青山ミチ(歌手)が肺炎で死去!現在まで生活保護を受ける生活だった?

1960年台に歌手として活躍されていた青山ミチが2017年に死去されたということでニュースになったそうです。噂では青山ミチが生活保護になっていた?といったものや、肺炎で死去した?といった事まで言われているのだとか。青山ミチについて調査してみたいと思います。

青山ミチ(歌手)が肺炎で死去!現在まで生活保護を受ける生活だった?

目次

  1. 青山ミチプロフィール
  2. 全盛期の青山ミチを振り返ろう
  3. 青山ミチの経歴とは
  4. 青山ミチの楽曲を紹介
  5. 青山ミチには逮捕歴がある?
  6. 青山ミチは生活保護をうけていた?
  7. 青山ミチが死去!死因は肺炎?
  8. 青山ミチの画像集
  9. 青山ミチの動画集
  10. 青山ミチについてのまとめ

青山ミチプロフィール

現在の若い人たちは知らないかもしれませんが、かつて日本の歌手として大活躍されていた青山ミチ。今回は、そんあ青山ミチについて迫っていくわけですが、まずは青山ミチの基本的なプロフィールをおさらいしておきましょう。

名前 青山ミチ
年齢 満67歳
職業 元歌手

青山ミチといえば、50代以上の人たちならば聞いたことぐらいはあるのでしょうか?1960年台を沸かせた歌手であり、当時の音楽界を非常にもりあげていた人物ですよね。そんな、青山ミチですが2017年の1月に死去されてしまったということでニュースになっていました。最近ではほとんど名前を聞かない状態でしたが、どんな生活をされていたんでしょうね。

1960年台を代表する歌手だった青山ミチ。五十代以上の人は青山ミチの曲を思い出すこともできるのではないでしょうか?現在は残念なことに死去されてしまったという青山ミチですが、無くなったときは67歳だったそうです。女性の平均寿命から考えると、若くして死去されてしまったと言えるでしょう。

昭和の歌謡史を沸かせていたという歌手の青山ミチ。とてもパワフルな歌声で当時の若い人たちのあいだでとても人気がありましたよね。そんな、青山ミチは神奈川県横浜市の出身だったそうです。ちなみに、父親は在日米軍のアメリカ人で母親が日本人ということです。

1960年代に数多くのレコードを発表され、人気を博していたという横山ミチ。しかし、歌手時代末期には事件を起こし逮捕されてしまうなど波乱続きだったともいわれています。そんな、横山ミチは昔、日本クラウンというレコード会社に登録していたそうです。

全盛期の青山ミチを振り返ろう

かつては昭和の歌謡界をさんさんと輝かせていたともいわれている歌手の青山ミチ。そんな青山ミチの全盛期を知っている世代はおそらく50代以降。たぶん若い人たちは全盛期の青山ミチのことをほとんどしらないのではないでしょうか?そこで、今回は全盛期の青山ミチのことをご紹介したいと思います。

現在は残念ながら肺炎によって死去されてしまったという歌手の青山ミチ。過去には逮捕歴もあり若くして歌手の世界から消えてしまったとも言われています。そんな、青山ミチの歌手全盛期は1965年ごろだぅたとも言われています。

人生の終盤には生活保護をうけて暮らしていたとも噂されている昭和の人気歌手青山ミチ。そんな、青山ミチの全盛期の代表曲といえば、ミッチー音頭と涙の太陽ではないでしょうか。この二曲はかなり売れたらしいですよ。のちほど、青山ミチの楽曲も紹介しますのでお楽しみに。

青山ミチの経歴とは

昭和の時代に大活躍されていた歌手の青山ミチ。薬物利用で逮捕されたこともあるそうですよ。現在は肺炎によって死去されたそうですが、青山ミチの経歴とはどんなものだったのか気になりますよね。そこで、青山ミチの経歴を簡単ではありますがご紹介したいと思います。

ミッチー音頭や涙の太陽といった名曲をもっていることでも知られている昭和の人気歌手青山ミチ。そんな、青山ミチは神奈川県の横浜で生まれ育ちました。ご両親はアメリカ人と日本人ということでハーフということになりますね。

アメリカ人の父と日本人の母をもつという青山ミチが歌手としてデビューしたのは1962年のことだったといわれています。なんでも、ジャズコンクールに出場したところを現在のユニバーサルミュージックの人に目をつけられたんだそうですよ。かなり歌声がすばらしかったんでしょうね。

1962年に「ひとりぼっちで思うこと」という楽曲でデビューを果たした青山ミチは一年に数曲のペースでレコードを発表。はじめてのヒットが生まれたのはデビューの翌年に発表した「ミッチー音頭」だったと言われています。その後、いくつかのヒット曲を放つものの徐々に売上は下降したそうです。

青山ミチの楽曲を紹介

生前には何度かの逮捕歴があるとも言われている青山ミチ。しかし、逮捕歴があろうとも素晴らしい楽曲の価値が薄れるわけではありません。青山ミチの代表曲をいくつかご紹介したいと思います。50代以上の人には懐かしの曲かもしれませんね。

人生終盤には生活保護をうけながら生活していたとも言われている歌手の青山ミチ。そんな、青山ミチの最初のヒット曲とも言われているのが、こちらのミッチー音頭という楽曲です。軽快なリズムと独特な歌い方が癖になる感じがありますよね。

昭和の人気歌手青山ミチの代表曲のひとつ「風吹く丘で」。聞いてもらえればわかりますが、現在では「亜麻色の髪の乙女」という名前の楽曲として知られていますよね。実は、この楽曲は発売前に青山ミチが逮捕されてしまったことによりお蔵入りになったそうです。

現在は残念ながら肺炎によって死去されてしまったという昭和の人気歌手青山ミチ。そんな、彼女の最大のヒット曲と言われているのが、こちらの「涙の太陽」です。今聞いてもなんとなく惹かれるものがありますよね。いい曲は時代をこえて愛されるものですね。

青山ミチには逮捕歴がある?

人生の終盤には生活保護をうけなければいけないほどに困窮していたとも噂されている青山ミチ。そんな、青山ミチは過去に逮捕歴があるんだそうです。それも一度ではなく何度も。青山ミチの逮捕歴を振り返ってみましょう。

昭和の人気歌手だった青山ミチが最初に逮捕されたのは1966年で容疑は覚醒剤の使用だったようです。横山ミチの逮捕はそれだけにとどまらず、1974年には万引きで、1978年には再び覚せい剤、そして1999年には三度の覚せい剤逮捕となってしまったようです。

青山ミチはあまりにも逮捕が連続したことによって、芸能界にいられなくなってしまったということです。一度の逮捕ならば別ですが、何度も逮捕となるとさすがに芸能界の対応も厳しくなりますよね。

青山ミチは生活保護をうけていた?

残念ながら肺炎で死去されてしまったと言われている青山ミチですが、人生の終盤はいろいろとお金に困窮した生活をされていたそうです。

報道によると青山ミチは人生終盤には娘と二人で生活保護を受けながら暮らしていたと報道されています昭和の時代にすごいヒット曲を生み出した歌手が生活保護をうけなければならないほどになっていたというのは歌手の世界の厳しさを感じさせられますよね。

娘と一緒に生活保護をうけながら暮らしていたことが判明した昭和の人気歌手青山ミチ。ちなみに、青山ミチの娘はなんとまだ中学生なんだそうです。青山ミチが67歳だったことを考えると50代での出産だったのでしょうか?それとも、養子なのでしょうか?そのあたりの詳細については明らかになっていません。

青山ミチが死去!死因は肺炎?

2017年の1月に残念ながら死去されてしまったという昭和の歌手青山ミチ。そんな、彼女の死因は肺炎とも言われていますが、真相はどうなっているのでしょうか?

昭和の時代にはミッチー音頭や涙の太陽といったヒット曲をとばしていたという歌手の青山ミチ。そんな、彼女の死因については噂通り、肺炎らしいですね。正確には急性肺炎ということで、急転直下の死去だったようです。

青山ミチを死去に追いやった病気である肺炎とは病気はなんなのか簡単にごご説明したいと思います。肺炎とは、肺に病原菌が入り込んでしまい炎症を起こしてしまうことをいうそうです。年齢を重ねれば重ねるほど肺炎の危険性は高くなってしまうと言われています。

青山ミチの画像集

ミッチー音頭や涙の太陽などを代表曲にもつ昭和の人気歌手青山ミチ。今回は青山ミチの若かりし頃の画像をいろいろと集めてみました。追悼の意味を込めまして青山ミチの画像をご紹介していきましょう。

若かりし頃の歌手の青山ミチ。お父さんはアメリカ兵をしていた黒人ということです。

こちらではばっちりメイクをされているので肌の黒さはあまり感じませんね。黒人男性と日本人女性とのハーフなので、肌は地黒だったとも言われています。

青山ミチの動画集

昭和の人気歌手だった青山ミチの動画を集めてみました。現在は残念ながら死去されてしまった青山ミチですが、彼女の姿は動画となって永遠に語り継がれていくことでしょう。

青山ミチについてのまとめ

昭和の人気歌手である青山ミチのまとめについていかがだったでしょうか?若い頃はヒット曲を飛ばしていた人気歌手だったものの、幾度にも渡る逮捕で芸能界を追放、そして、最後は生活保護をうけながらの生活だったようですね。激動の人生を生きた歌手青山ミチのご冥福をお祈りしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-21 時点

新着一覧

×