嫌いな人への態度とは?男女別の心理傾向・行動パターンをまとめ!

嫌いな人へ対する態度や行動パターンはどのようなものがあるのでしょうか?男女別で、嫌いな人への態度や行動パターンに違いがあるんです!そんな嫌いな人についての態度についてまとめてみました。悩んでいる人は最後までチェックしてください!

嫌いな人への態度とは?男女別の心理傾向・行動パターンをまとめ!

目次

  1. 1.嫌われている?嫌いな人への態度
  2. 1-1.嫌いな人へとる態度・行動パターン
  3. 2.男と女で嫌いな人への態度・行動パターンが違う?
  4. 2-1.女の人が嫌いな人へとる態度・行動パターン
  5. 2-2.男の人が嫌いな人へとる態度・行動パターン
  6. 3.嫌いな人に対する心理傾向
  7. 4.嫌われていると気付いたらするべきこと
  8. 5.思い込みな場合も
  9. 6.見極めることが大切!
  10. 7.嫌いな人への態度、自分も見直そう

1.嫌われている?嫌いな人への態度

「自分は、嫌われているのではないか」と考え、悩んでいる方は少なくはありません。仕事での人間関係や友人、恋愛など重要な人物からどのように思われているかというのは、気になるものです。嫌いな人への態度というのは、自分で気付けるものなのでしょうか?

もしかすると、自分自身も嫌いな人に対する態度を改めなくてはいけないかもしれません。嫌いな人への態度・行動・心理傾向についてまとめてみました。詳しくみていきましょう!

1-1.嫌いな人へとる態度・行動パターン

嫌いな人にとってしまいがちな態度について紹介します。男女関係なく、嫌いな人へとりがちな態度とは、どのようなものがあるのでしょうか。

素っ気なく、冷たい態度

嫌いな人がいると思った時点で、出来るだけ近づきたくない、距離を置きたいと考えてしまいます。冷たい態度や素っ気ない応答してしまいがちです。ですが、仕事の人であったり、友人であったり、身内であったりとどうしても良い関係でいたい場合がありますよね。

無意識に素っ気なく冷たい返事をしていることも。素っ気なく、冷たい態度や応対をしていると、された相手は良い気分にわなりません。嫌われていると思われてしまうきっかけになってしまいます。相手と気まずい、対立関係になりたくないのであれば、嫌いであっても、相手への態度には気を付けましょう。

目を合わせない

嫌いな人にとる態度の一つとして、”目を合わせない”ということがあります。距離を置きたいと思っている場合、少しでもきっかけになってしまうことを避けたいので、会話のきっかけになってしまいそうな目を合わすという行動は避けてしまいがちです。

ですが、嫌いでない場合も、目を合わせないことはあります。恥ずかしいという場合や、嫌われたくないという気持ちで逆に目を合わさないようにしているという場合もあるので、難しいところではあります。

反応が薄い・反応しない

話しかけた際に、反応が薄かったり、聞こえてないふりをしたり、反応すらしない場合も。嫌いな人に対して、そのような態度をだしてしまいがちです。会話を避けているのかもしれません。反応しないことで、嫌いだとアピールしているのかもしれません。

無視する・会話を終わらせようとする

声をかけても、あからさまに無視したり、出来るだけ会話を終わらせようとすることがあります。無視するという行動は、"嫌いだ"と反論しているように感じ取れます。意味のない反論や批判は、嫌われていると言わざるを得ないです。嫌いな人には、口数が減り、会話を出来るだけ避けようという心理傾向が考えられるので、会話がはじまっても、すぐに終わらせる方向に進めていく場合もあります。

連絡を無視する

嫌いな人へとる行動の一つとして、LINE(ライン)やメール、電話など連絡を無視する場合があります。この行動は、男女問わず、年齢も問わずする人は多くいます。いくら連絡をしても返事が無い場合は、まったく興味が無く、嫌われている場合が多いです。ブロックしていて、本人は連絡がきていることにすら気付いていないことも。

2.男と女で嫌いな人への態度・行動パターンが違う?

男女で嫌いな人へとる態度や行動は違います。仕事や恋愛でも、必ずと言ってもいいほど一緒に行動する事はあると思います。そんな時に困らないために!男女別に嫌いな人への態度についてまとめてみました。気付くことで、対処できることもあります。嫌いな人への態度をみてみましょう!

2-1.女の人が嫌いな人へとる態度・行動パターン

女の人は、嫌いとあからさまに出すことがあまりないため、わかりづらい点があります。そんな、女の人が嫌いな人にとる態度・行動パターンについて紹介します。女の人に嫌われているかもしれないと感じているいる人は、下記を参考にしてください。

近づかないように距離を置く

女の人が嫌いな人へとる行動の一つとして、距離を置くというのがあります。仕事の飲み会や、お食事会、パーティなどそれほど仲良くない人と一緒にいることはありますよね。その際、嫌いな人の近くには絶対に行かないようにし、関わりを避け、会話も避けれるように、出来るだけ距離を置こうとする女の人は多くいます。

会話にはいろうとしない

多くの人と一緒にいる際、嫌いな人がその場にいると、近づこうとせず、さらに会話に入らないということも。話を振られても、返事が薄かったり、嫌いな人が話しているときにその場にいなかったりと。話にはいらないことで、距離を置こうとしていることもあります。

目をそらす

女の人は特に、嫌いな人との関わりを極端に嫌うので、存在自体も感じたくないと思う人も女の人にはいます。仕事など関係を悪くしてはいけない場合は特に、目を合わせないようにする人が多いです。その中でも、目が合ってしまった後すぐに目をそらした場合、かなりの確率で拒否しているといえます。

嫌いな人の前では、無表情であまり笑顔にならない

嫌いな人の前で笑顔になる女の人はあまりいません。無表情になることが多く、笑えても笑顔が引きつってしまうという人が多いです。愛想笑いをするのも女の人が多いです。嫌いな人でもばれないようにするために愛想笑いをすることがあります。女性のほうがはっきりと"嫌い"と言う人は、少ないです。

2-2.男の人が嫌いな人へとる態度・行動パターン

男の人は、女の人とは全く違う態度です。わかりやすく態度に出てしまうことの多い、男の人が嫌いな人へとる態度・行動パターンについて紹介します。

嫌いな人がはっきりしている

男の人は、女の人よりも好き嫌いがはっきりしていることが多いです。女性は、周りにあわせようとすることもありますが態度も行動パターンもわかりやすく出てしまうことが多いです。

冷たい態度をとる

男の人は、わかりやすく態度に出すため、嫌いだと思っている人や距離を起きたいと思っている場合は、冷たい態度にだします。また、女の人よりも男の人は、”熱しやすく冷めやすい”部分もあるので、急に冷たくなったら距離を置いたほうが気を引くには効果的でもあります。

関わりをもとうとしない・無視する

男の人が関わりすら持とうとせず、無視するようになったら距離を置きましょう。無理に近づこうとすると、男性は余計に避けてしまいます。関わりをもたないようにしていると感じたら、できるだけ近づかないようにし、様子をみましょう。

3.嫌いな人に対する心理傾向

人によって合う・合わない、好き・嫌いは違うと思います。合わないと感じた人・嫌いな人のどこの部分が嫌いなのか考えていくと、実は”自分の嫌いな部分”と似ていることがあります。それぞれの価値観と判断基準があり、それと異なることをされたら”嫌い”という心理になってしまうのです。

嫌いな人は、自分の嫌いな部分を映す鏡?!

嫌いな部分を自分がやっているからこそ、他の人にされたら余計に意識して嫌だと思ってしまうのです。心理学では「投影」と呼ばれています。自分の嫌な部分を、無意識に相手に押し付けてしまうのです。「鏡の法則」とも呼ばれており、嫌いな人は自分の嫌いな部分を映す"鏡"だともいわれています。

嫌いなのに見てしまう心理傾向

自分が出来ない事、欲しいもの、行動などをやっている人の事を嫌いだと無意識にも感じている人は多くいます。さらに、「嫌いなのに見てしまう」という心理になる人は多くいます。嫌い嫌いと言うなら、見なければ良いのです。ですが、ついみてしまうそんな人は多くいます。

4.嫌われていると気付いたらするべきこと

嫌われていると気付き、修復したい場合にするべきことはあります。まずは、何故嫌われたかを見直す必要がありそうです。最低限するべきことが、いくつかあります。

必要な会話はしましょう

関わらなくてもすむ相手なら良いのですが、職場の人であったり、仕事上の関わりのある人であったり、近所の人、身内など様々なパターンはあるのと思います。必要な会話は、しっかりと受け答えしましょう。返事をしなかったり、無視してしまうと状況を悪化させてしまう可能性もあります。

周りに迷惑はかけないように

周りには迷惑をかけないようにしましょう。ギクシャクしていたら、周りは気をつかってしまうこともあります。職場の空気が悪くなったり、家族の雰囲気が悪くなったりしないようにしましょう。

距離を置くことも大切

嫌いだと言われている場合なら良いのですが、ストレートに嫌いだと伝えてくる人は少ないと思います。もしかしたら嫌われているのかもしれないと感じた時点で、距離を置くようにしましょう。”時間が解決してくれる”場合もあります。関係を無理に修復しようとするのは逆効果になることもあるので気を付けましょう!

理由がわからないのに謝るのは危険!

理由がわからないのに謝ってしまうのは、状況を悪化させてしまう可能性が高くなります。何故なのか考えてもわからなかった場合は、相手が切り出してくるのをまち、距離を置きましょう。

5.思い込みな場合も

思い込みの場合もあります。もしかして嫌われているかもしれないと感じてしまうことはありますよね。ですが、意識しすぎて、本当は嫌われていないのに、相手を不快にさせてしまう可能性もあります。嫌われていなかったのに嫌われてしまうということが無いように、敏感になりすぎないようにしましょう。

6.見極めることが大切!

嫌われている人に対して、見極めることが大切です。もしかして嫌われているかもしれないと感じたら、自分のことを見直し、改善できるようにしましょう。さらに、距離を置き状況を把握して行動することが大切です。修復したい場合は、慎重に相手に向き合いましょう。

7.嫌いな人への態度、自分も見直そう

「嫌いな人は、自分の嫌いな部分を映している鏡である」といわれています。そうでない場合もあるかもしれませんが、そうでないと完全に言い切れません。自分を見直す良いきっかけになるかもしれません。嫌いな人へどのような接し方をしているか、周りに迷惑をかけていないか、自分の行動をも見直しましょう。

もっと嫌いな人への態度についての情報を知りたいアナタへ!

Thumb好き避けを見分ける方法まとめ!特徴や嫌い避けとの心理的違いとは?
Thumb男が嫌いな「うるさい女」の特徴!モテない理由や対処法まとめ!
Thumb女が嫌いな女ランキング!特徴やタイプ・性格など嫌われ女あるある

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-10-24 時点

新着一覧