ディアウォールの耐荷重・強度まとめ!棚や天井に負担はないの?

お家のDIYや賃貸で部屋を飾るのに欠かせないディアウォールの不安要素でもある耐荷重や強度のについて、まとめました。ディアウォールでの耐荷重や強度はちゃんと規定を守れば大丈夫なの?外れたりしないの?そんな不安や疑問を調べました。

ディアウォールの耐荷重・強度まとめ!棚や天井に負担はないの?

目次

  1. ディアウォールとは?耐荷重や強度もあるの?
  2. ディアウォールの耐荷重や強度などの不安もあるディアウォールの注意とは
  3. ディアウォールの必要な材料とは。強度や耐荷重を気にした木材が良いの
  4. ディアウォールの耐荷重や強度を高める正しい使い方とは
  5. ディアウォールの正しい設置方法とは。正しく作れば強度も耐荷重もアップ?
  6. 強度や耐荷重などがわかるディアウォールの棚に置いても良い物は?
  7. ディアウォールの耐荷重と強度は大体どれくらいなの
  8. ディアウォールの耐荷重と強度を上げるには
  9. ディアウォールのちょっと変わった使い方
  10. 賃貸さんでもできるDIYの救世主のディアウォールについてのまとめ

ディアウォールとは?耐荷重や強度もあるの?

賃貸での暮らしでは、やりたいDIYがあっても壁に傷や穴をあけれない為、諦める事が多いのではないでしょうか。暮らしの中で思ってしまうちょっとした要望、素敵な絵も飾れない、棚はここにも欲しかったなど、住むにつれて荷物も増えて、そんな要望さえも増えてきますが、そんな時に大活躍のディアウォールをご存知でしょうか。アレンジ自由で棚や柱や壁などに変身できる多彩なDIYの必須アイテムです。そして、今注目されているDIYの中でも、優秀な物です。

ディアウォールでは、自己流に部屋を飾る事もできるし、壁に穴をあけれない賃貸での、収納棚などで大活躍しています。天井から、床までの柱を作るので、欲しかったところに壁や、棚などを設置できるだけではなくて、本来の壁に穴をあけずに設置できる事が人気の秘訣かもしれません。また、手作りの為、愛着や、ここにこんな棚を作ろうなど、思いのままにできます。様々な場所で棚としても壁としても活躍しますので、どなたのお家でも活躍すること間違いなしです。

ディアウォールの耐荷重や強度などの不安もあるディアウォールの注意とは

ディアウォールといえば、棚を思い浮かべますが、棚は棚でも飾り棚としても良いです。飾り棚では、あまり重たい物を置かないのが主流なので、耐荷重や強度を気にせずおしゃれを楽しめます。また、飾り棚は部屋を明るくしてくれるので、ディアウォールでの飾り棚は結構活躍しています。そんな、いいところ満載なディアウォールですが注意もあります。

強度は結構ありますが、使い方を間違えると倒れる危険性もあります。高さは自分で図りそのマイナス45mmでカットと商品に記載してますが、そのサイズを間違えると、強度は弱くなり、倒れる可能性も高くなります。また、壁から離れたところに設置する場合は、ディアウォールの足元を強く引っかけると倒れるかもしれません。きちんとフィットいていても、ディアウォールの足元付近を蹴ったりすると、危険です。なので、壁際での設置が好ましいかもしれません。

ディアウォールの必要な材料とは。強度や耐荷重を気にした木材が良いの

木材を変えれば、耐荷重もアップするのかと思いがちですが、そうではありません。ディアウォールは2×4材に適した形で作られているので、木材を変えたら、ディアウォールにハマらなくなる可能性もあります。なのでディアウォールの必要な材料は、まずどんな物を作るかにより、材料は異なりますが、柱だけであれば、まずは、床から天井までの高さを図りその高さのマイナス45mmの長さの2×4材と、天井から床までの支えてくれるディアウォールが必要です。心配な方なら、45mmカットではなく、40mmカットしましょう。

この2×4材は、ホームセンターの木材コーナーでは結構な高確率で売ってあります。また、これに棚を付ける場合や、壁などを作りたい場合などは、必要な材料を購入する必要があります。暮らしの中での手作りのDIYはディアウォールから、始める方も多いですので、結構簡単に作れます。ですが、棚受けはほかの物を代用したり、棚の板は自分で選びますので、サイズの間違いがないようにしましょう。また、棚を付ける場合はネジやビスも忘れなくしましょう。

ディアウォールの耐荷重や強度を高める正しい使い方とは

暮らしのDIYの中でも初めての方でも簡単に作れちゃうディアウォールですが、正しい使い方をしないと耐荷重や強度さえも違ってきちゃうかもしれません。なので、正しく使い、設置しましょう。

まず、ディアウォールは天井と床で支えています。なので、天井が斜めであったり、凸凹なところでの設置は控えた方が良いかと思います。また、天井から床までの高さは大体ではなくきちんとした高さを図りましょう。正しい高さを図る事で、耐荷重や強度も変わってきます。

ディアウォールの正しい設置方法とは。正しく作れば強度も耐荷重もアップ?

設置方法は、まずは、先ほど書いたように、平な天井と平な床がある場所で暮らしの中で必要だなと感じる所に設置が基本となります。そして、2×4材にディアウォールを付けますが、ここでの注意は、バネがついてない方を下につけます。そして、バネがついてある方が上に設置します。

バネがついてある方を先に天井につけて、そして床側の下の柱を、ゆっくりと壁に向かって設置します。ここでも、注意ポイントがあり、先に上側の天井を付けると記載しましたが、これを逆にすると、天井の壁紙が傷つく可能性があるからです。なので、せっかく傷がつかないディアウォールですので、天井から床の順番を守りましょう。

強度や耐荷重などがわかるディアウォールの棚に置いても良い物は?

置いても良い物は基本的には、置きたい物を置くために棚を作るわけですので、置きたい物があまりにも重たい物ではなければ、大丈夫かと思います。また、趣味の物を飾るのも良し、暮らしの中で必要となるストック類を保存しておくのも良しです。

キッチン周りの混雑しがちなところもこのディアウォールさえあれば簡単にお片付けできます。可愛く調味料類を置くのもいいですよね。きちんと、設置さえしていれば、そう簡単に落ちることもないようですので、好きな物を置きましょう。

ディアウォールの耐荷重と強度は大体どれくらいなの

ディアウォールを作ったのはいいけれど、怖くてのせれないなどの不安もあるかと思います。もともとディアウォールは柱みたいな物なので余計と不安がありますよね。ディアウォールの耐荷重と強度については、ディアウォール自体に記載がないのが、余計と不安なのですよね。でも、ディアウォールは取り付けた、棚の設置方法によって変わります。専用の棚受けパーツだと、2個で5kgまでと耐荷重の記載があります。また、ほかのパーツでつけても、耐荷重はの記載はあるかと思いますが、大体10kgぐらい変わってくるかと思います。

記載がないからといって、どんな物ものせれるとは違います。また、柱だけでの設置であれば、結構な重さまで耐えれるので、コートかけやカバン掛けなどにも利用可能です。

また、ディアウォールの強度ですが、結構きちんとハマってくれてますので、結構強度も高いです。強度に関しては気にせずに使用しても問題なさそうです。また、耐荷重については、荷受け次第で変わります。また、それでも心配な方は、ねじを増やして留めるなど、柱を4本にするなどの工夫次第で耐荷重も変わります。目的に合った荷受けを探して取り付けましょう。

ディアウォールの耐荷重と強度を上げるには

ディアウォールの棚の耐荷重をあげるためには、まずは、棚受けのパーツの見直しをしましょう。専用の棚受けだけではなく、ほかに代用できそうな棚受けのパーツを探しましょう。スチール製の棚受けであれば、20kg~までの耐荷重に変化しますし、また、取り付けるビスやネジを見直すと結構の耐荷重の差がでてきます。

また、それ以上にしっかりと固定したい場合や、耐荷重を増やしたい場合は柱の追加をして、2本で支えるのではなくて、3本や4本に変更すると耐荷重もアップします。テレビ台の周りに設置だとか、しっかりしていてほしい場所での設置では、以上の事を気にして、しっかりとした、パーツや棚受けを探しましょう。

ディアウォールのちょっと変わった使い方

こうした、趣味の飾り置きや、壁としての使い方でもありですよね。好きなものを壁に飾るだけど、本当の壁には傷つけない。となると、賃貸さんでもお部屋の模様替えや、趣味の部屋など綺麗に飾れたりしますよね。

靴箱や小さな隙間収納などにも使えます。天井までの高い棚ですと、結構な収納できますし、ディアウォールの棚のいいところは、端までしっかりと収納できる事です。他にもただの壁としての使い方や、パーテンション代わりや、植木などを置く棚としても活躍しています。欲しいところに棚が作れるので、玄関では、靴箱へ、リビングでは、壁面収納棚や、子供部屋では、パーテンション代わりや、おもちゃを置く棚など、多彩です。

賃貸さんでもできるDIYの救世主のディアウォールについてのまとめ

最近では暮らしの中で必要な棚などは好きな大きさに作れる事から、DIYが必須となってきてますが、そんな暮らしの必須のDIYはちょっと苦手など、不器用なのといった方でも簡単に手作りのディアウォールの棚などができます。もちろん、強度や耐荷重なども気にする必要はありますが、最初はDIYを楽しみながら、ディアウォールを手作りし、お部屋を可愛く自己流に飾るのはいかがでしょうか。手作りだと愛着も湧きますし何より好きなところに作れて、しかも賃貸さんでもできるのならばすごく魅力があるディアウォールです。ぜひ、お部屋をディアウォールですっきりと綺麗に可愛くしましょう。また、まだまだディアウォールについて調べたい方はこちらもいかがでしょうか。

ディアウォールの関連記事はこちら

Thumbディアウォールを使って手作り本棚や棚を作る!詳しい作り方もご紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧