東小雪が風呂場で受けた性被害とは?父親・母親との関係に迫る

東小雪といえば宝塚に所属していましたが、いじめが原因で1年程度で辞めてしまいました。最近では父親から性被害を受けたということで話題になっています。同性婚したことも東小雪でも有名になりましたよね。東小雪の父親や母親の関係について調べてみましょう。

東小雪が風呂場で受けた性被害とは?父親・母親との関係に迫る

目次

  1. 東小雪プロフィール
  2. 東小雪は元宝塚で活躍していた
  3. 東小雪は性被害に遭っていた!
  4. 母親も虐待に加担していた
  5. 東小雪は同性愛者だった
  6. 東小雪の結婚相手は増原裕子
  7. 東小雪はディズニーランドで結婚式を挙げた!
  8. パートナーシップ証明書第一号が東小雪と増原裕子
  9. 現在東小雪は子供を欲しがっている
  10. まとめ:東小雪は虐待を乗り越えて現在はパートナーともに人生を歩んでいく

東小雪プロフィール

名前   東 小雪
生年月日 1985年2月1日
血液型  不明

東小雪は2003年に宝塚学校に入学し、2005年に宝塚歌劇団に入団されました。しかし、男役で活躍していたものの、翌年には退団してしまい、芸能活動自体を休止されてしまいます。

東小雪は元宝塚で活躍していた

東小雪が入団してから1年程度で宝塚歌劇団を退団してしまいます。宝塚で活躍するには絶え間ない努力をすることも大切ですが、体育会系も真っ青なくらい上下関係が厳しいことでも有名です。東小雪は元々父親と母親から虐待を受けていたこともあってあまりメンタルが強くありませんでした。

上下関係が厳しすぎて1年で退団

宝塚では上下関係が厳しかったことと、寮生活がとても厳しく、掃除で髪の毛一本でも落ちていたら夜中まで叱られてしまうような生活に疲れ果ててしまったようです。宝塚に憧れて入る女の子も多いですが、宝塚の内部はかなり複雑だということがわかるでしょう。東小雪が耐えられなかったのもよくわかります。

東小雪は性被害に遭っていた!

びっくりすることに東小雪は父親と母親から虐待を受けて育ったんだそうです。とくにきつい虐待だったのは、性被害を受けていたということですね。しかも母親は父親の性的虐待しているのを知っていたようなんです!なぜ正被害に遭わなくてはらななかったのでしょうか?東小雪の性被害について調べてみました。

東小雪が父親から受けた性被害の一部

父親から受けた性被害は東小雪にとってかなり被害をもたらしていて、カウンセリングを受けるまでこの性被害のことを忘れていたんだそうです。人間は思う以上にひどいことを受けると脳の機能で記憶を奥底に封じ込めてしまうことがあるんですって。

小学生から中学2年生になるまで東小雪は父親とお風呂に入っていましたが、一般的な親子であれば高学年になると入らなくなります。父親にはお風呂場で性被害を受けていました。最初は触ったりするくらいですんでいたものが、小学2年生になると超えてはならない一線を超えてしまったんです!小学2年生といえば平均身長でも120センチくらいですので、そんな小さな女の子によく自分の欲望をぶつけたものです。

尊敬していた父親なのに…誰にも言えなかった東小雪

東小雪はお風呂場でのことを誰にも言えずにいました。父親を尊敬していたのに、お風呂場に入ると別人になる父親が東小雪も怖かったでしょうね。中学2年生で風呂場に一緒に入ることはなくなりますが、それまでずっと東小雪とそういった行為をしていたと考えるとおぞましいですね。

東小雪の母親も父親の性被害を黙認していた?

中学2年生でお風呂場での出来事は終わりを告げますが、東小雪にとって悪夢のできごととしか言いようなかったでしょうね。しかし、なぜ中学2年生で一緒に入ることをやめられたのでしょうか?実は母親は父親が行っている性的虐待を知っていた可能性があるのです。

風呂場の秘め事は母親の一言で終わりを告げた

お風呂場のできごとが終わったのは、母親から「初潮がきたからやめなさい」と父親に言ったことでお風呂場に一緒に入ることはなくなりました。深く考えてみると初潮がきた=子供ができるというのを考えたからじゃないでしょうか。つまり、母親はお風呂場で父親が性的虐待をしていたことを黙認していたということになります。お風呂場でしていたということは、きちんと避妊していたとも思えませんし、そう言う言葉が出たということは子供が出来たら困る!という気持ちの表れでしょう。

母親も虐待に加担していた

父親の性的虐待の話が目立ちますが、地味に母親も東小雪を虐待していました。外出すると喉が渇いても飲み物を飲ませてもらえないし、トイレも自由に行かせてもらえなかったそうです。トイレに行きたいというとわがままだと怒られたんだとか。生理現象なのに怒られるってよくわからないですよね。自分だってトイレに行くのに子供に我慢させるのはよくわかりません。

大人になってから虐待に気がついた東小雪

東小雪は大人になってから書物で自分が虐待を受けていたことを自覚しました。それまでは周りの子供が好き勝手に飲み物を飲んだり、トイレに行ったりするのを不思議がっていて、親から怒られないのだろうか?と心配になったりもしたそうです。子供の頃の環境はすべて親から与えられるものなので、トイレに行けないことや、飲み物をもらえないことが当たり前だと思っていたこと自体が虐待だと大人になってから気が付けたそうですよ。

母とは現在絶縁状態?

母親は東小雪に対して虐待をしていたという認識がなかったようです。父親の性的虐待についても虐待はなかった、性被害はないと頑なにあったことを拒んでいるそうです。東小雪が虐待のことを本に記し、自分が同性愛者で結婚式に出席して欲しいと頼むと、虐待のことをなかったと否定しなければ出席しないと言われたんですって。すべてなかったことにしたかったんでしょうけど、思い出してしまった以上はなかったことになんてできません。ちなみに父親は2008年にガンで亡くなられてしまいました。母親とはこの結婚式の一件から2年以上、連絡を取ることをやめたそうです。

東小雪は同性愛者だった

東小雪は実は同性愛者でした。きっと父親(しかも実の親)から性的虐待を受けていたことで男性が怖くて仕方なくなってしまったんじゃないでしょうか。女性だと性的な嫌がらせされることはありませんし、男性と比べると抱きしめたら柔らかいのでぎゅっと抱きしめることで安心できたのかもしれません。

東小雪の結婚相手は増原裕子

東小雪の結婚相手は増原裕子という女性で、現在では東小雪とともに会社を立ち上げていますが、その前は何をしていた人なんでしょう?

増原裕子は東小雪のように芸能活動をしていたわけではなく、IT会社で働いていました。会社ではカミングアウトをしていたのでLGBT支援活動を精力的にやられています。ブログとかはやられていませんが、ツイッターなどで活動を知ることが出来るので気になる方はぜひとも増原裕子をチェックしてみてくださいね。

東小雪はディズニーランドで結婚式を挙げた!

東小雪のすごいところは、ディズニーランドで結婚式を挙げたことですね!正確に言うと、ディズニーランドの方ではなく、ディズニーシーでやったそうですが、問い合わせをしたときは女性同士の結婚を認められなかったそうです。両方ともウエディングドレスを着ることは許されなかったのですが、そのことをツイッターでつぶやくとディズニーランド側が迅速に対応してくれて、2人花嫁でも結婚式ができるという回答をもらいました。それで東小雪と増原裕子はディズニーシーで結婚式を挙げることができたんです。

なにがうれしいって、ミッキーマウス、ミニーマウスがそろって祝福してくれているところですね。しかも証明書にはミッキーマウス、ミニーマウスのサインが入っているなんてほとんどの夫婦はいないでしょう。ディズニーが大好きな人にはたまらない結婚式なんじゃないでしょうか。

普通であれば、タキシードを着た男性がいるはずの結婚式ですが、二人の花嫁というのも見ごたえがありますね。東小雪の本人のツイッターでも幸せそうな雰囲気が伝わってきます。海外では同性で結婚式を挙げる人たちも多くなってきましたが、日本ではまだまだ少なく、同性でディズニーで結婚式を挙げたのは東小雪と増原裕子が初めてです。これを期に同性で結婚式をあげる同性カップルも増えてきているそうですよ。

二人の結婚式の感想は?

一般の人達は東小雪と増原裕子のカップルをどう思っているのでしょう?ツイッターで意見を見てみました。

中には批判的な意見もありましたが、おおむね二人の結婚には賛成する人が多く、幸せを願う人でいっぱいでした。東小雪と増原裕子は美人なので、男性どもは何をしているんだ!と言いたくもなりますが、変な男にひっかかるよりもふたり一緒で幸せなら何も言うことはありませんね。

パートナーシップ証明書第一号が東小雪と増原裕子

東小雪と増原裕子が日本で初めて同性パートナーとして認められました。海外ではそういった法律も定まってきているものの、日本ではまだまだ整っていません。そんな中で東小雪と増原裕子が認められたのは日本にとっても同性愛者同士の結婚の第一歩になるでしょう。

新聞にも大きく報道されていた!

この条例は新聞にも大きく取り上げており、東小雪と増原裕子が第一号ということでテレビにも出演されていましたよね。

現在東小雪は子供を欲しがっている

現在では東小雪と増原裕子は子供が欲しくなってしまったようです。さすがに同性同士で子供はできませんので、いろんな方法を考えていますが、二人にとって最高な形で子供を授かることができたらいいですよね。

まとめ:東小雪は虐待を乗り越えて現在はパートナーともに人生を歩んでいく

いかがでしたでしょうか?東小雪は幼い頃から虐待を受けて育ってきているので時にはそれを思い出してパニックになることもあるかもしれません。しかし現在では素敵なパートナーがいるので、二人でそれを乗り越えていってほしいですね。二人がこれからも幸せであることを願っています。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-19 時点

新着一覧

×