アイライナーの引き方まとめ!一重・奥二重などタイプ別にご紹介!

化粧をする上でどのように化粧をしたらいいのかわからない化粧品やコスメはありませんか?その一つにアイライナーの引き方に悩む人がいます。では、どのようにアイライナーを引くと良いのでしょうか。アイライナーの引き方を勉強してみましょう。

アイライナーの引き方まとめ!一重・奥二重などタイプ別にご紹介!

目次

  1. アイライナーとは
  2. アイライナーの引き方は合っていますか?
  3. アイライナーの種類を知ろう
  4. どのようなアイライナーを選ぶといいのか
  5. アイライナーの引き方がわからない
  6. 間違ったアイライナーの引き方
  7. 基本的なアイライナーの引き方を知ろう
  8. 色々な人のアイライナーの引き方をみてみよう
  9. 一重のためのアイライナーの引き方
  10. 一重の人の引き方をみてみよう
  11. 奥二重のためのアイライナーの引き方
  12. 奥二重の人の引き方をみてみよう
  13. アイライナーを簡単に引く引き方はあるのか
  14. アイライナーの引き方を実際にしてみよう
  15. アイライナーの引き方のまとめ

アイライナーとは

キレイに見せるために化粧品やコスメを見ると様々なモノがあります。ファンデーション、下地クリーム、リップ、口紅、チーク、マスカラなどなど誰もが名前の知っている化粧品やコスメから知っている人だけしか知らない化粧品やコスメまで色々あります。そして、化粧品やコスメの一つとしてアイライナーがあります。

人によって、メイクの仕方は様々でみんな同じメイクをしているわけではありません。化粧品やコスメでさえもブランドがあり、安いのから高いのまでピンキリです。色々な種類があると、全てを使うことは難しいです。

それぞれにメイクをする意味のある化粧品やコスメですが、アイライナーとは何でしょうか。アイライナーとは、目のまつげ部分に引く線のことです。この線を引くことによって、目が大きく見えたり目力が強く見えたりします。

アイライナーを引く人も引かない人もいますが、アイライナーを引く人も引き方に悩んでいたリ、アイライナーを引かない人でもアイライナーを引いてみたいけれど引き方がわからないからと挑戦できない人もいるのではないでしょうか。

アイライナーの引き方は合っていますか?

では、アイライナーについて詳しく紹介していきます。まず、紹介する前にアイライナーで困ったことはありませんか?多くの人は自分でメイクをしますが、どのようにアイライナーを使ってアイラインを引くといいのかや昨日は上手く引けたけれど、今日は上手く引けないなど毎日納得のいくアイライナーの引き方にならないという人も多いのではないでしょうか。

いつも同じメイクで、違うアイライナーの引き方もしてみたいという人もいるかもしれません。コツやテクニックを知っている人は上手くアイライナーを引くことができています。知らない人が上手くアイライナーを引くことができないのです。このようにアイライナーの引き方には、コツやテクニックがあります。そのコツやテクニックがわかれば誰にでもアイライナーを引くことができます。

アイライナーの種類を知ろう

化粧品やコスメを売っている場所に行っていると、色々な種類の化粧品やコスメがあり、目的のモノを一つ見てもどれを選んでいいのかわからなくなってしまうことがあります。もちろん、アイライナーといっても化粧品やコスメの種類があります。アイライナーには、どのような種類があるのかを知っていますか?

それは、ペンシルのアイライナー、リキッドのアイライナー、ジェルのアイライナー、ペンシル型になっているジェルのアイライナーがあります。では、それぞれを紹介します。

ペンシルのアイライナー

ペンシルのアイライナーは、見た目の通りペンシルで書く部分もえんぴつのような感じなのでえんぴつで絵を描くように線を引くことができます。また、線をぼかすこともできるので、初めてアイライナーを使う人には使いやすいアイライナーとなっています。仕上がりはナチュラルなので、濃いメイクは苦手でナチュラルな仕上がりにしたい場合には向いています。

リキッドのアイライナー

リキッドのアイライナーは、線を引く部分は筆のようになっています。リキッドのアイライナーを引いた後は、にじみにくかったりモチが良かったりするので長時間、メイクをしなくてはいけない場合やメイクを崩したくないという場合には、このアイライナーが向いています。目尻を跳ね上げるほどアイライナーを引く人は引きやすいです。

また慣れれば、ペンシルのアイライナーよりも引きやすいですが手ぶれや間違えてしまうと、やり直しに時間がかかります。

ジェルのアイライナー

ジェルのアイライナーは、ジェルが入った容器とアイライナーを引く用の筆が必要になります。濃く線を引くことができたり筆で線を引くことができたりするので、濃いメイクができ線も引きやすいです。たくさんの化粧品やコスメを持ち歩く人にとっては、荷物が少し増えてしまいます。

リキッドのアイライナーとも似ていますが、独自のジェルでできているためリキッドのアイライナーでは表現できない色や色モチの良さを表現することができます。

ペンシル型ジェルのアイライナー

ペンシル型ジェルのアイライナーは、ジェルのアイライナーのような効果のままにジェルと筆を持たずに一本ですみます。何本も持ちたくはないけれど、ジェルのアイライナーと同じような効果のあるアイライナーにしたいという人にはオススメです。

どのようなアイライナーを選ぶといいのか

化粧品やコスメの一つであるアイライナーに、種類があることは分かったと思います。では、その種類のある中でどれを選んだらいいのでしょうか?実際に、化粧品やコスメを売っている場所に行くと迷ってしまいます。

選び方としては、人によって違ってきます。例えば、自分の目が一重なのか、二重なのか、奥二重なのかなど目の状況に合わせて選ぶ方法だったり自分の好みだったり使いやすさだったりで選ぶようになります。色々な種類を試してみると、自分に合ったアイライナーに出会うことができます。自分に合ったアイライナーに出会えばそれを使い続けるといいです。

そして、肌に合う合わないもあるので人からこれがいいと言われても、自分の肌に合わず肌がかぶれてしまうこともあるので選ぶ時にも注意が必要です。後は、お値段が気になるところだと思います。

選ぶブランドによってお値段は変わってきますが、ペンシルのアイライナー・リキッドのアイライナー・ペンシル型ジェルのアイライナーは、1000円前後で買えるモノがほとんどです。ジェルのアイライナーは、他のモノよりもやや高めです。

アイライナーの引き方がわからない

アイライナーに慣れていない人は、アイライナーをどのように引くのか引き方がわからなく、目に入るのではないかなど不安になってしまうかもしれません。確かに、初めのうちは慣れないと怖いかもしれません。

引き方がわからない場合には、よくアイライナーを引いている人に見てもらったりYouTubeなど何か見本になるモノを見ながら引いてみるといいかもしれません。

間違ったアイライナーの引き方

メイクをしていて、何が間違っていて何が合っているということはありません。ですが、見た目で判断されることは多くあります。いつも同じメイクをすることが悪いことではありません。ですが、その時の場面に合わせてメイクを変えていくことは重要です。例えば、職場の面接でアイライナーを濃く引くと、良くない印象になってしまいます。

基本的なアイライナーの引き方を知ろう

自分の目の特徴を知りどのアイライナーを使うかでアイライナーの引き方を変える必要があります。アイラインを引くのに一番簡単なアイライナーは、ペンシルのアイライナーです。初めてアイライナーを使う人や自信のない人はペンシルのアイライナーから使ってみるといいです。

基本的な引き方は、まず目尻から内側に向かってアイラインを引き、目頭から目尻まで左右に小刻みに引いていきます。線の太さを確認しながら調節していくことがコツでキレイに引くためのテクニックです。

リキッドのアイライナーの引き方は、ペンシルのアイライナーとは違い筆のためコツやテクニックが必要となります。アイライナーを持っている手を固定しながら線を引かなくては、線がガタガタになってしまいます。

リキッドのアイライナーの引き方は、まつげの隙間を埋めるように引いていきます。指でまぶたをあげて引いていくとまつげのギリギリに線を引くことができます。この線をギリギリに引くことが、リキッドのアイライナーの引き方のコツとテクニックです。この引き方は、ペンシル型のジェルのアイライナーも同じようにコツとテクニックと言えます。

ジェルのアイライナーの引き方は、筆にジェルをとって筆についたジェルの量を調節した後に、まつげの隙間に線を引いていきます。ジェルの量を調節して線を引かなくてはいけないので、難易度が高いアイライナーかもしれません。量を調節することが、コツとテクニックです。

色々な人のアイライナーの引き方をみてみよう

アイライナーを引いている人が、どのように引いているのかが気になるところです。ですが、まじまじと人を見るわけにはいきません。メイクのやり方が載っている雑誌や写真など参考にできるモノを見ながら引き方を研究してみましょう。

ただアイライナーを引くと言っても、色々な引き方があります。まぶたを持ち上げたピンクの粘膜部分にアイライナーを引くインサイドラインという引き方や目尻を下げたようにアイライナーを引くたれ目風アイライン、ネコの目のように目尻を跳ね上げたようにするキャットアイラインなどがあります。アイライナーの引き方によって、印象が変わります。

一重のためのアイライナーの引き方

人の目のまぶたは、一重・二重・奥二重と違いがあります。二重では、基本的なアイライナーの引き方でいいですが、一重の場合と奥二重の場合にはどのように引くのがいいのでしょうか。まずは、一重の場合から紹介します。

一重の場合にも、コツやテクニック次第でアイライナーの引き方は難しくはありません。目をキレイに見せることができます。オススメのアイライナーとしては、リキッドのアイライナーです。引き方は、まぶたを軽く押さえるようにして引っ張り、まつげの間を埋めるようにして引きます。最後に、目を閉じてまつげの上の線を調節して重ねて太くしていくとキレイに見えます。

一重の人の引き方をみてみよう

一重の場合には、二重にしてからアイライナーをする人と一重のままでアイライナーをする人がいます。二重にしていないからキレイにアイライナーが引けない、キレイに見えないと言うわけではありません。コツやテクニックで一重のままでもキレイに線を引くことができます。

一重の人で上手くアイライナーを引いている人を参考に、線を引いてみましょう。

奥二重のためのアイライナーの引き方

次に、奥二重の人の場合を見ていきましょう。奥二重の場合には、まぶたに厚みがあるためアイライナーがにじんでしまうことがあります。そのようなことがないように、にじみにくく・早く乾き・汗に強いリキッドのアイライナーがオススメです。目元が強い印象を与えてくれます。

それ以外のモノにしてしまうと、化粧崩れをしやすく、パンダ目になってしまったりアイライナーが落ちてしまったりとメイクを直すのが大変です。また、ペンシルタイプだと、線を引く時に色がつかないと強く塗ってしまったり粘膜の近くの線を引くので怖く手が震えてしまうなど危険もあります。

奥二重の場合の引き方は、まぶたを軽く引き上げてまつげの間を埋めるようにアイライナーを引きます。目頭から中央と中央から目尻と一気にアイライナーを引かずに分けて引いていきます。この時、力は入れすぎずに優しく引きましょう。最初の線は、細く引き徐々に線を太くし調節します。

奥二重の人の引き方をみてみよう

奥二重だと、一重よりもさらに難しそうと思ってしまう人もいるかもしれません。ですが、こちらもコツとテクニックで上手く線を引くことができるのです。奥二重でもキレイにアイライナーを引いている人を参考に、挑戦してみましょう。

アイライナーを簡単に引く引き方はあるのか

引き方を紹介しましたが、実際にはアイライナーを簡単に引く引き方はあるのでしょうか?簡単に引きたいと思う人は、ペンシルのアイライナーを選択した方がいいです。他のモノで先が筆のようになっていると、筆の毛がどのように動くのか想定できず、ガタガタになってしまったり違う場所に塗ってしまったり、乾きを待つことができずにまぶたについてしまったりなど失敗してしまうことも多いです。

その点、ペンシルのアイライナーであれば、ペンなので手がぶれない限り違う場所に引くことはありません。また、線を引いた後を乾かさなくてもいいのですぐに目を開けることができます。

アイライナーの引き方を実際にしてみよう

アイライナーの引き方を紹介してきました。コツやテクニックを紹介したからと言って初めのうちは、できないかもしれません。ですが、何度も繰り返していると自然にコツやテクニックがわかるようになり、上手くできるようになります。一度でダメだと諦めず、何度も挑戦してみましょう。

アイライナーの引き方のまとめ

アイライナーの引き方について、紹介しました。アイライナーの選び方やアイライナーを引く時の引き方だけではなく、コツやテクニックはわかりましたか?慣れていくと自然にできます。自分は一重だから、奥二重だからと難しそうと諦める必要はありません。自分に合ったアイライナーを見つけて、コツやテクニックさえ覚えておけば、大丈夫です。

オススメのアイライナーを紹介しましたが、オススメというだけでそれ以外ではいけないと言うわけではありません。それぞれのアイライナーの特徴を理解して、自分に合ったアイライナーを見つけてアイライナーを上手く引けるようになり、基礎的な引き方ができる用意なればアレンジするなどオシャレを楽しみましょう。

アイライナーについて知りたいアナタへ!

Thumbアイライナーはブラウンがおすすめ!優しい印象を与える効果がある?
Thumbアイライナー人気ランキングまとめ【優秀プチプラブランド勢揃い!】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-16 時点

新着一覧