豆乳ヨーグルトの作り方・レシピまとめ!気になる効能やカロリーは?

豆乳ヨーグルトとはどのようなものか知っていますか?昨今豆乳とヨーグルトの効能が一度に期待できると人気が高まっています。ここでは暮らしに根付きつつある豆乳ヨーグルトの作り方や効能、レシピやカロリーをご紹介します。作り方は意外と簡単なのでとてもおすすめですよ

豆乳ヨーグルトの作り方・レシピまとめ!気になる効能やカロリーは?

目次

  1. 暮らしに是非取り入れたい!豆乳ヨーグルトとはいったい何?
  2. 注目すべきなのは豆乳ヨーグルトに含まれる栄養素
  3. 毎日食べる人が気になる豆乳ヨーグルトのカロリー
  4. いったい体にどんな影響が?豆乳ヨーグルトの効能
  5. 豆乳ヨーグルトの効能が発揮される食べ方
  6. 4種もある?豆乳ヨーグルトの作り方
  7. ヨーグルト菌を使った豆乳ヨーグルトの作り方
  8. R-1で作る豆乳ヨーグルト
  9. 失敗なし?ホエーで作ると豆乳ヨーグルトは成功しやすい!
  10. 玄米から作れる?豆乳ぐるぐるヨーグルトの作り方
  11. 玄米から作る豆乳ヨーグルトには作り方の注意点も
  12. 飽きずに食べられる!豆乳ヨーグルトに合う食べ物と作り方
  13. 豆乳ヨーグルトを暮らしに取り入れるべき理由
  14. なぜ美容に良い?豆乳ヨーグルトの美容効果
  15. 豆乳ヨーグルトの美容レシピとその作り方
  16. 健康にも豆乳ヨーグルトがおすすめされている訳
  17. 豆乳ヨーグルトの健康レシピとその作り方
  18. 安心して続けられる!豆乳ヨーグルトはダイエットに最適
  19. 豆乳ヨーグルトのダイエットレシピとその作り方
  20. 暮らしの中に取り入れたい豆乳ヨーグルトの作り方や効能についてのまとめ

暮らしに是非取り入れたい!豆乳ヨーグルトとはいったい何?

日々の暮らしの中であなたが気を付けていることはどのようなことですか?気を付けていることの一部に健康や美容などが入っているという方がおおいのではないでしょうか?豆乳ヨーグルトは美容や健康にとてもよく、是非暮らしに取り入れたい食品なのです。

豆乳ヨーグルトと通常のヨーグルトの違いは原材料にあり、普通のヨーグルトは牛乳や生乳を使うのに対し、豆乳ヨーグルトは豆乳を使っています。豆乳を使えば植物性のヨーグルト、牛乳や生乳を使えば動物性のヨーグルトになるというわけです。

注目すべきなのは豆乳ヨーグルトに含まれる栄養素

豆乳からできているヨーグルトとなるとやはり栄養や健康への効能がとても気になるところです。その気になる気持ちや期待を裏切らないのが豆乳ヨーグルトの素晴らしさ。期待以上の栄養や効能があります。豊富に含まれる栄養素は、豆乳のイソフラボンやサポニンなどと、ヨーグルトの乳酸菌など。

双方単体でも体に良い効能があるので、まさにいいとこ取りの食品です。それだけではなく、お互いの栄養素同士がお互いをがっ聖化させてくれる働きがある栄養素もあるので、単体で食べるよりもさらに健康や美容に効果があるといわれています。

毎日食べる人が気になる豆乳ヨーグルトのカロリー

栄養豊富な豆乳ヨーグルトを日々の暮らしに取り入れるとなると気になってくるのはカロリーです。これだけ豊富な栄養素が入っているとなると少し心配になってしまいます。通常の生乳ヨーグルトのカロリーは100グラムで約61キロカロリーなのに対し、豆乳ヨーグルトは2/3のカロリーである約40キロカロリー。

生乳ヨーグルトを200グラム食べるカロリーで、豆乳ヨーグルトは300グラム食べられる計算になります。比較すると結構なものであり、日々の暮らしに取り入れ毎日食べ続けたとしてもカロリーを摂取しすぎてしまうということはなさそうです。

いったい体にどんな影響が?豆乳ヨーグルトの効能

是非暮らしに取り入れたい豆乳ヨーグルトは栄養素がとても豊富な万能食品です。では、どのような効能を期待することができるのでしょうか?豆乳ヨーグルトには、豆乳の体に良い成分とヨーグルトの体に良い成分が含まれています。その豊富な栄養素から得られる体への効能はとても多く、美肌や美髪、便秘解消やがん予防、ダイエット効果や若返り効果まで幅広く期待されているのです。

豆乳ヨーグルトの効能が発揮される食べ方

栄養豊富で体に良い効能をたくさん与えてくれる豆乳ヨーグルトは、食べ方によってさらにその効能がしっかり感じられるようになることがあります。暮らしの中に取り入れるだけではなく、効能が発揮される食べ方をし、自分が得たいダイエットの効能を手に入れましょう。

常温またはホットヨーグルトにして食べる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、乳酸菌が活発に動く40~60度が一番多くの効能が得られるといわれています。冷たいまま食べて胃腸を冷やしてしまう心配もありませんし一石二鳥です。さらに豆乳に含まれるオリゴ糖が活発に動く乳酸菌の栄養源となり、便秘解消や整腸作用、ダイエットにも効果を表してくれると言われています。

期待したい効果によって食べる時間帯を変える

暮らしにうまく取り入れるなら、効能別で食べる時間を変えるのが効果的。ダイエット効果を得たいなら食前、便秘解消効果を得たいなら食後。美肌や整腸作用を得たいなら22時~2時の間に食べるのがおすすめです。暮らしの中に取り入れルだけで十分効果はありますが、時間を気にすればさらに効果を得ることができます。

4種もある?豆乳ヨーグルトの作り方

暮らしの中に豆乳ヨーグルトを取り入れるには、毎日たくさんの豆乳ヨーグルトを消費します。市販の豆乳ヨーグルトは生乳でできたヨーグルトよりも若干高価で、毎日の暮らしに取り入れるとなると不経済になってしまいます。しかし豆乳ヨーグルトは材料さえ用意できれば自家製を作ることができるのです。4種類作り方があるので、自分に合うものを選び豆乳ヨーグルトを作ってみましょう。

ヨーグルト菌を使った豆乳ヨーグルトの作り方

まず紹介したいのはヨーグルト菌を使ったベーシックな豆乳ヨーグルトづくり。ヨーグルト菌は販売しているとこしていないとこ様々ありますが、購入しておくと保存もでき何度か作ることができるのでおすすめです。では材料と作り方をご紹介していきます。

必要な材料

無調整豆乳、市販のヨーグルト菌、熱湯消毒した容器。豆乳の量はヨーグルト菌の種類によって変わってきます。事前にヨーグルト菌のパッケージなどを見て量を確認しましょう。

作り方

無調整豆乳に市販のヨーグルト菌を入れよく混ぜる。熱湯殺菌した容器に移し替え、温かい部屋で5~6時間放っておきます。室温が低い場合は暖房のそばや炊飯器の保温機能を使うなどし、35度以上に温度を保っておきましょう。豆乳ヨーグルトが固まったら冷蔵庫で冷やして完成です。

R-1で作る豆乳ヨーグルト

飲むタイプのヨーグルトでも実は豆乳ヨーグルトを作ることができます。飲むタイプのヨーグルトは価格帯も安定していて使い切ることができるのでとても人気です。そしてヨーグルト菌などとは違う食感を味わうことができるので、とても人気があります。

必要な材料

無調整豆乳、R-1などの飲むタイプのヨーグルト、熱湯殺菌した容器。R-1などの飲むタイプのヨーグルトで豆乳ヨーグルトを作るには、無調整豆乳200mlに対し、飲むタイプのヨーグルトを40ml使用します。ヨーグルト菌などで作った豆乳ヨーグルトよりも柔らかい食感が特徴です。

作り方

作り方はとても簡単。無調整豆乳にR-1などの飲むタイプのヨーグルトを入れよく混ぜる。よく混ぜ終わったら熱湯殺菌した容器に移し替えます。40度に熱しておいたお湯で湯煎しながら2時間置く。2時間たったら再度40度に熱したお湯で2時間熱する。2時間たったら常温で一時間おき、仕上げに冷蔵庫で冷やして完成。少し柔らかめの食感で食べやすく、ホットヨーグルトなどにもしやすいです。

失敗なし?ホエーで作ると豆乳ヨーグルトは成功しやすい!

ホエーで作るヨーグルトは作り方の工程は若干増えますが、失敗しにくいのでおすすめです。ホエーとは水切りヨーグルトを作った時の余った水分。ホエーには豆乳ヨーグルトづくりに欠かせない乳酸菌がたっぷり含まれており、豆乳ヨーグルトづくりに余分な成分はありません。何度豆乳ヨーグルトを作っても成功しないという方は是非試してみて下さい。

必要な材料

ホエー(ヨーグルト)、無調整豆乳、熱湯殺菌した容器、ざるや茶こし、キッチンペーパー。ホエーはなかなか店頭で購入することが難しく、手作りで作った方が早いです。ホエーを作るにはとても時間がかかりますが、水切りヨーグルトはクリームチーズのような味や食感で、スイーツとしても食べられます。一石二鳥ですので是非試してみて下さい。

作り方

まずはホエーを作るためにざるや茶こしにキッチンペーパーを敷きます。その上にヨーグルトを乗せラップをし、約半日冷蔵庫へ入れておく。半日冷蔵庫に入れておくと、水切りヨーグルトとホエーに分かれます。そのホエーをつかヨーグルトを作っていきます。

まず無調整豆乳にホエーを入れよく混ぜ合わせます。混ざったらきれいな容器に移し替え暖かい部屋で半日おいておきます。固まったら冷蔵庫で冷やし完成。固まらないという失敗が少ないのでとても人気のg作り方です。

玄米から作れる?豆乳ぐるぐるヨーグルトの作り方

昨今玄米から作る豆乳ぐるぐるヨーグルトなるものが流行っています。豆乳ぐるぐるヨーグルトは玄米の菌をうまく利用した豆乳ヨーグルトです。栄養価も高く様々な効果が期待できるといわれています。玄米から豆乳ヨーグルトなんて想像できませんが、いったいどのような材料でどのように作るのでしょうか?

必要な材料

生の玄米、無調整豆乳、熱湯殺菌した容器、種菌を作っておく熱湯殺菌した容器。玄米が原料となる豆乳ぐるぐるヨーグルトはまず種菌を作っておくことが必要になってきます。工程が多く難しそうですが種菌さえ作ってしまえばとても簡単に大量のヨーグルトを作ることができます。

作り方

まずは種菌作りからです。種菌を保存しておく熱湯殺菌した熱湯殺菌した容器に小さじ山盛りいっぱい程度の生の玄米を入れます。そこに玄米がつかる程度約60mlほどの豆乳を入れラップをして16~20度の室温で1日半寝かす。とろっとしてきたら120ml程度の豆乳を入れ、玄米に触れないように気を付けながら軽くかき混ぜます。

6~8時間16~20度の室温に置いておき市販のヨーグルトぐらいに固まっていたら種菌の完成です。その作った種菌ティースプーン一杯と豆乳150mlを熱湯殺菌した容器に入れかき混ぜて16~20度の室温で一日寝かせれば完成。一度に大量生産もできますし、毎日作りたての豆乳ヨーグルトを食べることができます。

玄米から作る豆乳ヨーグルトには作り方の注意点も

実は玄米から作る豆乳ヨーグルトには注意もあります。そして賛否両論あり体に良くないと言っている方もいるのも確かです。玄米から作る豆乳ヨーグルトは、乳酸菌によるヨーグルトではなく玄米の酵母によるヨーグルトの可能性があるようです。

酵母とは乳酸菌ととても似た効果や効能があるといわれていますが、玄米についている酵母が良い酵母なのかわからないところに危険があるのではないかと言われています。玄米の育て方や産地によって酵母の種類が変わるので一概に安全であるということも危険であるということも言えません。せめて作る際には他の菌が入らないよう、熱湯殺菌などを徹底するようにしましょう。

飽きずに食べられる!豆乳ヨーグルトに合う食べ物と作り方

醤油

昨今ヨーグルトにかける醤油が流行っています。このお醤油は通常のお醤油よりも果物のような甘味があり、しょっぱさも適度です。ただかけるだけでいつものヨーグルトが全く違う味になるのでとても人気があります。

きな粉

きな粉はとてもヨーグルトとの相性が抜群です。きな粉だけでも十分風味がしっかりしますが、黒蜜をかけてもさらにおいしくなります。スイーツを食べている感覚があるのに低カロリーで栄養豊富なので、おやつ代わりとして罪悪感なく食べることができます。

ジャム

ジャムは定番ですが様々な味があるのでおすすめです。中でも自家製で作るバナナジャムやイチゴジャム、ブルーベリージャムなどは、甘さも調節できますし、風味づけとしてもとても活躍してくれます。ぜひ豆乳ヨーグルトを手作りする際には、一緒にジャムも手作りすることをお勧めします。また酸味のあるレモンやキウイのジャムもさっぱりしてとてもおいしいですよ。

黒豆

健康に良いとされている黒豆もまた大変豆乳ヨーグルトと合います。お正月のおせち料理で残ったものでもコンビニで売っている真空パックのものでも、豆乳ヨーグルトがとてもおいしい和スイーツに生まれ変わってくれます。合わせてきな粉や黒蜜をかけてもおいしいですし、みかんの缶詰などのさわやかなフルーツを合わせても合います。黒豆にはたっぷりの栄養素が含まれていますし、豆乳同様イソフラボンも豊富です。とてもおいしいので、是非一度試してみて下さい。

豆乳ヨーグルトを暮らしに取り入れるべき理由

豆乳ヨーグルトは暮らしに取り入れるべき食材と言われています。なぜなら暮らしに取り入れるだけで様々な健康効果を得られるからです。さらに暮らしの中で毎日取り入れることにより、病気予防や美容効果もあるといわれています。今よりもっと健康で綺麗に過ごすには欠かせない存在になりつつあるのです。

なぜ美容に良い?豆乳ヨーグルトの美容効果

豆乳ヨーグルトが美容に良い理由には様々な点があります。それはヨーグルトに含まれる成分と豆乳に含まれる成分にあるのです。まず紹介したいのはヨーグルトに含まれる美容効果。ヨーグルトには乳酸菌という成分が豊富に含まれています。

その乳酸菌には整腸作用があり胃腸を綺麗にしてくれ肌荒れのしにくい肌を作り出してくれます。それだけではなく豆乳に含まれる成分には、さらに他にも様々な美容効果がありイソフラボンによる美肌効果や美髪効果、女性らしいラインを作り出してくれるバストアップ効果までも期待できるのです。

豆乳ヨーグルトの美容レシピとその作り方

豆乳ヨーグルトは美容を気にしている女性にぜひ取り入れてほしい食材です。豆乳ヨーグルトさえ食べておけば、ダイエットや美肌、美髪バストアップまで、すべての効果を期待することができます。では毎日食べるためにはどのようなレシピがおすすめなのでしょうか?ここでは美容におすすめの「かぼちゃと豆乳ヨーグルトのレアチーズケーキ風」のレシピをご紹介していきます。

必要な材料

かぼちゃ、120グラム・豆乳ヨーグルト、85グラム・豆乳、大さじ1・はちみつ、大さじ1・ゼラチン、5グラム・水、60ml・ビスケット15枚。これらの材料で簡単に美容にとても良いスイーツを作ることができます。スイーツなのに意外と簡単なレシピですので、美容に良いスイーツを食べてみたい方は是非作ってみて下さい。

作り方

かぼちゃを蒸しミキサーでペースト状にする。ゼラチンを水に入れ溶かす。かぼちゃに豆乳ヨーグルト、豆乳、はちみつ、レモン汁を入れてミキサーにかける。全体が混ざり合ったらゼラチンを加えさらにミキサーにかける。ビスケットをたたき容器に敷き詰める。うえからかぼちゃペーストを流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めて完成。

仕上げに生クリームなどをトッピングしてもとてもおいしそうに見えます。簡単なのにとてもこって見えるこちらのスイーツレシピは、女子会や急な来客時にもピッタリ。意外に簡単なレシピですので是非作ってみて下さい。

健康にも豆乳ヨーグルトがおすすめされている訳

健康にも豆乳ヨーグルトはとてもおすすめされています。豆乳ヨーグルトにはコレステロールを下げる働きや生活習慣病の予防をする働きがあり、豆乳とヨーグルト双方の効果がとても注目されています。特にヨーグルトの乳酸菌は腸の健康に欠かせない成分であり、豆乳のイソフラボンにはがんを予防してくれる働きも期待できるといわれているため、豆乳ヨーグルトは健康にとても予期と言われるのです。カロリーも低く毎日続けやすいのでおすすめです。

豆乳ヨーグルトの健康レシピとその作り方

健康に気を付けたいなら野菜も一緒に摂取するのがおすすめ。そんな方におすすめなのは「豆乳ヨーグルトのコールスロー」食物繊維やそのほかの野菜の栄養がたっぷり摂れ健康には効果抜群です。「豆乳ヨーグルトのコールスロー」は通常のコールスローよりもカロリーが低くあっさりたべられます。おかずの一品や、箸休めにも最適なレシピです。では材料とレシピをご紹介していきます。

必要な材料

キャベツ、4分の1程度・人参、4分の1程度・コーン、大さじ2・豆乳ヨーグルト、大さじ3・醤油、大さじ1・お酢、大さじ1・粉チーズ、大さじ2・ゆで卵、2個。お好みで好きな野菜を増やしてもおいしいです。ちくわなどの練り物を入れてもとても味が出ておいしいですよ。

作り方

まずは茹で卵を作り黄身と白身に分け白身を細かく切っていきます。切り終わったら黄みを崩しながら混ぜ野菜を入れていく。別の容器で豆乳ヨーグルト、しょうゆ、お酢、粉チーズを混ぜ合わせ野菜と卵に混ぜ合わせる。まんべんなく混ざったら完成。味が足りない場合にはマヨネーズを足すと簡単に味が着あります。しかし摂りすぎは体に悪いので控えめにしましょう。

安心して続けられる!豆乳ヨーグルトはダイエットに最適

豆乳ヨーグルトは無理なダイエットと違い、健康的に続けられリバウンドもしにくいです。そして体に合えば即効性も期待できるためとてもおすすめできます。ダイエットに良い理由はそのカロリーの低さが第一。生乳で作られたヨーグルトよりも格段にカロリーが低いのが特徴です。また、そのカロリーの低さから食事制限をする必要がなく、ただいつもの食事にプラスするだけでいいという手軽さにも人気があります。

豆乳ヨーグルトにダイエット効果がある理由はヨーグルトの乳酸菌と豆乳のサポニン。乳酸菌にはコレステロールが付きにくい体にしてくれたり、体重増加の原因にもなる滞在便を減らしてくれたりなど様々な効果があります。サポニンには脂肪燃焼を促し体に脂肪が付きにくくしてくれる効果があります。双方の良いとこどりの豆乳ヨーグルトは、ダイエットにとてもおすすめの食品です。

豆乳ヨーグルトのダイエットレシピとその作り方

ダイエットしたい方にはカロリーの低い豆乳ヨーグルトがとても最適!しかし毎日ヨーグルトだけでは飽きてしまいます。そこでご紹介するのは、カロリーを気にせずおやつ代わりとしても食べられる豆乳ヨーグルトのアレンジレシピ「バナナ豆乳ヨーグルトスムージー」です。では早速「バナナ豆乳ヨーグルトスムージー」の材料とレシピをご紹介していきます。

必要な材料

ミキサー・凍らせておいたバナナ、100グラム・豆乳ヨーグルト、130グラム・豆乳、150ml。材料はたったこれだけ。バナナは皮をむき一口サイズに切って冷凍保存するとそのまま使えるのでとても便利です。皮をむいてすぐに冷凍すれば色もあまり変わらないので、皮お剥いたらすぐに冷凍しましょう。

作り方

作り方はとても簡単。ミキサーに凍らせておいたバナナ、豆乳を入れスイッチを入れる。なめらかになってきたら豆乳ヨーグルトを入れもう一度スイッチを入れる。すべてがなめらかに混ざり合ったらコップへ注いで完成。甘いものが食べたいときのおやつとしてや、食前に飲むことでさらにダイエット効果を期待することができます。

冷たいものが苦手な方はバナナを凍らせずそのまま使用することもできます。バナナの食物繊維と豆乳ヨーグルトのダイエットに良い成分が生きたレシピです。

暮らしの中に取り入れたい豆乳ヨーグルトの作り方や効能についてのまとめ

豆乳ヨーグルトは体への様々な効果がとても素晴らしい食材です。美容効果や健康効果、病気予防までできるとなると毎日の生活に取り入れたくなります。また、以外にもアレンジレシピが豊富で飽きない食材です。

毎日の食事に少しずつでも取り入れ、きれいで健康な理想的な体を手に入れましょう。そして豆乳ヨーグルトは自家製もできるのでとても経済的です。ただし菌を使うものですので、長期間の保存や殺菌されていない調理器具を使っての調理は避けるようにしましょう。

豆乳ヨーグルトについてもっと知りたい方はこちらもおすすめ

Thumb豆乳ヨーグルトにはどんな効果が?ダイエットから髪・肌にもいい!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧