沖田浩之の画像まとめ!壮絶な事件と死因、息子・妻の現在に迫る

俳優として『3年B組金八先生』などに出演していた沖田浩之。いま画像を見返しても男前ですよね。しかし彼は自殺という死因によってこの世を去りました。妻や息子がいた沖田浩之のこの事件、その真相に迫ると共に、沖田浩之の活躍を画像と共に振り返ります。

沖田浩之の画像まとめ!壮絶な事件と死因、息子・妻の現在に迫る

目次

  1. なぜ沖田浩之は死んだのか。画像と共にその真相に迫る
  2. 竹の子族から芸能界入りした沖田浩之の画像
  3. 『3年B組金八先生』の第2シリーズに出演し、沖田浩之は一躍人気に
  4. 画像から伝わる沖田浩之の、俳優に対する情熱
  5. 様々な関係者が「自分のせいだ」とまで責任を感じた沖田浩之の死
  6. 死の真相は、兄の連帯保証人になったことによる借金?
  7. 自殺者が3人となった、呪われた沖田家
  8. 画像の中で変わらない沖田浩之。今でもファンの心の中で生き続けている

なぜ沖田浩之は死んだのか。画像と共にその真相に迫る

かつて人気ドラマ『3年B組金八先生』に出演し、俳優として活躍してた沖田浩之。しかし、彼は突然首吊り自殺を図り、この世から去ってしまいました。改めて、沖田浩之の画像とともに、その死因に迫ります。

画像の沖田浩之(本名、置鮎広之)は1963年1月7日生まれ、1999年3月27日に自殺によって36歳の若さでこの世を去りました。画像の彼の死は大きな事件として、ニュースに取り上げられました。妻や息子もいた沖田浩之になにがあったのでしょう。

竹の子族から芸能界入りした沖田浩之の画像

いま画像を見ても、その甘いマスクはイケメンですよね。最近は画像のようなキリっとした若い俳優さんは少ないかもしれません。画像の髪型はちょっと時代を感じますが、あの頃はこういう画像の髪型の男性多かったですよね。

竹の子族とは1980年代に原宿の代々木公園横の歩行者天国で、ラジカセを囲んで踊る集団のことをいいます。ディスコサウンドに合わせて、ステップダンスというものを踊る集団で、沖田浩之もその一人でした。画像のように男性でもかなり髪の量が多かったり、派手なシャツや法被を着て踊っていた記憶があります。

『3年B組金八先生』の第2シリーズに出演し、沖田浩之は一躍人気に

沖田浩之は、人気ドラマの『3年B組金八先生』の第2シリーズに、松浦悟役で出演、一躍人気になりました。1981年にはスターダストプロモーションに所属し、『E気持』で歌手デビュー。しかし、今考えるとこの歌手デビューは、沖田浩之にとって望んだものではなかったのかもしれません。

オリコンチャートで8位に輝くなど、沖田浩之の活動は輝かしいものでした。画像のレコードは大量に売れて、一躍スターの仲間入りを果たしたわけです。画像のE気持ちのジャケットを見て懐かしい気持ちになる人も多いかもしれませんね。当時は画像のように、アイドルレコードがたくさんありましたね。

その後、1981年に青山学院大学経済学部に入学、大学、歌手、俳優という忙しい毎日を送っていました。1984年に沖田浩之は、画像のように歌手活動が盛ん中で、歌手活動最後のコンサートを行います。歌手として活躍していた、沖田浩之の大きな決断でした。画像の沖田浩之もどこか悲しげに感じます。

画像から伝わる沖田浩之の、俳優に対する情熱

沖田浩之は、ドラマだけでなく、映画にも複数出演しています。下の画像は、1994年に『難波金融伝・ミナミの帝王劇場版partV「甘い罠」』に出演したときのものです。画像のように俳優業も決して調子が悪いわけではありませんでした。

沖田浩之は、歌手と俳優を両立させるという方法もありました。しかし、それでも沖田浩之は俳優にだけ専念したかったのです。そのため、当時在籍していたフロム・ファーストプロダクションから独立し、個人事務所『ヒロ企画』を設立したのです。

しかし、先日のSMAPの騒動や、清水富美加の騒動から分かる通り、芸能界と事務所というのは大きなつながりがあります。個人事務所になった沖田浩之の元には、画像のような人気のときに比べて、どんどん仕事が減っていったのです。

様々な関係者が「自分のせいだ」とまで責任を感じた沖田浩之の死

沖田浩之は、1999年3月27日に突然、自宅で首吊り自殺を図り亡くなりました。その死は大きな事件として取り上げられ、遺書が無かったことから様々な憶測を呼びました。画像のドラマ関係者も、そんな素振りは無かったと感じたようです。

沖田浩之の死は、多くの関係者が「自分のせいだ!」という人、慕われていた人物だったことを伺わせます。画像のようにあどけない青年だった彼は、常に大きな悩みを抱えていたのかもしれません。

現在でも画像のように沖田浩之を偲ぶ当時のファンが多いのです。画像の中の沖田浩之があまりにも、自殺という死因とかけ離れた明るい表情だからこそ、その死は今でも謎が多いのです。なぜ、画像のように人気があったのに死を選んだのでしょう。

死の真相は、兄の連帯保証人になったことによる借金?

画像は沖田浩之が出演した3年B組金八先生の武田鉄矢。画像の武田鉄矢も沖田浩之の死を驚いた人物です。かっこいい印象がある沖田浩之は、仕事が減っている自分をファンに見せたくなかったのではと考えていたようですね。画像のように、もう一度あの頃を思い出して、気持ちを入れ直すことはできなかったのでしょうか。

画像の沖田浩之の死因を自分だと考える人は多かったようです。沖田浩之が最後に所属したプロダクションは、画像の俳優である津川雅彦が社長を務める事務所でした。自殺前日に沖田浩之の相談に乗りながら飲んでいたときに、厳しく叱ったせいかもと、画像の津川雅彦は後悔したとか。

また、画像の『3年B組金八先生』で共演した川上麻衣子は、亡くなる数ヶ月前にとあるパーティーで、沖田浩之に再会。しかし、当時パニック障害を患っていた川上麻衣子は、沖田浩之とまともに会話ができる状態ではなかったとか。その後、沖田浩之から珍しく電話をもらっていたそうです。

現在は画像のように元気になった川上麻衣子ですが、電話をもらってもそっけない態度で対応するのが限界だったとか。もしかしたら、沖田浩之は川上麻衣子に何か伝えたいことか、気づいてほしいことがあったのかもしれませんね。

自殺者が3人となった、呪われた沖田家

実は沖田浩之の沖田家には大きな問題がありました。沖田家の長男は事業を傾かせ、経営を退いていた父親が自殺し保険金で負債を返済していたのです。その後も事業はうまくいかず、沖田浩之も8000万近い抵当権が設定されていたとか。

兄はその事実を当時追求されても否定し続け、その兄も沖田浩之の死から3年後の2002年に自殺してしまったのです。画像の沖田浩之には、そんな過酷な家庭の呪いとも言える運命があったのです。画像の沖田浩之がこんな辛い借金苦に喘いでいたのは驚きですよね。

1995年に結婚し、妻と息子2人がいた沖田浩之。借金のことはまったく知らなかったそうですね。現在どのような生活をしているかは不明ですが、一般の方なので、ひっそりと生活しているかもしれません。

画像の中で変わらない沖田浩之。今でもファンの心の中で生き続けている

沖田浩之の画像とともに、その活躍と死を振り返りました。彼の死の真相は借金を苦にしたのか、仕事が減った俳優業を悲観してかは不明です。しかし、画像のように沖田浩之が、ドラマや歌手として活躍し、みんなの元気になっていたことは間違いないと思います。彼のようなスターがまた現れる日を待ちたいですね。

Thumb沖田浩之は謎の自殺を遂げた!その事実の真相・死因を徹底調査しました!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-27 時点

新着一覧