握力を鍛える方法まとめ!ハンドグリップやボールなどの器具を活用!

スポーツジムに通わなくても、自宅で気軽に鍛えることが出来るものに握力があります。テレビを見ながら、あるいは好きな音楽を聴きながらハンドグリップやボールなどの身近な器具を活用して握力を鍛えてみませんか?今回は自宅で出来る握力を鍛える方法をご紹介していきます。

握力を鍛える方法まとめ!ハンドグリップやボールなどの器具を活用!

目次

  1. 握力を鍛えるメリット
  2. 握力を鍛えるために必要な筋肉
  3. 握力を鍛えるための器具
  4. 他にもある!ハンドグリップで握力を鍛えるやり方
  5. ボールを使って握力を鍛える方法
  6. 握力を鍛えて病気知らず

握力を鍛えるメリット

普段何気なく使っている握力ですが、握力を鍛えるメリットにはどんなものがあるでしょうか?握力を使う、つまり手を動かすことで脳に刺激が送られボケ防止になる。と言う話を聞いたことがあるかもしれませんが、あながち嘘ではありません。医学的にも握力を鍛える、そして握力を使うことで手を良く動かすことになり脳卒中や心疾患になりにくいと言われているようです。

日常生活では握力を意識して使うことはあまりありませんが、スポーツや格闘技をしている人にとって握力は非常に大事です。握力が強いとそれだけ多大なメリットがあります。空手や柔道など拳が必要な競技は握力が強いとそれだけ強さが増しますし、テニスや野球、バスケットボール、ロッククライミングでも握力が強いとそれだけメリットも大きくなります。握力を強化すれば技術も向上するのですね。

握力を鍛えるために必要な筋肉

まず握力を鍛えるためには前腕筋という、握力に直結した筋肉を鍛える必要があります。前腕筋というのは手首から肘までの場所で、物を投げたり握ったり、指を動かし手首を曲げ、何かを押す時など生活のいろいろな場面でよく使われる握力です。そしてこの筋肉は筋肉痛が起こりにくい筋肉でもあります。

確かに腕や握力を使った運動したとき、二の腕がだるくて疲れても前腕筋が痛む、握力を使うと痛いということはあまりありませんね。握力を鍛えるにはハンドグリップやボールなどの器具を使うやり方があります。これを毎日の握力トレーニングに取り入れて前腕筋を鍛えていきましょう。

握力を鍛えるための器具

①リストバンドを使って握力を鍛える方法

よくアスリートが使っているのを目にするリストバンドです。握力向上の器具というよりは、オシャレアイテムのような感覚で付けることが出来ます。値段も手頃で1個100円で売られているものもあるので、気軽に握力を鍛えることが出来るでしょう。ゴム製の製品がおススメですが、家にある輪ゴムを何個も括り付けても握力強化が期待できます。

②ダンベルを使って握力を鍛える方法

一時流行ったダンベル体操。ダンベルを使って握力を鍛えると、上腕筋など腕の筋肉全て鍛えることが出来るので効率的です。女性なら二の腕をシェイプアップ出来て、男性なら握力と共に前腕筋が太くたくましくなるトレーニングです。しっかり握らなくてはならないため握力強化も期待できます。

他にもある!ハンドグリップで握力を鍛えるやり方

握力を鍛えるときに最初に頭に浮かぶのがハンドグリップではないでしょうか。一番手軽に握力を鍛える最適な方法で、アームレスリングの選手でさえ日々のトレーニングで使用する握力を鍛えるアイテムです。それではハンドグリップで握力強化の正しい使い方を見て行きましょう。

①左右どちらか片方の手でハンドグリップを持ちます。②ゆっくりと力を込めていき手で開閉をしていきます。握力を意識してくださいね。③腕の筋肉が限界だと感じるまで開閉運動をしていきましょう。④握力を最大限に使うため疲れます。疲れたら30秒ほど休んで、再び2セットくらいを目安に同じ動作を行って握力を鍛えて終了です。

ハンドグリップのトレーニングの目安

片方の手で1日2セットずつ行います。利き腕に関係なく左右ともしっかり握力を鍛えましょう。ハンドグリップで握力を鍛えるコツは、1セットが終わったら数十秒ほど休みますが、長い休憩時間をはさまないことです。

そして握力を使いながら前腕筋に意識を集中させることが握力アップにつながります。また肩を上げず上腕部分には力を入れすぎないことも注意しましょう。上と下から抑えつけるようなイメージで握力を鍛えることが大切です。

ボールを使って握力を鍛える方法

パワーボールと言う握力を鍛える器具があります。これはプラスチックやメタル素材のケースの中に、ある程度重さのあるボールが内臓されているトレーニングアイテム。握力を使って手首を回すとパワーボールの中に内臓されているボールが激しく動きだし、その動きを止めることなく維持しながら回転し続けることがポイント。

見ているだけだと握力なんて関係なく出来そうと思いますが、実はとても疲れます。ただこれによって前腕筋と握力を鍛えることが可能。初めてだとうまく回せない方もいますが、手首のスナップを効かせて握力使いしっかり持ち、ひねるようにしながら回すと回しやすくなります。

握力を鍛えて病気知らず

握力を鍛えることは健康にも直結します。脳卒中やアルツハイマーなどになりにくいと言われているので、ぜひ握力を鍛える運動を心掛けたいものです。しかも自宅で気軽に出来るのが握力トレーニングですので、ぜひ生活の一部として取り入れてみてはいかがですか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-21 時点

新着一覧