種村有菜が書いた刀剣乱舞が炎上!人気漫画家なのに意味不明の内容とは?

かつては、「神風怪盗ジャンヌ」や「満月をさがして」などのアニメ化で注目を浴びたこともある人気のプロ漫画家種村有菜。そんな、種村有菜が書いた漫画が炎上騒ぎに!種村有菜が書いた刀剣乱舞って?そして、炎上騒ぎは今回が初めてではなかった?そんな種村有菜についてご紹介!

種村有菜が書いた刀剣乱舞が炎上!人気漫画家なのに意味不明の内容とは?

目次

  1. 刀剣乱舞で炎上している種村有菜って?
  2. 種村有菜が書いた刀剣乱舞っていったい何?
  3. なんで、種村有菜が書いたことで炎上したのか?
  4. 実は、今までも炎上騒ぎが多かった種村有菜。
  5. 今後の種村有菜の漫画にも注目!

刀剣乱舞で炎上している種村有菜って?

刀剣乱舞で、炎上事件が起こっている種村有菜っていったい誰?って思った方も多いはず!そんな、種村有菜の画像がこちら。種村有菜は、1978年3月12日生まれ。愛知県一宮市出身のプロ漫画家。1996年に、集英社の「りぼんオリジナル」に、「2番目の恋のかたち」が掲載されプロの漫画家としてデビュー。その後も、プロの漫画家として活躍する。

漫画家といったら、あー!聞いたことある!と思ったこともあるかも?種村有菜の代表作は、実は多く出版されており、人気のプロ漫画家。1998年には、「神風怪盗ジャンヌ」を連載し、累計発行部数500万部を超える大ヒットを記録。そんな種村有菜の「神風怪盗ジャンヌ」は、テレビアニメ化にもなり、種村有菜の代表作になった。

2002年にも、種村有菜は「満月をさがして」を連載し、こちらもテレビアニメ化されるなど、人気のプロ漫画家として注目を集めた。

種村有菜が書いた刀剣乱舞っていったい何?

そんな人気の漫画家種村有菜が、なぜ炎上事件になっているのか気になる!まず、種村有菜が炎上で話題になっている刀剣乱舞っていったい何?

「刀剣乱舞」は、実は2015年に開始されたブラウザゲーム。正式名称は「刀剣乱舞-ONLINE-」で、「とうらぶ」と呼ばれることも!名高き武器を擬人化した刀剣男士の主になって、刀剣男士を育成し育てて自分だけの強い自刀隊を結成するというゲーム。サービス開始から4カ月で、登録者数が100万人を超えるなどの人気ゲーム。

そんな人気の刀剣乱舞は、ゲームだけの世界にとどまらず、京都などでスタンプラリーイベントを行ったりもしている。

また、2015年には刀剣乱舞がミュージカル化もされて話題に!話題殺到のため、2016年にも再びミュージカル公演が行われ、海外で上演もおこなった。また、刀剣乱舞は舞台化にもなっている。

2016年の3月には、刀剣乱舞はテレビアニメ化が決定されたとの発表も!そんな、刀剣乱舞のアニメは、制作会社が違う2作品のアニメが作られるとの発表もあり、2016年10月から1作品目のアニメ化が、2作品目のアニメは2017年7月に放送予定。

なんで、種村有菜が書いたことで炎上したのか?

そんな、今人気の「刀剣乱舞」。なぜ、種村有菜が関係があるの?と思ってしまう人も多いはず!今回、炎上事件が起こったのは「刀剣乱舞」の同人誌を、種村有菜が出していたことが発端。同人誌とは、ファンなどが自主制作して出版した流通に乗らないもののこと。内容はさまざま。

そんな種村有菜が、「刀剣乱舞」の同人誌として描いたのがこちら。この、種村有菜が書いた「刀剣乱舞」の同人誌が、炎上事件にまで発展した模様。

そんな、種村有菜の書いた「刀剣乱舞」の同人誌の内容が、訳が分からない。内容が何なの?と内容が受け入れられなかったり理解しがたいものだったようで、種村有菜はプロの漫画家なのになぜ?といったような、批判的な感想が多く炎上したと思われる。

実は、今までも炎上騒ぎが多かった種村有菜。

そんな、今回「刀剣乱舞」の同人誌で炎上騒ぎになった種村有菜だが、実は、今までもあらゆるところで炎上事件を起こしており、炎上漫画家として種村有菜は有名だったよう。そんな、種村有菜のこれまでの炎上事件についてもご紹介!

2000年の春に、リボンのファンが運営する掲示板のいくつかにおいて、種村有菜本人だとほのめかすようなコメントが掲示板に投稿され、来訪者が殺到し、通常運営ができなくなったんだとか。こんな行為に批判が殺到し、5月ごろからはこの書き込みは消えたんだとか!この書き込みをしたのは、種村有菜本人だったと、のちに種村有菜自身のコミックスで提言した。

また、2010年には、個人的に種村有菜の作品の感想をツイートしたものを、種村有菜が自身のツイートに取り上げ個人的な感想に反論したことで炎上。感想をいった個人はツイッターアカウントを削除、種村有菜に批判が相次いだが、この件に種村有菜は触れず、音沙汰が冷めたころに関連ツイートを消去している。また、アシスタントとのトラブルがツイッターで表面化されるといった、炎上もあった!

そして、種村有菜は有名漫画家にも関わらず、インテックス大阪のスパコミというイベントの臨時枠に参加し、大行列になって会場にも迷惑がかかったといったような事態が発生したことも!

そんな、種村有菜はジャンル175としても有名模様!

種村有菜は、ジャンル175としても有名な模様。それで、今回余計に炎上したのかも?ジャンル175とは、はやっているジャンルに次々に移動していくということのようで。

うたぷりという愛称で親しまれている、「うたの☆プリンスさまっ♪」。そんなうた☆プリの大ファンでもある種村有菜は、時折うた☆プリのキャラクターをイラストとして描いて話題になることも!また、同人誌では落書き本としてもだされている。

昨年生誕80周年として話題になった「おそ松さん」の同人誌も、種村有菜は書いていたと話題に!こちらは、問題があり出版は中止されたんだとか。

そして、ツイッターなどでは落書きとしてセーラームーンのイラストを種村有菜が書いて話題になることも。実際、種村有菜がツイッターで書いてからフォーロー数も増えたんだとか。

そして、アニメが映画化されたり、USJなどともコラボしていたりする人気の「進撃の巨人」も、種村有菜は落書き本・4コマ漫画などを同人誌で書いていることでも、種村有菜は話題になった!

今後の種村有菜の漫画にも注目!

そんな、たびたび炎上騒ぎが起こる漫画家の種村有菜。有名で人気な種村有菜だけにこんな、炎上騒ぎなどに心配するファンも少なくない。今後、種村有菜はプロの漫画家としてどういった作品を出版していくのか?また、趣味と種村有菜自身が言っている同人誌などの、今後の活動にも注目したい!

種村有菜についてもっと知りたい方はこちら!

Thumb種村有菜、「おそ松」同人誌の発行を中止にし炎上!その理由とは?
Thumb種村有菜が事件を起こした同人活動とは?アシスタントとも事件を起こす?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧