枕のおすすめランキング!安眠出来る枕は?ニトリ・無印も紹介!

毎晩熟睡できないのは枕かもしれません。お気に入りの枕で安眠が生活に大事なことです。そこで、安眠できる枕の条件、Twitterなどの情報からおすすめランキング枕と、ニトリと無印のおすすめランキングを紹介します。安眠できる枕を探す参考にしてください。

枕のおすすめランキング!安眠出来る枕は?ニトリ・無印も紹介!

目次

  1. 暮らしの中で快眠の条件の一つに枕がある
  2. 安眠の枕の条件は?
  3. 暮らしの中のタオル類を使って安眠枕を作ろう!
  4. Twitterの安眠枕のおすすめ情報
  5. 横寝枕のおすすめランキングNo5はエアウィーヴピロー
  6. 安眠枕の横寝のおすすめランキングNo4はMAG-RA
  7. 安眠枕の横寝のおすすめランキングNo3はスリープバンテージ
  8. 横寝おすすめ枕ランキングNo2はムアツまくら
  9. 安眠枕の横寝のおすすめランキングNo1はYOKONE2
  10. ニトリの安眠枕の素材は?
  11. ニトリの安眠枕の人気ランキングベスト5は?
  12. 安眠枕おすすめランキングNo1はホテルスタイルまくら(Nホテル スタンダード)
  13. ニトリおすすめの枕ランキングは?
  14. 無印の安眠枕の素材は?
  15. 無印良品の人気のおすすめのまくらのランキングは
  16. 安眠できる枕のおすすめランキングのまとめ

暮らしの中で快眠の条件の一つに枕がある

朝起きて、首がだるい、肩が凝っている、睡眠時間は十分のはずだが疲れが取れない、寝た気がしないなどと思われることはありませんか。これは安眠できていない時に感じる朝の目覚めです。安眠できないのは、枕がよくないのかもしれません。

毎日の睡眠の姿勢と寝返り

寝具業界の調べによると、人は睡眠中に20~30回の寝返りするそうです。睡眠の姿勢は子どもの頃の習慣と睡眠時の環境によって決まるそうです。また、腰や膝に痛みがあったり、体に何かトラブルがあると不自然に曲げる癖がついたりすることがあるといわれています。体の不自然な歪みは安眠を妨げる要因にも、首や肩のこり、腰痛の要因にもなります。

今使用の枕で寝返りできる?寝返りの必要なワケは?

睡眠は、毎日の暮らしに大切です。十分な快適な睡眠が、毎日の暮らしを支え、健康な毎日が送る条件です。布団に入ってすぐに眠りにつけますか、それともなかなか寝付けないあるいは眠りが浅いということはありませんか。その原因枕かもしれません。では、安眠できる枕とはどのような枕でしょうか。

寝相のよい人でも睡眠中の20回位の寝返りをするといわれます。何時間も同じ姿勢でいると、下になっている方に負荷がかかります。寝返りは、血液やリンパの循環や体温の調節に必要な動きでもあり、睡眠のレムとノンレムのリズムの調整の効果のためでもあり、自然に体の体制を変え、体の調整をする動きといわれています。また、寝返りは、暮らしの中で起こる体の歪みの調節にも役立つといわれています。このようなことから、寝返りがラクにでき、横寝がしやすい寝具や枕が、安眠に大切な要素です。

安眠の枕の条件は?

安眠枕の条件は、仰向けになった時の姿勢は、真っ直ぐに立った時の姿勢で寝られるのが理想といわれています。また、横寝では、頭・首・背骨が床に水平になる姿勢が保たれ、脊髄が立った時のように真っ直ぐで、歪みがない姿勢が保てる枕がよいといわれています。そして、楽に横寝ができ、横寝でも頭や首がしっかりと支えられ、安定感があることが枕に要求されます。

仰向けに寝たとき、首を支える部分の枕の高さは、6cm前後で、頭が床と水平より5°傾く枕が理想といわれています。首の部分の枕の高さは、真っ直ぐに壁を背にして立ち、できる隙間がこの高さになります。この隙間の高さがある枕が首を支え、横寝のときの首の負荷を軽減させることができることがわかり、枕の改善がすすめられました。

暮らしの中のタオル類を使って安眠枕を作ろう!

安眠快眠の枕は、暮らしの中の物を利用して作ることができます。それはバスタオル、タオルケット、タオルです。家庭で、作る枕は、個々の体に合わせて、高さを調整できること、洗濯が楽にできること、作り直しができるメリットがあります。また、枕の硬さも好みに合わせて作ることができます。もし、快眠ができていないならば、手作りの枕を作って、試してみては如何でしょう。柔らかめの枕を好むならば、小さなベビー用の毛布がおすすめです。

Twitterの安眠枕のおすすめ情報

Twitterには快眠できないために枕を買い替え、安眠できたという情報が多くありました。やはり、安眠できていない人が多いようです。Twitterには、買い替えに色々な安眠枕の情報が掲載されています。その安眠枕の一例を紹介します。

安眠枕ねるぐの枕は、栃木県の足利市にある健康器具・医療補助器具メーカーのドクターエルが開発しました。独特の内部構造を考案し特許取得した枕です。馬蹄型斜め仕切りPATにより、寝返りがしやすい構造になっています。仰向けでもうつ伏せでも横寝でもスムーズに対応する枕です。

整体師が開発したこの枕は、肩口から首のカーブと後頭部を支える枕で、体に負担がかからない設計になっています。仰向けに寝た寝姿が、まっすぐに立った時のS字のカーブに背骨がなるようになっていて、体の重さによる圧力を分散させるように設計されています。高さはシートにより調節ができ、横寝のために両サイドにクッションを入れられ、横寝も頭から腰まで真っ直ぐになる枕です。

ニトリのおすすめランキングNo2に登場する低反発の枕です。ひんやりとしていて柔らかい生地が人気です。体を自由自在に形状を変えられ、仰向けでも横寝でも頸椎と背骨が真っ直ぐになる枕です。枕の高さは中の高さの10cmです。

横寝枕のおすすめランキングNo5はエアウィーヴピロー

表面の凹凸ではなく、中央と両サイド素材の硬さを変えた構造で、しっかりと頭を支え、復元の優れた安眠枕です。蒸れにくい寝心地が人気で、高さも中のシートコアを取り出して調整ができ、洗濯も可能です。ただ、ちょっと高めの値段が気になります。

安眠枕の横寝のおすすめランキングNo4はMAG-RA

磁気24個が入った磁気シートが、両肩と首に当たるように設計されています。中の素材は、弾力性のあるエルゴビーズが使用され、高さを調整はこの素材を出してできる枕です。使用されている磁気はフェライトで、半永久使用できるそうです。寝ている間に磁気で血行が良くなり、肩こりや首こりがほぐれることから、医療機器に認証されている枕です。

安眠枕の横寝のおすすめランキングNo3はスリープバンテージ

横寝がしっかりとカバーされているスリープバンテージも、頭・首・肩・背中がサポートします。横寝も正しい姿勢で眠れ、いびき対策にもよく、頸椎から脊椎のS字がキープでき、肩の負担も体の負担も軽減され、背骨が床面と水平になり、自然な寝姿勢で安眠できる枕と定評があります。また、気道が確保でき、口を開けないまま寝ることができ、いびき対策にもなる枕です。

横寝おすすめ枕ランキングNo2はムアツまくら

西川のムアツ枕です。仰向けでは立った姿勢で背骨の歪みがなく、横寝では、頸椎が真っ直ぐになり背骨と床が水平になるように設計され、横寝が楽にしやすいように両サイドが高くなっています。

ムアツの枕は、点で支える層、通気性を保つ層、圧力を分散する層の3つの異なる素材を重ねた枕です。口コミでは点の支えが心地よいとあります。この枕も両サイドが高めの形状の枕です。

安眠枕の横寝のおすすめランキングNo1はYOKONE2

いびき・肩こり解消する横寝専用の安眠枕のおすすめランキングNo1は、ムーンムーン株式式会社のYOKONE2(ヨコネ)2です。特殊な形状の枕で、横寝も安定感があると定評です。

2015年12月に発売の横寝にフィットしたヨコネ2は、頭の重さを分散させ、肩や首の負担を軽減し、肩こりが和らぐ安眠枕と大手のモールでは人気です。寝方が、仰向けでも、横向けでも、うつ伏せでもフィットする安眠枕と定評で、通販の楽天でもランキングNo1の人気の横寝によい安眠枕です。

「YOKONE2」は、横寝専用に作られた安眠枕で、いびきの防止と無呼吸症候群の予防、腰痛や肩こりの解消する安眠枕です。横寝は体に負担のかからない寝方ができ、寝返りがしやすい枕です。

ニトリの安眠枕の素材は?

ニトリの低反射枕は、安眠に快適と噂されています。ニトリの安眠枕できるおすすめの枕はどれですか。ニトリの枕の特徴も知りたいです。

寝返りが打ちやすく、横寝ができて、頭と首を支えてくれる枕が、安眠の条件です。柔らかい枕は、頭が沈みやすく、頭と首の支えが十分ではないので、おすすめできません。弾力性に富み、頭や首を安心して置くことができる硬さのある素材が使われている枕が、安眠枕に必要です。

安眠枕の中の素材は、柔らかい感覚の低反射ウレタン、固めのそば殻、ブラスチックのチューブをカットした素材があります。これらの素材を1種の使用の枕もありますが、加工による硬さの違いや複数の素材を使った枕などがあります。まずは、寝て感触を確かめ、好みに合った硬さの素材を選ぶことが肝要です。

ニトリの安眠枕の人気ランキングベスト5は?

安眠枕のおすすめランキングNo5はホテルスタイルまくら

この枕は高さ調整でき、波型で首元までフィットし、首を支えてくれます。素材は低反発ウレタンが使用され、硬さがふつうの安眠枕です。ニトリ通販の価格は999円(税込)。

安眠枕のおすすめランキング人気No4は波型低反発ウレタンまくら(ナミガタテイハンパツ)

ニトリの格安でフィットしやすいと定評の枕です。この枕は2個重ねての使い方がよいといわれています。価格は999円(税込)。

波型 2017/02/11 ペラペラ過ぎる 波型の低反発枕の買い替えで購入しましたが、薄過ぎる上に柔らか過ぎる。 購入商品 [ カラー:アイボリー ]

安眠枕おすすめランキングNo3は抗菌防臭・低反発チップまくら(Nチップ MID)

固めのゴツゴツ感があるパイプ枕です。通気性のよいメッシュ生地で、手洗いができる枕です。仰向けに寝る人におすすめの枕です。

安眠おすすめランキングNo2は低反発まくら

枕の高さは中、低反射ウレタン使用でふつうのかたさで、仰向けに寝る人向きです。大きさは幅60cm、奥行き40cmです。ニトリ通販の価格は999円。

jm 2017/01/04 安い 安くて使い心地がいい枕です 購入商品 [ カラー:アイボリー ]

安眠枕おすすめランキングNo1はホテルスタイルまくら(Nホテル スタンダード)

肌触りや柔らかさが上質、枕の高さはふつうで柔らかめのかたさです。仰向けに寝る人におすすめの枕です。ネット使用で選択OKです。通販の価格は1,990円(税込)。

ニトリおすすめの枕ランキングは?

ニトリおすすめランキングNo5は抗菌防臭低反発チップまくら(Nチップ MID)

ニットの柔らかい肌触りの生地が特徴で、じんわりと沈む枕です。低反発で頭のフィット感が人気で、仰向けに寝る人におすすめです。価格は999円(税込)。

ニトリおすすめランキングNo4はホテルスタイルまくら・セミロングサイズ(Nホテル セミロング)

寝心地がよく、寝返りで頭が落ちにくいサイズです。仰向けに寝る人におすすめです。ネット使用の選択も可能です。

ニトリおすすめランキングNo3はホテルまくら(Nホテルセレクト)

柔らかさがスゴイ消臭機能も抜群の枕です。中の生地に不織布が使われています。仰向けに寝る人におすすめです。

ニトリおすすめランキングNo2はゆったりサイズホテルスタイルまくら・大判(Nホテル オオバン)

ゆったりとした大きさのあるまくらは、寝心地が抜群です。仰向けに寝る人におすすめです。普通の高さで、柔らかめの枕です。

ニトリおすすめランキングNo1はホテルスタイルまくら(Nホテル・スタンダード)

人気のあるおすすめの枕とニトリおすすめのランキングが一致。消費者の品定めは確かでした。

無印の安眠枕の素材は?

暮らしの中にもよくとい淹れられている無印料品は、デザインのシンプルさが人気のようです。無印良品の枕に使用されている素材は、弾力性のある水鳥の羽です。

無印料品の枕の中の素材にエルク素材も使われています。エルク素材とは、新しいんポリエステルのクッション材で、立体的に2種類の繊維を絡み合わせて作られた弾力性に優れ、横寝などの寝姿にフィットする回復力のある耐久性のある素材です。

無印良品の人気のおすすめのまくらのランキングは

無印良品のまくらのおすすめランキングNo5はらウレタンフォームチップまくら 43×63cm

低反発のウレタン素材が、適度の柔らかさで寝心地をよくし、快眠のまくらです。素材が水分を含むとなかなか取れませんので、時々は風に当てるようにしましょう。

無印良品のまくらのおすすめランキングNo4はウレタンフォームチップまくら

素材の臭い気になりますが、素材をほぐすようにして使うと比較的臭いが気にならないと口コミがあります。横寝しても肩が沈まず、仰向けにもよい枕です。

無印良品のまくらのおすすめランキングNo3はそばまくら

素材に洗浄されたそば殻を使った枕です。そばアレルギーがある人にはおすすめできません。天然素材のそば殻を使用で、洗うことができませんので天日干しを定期的にしましょう。

無印料品のまくらおすすめランキングNo2はダウン混まくら

ダウンが50%今後されている無印料品のまくらは、柔らかで頭がゆっくりを沈むダウンの贅沢さのあるまくらです。その他の詰め物の素材は、弾力と通気性に富んだパイイプポリわたと軽くて柔らかいポリエチレンフィルムと反発素材のウレタンが配合されています。

無印料品のまくらおすすめランキングNo1は無印良品羽根まくら

弾力・耐久力の優れたエルク素材と羽の使用の快眠枕です。肩のこりの緩和と防止ができるといわれています。

安眠できる枕のおすすめランキングのまとめ

近年、暮らしの中の睡眠の大切さが注目されるようになりました。暮らしを支える食習慣と睡眠は何よりも大切な生活を支える要因と言ってよいでしょう。生活時間のほぼ1/3を占める睡眠時間は、ずっと寝たときのままの姿ではなく寝返りを繰り返しながらの眠りは自然の動きでもあります。また、ノンレムとレムの切り替わるときによく寝返りを打つともいわれます。横寝も仰向けもでき、体や頭・首を支えて安定感があり、かつ負荷のかからない枕が快眠の条件です。

整体師をはじめ寝具専門店もぐっすり眠れる枕の開発と提供を行っています。さらに、枕の改善は、怖い無呼吸症候群やいびきにもよい横寝が安定する設計が目立ちます。フィットした良い枕を選び、ぐっすりと熟睡できこりのない暮らしをしてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧