巻き髪のやり方は?簡単に出来る方法と巻き方の種類を紹介!

ヘアスタイルの巻き髪って女性らしくてかわいらしいですよね。でもなかなかやり方悪いのか上手くいかない。なんてお悩みありませんか?そんなお悩みを解決すべく簡単にできる巻き髪のやり方を調べました。ぜひ参考にしてかわいい巻き髪ヘアーにしてください。

巻き髪のやり方は?簡単に出来る方法と巻き方の種類を紹介!

目次

  1. 脱初心者!綺麗に決まる巻き髪のやり方!
  2. コテの種類
  3. 巻き髪を作る前にやること!
  4. 巻き髪の種類とやり方!①フォワード巻き(内巻き)
  5. 巻き髪の種類とやり方!②リバース巻き(外巻き)
  6. 巻き髪の種類とやり方!③ミックス巻き
  7. 巻き髪の種類とやり方!④平巻き
  8. 巻き髪の種類とやり方!⑤ウェーブ巻き
  9. 巻き髪の種類とやり方!⑥ねじり巻き
  10. 簡単にはできない!?巻き髪のやり方のまとめ

脱初心者!綺麗に決まる巻き髪のやり方!

このように、女の子のお悩みの一つとして出てくるのが巻き髪の難しさ。なかなか慣れるまでうまくいきません。どうしたらきれいに巻き髪ができるのでしょうか。巻き髪が綺麗にできるやり方を一緒に覚えていきましょう!簡単にできちゃいそうな動画を一緒にアップしましたから是非参考にしてください。まずはコテ選びからです。

Thumbショートヘアの巻き方・巻き髪まとめ【ストレートアイロン・カール・コテ】

コテの種類

綺麗に巻き髪を作るために欠かせないのがコテです。いくつか太さがありますがどう違うのでしょうか。それは髪の長さによって変わってきます。19㎜はショートヘアさんのヘアスタイルに。26㎜はミディアムさんのヘアスタイルに。32㎜はミディアムからロングさんのヘアスタイルに。38㎜はロングで大きめのカールを作りたい方にオススメです。

初心者さんは32㎜がオススメ

長さにもよりますが、初心者さんには32mmがオススメだと言われています。ショートヘアさんからロングヘアさんまで利用でき、ベーシックな太さだからです。どんなコテがいいかわからなければまずは32㎜をのコテを購入すると良いでしょう。次第に慣れてきてもっと違ったウエーブを作りたくなったら、あなたの髪の長さに合わせたコテを追加して購入すれば良いと思います。

温度が見えればなお良し!

温度が見えるもの方が良いでしょう。基本的には160度~190度くらいです。当然温度が高ければ簡単に綺麗に巻き髪を作ることができますが、その分ダメージも大きくなってしまいます。その点で、温度調節が出来て温度が見えるものがよいでしょう。しかし、お財布事情もあるでしょうから、そこはお財布と相談してください。

巻き髪を作る前にやること!

コテを準備したから「さぁ、巻き髪の練習だ!」とはいきません。髪を綺麗に巻くためにのやってほしいことがあるからです。綺麗な状態に巻いて美しいヘアスタイルを作る秘訣でもあるのです。それでコテで髪を巻く前に必要なことを見ていきましょう。

しっかり髪を乾かす

髪は熱によって傷んでしまいます。そのためにドライヤーでしっかりと髪を乾かしましょう。ですから、コテで巻き髪を作る前には必ず髪の毛を乾かしてください。髪が乾いた状態の方が癖がつきやすいからと思っても、乾かさないのはNG!ドライヤーで乾かす前に洗い流さないタイプのトリートメントを使うと簡単に綺麗な状態の髪が保てます。

ブロッキングをする

コテで綺麗にカールするために均一に髪の毛をとならなくてはいけません。そのためにブロッキングをしましょう。ブロッキングとは毛束を分けることです。ブロッキングをすることにより簡単に綺麗なヘアスタイルに仕上がるようになります。それではこれから巻き髪の種類のお話をしますから、気になった巻き髪を練習していきましょう。

巻き髪の種類とやり方!①フォワード巻き(内巻き)

内巻きとはその名の通りコテで髪を内側に巻かれた巻き方のことです。内巻きの巻き髪はふんわりとした雰囲気になり、大変女性らしくかわいらしい感じになります。それではどのようにしたらうまくまけるのか、動画で見てみましょう。

巻き髪の種類とやり方!②リバース巻き(外巻き)

外巻きというのはやはりその名の通り外側に巻かれた巻き髪のことです。コテで髪の毛を挟み外側に巻けばOKです。内巻きとは違い華やかでカッコイイという感じになりますね。それではどのように巻けば綺麗な巻き髪になるのか動画で見てみましょう。

巻き髪の種類とやり方!③ミックス巻き

ミックス巻という巻き方をご覧いただきましたが、このように立体感のあるウエーブになりかなり華やかな印象になります。基本の二つが綺麗にできればとてもきれいに巻くことができる巻き方です。上の動画で内巻きと外巻きの違いもわかったことですから、きっとすぐにうまくまけるようになりますよ!

巻き髪の種類とやり方!④平巻き

こちらのインスタ画像は平巻きを使った外ハネです。下の平巻のの動画は内巻きです。内巻きは全くイメージが変わった巻き髪になっています。ちょっと無造作なこなれ感がとっても素敵です。平巻きを覚えるだけで、内巻きと外巻きが出来ますから、それだけでもお得ですよね。ちなみに動画も画像もワンカールです。

巻き髪の種類とやり方!⑤ウェーブ巻き

ウエーブ巻きとはこのような巻き髪のヘアスタイルです。かなり華やかですよね。このままちょっとしたパーティにでも行けちゃいそうです。ここまで華やかにしないのが下の動画です。くせ毛風のウェーブパーマっぽくてかわいらしい雰囲気のヘアスタイルですよ。ぜひ挑戦してみて下さい。わかめ巻きとも呼ぶそうです。面白い呼び方ですよね。

巻き髪の種類とやり方!⑥ねじり巻き

ねじり巻きとは上のインスタ画像のような巻き髪のことを言います。巻き方にもちょっと特徴がありますので、巻き方は次の動画を参考にしてください。外国人風パーマとでもいうのでしょうか。ちょっとくせ毛っぽくてかわいらしい雰囲気ですよね。こちらも簡単にできますから、ぜひ挑戦してみて下さい。

簡単にはできない!?巻き髪のやり方のまとめ

色々な動画を見ていただきましたがいかがでしたでしょうか。動画を見る限りでは簡単そうですし、見ているだけなら今すぐにコテで髪を巻きたくなったのではないでしょうか。しかし、どうしても巻き髪のように技術が必要な内容は向き不向きがあるものです。簡単にできてしまう人もいればなかなかうまくいかない人もいるでしょう。どうしても練習が必要になってきてしまいます。簡単は巻くことができますが、簡単に綺麗に巻けるようになるまでは、時間がかかることは仕方がないとのんびり焦らず練習を重ねて下さい。

巻き髪ができるようになればヘアスタイルの幅広がります。巻いたままそのままでもよいでしょうし、インスタの画像のように巻き髪をアレンジしても可愛らしいです。少しの時間を使って巻き髪の練習をすれば必ず上達します。髪を巻くこと自体は簡単ですから、綺麗に巻けるようになるようにちょっとずつ練習を重ねましょう。そうすれば、短時間で綺麗に簡単に巻けるようになりますよ。面倒がらずにそこは可愛くなるためです。一緒に頑張って練習しましょう!動画を見ながら練習すれば、楽しんで巻けるようになること間違いなしです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧