結婚を諦めた人の理由ってなに?男女それぞれの心理・考えまとめ

世の中の半分は異性ですから、生きていれば嫌でも出会うはず。恋愛が深まれば、次は結婚です。結婚を諦めた人はどうして諦めてしまうのでしょうか?どのような心理から諦めの境地に至ってしまったのでしょうか。結婚を諦めた男女のそれぞれの心理と考え方をまとめます。

結婚を諦めた人の理由ってなに?男女それぞれの心理・考えまとめ

目次

  1. 結婚を諦めたという男女が続出?理由は?どういう心理?
  2. 女性が結婚を諦めた理由(1)出会いが少ない
  3. 女性が結婚を諦めた理由(2)結婚に対する夢を失う
  4. 女性が結婚を諦めた理由(3)自分の資源の確保
  5. 女性が結婚を諦めた理由(4)婦人科系の病気
  6. 女性が結婚を諦めた理由(5)男性恐怖症
  7. 男性が結婚を諦めた理由(1)養う自信がない
  8. 男性が結婚を諦めた理由(2)女性の理想に追いつけない
  9. 男性が結婚を諦めた理由(3)女性不信
  10. 男性が結婚を諦めた理由(3)婚活不振
  11. 男性が結婚を諦めた理由(4)価値観のすれ違い
  12. 男性が結婚を諦めた理由(6)別れるタイミングの悪さ
  13. 男性が結婚を諦めた理由(7)多忙が理由で後回し…
  14. 男性が結婚を諦めた理由(4)コミュ障
  15. 【まとめ】結婚を諦めたらそこで試合終了

結婚を諦めたという男女が続出?理由は?どういう心理?

世の中の半分は異性。30億人も異性がいるのです。日本国内だけでも6000万人の異性がいるはず。必ず出会いがあるはず。それにも関わらず、結婚を諦めたという男女は後を絶ちません。

男女が出会い、付き合い、恋愛が深まれば結婚を意識するのが自然な流れです。それにも関わらず、世の男女はどのような心理から結婚を諦めたと言ってしまうのでしょう。理由はどこにあるのでしょうか。

そこで今回は世の男女が結婚を諦めた心理や理由を徹底分析。女性が諦めた理由と、男性が諦めた理由をそれぞれ分析します。出会いの最中にある皆さん、異性との出会いを求めている皆さんの参考になれば幸いです。

それではまず女性が結婚を諦めた理由・心理から分析し、次いで男性が結婚を諦めた理由・心理の分析に進みます。

女性が結婚を諦めた理由(1)出会いが少ない

女性が結婚を諦めた理由として「出会いがない」というものがあります。仕事を始めたら職場は女性ばかりだった、就職後に転勤を命じられ男友達と離れてしまった、勤務先は年配の男性ばかりだった…などの事情で、結婚を真剣に考えられるような男性との出会いがないと、次第に諦め気分になります。

さらに年齢が高くなってくると周りの女性が独身でなくなり、出会いの場であるはずの合コンや食事会などに誘ってもらえる確率がどんどん低下してきます。

年齢が上がればあがるほど独身が減るのは、男女に共通した事象です。出会いの減少は加速し、結婚は益々遠のきます。やがて、諦める気持ちが出てくると、恋愛に積極的になれなかったり、女子力が低下します。偶然、ときめく男性との出会いがあっても準備不足で対応ができなくなるのです。

男性との出会いや食事の機会が少なくなっていけば、徐々に「結婚できない」と悲観的な心理に陥ってしまって、結婚を諦めてしまうのかもしれませんね。

女性が結婚を諦めた理由(2)結婚に対する夢を失う

独身でいる間に周りの友達が結婚していくと、結婚や子育てなどに関する情報が多く入ってきます。結婚や子育てに関する苦労話ばかりをきかされている内に、だんだん結婚や子育てへの夢を失ってしまうのです。

出会いから結婚に至ると、家族が増えるという利益もたくさんありそうに思えます。しかし、結婚した友人からはマイナスの情報も伝わってきます。代表的なのは嫁姑の関係です。

さらに、女性は結婚すると自由になるおカネが減ってしまう傾向にあります。パートナーの収入が極端に多くない限り、結婚後に片働きになると経済的には苦しくなります。片働きなる理由は子育てです。子育てをはじめれば、働く時間が奪われるだけでなく、子育てそのものに費やすお金が増えます。当然、自分が自由に出来るお金のゆとりなど残らないのです。

子育てや家事に追われるようになると、出かけることも少なくなります。ファッションやメイクに費やすお金のゆとりがなくなると同時に、費やす必要性そのものが失われていくのです。同級生のそのような姿を目の当たりにすることも増えると、だんだん結婚に対する憧れが失われ、結婚を諦めてしまうのです。

結婚しようと相手を探し、婚活にお金を割くよりも自分の趣味に割くほうが人生としては楽しいと感じるような心理状態になると末期です。出会いを求めなくなり、自分の世界を構築するようになります。

女性が結婚を諦めた理由(3)自分の資源の確保

結婚し子供を産めば自分の時間とお金は大幅に削られてしまいます。今までは自分の分だけでよかった洗濯・掃除・料理も倍以上しなければいけません。自分の時間やお金という資源は奪われる一方です。

さらには、相手の親族との冠婚葬祭や年中行事などに参加しなければなりませんし、子どもが生まれたらPTAや地元のお祭、面倒なママ友関係など、今までにはない人間関係に取り込まれ、ストレスは増える一方です。

もちろん、結婚したことで結婚相手の資源(時間やお金など)を分けてもらえますが、その一方で貴女は自分の時間とお金を手放すことを求められるのです。自分のプライベートな時間やお金を大事にしてきた女性にとっては、耐え難い決断なのかもしれません。

経済力のある男性との結婚であれば別かもしれません。しかし、経済的な心配をせずに過ごせる女性は、世の中のほんの一握りにすぎません。

結婚は幸せだと考えていたとしても自分でしっかりと自立をしてある程度の暮らしができている女性は、わざわざ自分の時間やお金を手放してまで男性と一緒になる必要はないと考え「結婚を諦めた」のかもしれません。

女性が結婚を諦めた理由(4)婦人科系の病気

大きな病気などを抱えていて婚活をできなかったり、大きな病気によって障がいを抱えてしまったりしたことで、男性からも敬遠されてしまったりして結婚からは遠ざかる女性がいます。

特に女性は女性器(子宮や卵管など)に由来する疾患に悩まされる人もいます。女性器に先天的な疾患や後天的な疾患がある場合、どうしても結婚に二の足を踏んでしまいます。というのも、若い男性や初婚の男性は女性に対して「子ども」を求めるもの。

それが病気が原因でできないとなってしまうと男性や姑から敬遠させてしまったりします。また、男性がいいといっても男性の家族から期待されてしまったりして、結婚生活がストレスになります。

子どもを産める・産めない・産みたい・産みたくない…などの議論をするだけで、女性は相当に消耗してしまいます。自分の分身と出会いたい…とは思っても、全ての女性が子宝に恵まれるわけではないのです。

女性が結婚を諦めた理由(5)男性恐怖症

昔付き合っていた男がDV男だった(デートDV)、父親が母親に対して日常的に暴力を奮っていた…などの理由で男性恐怖症になってしまう女性もします。そのような男性に対するトラウマを抱え、男性恐怖症に陥っている女性は、どうしても結婚を諦めがちです。男性を根本的に避けていますので、出会いのチャンスさえ得られません。

残念ながら世の中の男性全てが、女性に対して優しく、レディファーストではないのも事実です。女性を自らの下に置くことで自尊心を満たそうとしたり、自己肯定感の不足を補おうとしたりします。女性を道具のように扱う男性は絶対に許せるものではありません。

世の中の全ての男性がそんなひどい男性ばかりではありません。馬鹿が付くほど優しい男性。貴女のことを一生守り続けてくれる男性もいるはずです。

なので、世の男性全てに対して恐怖を抱く必要はありませんし、決して結婚を諦めたという必要もないのです。しかし、男性恐怖症になると男性全般を避けますので、そのような出会い自体が困難になります。

男性が結婚を諦めた理由(1)養う自信がない

続いて、男性が結婚を諦めた理由について検討します。第一の理由・心理は「養えるかどうか不安」というものです。

結婚というのは恋愛の延長だと言われています。出会い始めの頃は「愛してる」「大切にするよ」など甘い言葉を交換します。次第に、「この人と一緒にいたい!」と決心して結婚に踏み切る人も多いでしょう。

しかし、愛してるから結婚するの間には大きな断絶があります。恋愛にはお互いの扶養義務はありませんが、結婚をすると男性は女性や、いずれ生まれるであろう子どもに対する責任を意識し始めます。

結婚は生活なのです。生活がきちんと送るためには収入が必要です。男性はその生活の基盤を作る収入を稼ぐことが第一なんです。結婚を諦めた男性は結婚生活を出来るだけの収入に不安心理を抱いているのです。

仕事が不安定な男性は結婚に不安を持つのは当然です。きちんと仕事をしている男性でも家族という支えなくてはいけない相手が出来る事でそれだけ自分に責任がかかってくるのですから不安心理に陥っても当然でしょう。

男性が結婚を諦めた理由(2)女性の理想に追いつけない

昔は女性が理想とする男性で「三高」なんてことが言われました。かつて収入や地位が高いことを求める女性が多かった時代があったのも事実です。最近では三高を求める女性はいないかもしれませんが、品を変え、形を変え、男性の理想像というのが存在するのは事実です。

結婚をするということは、人生や生活を共にするということ。本当に大切なのは価値観だったり、フィーリングだったりするのですが、女性が内面的な条件よりも外形的な条件を重視することで、男性はどんどん結婚から気持ちが遠のいてしまいます。

女性も実際に結婚相手を選ぶ段階になると、そのような条件を見直す可能性は十分にあります。しかし、お付き合いの段階ではそのような条件を重視することが多く、お付き合いから遠ざけた男性は二度と結婚のレールには戻ってきません。

このような特集に増えるたび、男性陣は「いくら頑張っても期待に応えられないから……」という心理に陥り、結婚を諦めてしまいます。

男性が結婚を諦めた理由(3)女性不信

女性が男性不信で結婚を諦めたように、男性の中にも女性不信で結婚を諦めた人がいます。これは男性が結婚を諦めた理由としては可哀想すぎる理由です。

例えば、昔お付き合いしていた彼女に浮気をされたり、体だけでなく心までこっぴどく裏切られた…彼女だと思って付き合っていたら、向こうは宗教の勧誘のつもりだった…などが代表的なケースでしょう。

「一度あることは二度ある。二度あることは…」という諺が示すように、私たちの人生には何度も同じトラブルに見舞われることがあります。そのような人生の経験則が真であると感じている男性は、再び女性に裏切られるのではないか、という恐怖感が襲います。

犬をしつける時に「天罰方式」というしつけ方があります。何か行動した時に嫌な経験をすると、二度と同じ行動をしないというものです。一度裏切られ、傷ついた男性は二度と裏切られないように、女性に近づかなくなってしまうのです。

男性が結婚を諦めた理由(3)婚活不振

なかなか女性との出会いに恵まれないと、ついつい誰か合コン、婚活パーティー、SNSなどで女性との出会いを求める傾向にあります。周囲に魅力的な女性がいなかったり、運命の出会いがあてにならない以上、能動的に女性を求める活動をせざるをえません。

しかし、婚活の成功率は実はあまり高くありません。そもそも誰もが羨むような女性は、婚活に頼らなくてもパートナーをゲットしているはずですから、無理のないことです。

必死に婚活しているような人はそれにあぶれてしまった女性です。男性としては「…」と首をかしげたくなるような女性が多いので、どうしても婚活の成功率は落ちてしまうのです。

なかなか「良い相手」に出会えないと次第にイライラし、当たり散らし、やがては焦り始めます。焦っているうちはまだ良いのですが、次第に諦めの境地へと心理が落ち込んでしまうと、もう抜け出せないのです。

男性が結婚を諦めた理由(4)価値観のすれ違い

これだけたくさんの男女がいるのに「この人だ!」という「運命の人に出会えない」というのも男性が結婚を諦めた理由の一つです。ただ付き合うだけならまだしも、結婚を考えるなら価値観は重要です。

価値観というと小難しいですが、人生における「優先順位」と言い換えても良いかもしれません。おカネが大事なのか、時間がだいじなのか、子どもが大切なのか、夫婦二人の時間が大切か…

結婚し、家族が増えると全てが自分の思い通りにいかず、何かを選び、何かを諦める必要が出てきます。選択の場面において特に重要になるのが価値観です。

結婚後に価値観をすりあわせて行けば良い、結婚当初はそれほど価値観がピッタリしていなくて良い、と柔軟に考えられれば良いのですが…完璧を求めると結婚は遠のくばかりです。

男性が結婚を諦めた理由(6)別れるタイミングの悪さ

男性が結婚を強く意識する年齢は30代が多いようです。周囲の同僚や友人が軒並みゴールインし、そろそろ自分たちも…と考えるのは自然な心理です。仕事が認められたり、責任ある立場になったりして社会人としても充分確立された年齢でもあります。

この頃考える結婚は20代の頃とは違いもっと将来を見据えた計画的な結婚観を持っていることが多いのです。しかし、いくら計画的に、真剣に結婚を考えたとしても、相手が同じように考えてくれるとは限りません。

そんな30代で結婚を考えていた相手にもし振られてしまったら、そのショックは尋常ではありません。傷心を癒すのには多大な時間を要し、自暴自棄になったりします。そうすると、結婚に対するエネルギーが消耗してしまうのです。

結婚を考えること自体が心理的なトラウマになってしまい、次の結婚を考えるだけの余力は残されていません。30代に失恋してしまうと、「自分に結婚は無理だな」と諦めたとしても不思議ではありません。

男性が結婚を諦めた理由(7)多忙が理由で後回し…

そもそも忙しすぎて結婚はおろか女性と付き合う時間もない……。なんていう男性もいたりします。仕事を優先するあまり、恋愛や結婚を考えることが後回しになっていると、結婚は遠のくばかりです。

特に医師、弁護士、会社役員など「お金は稼げるけど、激務のためゆっくりと付き合う時間がない」という職業の男性は、色々と手間のかかる結婚に後ろ向きであったり、心身がそこまで回せない傾向にあります。

「真剣につきあわなくても、楽しく恋愛が出来れば良い」「自分はいつでも、選ばなければパートナーを簡単に見つけられる」そういうゆとりが仇となってしまいます。

意外に結婚相談所などに登録している高所得者が多いのはこんな心理・理由からなのかもしれませんね。

男性が結婚を諦めた理由(4)コミュ障

女性とつきあうのならコミュニケーション能力は必須です。出会いの際の告白しかり、お付き合いの申し込みしかり、結婚の申し込みしかりです。

それ以前の問題として、彼女と楽しい時間を過ごしたければ、デートのときの楽しい会話は必要不可欠です。女性に楽しいと思ってもらうためには、男性のコミュニケーション能力が極めて大切です。

彼女の誕生日や記念日を忘れないでプレゼントやサプライズを準備したり、女性が喜ぶような言葉がさり気なく言えたり、連絡をまめにとったり…というコミュニケーションは女性と付き合うにあたって最低限のことです。ところが最近、そんなコミュニケーションができない男性が増えているといいます。

長い間女性と会話をしな生活を送っていると、会話の糸口を見つけることさえおぼつきません。会話を続かせるためのテクニックも磨かれていませんので、会話は途切れがちです。そんな男性に対し「気が利かない」とと思われても仕方ありませんよね。コミュニケーション能力が低い男性はどうしても結婚からも遠ざかってしまいます。

【まとめ】結婚を諦めたらそこで試合終了

男性にも女性にもそれぞれ結婚を諦める理由があることをご紹介しました。男性と女性の間で、結婚を諦める理由には微妙な違いがありました。皆さんが生きてきた人生、生活環境も異なりますので、ここでまとめたもの以外の理由で結婚を諦めた方もいるでしょう。

ただし、一つ言えることは、結婚を含め物事は諦めたらそこで「試合終了」ということです。諦めずに最後までもがき続けることに意味がありますし、もがき続ける先にこそ人生を豊かにしてくれる結婚は待っているものなのです。諦めないで結婚を求めることをここではオススメしたいと思います。

結婚に関連するオススメ記事

Thumb結婚したくない人が急増中!?男女それぞれの理由や心理まとめ!
Thumb復縁から結婚はありえる?きっかけは?成功した人たちの共通点まとめ!
Thumb婚約と結婚の意味の違いは?法的な定義・基礎知識を紹介!口約束でも成立?

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2022-07-02 時点

新着一覧