織田信長の名言格言の意味から人生・歴史を学ぼう!人間五十年下天一昼夜

織田信長は日本の乱世を収束させた歴史的な人物です。織田信長の名言から、歴史を学んでみましょう。名言にはどのような歴史があるのでしょうか?織田信長の名言から歴史を学ぶために、織田信長の名言をまとめてみましたので、紹介しましょう。

織田信長の名言格言の意味から人生・歴史を学ぼう!人間五十年下天一昼夜

目次

  1. 織田信長の名言・格言から歴史・人生を学ぶ
  2. 織田信長・歴史に残る名言を残した人生
  3. 織田信長の歴史に残る名言・格言1.敦盛
  4. 織田信長歴史に残る名言・格言2.小唄
  5. 織田信長の歴史に残る名言・格言3.桶狭間の戦い
  6. 織田信長の歴史に残る名言・格言4攻撃
  7. 織田信長の歴史に残る名言・格言5.絶対
  8. 織田信長の歴史に残る名言・格言6.妻として
  9. 織田信長の歴史に残る名言・格言7.部下として
  10. 織田信長の歴史に残る名言は今でも名言

織田信長の名言・格言から歴史・人生を学ぶ

映画本能寺ホテルや漫画信長コンチェルトなど織田信長を題材にした作品は、今も多く制作されニュースになっています。今もニュースで取り上げられる織田信長は、数々の名言・格言を残しています。その名言・格言から人間の歴史や人生を学びましょう。

織田信長・歴史に残る名言を残した人生

尾張の大うつけ

織田信長は1534年尾張を治める織田信秀の跡取りとして誕生しました。幼少期には後の徳川家康と過ごした時期もあり、この時の絆がは後々まで続いています。剛胆な戦略家である才能を、美濃の斎藤道三に見込まれたと言われていて、道三の娘濃姫と結婚します。1551年父が死去しましたが、その際抹香を祭壇に投げつけそのニュースは、瞬く間に家中に広まりました。これを諫めるために守役であった平手政秀が自害した、とされています。

家督争いから岐阜城移転

織田信長には同腹の弟、織田信勝との間に家督争いがあり、弟には織田家主筋である織田大和守当主の援護がありましたが、これに勝利し織田家を統一します。桶狭間の戦いで今川義元を討ちとると、1566年より天下布武の朱印を使い始め天下統一の意思をみせます。天下布武という言葉は、信長こそが天下泰平の世の中を作ることができるとの想いが込められています。

天下人から本能寺の変まで

1575年朝廷より権大納言及び右近衛大将に任命され天下人の資格を持ちます。安土城に移転して天下人として号令を取り始め、1577年には右大臣に昇格、織田右府と称するようになります。1578年右大臣・右近衛大将を辞任、1582年には征夷大将軍・太政大臣・関白のいずれかに叙したい旨朝廷から内示がでますが、返答は不明です。翌年本能寺の変にて自害しました。大正6年には天皇より正一位を贈位されたことが、ニュースになっています。

織田信長の歴史に残る名言・格言1.敦盛

幸若舞「敦盛」意味

織田信長の名言・格言で真っ先に取り上げられる敦盛には、どのような内容なのでしょうか?それは下天界という世界の一日は人間の世界の50年間と同じだとされていることを述べています。これを踏まえたうえで、下天界と人間世界を比べることで、人間の人生の儚さを歌ったものです。

幸若舞「敦盛」とは

敦盛とは平清盛の甥の平敦盛のことで、源氏の熊谷直実が一騎打ちでとらえた処、数え年16歳の若者だと知ります。あまりの若さに首をはねるのをためらいますが、味方に危ぶまれたためやむなく殺してしまいます。人生の儚さを感じた熊谷は世をはかなみ出家してしまうというお話です。

織田信長と敦盛

織田信長は敦盛を好んで舞ったと言われています。かの桶狭間の戦いでも、敦盛を舞ったのちに、陣貝を高らかに吹かせて湯づけをを食してから戦場に向かったと言われています。人間の人生の儚さを謡うこの詩は、織田信長にとって、短い人生であるからこそ悔いなく思いのままに歴史を刻みたいというような、決意と覚悟を促す唄だったのでしょう。それゆえにこの敦盛は、織田信長の名言・格言としてニュースになるのです。現代よりもずっと死が身近にあった戦国時代に、朗々と敦盛を舞う織田信長の姿を想像すると、背中が伸びる気がします。素敵な名言ですね。

織田信長歴史に残る名言・格言2.小唄

忍び草意味

死のうは一定、 しのび草には何をしよぞ、 一定かたりをこすよの

人間は必ず死ぬものと決まっています。死んだあとに語り継がれるようにどのような事をすればいいのだろう。後世の人は語り継いでくれるだろう。という意味で、死ぬのであれば歴史に名を刻んで、語り継がれるような人生を生きようじゃないかと、死を自覚することで生きる覚悟を促しています。

織田信長と忍び草

織田信長は小唄忍び草を好んで唄ったと言われています。この忍び草を唄うことで、死というものを意識しながら、歴史に語られる偉業をなそうとした織田信長の人間としての覚悟が感じられます。また後世に語り継がれることを考えていることから、今世では理解され得ないことも、後世ならば理解されると知っていたのかもしれませんね。革新的で現実主義者でもあったとされる織田信長に相応しい名言・格言でしょう。織田信長は本能寺の変で死ななかった!そんな空想がいつまでも語られるのは、織田信長の人生があまりにも潔いものであったからかもしれませんね。この名言には、人生と向き合う強さがあります。

織田信長の歴史に残る名言・格言3.桶狭間の戦い

運は……

小軍なりとも大敵を怖る〃なかれ。運は天にあり。

桶狭間の戦いでは今川軍との戦力差は、なんと10倍もあり、しかも奇襲攻撃ではなく、正面からの攻撃であったというようなニュースもあります。正々堂々と己の10倍もの敵を討つのに恐れを感じない人はいない筈です。そこで織田信長は彼我の勢力差を十分に弁えたうえで、敵方は連戦で疲れているが、こちらは新な戦で元気であること、大敵を恐れなければ、勝利を得られると激を飛ばした名言なのです。決死の覚悟だからこそ天を動かすことができたのでしょう。そして天運がなく戦死していれば今の歴史はなかったのですから確かに天運は織田信長にありました。覚悟を促す名言です。

臆病者は……

臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。

臆病者に関する名言は色々あります。臆病者というのは想像力が強すぎるのかもしれません、それで歯がゆい思いをする人が多く名言が誕生するのでしょう。臆病な人は困難な状況を大きく見積もり、自分の力を小さく見積もる心のクセがあります。臆病といのは言い換えれば、用心深い人間ですね。しかし織田信長がこの名言を言ったのは、いざ合戦の場になってまで、敵を恐れては勝利できないはずだからです。戦うしかない時には、自分の力を信じる以外にはないでしょう。織田信長の名言には、戦いの極意があります。自分が臆病だと思う人は、この名言を噛みしめることで強くなれるかもしれません。

織田信長の歴史に残る名言・格言4攻撃

一点集中

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

織田信長のこの名言のニュースソースは明らかではありません。しかし攻撃の際に用いられたものには違いないでしょう。たった1か所が崩れるだけで全体が大きく崩れてしまうことは、よくあることです。そうであれば一点に攻撃を集中するのは、戦術として妥当でしょう。これは人生においても同じようです。この名言のように、無駄なことばかりに力を注いでしまうよりも、問題の要を見極めて、それに力を注ぐほうが合理的です。肝心を見極める目と、いざという時にはそれに集中できるだけの気構えをもちたいものですね。

織田信長の歴史に残る名言・格言5.絶対

可能・不可能

絶対は絶対ない

この名言もニュースソースが明らかになっていません。しかし織田信長の名言として歴史に残っている言葉です。絶対に可能なことも、絶対に不可能なことも世の中にはありません。織田信長のこの名言は歴史の流れを経て現代にも通じることです。価値観も歴史も真実も常に変化していきます。昔の教科書と今の教科書を比べてみるだけで、そのことは簡単に証明することができます。絶対がないということを知っているだけで、もしかしたら大切な判断を間違えないですむかもしれません。

織田信長の歴史に残る名言・格言6.妻として

おねへの手紙

夫の世話をちゃんとして、言いたいことがっても言わない方がいい

織田信長が優しい心遣いを見せた例として歴史的に有名な名言です。後の豊臣秀吉の正妻であるおねが、織田信長に夫秀吉の愚痴を書いてよこした返事です。先ずはおねの愚痴をもっともな事として受け入れ、おねが素晴らしい女性であると褒めたうえで、上記の名言を伝えています。これはコミュニケーションスキルとしてもとても優秀ですし、コーチングやカウンセリングの世界でも使われている方法です。このことから短期で気性が荒い印象のある信長が、実はコミュニケーションスキルの高い人物だろうと想像できます。女性としてこの名言を受け取ったおねが十二分に満足したと思われます。また現代女性にとっても、夫に対しては言いたい放題では、上手くいくのは難しいですよね。夫というのは笑顔と食事と可愛げと感謝を使って、手の平で転がしていくものですからね。

織田信長の歴史に残る名言・格言7.部下として

佐久間信盛

できることから行い、できなければ相談する

織田信長が部下である佐久間信盛を叱責した言葉として歴史的に有名な名言です。どうもこの佐久間信盛という武将は茶の湯に夢中になり過ぎて、武士としての勤めをサボっていたみたいです。苦笑してしまいますが、織田信長に叱責されたらさぞかし肝が冷えたでしょう。この上司に相談するというのは、大事だとわかっていても、なかなかスムーズに出来ないものです。何でもかんでも相談すればよいわけではありませんし、上手く行っていないと相談しずらくなったりします。けれどもマイナスな事程素早い相談が必要です。自分と上司では、能力・人脈・権力全てが違います。自分では対処できないものほど、抱え込まずに相談したいものです。ただし自分のできることは、きっちりとやらなくてはなりません。

織田信長の歴史に残る名言は今でも名言

織田信長の歴史に残る名言は、現代社会でもそのまま通用する名言です。時代は違っても人間というのは、それほど変わっていないのかもしれませんね。人生に迷った時や困った時に、織田信長の歴史に残る名言がヒントをくれるかもしれません。

もっと織田信長を知りたいアナタに

Thumb織田信長の家紋は何の花?簡単な意味や由来・読み方など!画像あり!
Thumb織田信長の兄弟姉妹は何人いたの?お市の方・織田信行(信勝)は数奇な運命
Thumb織田信成の家系図はデマ?織田信長の子孫ではない可能性が急浮上!疑問をまとめてみた

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-19 時点

新着一覧