ベビーオイルマッサージ方法まとめ!頭皮・ボディ・リンパへの効果は?

ベビーオイルは赤ちゃん専用ではなく、大人が使っても嬉しい効果が得られる万能オイルです。ベビーオイルは全身マッサージに使えて、肌の潤いを保つだけでなく、マッサージの血行促進や疲労回復の効果でしっかり癒してくれます。コスパもいいので手軽に今日から始められますよ。

ベビーオイルマッサージ方法まとめ!頭皮・ボディ・リンパへの効果は?

目次

  1. ベビーオイルは全身に使える万能オイル
  2. ベビーオイルマッサージの頭皮への効果
  3. ベビーオイルマッサージのボディへの効果
  4. ベビーオイルマッサージのリンパへの効果
  5. ベビーオイルマッサージ方法①クレンジングと保湿で頭皮の状態を整えるヘッドマッサージ
  6. ベビーオイルマッサージ方法②首・デコルテのマッサージで顔のむくみを解消しよう
  7. ベビーオイルマッサージ方法③顔のリンパを流してすっきり小顔&リフトアップ
  8. ベビーオイルマッサージ方法④ふくらはぎ~足裏のマッサージで1日の疲れをリセット
  9. ベビーオイルマッサージ方法⑤腕~手のひらのリンパを流して血行促進!ストレス解消にも効果的
  10. ベビーオイルマッサージ方法と効果についてのまとめ

ベビーオイルは全身に使える万能オイル

ベビーオイルと言えば、ジョンソンのベビーオイルがすぐに思い浮かぶ人が多いと思いますが、赤ちゃんの体や顔にも使える優しいオイルのことです。実際にお子さんにベビーオイルを使っているママさんも多いのではないでしょうか。

このベビーオイルですが、赤ちゃん専用というわけではなく、色々な用途で大人の肌にも使えるとっても万能なオイルだと言うのは知っていますか?

ベビーオイルは肌に優しいミネラルオイル

ジョンソンのベビーオイルの成分を見てみると、無香料の方はミネラルオイル・酢酸トコフェロールの2つだけが書かれています。微香性の方は、この成分に香料が追加されているだけです。ジョンソンのベビーオイルの主成分はミネラルオイルということになります。

ミネラルオイルという言葉は良く聞きますが、どんな物かまではあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。ミネラルオイル=鉱物油です。鉱物油について少し知ってみましょう。

鉱物油は、皮脂とはまったく異なる化学構成をしていますので、肌への浸透はありません。 肌表面に膜を作り、外部刺激から皮膚を守ることが目的であれば最も安全性の高い油と言えます。 病院などで、傷口の保護目的にワセリンが使われますが、 外部刺激から肌を守るには、劣化せずしっかり膜を作ってくれる鉱物油は最適と言えるでしょう。

鉱物油の原料は石油なのですが、精製をして不純物を取り除いた、極めて高純度のオイルが鉱物油です。私たちが普段使っている、あらゆる化粧品に使用されています。医療用のワセリンも鉱物油ですが、植物性のオイルには植物アレルギーを引き起こす可能性があり、オイル自体が酸化しやすいので適していないのです。ベビーオイルにミネラルオイルが使われるのも、肌に浸透せず、酸化しづらい特徴のあるからなのです。

ベビーオイルを使った美容法

ベビーオイルの用途は、肌の保湿やスキンケアだけではなく、メイク落としや、髪の毛のヘアオイルとしても使えると話題になっているほどです。しかもジョンソンのホームページの中では、大人のベビーオイル美容法として、おすすめのベビーオイルの活用方法が14通りも紹介されています。

TOPページ | 大人のベビーオイル美容法ガイドブック ジョンソン®ベビー

この活用法の中でも、今回特におすすめしたいのは、ベビーオイルを使ったオイルマッサージです。ジョンソンのページでも紹介されていますが、詳しいやり方までは載っていないので、ベビーオイルを使ったオイルマッサージのやり方も詳しく見ていきたいと思います。

でもその前に、ベビーオイルのマッサージがどんな効果があるのかをご紹介します。ボディマッサージはもちろん、頭皮や顔にも使えるベビーオイル1本で、全身のマッサージをができちゃいます。

ベビーオイルマッサージの頭皮への効果

頭皮のベビーオイルマッサージの効果は、はやりベビーオイルによる保湿が頭皮の乾燥を防いでくれ、柔かく状態の良い頭皮を保つ働きをしてくれることにあります。頭皮の乾燥は、フケや痒みといった頭皮トラブルを招く原因にもなります。

また、ベビーオイルのマッサージによる頭皮の血行促進が、健康な髪を保つために必要な栄養を、頭皮全体にしっかりと行きわたらせてくれるのです。頭皮が固く凝り固まっていると、血行不良になり抜け毛や白髪を増やすと言われています。また、髪に栄養が行きわたらないと、髪のハリやコシ、ツヤが失われ、細くなってしまう恐れもあります。

強すぎるマッサージで頭皮や毛根にダメージを与えないように、オイルを使って優しく保湿ケアしながら、気持ちいいくらいの強さで頭皮全体の筋肉を動かすようにマッサージをすると、フケ・痒みを防ぎ、健康な髪を保つ効果が期待できるのです。

ベビーオイルマッサージのボディへの効果

ベビーオイルでボディマッサージをすると、しっかりとした保湿効果で、ボディ全体がしっとり潤い、乾燥による皮膚トラブルから保護してくれます。特に冬場や季節の変わり目には、皮膚が乾燥することで摩擦に弱くなります。衣服と皮膚が擦れることで、敏感になった乾燥肌が刺激を受け、チクチクしたり痒みが出たりします。が、ベビーオイルの潤いのバリアが、この刺激から護ってくれる働きをします。

また、ボディ全体をベビーオイルでマッサージすることで血行促進の効果があり、血行不良で冷えてしまったボディを温めることができます。冷え症の人には特に嬉しい効果です。血行が良くなることで代謝もあがりますので、脂肪燃焼の効果も期待できます。スタイルアップをしたい女性には、是非ベビーオイルを使ったボディマッサージを試していただきたいです。

顔や手足、ボディ全体のマッサージには、滑りを良くして摩擦を少なくするためにもオイルの使用は必須です。肌馴染のよいベビーオイルはとてもマサージしやすいオイルです。ボディマッサージをすることで、仕事や家事、スポーツで疲れの溜まった筋肉の凝りも、心地よい刺激で解すことができます。リラックス効果も高いので、疲れを感じたときにマッサージをすると、体の力が抜けやすくなり、よく眠ることができます。

ベビーオイルマッサージのリンパへの効果

オイルを使ってボディマッサージをすることで、全身のリンパの流れを良くすることができます。リンパの流れが良くなると、老廃物の排出をしやすくなり、疲労回復の効果も高まります。そして、免疫力をあげる効果も期待できますので、健康で丈夫な身体を目指すには、オイルマッサージがとても良いのです。

リンパの流れを良くすると、浮腫みの解消もできます。余分な水分の排出を促し、老廃物と一緒に排出されることで、気になっていた浮腫みもスッキリ解消され、体の怠さや、お腹まわりや腕や脚全体にできてしまったセルライトも、退治できるかもしれません。

リンパの流れはとてもゆっくりで、滞りやすいものなので、筋肉のポンプの力を借りないと、中々スムーズに流れていきません。オイルを使ったボディマッサージは、滞ってしまったリンパを流し、体の調子を整える効果があります。コスパも良く、全身にたっぷり使えるベビーオイルで、マッサージをする習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

ベビーオイルマッサージ方法①クレンジングと保湿で頭皮の状態を整えるヘッドマッサージ

ご紹介の動画では、ベビーオイルではないオイルを使用していますが、ベビーオイルを使用しても同じことができます。オイルのクレンジング効果で汚れを浮かせて、毛穴に詰まった汚れも落とせるので、気になる地肌の臭いも解消できます。

頭皮をマッサージすると、パソコンやスマートフォン操作で疲れた頭のコリを解すことができます。疲れやストレスを溜めると、頭皮が固くなりますので、ベビーオイルで優しく頭皮をマッサージすれば、高いリラックス効果も期待できます。

ベビーオイルマッサージ方法②首・デコルテのマッサージで顔のむくみを解消しよう

ベビーオイルでボディマッサージをするときは、首とデコルテ、鎖骨周りからしっかりマッサージすることで、リンパの流れと老廃物の排出効果を高めることができます。リンパの出口が鎖骨下にあるためです。最初に流し、排出をスムーズにしてあげましょう。

首とデコルテをオイルマッサージすると、顔の浮腫みもとれてスッキリします。夜寝る前や、朝のメイク前などに少しリンパの流れを良くするだけで、浮腫みの取れ方がかなり違います。

ベビーオイルマッサージ方法③顔のリンパを流してすっきり小顔&リフトアップ

顔にもリンパは通っています。日本人は欧米人に比べ、顔の筋肉を動かすことが少ないと言われています。それは、私たちの母国語である日本語は、英語に比べてほとんど口を動かさずに発音することができるからです。表情筋を25%ほどしか使っていないとも言われていますので、顔の筋肉が強張りやすく、垂れやすいのです。

顔の皮膚は薄くデリケートなので、あまり強すぎるマッサージは禁物ですが、オイルをつけて刺激を減らし、凝り固まってしまった表情筋を解してあげましょう。血行促進の効果で顔色も良くなります。浮腫みが取れ、スッキリとしたフェイスラインと、リフトアップして小顔に近づきます。

ベビーオイルマッサージ方法④ふくらはぎ~足裏のマッサージで1日の疲れをリセット

1日頑張った足は、疲れが溜まり筋肉が固くなっていたり、浮腫みでパンパンになっていたりと、かなりお疲れの状態です。そのままにしていると、血行不良からくる冷えや、老廃物の蓄積でリンパの流れが滞ってしまいます。ベビーオイルでマッサージして、疲れを癒してあげましょう。

ベビーオイルマッサージ方法⑤腕~手のひらのリンパを流して血行促進!ストレス解消にも効果的

ハンドマッサージには、全身の血行を良くしてくれる効果があります。腕から手のひら、指先をオイルマッサージすることで、不思議と体がぽかぽか温まってきます。そして、ハンドマッサージには高いリラックス効果もあります。ストレスを感じたときなど、オイルでハンドマッサージをすることで、気持ちが落着き、イライラを鎮めることができます。

腕の疲れからくる肩こりもありますので、ハンドマッサージで腕の筋肉を解してあげると、肩こりが解消されることもありますので、肩こりが辛いときにも試してみると良いでしょう。

ベビーオイルマッサージ方法と効果についてのまとめ

ベビーオイルはドラッグストアやネットでも購入できて、値段も安く手軽に使えるオイルです。ジョンソンのベビーオイルだけでなく、ピジョンや他のメーカーからも販売されています。最近では100円ショップでも売られていますが、やはり肌につけるものなので、より安全性の高いものを選びたいですね。赤ちゃんにも大人にも使えて、幅広い用途で使えるベビーオイルは、マッサージに使うのがおすすめです。全身のオイルマッサージに是非、ベビーオイルを使ってみてはいかがでしょうか。

もっとベビーオイルについての情報が知りたいあなたへ!

Thumbベビーオイルは顔のクレンジングや保湿にも◎乾燥肌でも使える?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-24 時点

新着一覧