できますがお仕事の日におこるとライフスタイルにも影響してしまいますよね!そこでここでは寝違いの治し方をご紹介してきます!

治し方その1:痛いところにシップを張ろう!

痛いところに冷たいシップを貼りましょう!冷たい湿布を貼ることで炎症を抑えてくれて肩の痛みが軽くなります。熱が冷めてきたら、温感湿布に切り替えて血流を改善するようにしましょう。いきなり暖かい湿布は悪化してしまうので注意しましょう!

治し方その2:つぼを押そう!

肩が寝違いを起こしたときはもむのはやめてください!もむと悪化してしまいます。どうしても冷せないときはツボを押すようにしましょう!

治し方その3:ストレッチをする!

寝違えによって、首や背中や肩の筋肉が硬くなり張る感覚がある場合は、よくほぐして血行をよくすることが効果的と言えます。血流がよくなることで痛みも和らぎますが、 寝違えは筋肉の炎症ですので過度なマッサージで患部を刺激すると悪化する可能性もあります。ストレッチであれば刺激することもなく有効的にほぐすことができるそうです。

寝違いは脇の下の筋肉が圧迫されたことで起こるとも言われています。ストレッチで伸ばすことで寝違いが改善されていきますよ!

早く治したい!肩と首の寝違いを直せるストレッチによる治し方とは?

では、ライフスタイルなどに影響のある首や肩のストレッチをご紹介していきます!

治し方その1:寝違いを起こしたほうの腕を後ろの下げていきます。

痛いほうの腕を少しずつ後ろの下げていき、止まるところでとめて20秒ほどそれをキープします。20秒たったら腕を下ろし、これを2セット行います!

治し方その2:痛むほうの手を腰の後ろに当てます。

今度は、痛いほうの手を腰の当てます。このとき肘を後ろに引いてまた20秒ほどキープします。これも2セット行っていきます。

治し方その3:肘を120度に曲げていきます。

2セット行ったら、手を上げながら肘を120度に曲げていきます。そのまま後ろに腕を引いてまた20秒キープします。こちらも2セット行っていきます!

治し方その4:逆の腕も同様に行っていく。

反対側も腕も同様に1セットずつ行ったらストレッチ完了です!この方法はいろいろな人が試して効果があったと話題になっています。3分でできますので痛くなったら試してみるといいですね!

動画でも治し方を解説していますよ!

動画でも詳しく治し方を解説していますので動画をみながら行うのもいいですね!

寝違えて痛む首を楽にする治し方!

このストレッチでは肩のハリにも効果がありますよ♪ゆっくり行うのがポイントになっています!

ストレッチで治す背中の寝違いの治し方!

今度もライフスタイルで欠かすことのできない背中の寝違いの治し方をご紹介していきます!

治し方その1:いすに座って姿勢を伸ばします。

椅子に座って姿勢を正していきます。姿勢を正すときは胸を開いて姿勢をのばす感じにします。

治し方その2:手を合わせていただきますのポーズをします。

手を合わせて、いただきますのポーズをします。このとき両ヒジをつけて、そのまま肩の高さまであげていきます。

治し方その3:そのまま30秒キープしていきます。

その状態のまま30秒キープしていきます。このキープの間に背中の筋肉が伸び始めてきますよ。30秒たったら、ヒジの高さはそのままで、手をゆっくり水平に開いていきます。このとき手のひらは正面に来るように心がけましょう!

治し方その4:その状態で30秒キープします。

そのまままた、30秒キープしていきます。この動作を3回繰り返していきます。このストレッチは肩にも有効ですので、肩が痛いときも試してみるといいですね!また、このストレッチはゆっくりやることに意味がありますのでゆっくり行うようにしましょう!

背中のストレッチには他にもこんな治し方があります!

これは、首・肩・背中に効く治し方ですので、両方痛いときに試してみるといいですね!

背中の痛みを解消してくれるストレッチによる治し方!

このストレッチは寝違いにも効果的な治し方ですが、普段背中を痛めたときにも効果があるそうですよ!

ヨガも効果ある?寝違いを早く直せるヨガによる治し方!

実はストレッチだけではなくヨガも寝違いに効果があるといわれています。寝違いは普段のライフスタイルでの暴飲暴食などが原因で起こる内臓のコリが原因とも言われていますので気になる人は試しみるといいですよ!

脇のマッサージを行って寝違いに対処しよう!

脇の筋肉が圧迫されたことで寝違いは起こってしまいます。このポーズは脇のマッサージによるものになっています。わきをマッサージし寝違いを改善していきましょう!

背中・肩のコリを改善するヨガの方法!

寝違いによる背中のコリや肩のコリを改善してくれるポーズになっています!15分でできるので家でのリラックスタイム時に試すといいですね!

寝違いにはツボも効果的!!ツボによる治し方とは?

ストレッチもヨガもそんなことする時間が無いほどライフスタイルが忙しい人にはツボ押しも効果があるといわれています。ここでは寝違いに効くツボをご紹介していきます!

落枕(らくちん)とうツボが寝違いに効果的!

手をグーにした時に出る出っ張る骨間を指で押さえて下に下がったところにあるくぼんだところがつぼになります。

1回5分くらい、痛いけど気持ちいいくらいの強さで押す!

ツボの場所がわかったら、親指を立てて押します。1回に付き5分で1日何回も痛みが引くまで押してくださいね!ちなみに、右側が痛いなら右の手、左側がいたいのであれば左手のツボを押しましょう!

これだけはだめ!寝違いを起こしたときにしてはいけないこと!

では、今度は寝違いになったときにしてはいけないことをご紹介していきます!

1.首を温めない!

寝違いを起こしたら、温めるのだけは絶対してはいけません。というのも、筋肉が炎症をおこしています。炎症を起こしているところに温めてしまったら症状が悪化してしまいます。なのでまずは冷し、それから温めるようにしましょう!

首のマッサージも悪化の原因に!?

痛いとマッサージーしたくなりますよね。しかし、マッサージは先ほどの温めるのと同様に炎症を悪化してしまいます。痛いと触ってもみたくなりますが悪化してしまうのでマッサージやもむのだけはやめましょう!

痛いなら無理に動かさないでゆっくり休む!

どうしても痛くて動かせないようであれば無理やり動かさないでゆっくり休みましょう!無理やり動かしてしまうと炎症を起こしかねません。まずは冷し、それで痛みが引いてきたり、動かせるようになるまで安静しましょう!

寝違いにならないためにできることとは?

では、普段のライフスタイルでできる寝違いの予防策をご紹介していきます!

1.毎日ストレッチをする!

毎日、ストレッチーをすることで体のゆがみをなくしていきましょう!ゆがみがあると寝違いを起こしてしまいます!軽いストレッチでいいのでお風呂後に毎日するといいですよ!

2.寝具を自分にあるものに変える!

枕などの寝具はデザインももちろんですが、自分の体に合っているものを選びましょう!柔すぎると寝狩りが打てません。ある程度弾力のあるものがオススメです!また、掛け布団も重すぎると、寝返りが打てませんので、寒い時期は部屋をあたたかくして布団を着すぎないで寝ることをおすすめします!湯たんぽなど使ってもいいですね!

3.ストレスをためない!

どうしても、ライフスタイルを築くために仕事をしているとストレスはたまってしまいますよね。ストレスを感じないで生きていくのは難しいと思いますので自分に合ったストレス解消法を見つけましょう!ストレスをためたままでいると睡眠にも影響し、寝違いの原因にもなってしまいます!趣味を見つけてもいいですね!

4.有酸素運動をしよう!

普段から運動をすると、血行不良にならず寝違いを予防することができますよ!どんな運動でもかまいませんが、おすすめは全身を使うようなランニング・ウォーキングなどがいいですね!ライフスタイルが忙しく時間が無いときでも1日10分一駅歩くなどでもかまいませんので運動をするように心がけましょう!

いろいろな方法を試してもだめなときは病院へ行きましょう!!

寝違いは普段の生活やライフスタイルに影響を及ぼしてしまいます。2~3日ストレッチなどを行えばよくなりますがたまに改善されないときもあります。そういうときは寝違いじゃなく他になにか隠れている可能性もありますので長引くようであれば整形外科で見てもらうことをおすすめします!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-05 時点

新着一覧