いい声の出し方とは?発声方法や人から好かれる声をまとめ!

身の回りの人で、いい声の人がいませんか?いい声を聞くと、好かれることや癒されたりすることがあります。この人のようにいい声になりたいなど思うことはありませんか?では、誰にでもいい声が出せるのでしょうか。いい声の出し方を紹介します。

いい声の出し方とは?発声方法や人から好かれる声をまとめ!

目次

  1. いい声とは
  2. 人に好かれるいい声
  3. いい声の出し方はあるのか
  4. いい声の出し方は呼吸から
  5. いい声になるための発声の方法
  6. いい声になれる食事
  7. これでいい声になれる?
  8. いい声を出してみよう
  9. いい声で人に好かれるには
  10. いい声の出し方まとめ

いい声とは

自分の声をどのように思っていますか?人にはそれぞれ違う声で、特徴があります。また、似ている部分が合ってもどこか違う部分があります。それも良さなのですが、人によってはコンプレックスに思っている人もいます。そのような人は、いい声になりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

いい声の人の声を、聞いたことがある人は多いと思います。日々の暮らしの中でテレビやラジオなど聞いていて、この人の声はいい声だなと感じることはありませんか?人によって、いい声と思う声は違います。共通するのは、話し方が上手い人やちょうどいい声の大きさなど人に聞きとりやすく発声している人がいい声だと思うのではないでしょうか。

人がいい声だと思う声は渋い声の人が好き、甲高い声の人が好き、低い声の人が好きなど様々います。男性の場合にはいい声であれば、女性にモテることもあります。

人に好かれるいい声

人に好かれる声なら、出してみたいと思いませんか?普段の暮らしの中ではいつもと同じ声でも、雰囲気のいい場所で雰囲気に合ったいい声を出したい・いい声で人に好かれるような暮らしをしたいなど日常の変化を持ちたい人はいるはずです。

ただ、注意しなくてはいけないことはいい声になったからと言って、必ずしも人に好かれる人になれるかと言えばそのようなことはありません。いい声だけではなく、内面や外見も一緒に磨いていけるといい声が生えますます好かれる人になれます。

Thumbカラオケでビブラートの出し方とコツ!出来るようになる練習方法は?

いい声の出し方はあるのか

いい声の出し方はあるのでしょうか。いい声の人には共通することがあります。つまり結論から言えば、いい声の出し方はあります。いい声になりたいと思う人には、このような声になりたいという見本となる人がいるのではないでしょうか。その見本となる人に近づけるように、いい声になるための出し方の練習をしましょう。

いい声の出し方は呼吸から

いい声の出し方として、まずは呼吸方法を覚えましょう。この呼吸方法は、他の日常の暮らしのことでも使えます。では、この呼吸方法は何でしょうか。まとめてみます。

この呼吸方法は、聞いたことがある人は多いと思います。それは、腹式呼吸です。腹式呼吸は、見ての通りお腹で呼吸することです。この腹式呼吸をすることで、自分自身の気持ちを落ち着かせることができたり緊張していた気持ちを和らげることができたりします。

この腹式呼吸の方法は、鼻から数秒かけてしっかり息を吸います。1~2秒待った後に、口から数秒かけて息を吐いていきます。この時、呼吸を鼻から吸った時と口から吐く時の数秒は同じ時間をかけます。数秒は、自分に合った秒でいいです。例えば8秒でも10秒でもかまいません。

この呼吸方法で、注意しなくてはいけないことのまとめは息を吸って吐く時の秒数を同じ秒にすることと肩や胸で呼吸するのではなくお腹で呼吸をすることです。お腹で呼吸をするということは、お腹が膨らんだり凹んだりします。

その他、カラダがカチコチでは思うように声を出すことはできません。肩こりがあるようであれば、肩を回してリラックスするようにしましょう。

いい声になるための発声の方法

いい声になるための発声方法をまとめます。呼吸を整えた後には大きな声で話をします。この時には、仰向けに寝ていつもよりも大きな声を出すようにします。さらに、話す時には息を吐いている時に話をするようにします。

そして、語尾を下げるようにしたり人にきちんと伝わるようにわかりやすくしっかり話をしたり、参考にしているいい声の人がいればその人を真似をするなどすることが発生の方法となります。話す時に、明るく楽しそうに話をしたり活舌をよくするために口や舌の筋肉を柔らかくするために、体操をしたりマッサージをしたりするといいです。

この発声の方法で、注意しなくてはいけないことをまとめます。大きな声で話すのは、家では近所迷惑などを考えるとなかなか大きな声を出すのは難しいこともあります。できれば、夜間よりは日中にした方がいいかもしれません。慣れてくれば、立っている状態でも声の出し方がわかってくるので壁に向かって発声練習ができるようになります。

この他、息を吐いている時に話すというのは息を吐いている時に声帯が開くので声が出やすくなります。いい声の人の声を真似ることもいい発声の練習になります。この時に、ただ声だけを真似すのではなく話す時の間も真似をするなどするといいです。

いい声になれる食事

いい声になるために、発声の方法や出し方をまとめました。では、発声の方法や出し方だけではなく、暮らしの中の食事にもいい声になる食事はあるのでしょうか。実際には、いい声になるための食事というよりは喉に優しい食事ということになります。

喉に優しい食事を心がけていると、喉の調子もよくいい声が出しやすくなります。では、どのような食事がいいのでしょうか。一般的に知られているのは、大根やはちみつ、のど飴、かりんなどではないでしょうか。

その他、喉を潤してくれるフルーツも効果的です。そして、栄養が充分に取れる野菜スープや栄養が摂れているのか気になるようであれば、サプリメントなどもいいです。

これでいい声になれる?

いい声の発声の方法や出し方、食事についてみてきました。これらを全て改善すれば、いい声になることができるのでしょうか?あとは、いい声になるためにどれくらい努力をしたかです。毎日の暮らしの中で、練習を欠かさずにしてみましょう。

自分の声がいい声になっているのかどうかは、話していても判断できないこともあるので録音などして自分でも声を聞いてみましょう。いい声になるには、いいこともあればしないほうがいいこともあります。それは、喉にも悪いことです。

暮らしの中では、むやみに叫んだり喉を使いすぎたり喉を冷やし過ぎても暖め過ぎてもいけません。食事では、喉を傷める刺激物やアルコール、タバコなどもいけません。いい声になるためには、いい声を出す練習だけではなく生活の基本的なことである生活習慣も正すことが重要になります。このことでよりいい声になれます。

いい声を出してみよう

発声の方法や出し方を覚えたところで、次のステップへいきます。いい声の発声の方法や出し方を実際に出してみましょう。いい声の発声の方法や出し方を知ったからとは言え、すぐにいい声が思うように出せるわけではありません。1日に何分かの練習が、いい声を出すためには必要です。

何度も練習して、自分のモノにしましょう。声は出すことによって、最初は違和感があったとしても慣れてくると自分の声になります。

いい声で人に好かれるには

いい声で人に好かれる人になるには、どうしたらいいのでしょうか。先ほど、いい声になれる発声の方法や出し方を紹介しました。いい声を出すのは、なかなか難しいことかもしれません。ですが、毎日の暮らしの中で、何度も繰り返して発生やいい声の出し方を練習することで自然にいい声が出るようになります。

いい声になるために練習までしなくてはいけないのかと、思うかもしれませんがそこまで負担になるような難しい発声の方法や出し方ではありません。暮らしの中で、時間のある時に合間を見て気楽に練習をしましょう。

いい声の出し方まとめ

いい声の出し方を紹介しました。これから、いい声を出すために頑張って発声の方法やいい声の出し方を練習していこうと、思った人もいたのではないでしょうか。人の声は、人によって違います。自分では今一つと思っていても周りの人にはいい声だと思う人もいます。

それでも、いい声を出したいと思っているのであれば、いい声の出し方をまとめて練習をしてみましょう。

最後に、全てをもう一度まとめます。いい声を出す人には、共通点があります。それは、いい声を出すために腹式呼吸でリラックスしている状態で、はっきりと話をしたり話し方にもメリハリをつけたりしています。このことで、人に聞いてもらいやすかったり人が聞いていても悪い印象を与えることはありません。

練習として最初に腹式呼吸をして、心を落ち着かせます。そして、大きな声ではっきりとした話し方で息を吐く時に一緒に話をします。この他、口や舌の動きを滑らかにするためマッサージなどをすることもいいです。そして、規則正しい生活と栄養が偏らない食事や喉にいいことをするようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-06 時点

新着一覧