好き避けを見分ける方法まとめ!特徴や嫌い避けとの心理的違いとは?

皆さんは、好き避けという言葉をご存知ですか?たまに冷たくて避けられてるのかと思ったら、次の日になると隣に座っていたり、好かれているのか嫌われているのかわからないという人がいます。今回は、そんな好き避けにスポットを当てて、特徴や対処法をギュッとまとめてまました。

好き避けを見分ける方法まとめ!特徴や嫌い避けとの心理的違いとは?

目次

  1. これは好き避け?判断方法が知りたい!
  2. 好き避けって何?
  3. 好き避けがあれば「嫌い避け」もある?
  4. 好き避けの男女の違いまとめ
  5. 好き避けをしてしまう人の特徴まとめ
  6. 好き避けの特徴まとめ【心理編】
  7. 好き避けの特徴まとめ【行動編】
  8. 嫌い避けの特徴まとめ【心理編】
  9. 嫌い避けの特徴まとめ【行動編】
  10. 好き避けor嫌い避けの見分け方まとめ
  11. 好き避けをする人への対処法まとめ
  12. 好き避けをしてしまう人の克服まとめ
  13. まとめ【好き避けさんには必ず何らかの理由があった!】
  14. 好き避けさんを好きになったら…
  15. まとめ【好き避けさんには必ず何らかの理由があった!】

これは好き避け?判断方法が知りたい!

好き避けをするのは、男性、女性問わず見かける態度です。時に冷たかったり、かと思えば、近づいてみたりと態度がコロコロ変わって面白くもあります。そんな「好き避け」さんの特徴やそういう人と出会いが合った時の対処法をご紹介します。色んな視点から「好き避け」を分析し、一挙にまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。

Thumb好き避けには男女に違いがある?嫌い避けとの見分け方まとめ!

好き避けって何?

最初は、好き避けが一体何なのかというところをご紹介します。聞いた事ある人もいるかもしれませんが、おさらいも兼ねて一緒に見ていきましょう。

好き避けは…好きな人の前限定!?

好き避けとは、好きな人の前に立つとそうしたくないのにわざと避ける態度を取ってしまうことを言います。しかし、態度は避けているのに心は、正直なので常にそばにいる人もいます。

Thumb好き避けを職場でされる理由!どんな態度・行動を取る?判断の方法まとめ

好き避けがあれば「嫌い避け」もある?

好き避けの反対語に「嫌い避け」という言葉があります。しかし、好き避けと嫌い避けには、決定的な違いがあります。

嫌い避けとは?

嫌い避けは、言葉通り嫌いだから避けられている状態です。嫌い避けという状態は、最も考えたくない最悪な状況と言えます。好き避けと嫌い避けの意味合いが全く違うので、それを組取り違えると大変な事になる可能性があります。

好き避けの男女の違いまとめ

好き避けの意味は、共通していますが、好き避けの裏に隠れている理由は男女に違いが現れます。

男性の好き避けは?

素敵な女性と出会い、好きになったとしても好き避けをする男性の気持ちの裏には、恥ずかしさやプライドの高いことが影響して心配ごとや嫌われたくないという気持ちが膨らんでいるので、相手を避けてしまう行動を取ります。

女性の好き避けは?

好き避けをしてしまうのは、男性よりも女性に多いと言われています。それは、緊張や不安が心理の中に隠れています。自分の理想と合う素敵な人と出会い、好きになれば色々な感情が芽生えて慎重にもなります。その感情が、好き避けのスイッチを押してしまう事が多いのです。

好き避けをしてしまう人の特徴まとめ

続いては、好き避けをしてしまう人の理由やその特徴をご紹介していきます。好き避けをしてしまう理由には、こんな特徴がありました。

特徴①不安からの好き避け

不安とは、何かが気がかりで落ち着かない心の状態です。出会いの場や恋人同士、友達同士など色んな場面で不安感は芽生えます。好きな人に対しては、嫌われないかという不安や私なんかがという不安などが挙げられます。こういった不安が好き避けをしてしまう人の心の中にあります。

特徴②緊張からの好き避け

緊張状態は、身体や心が張りつめてピンと張っている状態の事です。人は、緊張すると鼓動が高くなり、落ち着きがなくなります。好きな人の前では、緊張するのは当たり前のことですが、好き避けさんは、その緊張がとても強く出ます。緊張が高まり過ぎて、耐えられなくなり、避けるという行動を選んでしまうのです。

特徴③恐れからの好き避け

恐れは、対象のものを怖がることです。日常生活で好きな気持ちが芽生える人と出会い、実際に好きになれることなんてなかなかありません。そんな目の前にいる大切な人に嫌われないかと恐れの気持ちが生まれてしまいます。自分に自信が持てないことで、その恐れが生まれて好き避けをしてしまいます。

好き避けの特徴まとめ【心理編】

早速、好き避けさんの特徴をチェックしていきましょう。好き避けをしてしまう人の心理の中には、先ほどご紹介した感情以外にも、いくつかの特徴があります。

特徴①あまのじゃく

あまのじゃくは、何でも自分の気持ちとは逆らった態度を取ることです。そこには、素直になれない気持ちやシャイな性格が隠れていることがあります。本当は、かまってほしくて嬉しい気持ちがあるのに、うまく表現出来ず、好きなのに避けてしまうという反対の行為に出てしまうのです。

特徴②プライドが高い

プライドとは、自尊心や誇りという意味合いがあります。しかし、そのプライドが高すぎるとそれがブレーキになって、行動に出れなくなることもあります。プライドが高いと好きな人が出来た時、自分の気持ちを知られるのが嫌で好き避けをしてしまうことがあります。それは、「好きだと知られること=恥ずかしい」という気持ちから来るものです。

特徴③嫌われたくない

嫌われたくないという恐れは、人と出会い、大切にしたいという思いが芽生えれば、誰にでも少なからずあるものです。恋愛の経験が少ない人ならなおさら、どうすればいいのかわからなかったり、自分への自信のなさから嫌われてしまうので避けたくなる心理が働いて、好き避けをしてしまいます。

好き避けの特徴まとめ【行動編】

先ほどは、好き避けさんの心理的な特徴を見てきましたが、次は、好き避けさんの行動の特徴を一緒に見ていきましょう。

特徴①視線をそらす

好き避けさんは、合った視線を反らすという行動を取ります。この合ったという所がポイントです。視線が合ったということは、相手のことが気になって見ていたということになります。でも、相手がその視線に気づき、見たことでぴっくりして反らすという行動を取ります。

特徴②目を合わせない

先ほどは、目が合った時に反らしてしまうというお話をしました。好き避けさんは、好きな相手と話しをする時、目を合わせずにしゃべる所があります。あまりに緊張し過ぎて、その場にいるだけでも嬉しくて、それに耐えられず、目を合わせられないのです。

特徴③挨拶出来ない

好き避けさんの挨拶は、そっけないかなかなか出来ない人が多くいます。目を合わせなかったり、視線を反らしてしまったり、挨拶がなかなか出来なかったりすることで誤解してしまうこともあります。避けてしまう行為は、無意識のことがほとんどです。

特徴④うつむいてしまう

好き避けさんが好きな人の前に立つと、緊張や不安、心配の気持ちが心の中を巡ります。それにプラス恥ずかしさがあるので、相手の顔を見れずうまく言葉を紡ぐ事が出来ません。それがうつむくという行為に反映されてしまうのです。

嫌い避けの特徴まとめ【心理編】

ここまで、好き避けの特徴の心理と行動についてご紹介してきました。最初は、出会い始めは、好き避けだった態度がいつしか嫌い避けになる可能性もあります。続いては、嫌い避けの方の心理や行動の特徴を一緒に見ていく事にしましょう。

特徴①理由がある

人が人を嫌うには、必ず何かの理由があります。嫌い避けをしてしまうことにも相手の中に何らかのきっかけがあるものです。もしくは、自分にないものを相手が持っていることで生まれる羨ましいという自分の深層心理が隠れている時もあります。

特徴②冷たい態度

嫌い避けの特徴として、目立つ心情が相手に対する冷めた気持ちです。それが表情や態度によってわかる時があります。他の人に接する時と違いがあったり、眉や目、口などのパーツに動きがなかったりすることもあります。

特徴③あまりしゃべらない

人は、相手が嫌いな時、先ほどお伝えしたように冷たい態度になるか口数もすくなくなり、あまり話さなくなります。好きな人となら会話がなくても大丈夫な空気も嫌い避けされている時は、少し気まずく感じたりします。

嫌い避けの特徴まとめ【行動編】

嫌い避けをする人の心理をご紹介してきましたが、次にご紹介するのは、嫌い避けさんの行動パターンです。嫌い避けをしている人には、こんな行動の特徴があります。

特徴①メールの返信が遅いorない

嫌い避けをしている人は、メールの返信がないか遅いかのどちらかです。まだ遅いなら希望がありそうですが、ないとなると少し切ない感じがします。嫌いになった人とは、必要最小限の接触に留めたいものです。

特徴②一緒にいても退屈そう

嫌い避けをしている人の態度に、一緒にいても退屈しそうな感じがあります。心理の所でもお話ししましたが、あまり話そうとしなかったり、冷たい態度を取ったりすることがあります。これを平行して態度として表している人も中にはいます。

特徴③笑顔がない

大好きな人といれば、笑顔がこぼれて楽しい気持ちになります。しかし、嫌い避けともなれば笑顔が少なくなったり、ない場合もあります。

特徴④あまり会おうとしない

例えば、ご飯に誘ったとしても忙しいや先約があるなどさまざまな理由ウをつけてなかなか会う事が出来ません。何度連絡しても約束を取り付けるのが難しい場合は、嫌い避けの可能性があります。

好き避けor嫌い避けの見分け方まとめ

好き避けと嫌い避けには、態度や表情から読み取れる圧倒的な違いがあります。その2つの違いを判断するための見分け方をご紹介します。相手と向き合った時、2つの違いを知ってその見分け方がわかれば、的確な対応が出来ます。

見分け方①照れているor冷たい

まず1つめの見分け方は、照れいてるか冷たいかです。好き避けさんは、態度の中に好きな人が目の前にして照れているしぐさや態度があります。一方嫌い避けさんは、相手に対しての冷たい態度が目立ちます。

見分け方②ドギマギしているor冷静

2つめの見分け方は、相手を目の前にした時の反応です。好き避けさんは、相手の目の前に立つとドギマギして落ち着きのない態度が特徴です。その一方で、嫌い避けさんは、何があっても冷静です。全く何も気にしていない雰囲気です。

見分け方③ハニカミ笑いor無表情

3つめの見分け方は、その人の表情です。1つめの見分け方の所でもお話ししましたが、好き避けさんは、照れてしまう所があるので照れたようなはにかみ笑いをします。逆に、嫌い避けさんの表情は、コロコロと変わったり、ハニカムような絶妙な表情が出ることもありません。

見分け方④メール頻繁・ほとんどなし

4つめの見分け方は、メールなどの連絡ツールの頻度です。好き避けさんは、例え避けていたとしても根本に好きな気持ちがあるので、メールの内容を考えまくって遅れる事があっても連絡が来ます。一方で、嫌い避けさんは、相手のことを嫌いっているのでそもそも連絡を取りたくないという考えがあります。そのため、返信や連絡の頻度は少ないかほとんどありません。

見分け方⑤気にしてくれるor関心がない

5つめの見分け方は、大きな違いともいえる相手に関心があるかないかという所です。普段は、避けられているけどふとした時に自分を気にしてくれている態度を示されたり、出会いの時と避けるという態度は一緒だったとしても、その中に自分を気遣ってくれる思いやりが感じられます。一方で、嫌い避けさんは、全く興味がないので相手に対しての関心や興味を示しません。この違いは、なんとなく感じられるものがあります。

好き避けをする人への対処法まとめ

ここまで、好き避けさんと嫌い避けさんの特徴やその違い、見分け方についてお届けしてきました。続いては、対処法に入っていきたいと思います。是非、チェックしてみて下さい。

対処方法①好き避けさんを理解する

まずは、好き避けさんの特徴を理解してあげることです。好き避けさんは、好きでそのような態度を取っているわけではありません。その人の背景にどんな理由があって、好き避けをしているのか1つ1つ紐解いて、相手の心の扉を開いていくサポートに回ってあげるのもGOODです。

対処方法②笑顔で接する

笑顔は、人の心を明るくしてくれます。好き避けさんに接する時は、笑顔で向き合うようにしましょう。出会いの時は、よかったとしてもずっと好き避けをされていると、時にめげてしまうこともあると思います。でも、好き避けさんがどんな人なのかを知っておけば、たとえ避けられたとしても理解出来ます。

対処方法③好意を示す

まずは、自分から相手への好意を示す事も1つの方法です。好き避けさんの心の中には、不安や恐れなどの負の材料があります。好き避けさんに対する対処法を読んでいるということは、出会い過ごしていく中に好きな気持ちがあるのは明らかです。一気に出なかったとしても少しずつ好意を示していけば、気持ちが伝わり、相手の好き避けも緩和されるかもしれません。

対処方法④友達になる

好き避けさんに対して、出会いからすぐ付き合うは難しいかもしれませんが、まずは、好き避けさんの理由の1つでもある緊張感をほぐしてあげるために、友達になることから始めていきます。相手の好き避けを緩和するために最初は、友達になり、好き避け克服に協力してあげましょう。

好き避けをしてしまう人の克服まとめ

自分が心から好きになれる人との出会いの確率ってとても少なくて、とても貴重です。その好きな人のそばにずっといるためにも、好き避けを克服する事は大切です。好き避けを繰り返していると、相手に誤解を与えて疲れさせてしまう可能性もあるからです。

克服法①挨拶から始める

まずは始めの1歩である挨拶から始めてみましょう。「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」などの短い言葉を伝えることも、好き避けさんにとってはとても勇気がいることかもしれません。しかし、挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいないので、好きな人に出くわしたら軽い挨拶を交わすだけでも、大きな違いが生まれてくるかもしれません。

克服法②相手の話しを聞く

自分のことを話すのが、苦手で緊張してしまうのであれば、親身になって相手のどんな話しを聞く事も大切です。好きな人の話しを聞くことってすごく楽しいです。うまく会話が出来なくても大丈夫ですし、ただ大好きな人の話しを笑顔で聞いているだけで十分です。

克服法③自分に自信を持つ

好き避けをしてしまう人の理由の中に、自信のなさがあります。じぶんに 自信がないことが原因で、相手からどう思われるかが気になって好きな人の前に立つことが出来なくなります。そのため、自分に自信を持って尊重する事が大切です。

克服法④笑顔でいる練習

好き避けさんは、好きな人を前にすると緊張してドギマギしたり、焦ったりします。そのため、顔が強ばったり、思わず避けて逃げるように離れてみたり、目をそらしたりする行動に出てしまいます。その時の自分の表情を確認してみて下さい。笑えてますか?緊張せずに、好きな人の前で常に笑顔でいる練習をしておきましょう。

まとめ【好き避けさんには必ず何らかの理由があった!】

次は、嫌い避けをされた時の対処法をいくつかご紹介していきます。辛い現実かもしれませんが、きちんと向き合って対応していく事が大切です。

対処法①距離を置く

嫌い避けされている相手とは、距離を置くことが重要です。今は、何をしても裏目に出るだけですし、嫌っている人から何を言われてもされても耳に入りませんし、心にも響かない可能性もあります。そんな時、味方をしてくれるのが、時間です。この時間を活用する事で、嫌い避けがいつしか緩和されている可能性だってあります。

克服法②相手の気持ちを汲み取る

嫌い避けをされているということは、相手の態度の中に、「嫌い」というメッセージが込められているということになります。悲しいことですが、相手を大切に思うのであれば、一旦は理解して相手の気持ちを汲み取ってあげる必要があります。どんな理由にせよ、一度自分を見直して考え直してみましょう。

好き避けさんを好きになったら…

最後に好きになった人が、明らかな好き避けさんだと知った時に上手く付き合っていく方法をご紹介しておきます。

その①相手を信頼する

やはり誰かと付き合っていく中で、信頼関係はとても大切です。少しのことでも相手を信頼し、受け入れてあげるようにしましょう。ここまでの好き避けさんの特徴や行動パターンを知っておけば、いざという時も理解出来るのでそれが強みになります。

その②めげずに好きでいる

相手を好きでいる思いは、誰よりも強く、大切な事です。それには、相手の好き避けの部分やその他の短所、長所に至るまでのその人自体を全て受け入れる覚悟が必要です。人間は、完璧じゃありません。だからこそ、それぞれの個性が活きて楽しくなるのです。

まとめ【好き避けさんには必ず何らかの理由があった!】

好き避けさんの中には、さまざまな感情や特徴、行動パターンや嫌い避けさんとの違いなどがたくさん詰まっています。好き避けさんのあからさまに好きだと分かる態度が逆に可愛く映ったりもします。しかし、あまり極端に好き避けをしていると、相手に誤解を与えてしまう恐れがあるので、それだけは気をつけましょう。是非、素敵な恋をゲットして下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-23 時点

新着一覧