キャンドルの作り方は?簡単にジェル、ボタニカルなどが出来る方法!

キャンドルの揺れる炎をみていると、自然と心を癒してくれますよね。そんなキャンドル、自分で手作りできたら素敵ですよね。実は、初心者でも簡単にできる作り方があるんですよ。そこで今回は、自作のオリジナルキャンドルの作り方をご紹介いたします。

キャンドルの作り方は?簡単にジェル、ボタニカルなどが出来る方法!

目次

  1. キャンドルをオリジナルで手作りしてみよう
  2. 手作りキャンドルを作る時に用意したい道具
  3. オリジナルキャンドルの簡単な作り方
  4. 簡単に作れるキャンドルでおしゃれに
  5. ボタニカルキャンドルの作り方は?
  6. ボタニカルキャンドルの素敵はこう作ろう
  7. ジェルキャンドルの作成方法
  8. 装飾に使える材料
  9. ジェルキャンドルでおしゃれな空間を
  10. 素敵なキャンドルで癒しの空間を

キャンドルをオリジナルで手作りしてみよう

今ではかわいいキャンドルは、インテリアに使われたり、心をいやすグッズとして扱われていたり、コレクションとして集めたりと、様々な用途で使われています。中には、自分で手作りしたい人のために、オリジナルキャンドルの簡単な作り方教室が行われていたりします。また、キャンドルにもいろいろな種類があり、その人の好みに合ったキャンドルの作成方法を、模索することもできます。それでは、どんな作成方法があるのか、見ていきましょう。

手作りキャンドルを作る時に用意したい道具

パラフィンワックス

パラフィンワックスとは、手作りキャンドルには欠かせない、キャンドルの元になるものです。ここで、使わなくなったロウソクを削って使う方法でも構いませんが、パラフィンワックスは、普通のロウソクより低い温度で溶ける性質があるので、初心者にはとても扱いやすいロウソクとなっています。たくさん入って、1000円前後で売られています。通販でも入手可能です。

芯に使うタコ糸と割りばし

キャンドルに火をともす芯には、タコ糸を使います。よくチャーシューを作る時に使う縛る糸のことです。また、タコ糸ではなく、府金つきで、最初からロウでコーティングされた芯も売られています。こちらは、初心者にはとても使いやすくておすすめです。通販で10入り500円程度で、入手可能となっております。

タコ糸を使う場合は、それを抑える割りばしが必要となります。最初からわれている竹の割りばしではなく、自分で割るタイプの物を用意します。100均でも手に入りますし、コンビニやスーパーでもらえる、あの割りばしで十分です。専用の府金つきコーティング芯を使う場合は、割りばしは不要です。

キャンドルを入れる容器

キャンドルを入れて固めるための容器が必要です。耐熱性のシリコンカップは、キャンドルの熱さで溶けることもなく、また、取り出しやすいという利点があります。最近では様々な大きさや形のシリコンカップが売られているので、手作りキャンドルにはもってこいです。

また、容器からは出さず、容器ごと楽しむという作り方もあります。耐熱ガラスの容器を使えば、キャンドルを中に入れたままインテリアとして楽しむこともできます。作り方はどちらも変わらないので、お好みの容器を探してみてください。

色つけにはクレヨンを使う

キャンドルに色を付けたい時は、クレヨンを使います。今では100均で手に入れることもできるので、安価で手に入れられるのは、とても嬉しいです。色を混ぜて作ったり、マーブルにもできるので、自分で考えて素敵な色を付けてみてください。

アロマキャンドルのように、香りがついたキャンドルを手作りしたい場合は、クレヨンで色を付けると、クレヨン独特の油臭さと混じってしまう可能性があります。クーピーなら、油臭さがなく、アロマキャンドルを作るうえではとても理にかなっています。もし、いい香りをつけたい場合は、クーピーを使ってみてください。

湯煎の時に使う道具

キャンドルを溶かす際湯煎します。その時に使う道具が必要となってきます。耐熱性のビーカーでもいいですし、お料理でよく使うボールでも大丈夫です。また、お鍋に火をかけたりするので、小さいお子様と作る時は、十分気を付けてください。

香りをつけたい人はアロマオイルなど

キャンドルに香りをつけたい人は、アロマオイルを使うといいです。自然な香りと、揺らぐ炎で、癒し効果も2倍になります。

市販の香水でも香りをつけることができます。自分の好きな香りの香水をアロマキャンドルにすれば、毎日部屋中いい香りで、テンションもアップします。

オリジナルキャンドルの簡単な作り方

作り方その①クレヨンを削る

自分の作りたい色のクレヨンまたは、クーピーをカッターなどで削ります。この時、削ったクレヨンをロウの中に入れやすいように、アルミホイルやいらないチラシなどの上で削りましょう。指を怪我しないように注意してください。

作り方その②キャンドルを溶かす

クレヨンの準備ができたら、今度はロウを溶かします。ロウを溶かす際は、初心者は湯煎でゆっくり溶かすようにしてください。直接直火で溶かすと、煙が出てススがついたり、ひどければ燃えます。とても危険なので、直火での作り方は、慣れた人がそばにいる場合のみにしましょう。

作り方その③溶かしたロウにクレヨンを入れる

溶かしたロウに、削ったクレヨンを入れて、色を出します。この時、一気にクレヨンを入れずに、少しづつ溶かして色を見ながら投入してください。アロマキャンドルを作りたい場合は、色を付けた時点で、アロマオイルを入れます。この時、気持ち多めに入れると、火をつけた時に香るようになります。

作り方その④お好きな容器に流しいれる

色と香りを付けたロウは、いよいよ容器に入れていきます。この時に、容器にタコ糸をセットするのを忘れないで下さい。割りばしにタコ糸を挟んで、容器上部にセットしておきます。芯のタコ糸は長めにしといた方が、後で切って調節ができるので、おすすめです。

作り方その⑤固めたら出来上がり

このまま動かさないように固まるのを待ちます。特に芯が動かないように気を付けましょう。しっかり固まったら、耐熱シリコンカップの場合は容器からだします。ガラス容器の場合はそのままで、見て楽しめます。

簡単に作れるキャンドルでおしゃれに

キューブ型のポップなキャンドルです。中に入っている飾りは、色つけしたロウを好きな形に切って、溶かしたロウの中に入れて固めます。いろいろな色の飾りを入れれば、かわいく仕上がります。

パステルカラーのボーダー柄のキャンドルです。1色ずつ固まってから注いでいきます。紙コップで作ると、固まってから破いて取れるので便利です。

いろいろな色を混ぜ合わせず、マーブル状で固めたキャンドルです。神秘的な色相がすてきなキャンドルも簡単に作れます。

ボタニカルキャンドルの作り方は?

ボタニカルキャンドルとは?

ボタニカルとは、植物の事を指します。キャンドルの中に、お花や草、ドライフルーツなどを閉じ込めて、見て楽しめるとても魅力的なキャンドルです。火をつけなくてもインテリアとしてもおしゃれなキャンドルを、手作りできます。

ボタニカルキャンドルの簡単な作り方

自分の好みのドライフラワーや、ドライフルーツを用意します。あとは容器に入れて、溶かしたロウを入れて固めるだけです。ロウの周りに花が透けて見えるようにしたい場合は、、最初、花を容器にくっつけ少量のロウで押し固めて位置を定まらせます。固まったら残りのロウを注いで固めると、花が見えるようなキャンドルが作れます。

ボタニカルキャンドルの簡単な作り方を動画で分かりやすく説明されています。ぜひ参考にしてください。

ボタニカルキャンドルの素敵はこう作ろう

たっぷりの花に、ペッパーベリーの実をちらしたボタニカルキャンドルです。花の透け感が、とてもきれいなキャンドルです。

こちらはオレンジのドライフルーツを使ったボタニカルキャンドルです。花と組み合わせると、自然な雰囲気がとても強く出ます。

こちらは外側に後からドライフラワーやシナモンをはりつけた、ボタニカルキャンドルです。後からつける方法だと、飾りの存在感がでて素敵です。

ジェルキャンドルの作成方法

作り方は、普通のキャンドルの作成方法と同じです。ジェルを湯煎で溶かし、容器に入れて固めるだけです。普通のキャンドルと違って、透明なので、中身が見えるキャンドルが作れるのが魅力的です。ジェルなので、固まった後もプルプルしてます。

装飾に使える材料

ビー玉は100均でも手に入れることができます。きれいな色かわいらしくなります。

ガラス細工も様々な形のものが売られているので、ジェルキャンドルを作る時には、もってこいの装飾となります。

貝殻やシーグラスも使える装飾となります。夏の涼しげなジェルキャンドルを作りたい時は、使ってみてください。

ジェルキャンドルでおしゃれな空間を

子供と作るんだったら、カラフルな砂や、かわいいガラス細工などを並べてもかわいいです。ガラスの容器を使うので、横から見た砂の色合いがすてきです。透けて見えるジェルキャンドルならではのかわいさです。

こちらは、容器なしでダイレクトにジェルの透明感を表現できるジェルキャンドルです。気泡が海の波を表していて、とてもきれいです。貝殻やヒトデなどを使う方法もおもしろいです。

ボタニカルキャンドルと、ジェルキャンドルを合わせた方法のものです。花が鮮やかに見えてとてもきれいです。かわいさも格段にアップします。ジェルの色も、いろいろあります。

素敵なキャンドルで癒しの空間を

キャンドルは簡単に手作りでき、自分の好みの物に作れるのが嬉しいです。また、子供とオリジナルキャンドル作るのも楽しいです。アロマキャンドルをたくさん作って、いろいろな場所に飾るのもいいかもしれません。みなさんもぜひ、作ってみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-23 時点

新着一覧